検索

甲状腺とアレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・好酸球増多症・アナフィラキシー [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコーの長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見①甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ 甲Joう君

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は  甲状腺編   動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ Jo

(動脈硬化した血管に甲状腺が! バセドウ病の甲状腺がモデル)

Summary

甲状腺の病気、甲状腺機能低下症/橋本病甲状腺機能亢進症/バセドウ病におけるアレルギー性鼻炎・花粉症・アトピー性皮膚炎・好酸球増多症・アナフィラキシーを解説。抗アレルギー薬:アレグラ錠およびディレグラ配合錠、シックハウス, 薬剤性過敏症症候群(薬剤誘発性過敏症)等も説明します。

花粉症と甲状腺機能亢進症/バセドウ病再発

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ 甲Joう君

スギ、ヒノキの花粉によるアレルギー性鼻咽頭炎、アレルギー性結膜炎(花粉症)の時期は甲状腺機能亢進症/バセドウ病の再発が多くなります。アレルギー反応と甲状腺機能亢進症/バセドウ病は、Th2細胞[抗体を介する免疫をおこなう2型ヘルパーT細胞]による共通の免疫反応によるためと考えられます。

花粉症のある甲状腺機能亢進症/バセドウ病は再発が多い

花粉症甲状腺機能亢進症/バセドウ病は、Th2細胞[抗体を介する免疫をおこなう2型ヘルパーT細胞]による共通の免疫反応

バセドウ病抗体(TSH受容体抗体:TRAb)は3月から上昇し、6月でピークになります。

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、

  1. 何らかのアレルギー素因(アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・気管支喘息など)のある方には、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の活動性を低下させるため、抗アレルギー剤を処方します。
    アレルギー素因が不明な方には、血中好酸球・非特異的IgE定量を測定し、アレルギー素因を確認します。
  2. アレルゲン(アレルギーの原因物質)を調べるアレルゲン検査を行い、アレルギーの原因を特定します。アレルゲン除去すると、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の活動性が低下します。

シックハウス(ホルマリンアレルギー)・ゴキブリ/蛾/ユスリカ アレルギーでも甲状腺機能亢進症/バセドウ病悪化

新築のマンション・家は、壁紙に低濃度ホルマリンを使用しています。ホルマリン自体の刺激とアレルギー性炎症のダブルパンチで眼・のどが痛くなります。ホルマリン除去対策と同時にアレルギー治療しないと甲状腺機能亢進症/バセドウ病が再発する可能性があります。

知らぬ間にゴキブリアレルギーになる人は多くいます。ゴキブリを一匹見かけたら10倍以上は隠れています。ゴキブリ駆除と同時にアレルギー治療しないと甲状腺機能亢進症/バセドウ病が再発する可能性あります。

また、蛾はモスラの形だけでなく、小さい羽蟻(あり)のような成虫・衣類/カーテンに穴をあける幼虫も含まれ、そのフンなどが室内アレルギーの原因になります。ユスリカは蚊(か)に似ていますが、吸血しません。しかし、電球に群がりその死骸が室内アレルギーの原因になります。

.

衣蛾

衣蛾(幼虫)

衣蛾2

衣蛾(成虫)

ユスリカ

ホルマリン・ゴキブリ/蛾/ユスリカ アレルギーは、長崎クリニック(大阪)のアレルゲン(アレルギーの原因物質)検査をでわかります。

院長の論文

ラテックスフルーツ症候群

シラカンバ花粉症で、果物を食べると唇や口の中、のどがかゆくなっり、腫れる口腔アレルギー症候群になる方が約50%います。原因食物は、バラ科の果実(リンゴ、ナシ、モモ、サクランボ)、プラム、メロン、スイカ、アンズ、バナナ、キウイ、ビワ、アボガドの果物、ヘーゼルナッツ、アーモンド、クルミ、ピーナッツなどナッツ類、セロリー、ナス、ニンジン、ジャガイモ、キュウリ、トマトなど野菜のこともあります。

また、天然ゴムの成分であるラテックス入りの手術用手袋、台所用手袋などで、皮膚の発赤、痒み、腫脹からアナフィラキシーショックまで起こるラテックスアレルギーがあります。ラテックスアレルギーの方で、クリ、アボカド、キウイ、マンゴ、バナナの口腔アレルギー症候群に似た症状を起こす方がおり、ラテックス・フルーツ症候群といいます。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病は、これら口腔アレルギー症候群・ラテックスアレルギー・ラテックス・フルーツ症候群が原因で活動性が上がるため、注意が必要です。これら果物・野菜の多くは加熱処理により、蛋白の3次構造が変わり、抗原性を失い安全になりますが、クリ等の抗原性は失われません。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と好酸球増加症

  1. 甲状腺機能亢進症に副腎皮質機能低下症おこし好酸球(アレルギー白血球)増加。
  2. 抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)アレルギーの副作用で好酸球が増加。
    薬剤誘発性過敏症(薬剤性過敏症症候群)おこすこともあります。
  3. A群溶連菌感染症でも好酸球増加おこします:甲状腺機能亢進症/バセドウ病再発の原因でもあります。
  4. その他大抵の自己免疫疾患・感染症・悪性腫瘍の合併

薬剤誘発性過敏症(薬剤性過敏症症候群)

ヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)連続的に再活性化されておきます。発熱・咽頭痛・発疹・リンパ節腫脹、肝腎障害、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現、CRP 上昇をともないます。

抗リウマチ薬:サラゾスルファピリジン(アザルフィジンEN錠)・糖尿病性神経障害治療薬メキシチールカプセル(メキシレチン塩酸塩)・痛風薬ザイロリック・抗生剤ミノマイシン/セフェム剤でもおこります。

投与中止後も発疹、発熱、肝腎障害が再燃・遷延化することがあります。また、自己免疫疾患への移行も報告されています。

ステロイド剤の内服が原則(プレドニン30~40mg/日)で、ステロイドパルス療法が有効なこともあります。一方、ステロイドを使わずに軽快する例もありますが、高熱と皮膚症状が長く続きます。

末梢血好酸球測定
抗HHV-6抗体

薬剤熱

抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)でおこる薬剤熱は、

  1. あまり重症感のない発熱が特徴で(ただし、甲状腺機能亢進症/バセドウ病では代謝亢進のため元々、高体温なのでややこしい)
  2. 好酸球増多,肝機能障害、皮疹を伴わない場合も多い
  3. 白血球/好中球増加, CRP上昇よくみられ、風邪・急性扁桃炎・急性咽頭炎と紛らわしい
  4. 中止後、49-72時間で解熱するため、風邪・急性扁桃炎・急性咽頭炎と結局区別できない
  5. リンパ幼若化試験は、必ずしも陽性に出ず、すぐに結果出ませんが、しておく必要あります。

非常に厄介な状態として、抗甲状腺薬メルカゾールで薬剤熱おこした後、他の複数の薬でも薬剤熱おこすようになり、甲状腺全摘出になる症例も報告されています。(第58回 日本甲状腺学会 P2-10-4 チアマゾール内服を契機に多剤薬剤アレルギーによる発熱を生じ薬剤中止後も発熱が遷延したバセドウ病の一例)

危険!抗アレルギー薬:アレグラ錠およびディレグラ配合錠

アレグラ錠

アレルギー性鼻炎の治療薬アレグラ(フェキソフェナジン)は他の抗アレルギー剤と異なり眠気が少ないのが売りの一つです。しかし、ほとんどの抗アレルギー剤の注意書きにはない無顆粒球症(好中球という白血球が激減し免疫不全におちいる状態、白血球減少、好中球減少の副作用が明記されています。甲状腺機能亢進症/バセドウ病抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)を飲んでいる場合、つねに白血球が減る危険を持っているため可能なら避けたいものです。

ディレグラ配合錠

ディレグラ配合錠はアレルギー性鼻炎の治療薬アレグラ(フェキソフェナジン)と塩酸プソイドエフェドリンの合剤。プソイドエフェドリンは元は覚せい剤の原料です。

甲状腺機能が長期間安定している状態なら影響は少ないかもしれません。しかし甲状腺機能亢進症/バセドウ病で甲状腺ホルモンが安定していない状態では使うと危険です。プソイドエフェドリンはα交感神経刺激作用で鼻粘膜血管を収縮し、鼻ずまりを抑えますが、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の交感神経刺激作用を増強。またプソイドエフェドリンは全身血管を収縮、心臓も刺激し心臓の負担を増し、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の不整脈・心筋症・弁膜症(サイロイドハート)悪化させます。さらに眼房水排出を抑制するため狭隅角緑内障で眼圧上昇する危険性があり、バセドウ病眼症悪化させます。

日本でも2週間以上の投与にも警告が出ています。長期服用で安全性が確立されていないと言うのです。血液―脳関門を通過し、中枢を興奮させる作用は、本来のエフェドリンより弱いとは言え存在します。当然、依存性の可能性もある訳です。

小青龍湯

前述のプソイドエフェドリンの元、エフェドリンを主成分とする麻黄(マオウ)を含みます。

長崎クリニック(大阪)で勧める抗アレルギー薬

長崎クリニック(大阪)で勧める抗アレルギー薬は、

  1. アレロック(オロパタジン塩酸塩):効果強く、眠気あり(鎮静作用で甲状腺機能亢進症/バセドウ病の活動性を下げ、イライラ・不眠も改善
  2. ジルテック(セチリジン塩酸塩):アレロック同様
  3. ザイザル:効果強く、眠気少ない
  4. アレジオン(エピナスチン塩酸塩):効果やや劣るが、眠気少ない

ザイザル・タリオンは、現時点でジェネリック(後発品)がなく、値段が高いのが難点。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病で使うべきでないアレグラ(フェキソフェナジン)は、眠気もないが、たいして効きもせず、白血球減少、好中球減少の副作用の危険があるのみです。

クラリチンもアレグラ(フェキソフェナジン)同様、眠気もないが、たいして効きもしません。しかも、抗生剤クラリス/クラリスロマイシンと類似の化学構造のため、風邪・気管支炎・扁桃炎の時、それらと同時に飲めません。

抗アレルギー剤、実はステロイド、トンデモナイ事に!

耳鼻咽喉科などで、抗アレルギー剤として処方されている薬には、セレスタミン配合錠という副腎皮質ステロイド(ベタメタゾン)を含有する、トンデモナイものが混じっている事があります。短期間で使用する場合、問題ありませんが、長期に服用すると、

  1. 副腎皮質ステロイドの過剰状態になり、ステロイドホルモン作用が全身に現れる医原性クッシング症候群
  2. 自身の副腎が廃用萎縮して副腎皮質ホルモンを産生できなくなる副腎皮質機能低下症(慢性副腎不全)。セレスタミン配合錠無しでは生きていけなくなり、セレスタミン配合錠を中止すると、急性副腎不全(副腎クリ-ゼ)
  3. ステロイドホルモンがケガの功名で、その免疫抑制作用により自己免疫性甲状腺疾患(橋本病/バセドウ病)を抑えていますが、急にセレスタミン配合錠を中止すると、自己免疫がリバウンドし甲状腺機能低下症甲状腺機能亢進症が進行、無痛性甲状腺炎が発症したりします。

(P1-08-03 副腎皮質ホルモン中止後に心不全を発症し診断されたバセドウ病の1例)

甲状腺機能亢進症/バセドウ病とアナフィラキシー

学童から成人に新規発症する即時型の原因食物は甲殻類/魚、小麦/ソバ、 果物/ピーナッツが多く、 耐性獲得率は低く完治しません。アナフィラキシーショックが予想される場合、アドレナリン自己注射薬(エピペン®)が処方されますが、甲状腺機能亢進症/バセドウ病が不安定では不整脈・狭心症・心筋梗塞誘発の危険あります(しかし迷わず自己注射しないと死にます)。

蜂に刺されアナフィラキシーショックおこす蜂毒アレルギーなどにも使用されます。減感作療法[アレルゲン(蜂毒成分)を長期間注射し、アレルギー反応を軽くする方法]も一部でおこなわれているようです。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

原因食物を食べて運動したときのみおこります。原因食物摂取から2時間(可能なら4時間)運動は控えなければなりません。しかし料理に入っていたのに気付かず運動したらアドレナリン自己注射薬の出番です。甲状腺機能亢進症/バセドウ病の方はくれぐれも注意を!

風邪・解熱鎮痛剤・降圧薬[アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬]で食物依存性運動誘発アナフィラキシー

風邪・解熱鎮痛剤・アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬誘発性のことあります。食後に風邪薬・頭痛薬を飲んで運動すると、普段は何も起こらないのに運動誘発アナフィラキシーおこす可能性あります。解熱鎮痛剤(NSAID)が、小腸粘膜のアレルゲン(アレルギーおこす食品成分)の透過性を高め、アレルギー細胞である肥満細胞のヒスタミン(アレルギー誘発物質)の遊離を増強させるためです。

また、長崎クリニック(大阪)では、ほとんど処方しませんが、降圧薬[アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬]で食物依存性運動誘発アナフィラキシーおこすことあります。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の方は、御注意下さい。

ダニアレルギーのある甲状腺機能亢進症/バセドウ病の方はお好み焼きにも注意!

お好み焼き粉やホットケーキミックスを開封して長い間、室温で放置すると、ダニが多量に繁殖します。ダニアレルギーの人が、その粉を使った料理を食べるとアレルギー、ひどい場合アナフィラキシーショックをおこすことがあります。甲状腺機能亢進症/バセドウ病ではアレルギーが増悪・再発を誘発しますので、くれぐれも注意を!

魚アレルギーのある甲状腺機能亢進症/バセドウ病の方はアニサキスアレルギー

小宇宙2

サバ、アジ、イカの寄生虫、アニサキスは、魚を加熱すれば死にますが、死んだアニサキスはアレルギー反応の原因です。魚アレルギーなのに検査で陰性の時はアニサキスアレルギーの可能性。

Ni(ニッケル)アレルギーで穿刺細胞診に甲状腺の急速な腫れ

Ni(ニッケル)アレルギーのある方で、甲状腺の穿刺細胞診(甲状腺に皮膚の上から針を刺して細胞を採る検査)を行うと、針先のニッケルにⅣ型アレルギー反応起こり、甲状腺の急速な腫れを起こす事あります。

あるいは、甲状腺に分布する迷走神経C線維の末端から、血管の透過性を上げるサブスタンスP, ニューロキニンAなどのタキキニンが分泌されると言う説もあります。

甲状腺未分化癌に好酸球増加症をともなう場合

甲状腺未分化癌に好酸球増加症をともなう場合、骨髄内で好酸球の産生を促す顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子(Granulocyte/Macrophage-Colony Stimulating Factor:GM-CSF)により、甲状腺未分化癌細胞増殖も活発であると考えられています。現在までに報告されている甲状腺未分化癌に好酸球増加症をともなう症例は、初診時から3-5カ月で死亡しており、甲状腺未分化癌の平均生存期間の6カ月より短いです。(第58回 日本甲状腺学会 P2-6-3 亜急性甲状腺炎様の臨床徴候を呈した好酸球増加症を伴う甲状腺未分化癌の一例)

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード