検索

急性化膿性甲状腺炎と甲状腺膿瘍          [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見①甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編    内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編 をクリックください

Summary

急性化膿性甲状腺炎は細菌感染による甲状腺/甲状腺のう胞性腫瘍とその周囲の急性炎症です。原因は下咽頭梨状窩瘻[かいんとうりじょうかろう]の遺残、あるいは血行性免疫不全です。症状は発熱・頚部痛・皮膚の発赤。甲状腺膿瘍・甲状腺周囲膿瘍・深頚部膿瘍・降下性縦隔膿瘍も形成。治療は、抗生剤投与、切開排膿。下咽頭梨状窩瘻をエコー・下咽頭食道造影・下咽頭造影CTで確定し、手術切除、あるいは化学焼灼法おこないます。

急性化膿性甲状腺炎とは

急性化膿性甲状腺炎は細菌感染による甲状腺/甲状腺のう胞性腫瘍とその周囲の急性炎症です。

急性化膿性甲状腺炎の原因

急性化膿性甲状腺炎の原因として、

  1. 通常型:胎生期の遺残物 下咽頭梨状窩瘻[かいんとうりじょうかろう](90%以上左側)を通り、扁桃腺炎が甲状腺に広がるもので、12歳以下の小児に多いが、成人で発症する場合もよくあります。下咽頭梨状窩瘻を処理しないと再発します。
    腫瘍型:下咽頭梨状窩瘻が、のう胞性腫瘍の、のう胞部に開口している事あります(第58回 日本甲状腺学会 P2-7-4 40代で発症し著明な気道狭窄を呈した破壊性甲状腺炎を伴う急性化膿性甲状腺炎の一例)。
  2. 血行性免疫不全性:糖尿病などの免疫不全で血行性に菌が甲状腺に到達します。
  3. 穿刺吸引細胞診(皮膚の上から針を刺して腫瘍などの細胞を採取、良悪性の診断をする事)での感染

急性化膿性甲状腺炎の症状

急性化膿性甲状腺炎の症状として、

  1. 発熱・頚部痛・皮膚の発赤があり、食事や唾を飲んでも痛みます。
  2. 甲状腺のう胞性腫瘍内におこり、のう胞部分が腫大すると気管狭窄もあり得ます
  3. 膿になります(甲状腺膿瘍・甲状腺周囲膿瘍・深頚部膿瘍・降下性縦隔膿瘍)
    :cold abcesss(冷膿瘍)は、痛みなく、炎症反応なく、エコーでニボー(液面)形成。(第54回 日本甲状腺学会 P187 学校検診で指摘発された無症候性右甲状腺膿瘍の1例)。
  4. 敗血症

急性化膿性甲状腺炎の診断

急性化膿性甲状腺炎の診断は、超音波検査(エコー検査)で、甲状腺内・甲状腺外の周辺組織に境界不明瞭な低エコー領域を認めます。穿刺細胞診すると、膿が出てきます。下咽頭梨状窩瘻を超音波(エコー)検査で見つけ、穿刺細胞診すると細菌・食物残渣・扁平上皮が確認できます。(写真:隈病院 第9,10回神戸甲状腺診断セミナーより提供)

耳鼻咽喉科・頭頚部外科に咽頭喉頭ファイバーを依頼。下咽頭食道造影・下咽頭造影CTで確定します。しかし、下咽頭梨状窩瘻が見つからず、摘出された甲状腺の病理標本から見つかることあります(第58回 日本甲状腺学会 P2-7-4 40代で発症し著明な気道狭窄を呈した破壊性甲状腺炎を伴う急性化膿性甲状腺炎の一例)。

急性化膿性甲状腺炎の鑑別

  1. 甲状腺未分化癌
  2. 甲状腺原発悪性リンパ腫
  3. 甲状腺乳頭癌被膜浸潤・腫瘍内出血・急速な増大・甲状腺乳頭癌周囲の炎症巣(炎症反応も出て、炎症部の穿刺細胞診でも癌細胞出ない)
  4. のう胞性腫瘍、のう胞内出血甲状腺エコーで一目瞭然
  5. 亜急性甲状腺炎:同じような症状。
    亜急性甲状腺炎は、皮膚に発赤無い点、
    甲状腺周囲に膿を示す低エコーが無い点、炎症所見(WBC, 好中球, CRP)の上昇が軽度である点(ただし、これには例外が報告されています。第54回 日本甲状腺学会 P097 核の左方移動を伴う白血球増加がみられた亜急性甲状腺炎の1例)
    が異なります。
    甲状腺エコーを行わず、
    亜急性甲状腺炎と高をくくり、ステロイド剤を投与してしまうと、急性化膿性甲状腺炎を悪化させます。(第58回 日本甲状腺学会 P1-8-3 亜急性甲状腺炎の診断でステロイド投与がなされた急性化膿性甲状腺炎の一例)
  6. 甲状腺結核
  7. 橋本病急性増悪:同じような症状。甲状腺エコーで簡単に判別
  8. リーデル甲状腺炎
  9. 頸静脈血栓性静脈炎:甲状腺エコーで簡単に判別

急性化膿性甲状腺炎の治療

急性化膿性甲状腺炎治療は、当然、抗生剤投与

甲状腺周囲~皮膚にも炎症が広がり、膿になる(甲状腺膿瘍)と切開排膿しないと治りません。時に亜急性甲状腺炎と誤診されステロイド投与されると、急性化膿性甲状腺炎が悪化します。

急性化膿性甲状腺炎根治療法は、

  1. 下咽頭梨状窩瘻を手術で摘除するか(大阪市立大学 内分泌外科に依頼)
  2. トリクロロ酢酸と電気メスで、梨状陥凹の廔孔入口の粘膜を電気化学焼灼する方法が考案されています。
    長崎クリニック(大阪)では、隈病院に依頼します。
    ただし、廔孔閉鎖率は80%台で、2回目の電気化学焼灼が必要になる場合、結局手術になる場合があります。(第58回 日本甲状腺学会 O-6-2 下咽頭梨状窩瘻による急性化膿性甲状腺炎に対する化学焼灼療法の治療成績)
広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード