検索

「抗血小板薬」バイアスピリンでアスピリン喘息/パナルジン(チクロピジン)とプラビックスで血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)[甲状腺 専門医 長崎クリニック(大阪)]

動脈硬化:最新・専門の検査/治療/知見      [甲状腺 専門医 動脈硬化の長崎クリニック(大阪)]

甲状腺動脈硬化の、長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編    内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編 をクリックください

Summary

甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病動脈硬化が進行すると、抗血小板薬が必要になる事あります。「抗血小板薬」バイアスピリンでアスピリン喘息/間質性肺炎おこすことあります。サリチル酸中毒(アスピリン=アセチルサリチル酸)は代謝性アシドーシスです。サリチル酸は活性型の遊離甲状腺ホルモン[Free T3(FT3),FreeT4(FT4)]が増加するため、甲状腺機能亢進症/バセドウ病、甲状腺中毒症甲状腺クリーゼには禁忌。「抗血小板薬」パナルジン(チクロピジン)とプラビックスで血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)おこすことあります。

甲状腺と動脈硬化

甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病では動脈硬化が進行し、狭心症/心筋梗塞の発症率が上がります。甲状腺ホルモン剤[レボチロキシン(チラーヂンS)]で治療すれば、血管年齢など動脈硬化が改善することを、私、長崎俊樹が世界で初めて証明しました。(甲状腺と動脈硬化 ・高コレステロール血症)。

「抗血小板薬」バイアスピリン®でアスピリン喘息

アスピリン喘息/間質性肺炎

  1. バイアスピリン®(アスピリン腸溶錠100mg)は「抗血小板薬」として血液が固まるのを防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞など脳動脈硬化性疾患を予防します。アスピリン喘息はすべての解熱鎮痛薬でおこります。
    成人の喘息の10%で女性にやや多く、重症難治性が多いのが特徴です。
    シクロオキシゲナーゼ(COX)阻害・ロイコトリエン過剰が原因で、
    非アトピー型80%・アトピー混合型20%です。
    鼻炎・慢性副鼻腔炎の合併が多く、
    コハク酸エステル型ステロイド(ヒドロコルチゾン、メチルプレドニゾロンなど)を急速静注すると喘息発作の増悪起こすので禁忌です。
  2. バイアスピリン®は間質性肺炎もおこすことがあり注意を要します。

塩基性消炎薬(ソランタール®)は使用可能。PL顆粒®、中性消炎薬COX2選択的阻害薬(セレコキシブ:セレコックス®)は、アスピリン喘息に禁忌となっているが使用可能。

サリチル酸中毒(アスピリン=アセチルサリチル酸)

サリチル酸中毒は

  1. 代謝性アシドーシス(アニオンギャップ増加)と呼吸性アルカローシスの合併
  2. 酸化的リン酸化阻害→ATPの産生低下→代謝性アシドーシスから脳浮腫/脳障害
  3. 慢性サリチル酸中毒の初期症状は「音楽的な耳鳴り」

甲状腺クリーゼ

サリチル酸はタンパク結合性高く, タンパクから解離させられた活性型の遊離甲状腺ホルモン[Free T3(FT3), FreeT4(FT4)]が増加するため、甲状腺機能亢進症甲状腺クリーゼには禁忌

NSAIDs(解熱鎮痛薬)不耐症(アスピリン不耐症)

アスピリンのみならず、ほとんどの解熱鎮痛薬でおこるNSAIDs(解熱鎮痛薬)不耐症(アスピリン不耐症)。

  1. ぜんそく型(アスピリン喘息=NSAIDs過敏喘息)(前述)
  2. じんましん型(皮膚型)

の2つがあります。

じんましん型は、通常は慢性じんましんがベースにあり、NSAIDs服薬により、じんましんや血管浮腫(まぶたや唇の腫れ)がおこり易くなります。 甲状腺の病気と同じく女性に多く、生理痛などで鎮痛薬を服薬される方は注意が必要。まぶたの腫れは、甲状腺眼症バセドウ病眼症橋本病眼症)のようです。

「抗血小板薬」パナルジン®(チクロピジン)とプラビックス®(クロピドグレル)で血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)の原因

甲状腺機能亢進症/バセドウ病で上昇する血管内皮障害因子von Willebrand因子(VWF)の前駆体である超高分子量VWF多重体を、血管内皮細胞内で切断するADAMTS13活性が低下、血小板と結合し血管内皮細胞に血栓を作ります。そのため毛細血管を通過できない赤血球が破壊され、血小板減少、溶血性貧血、腎障害、脳血栓がおこります。

ADAMTS13活性が低下する原因は、

  1. ADAMTS13遺伝子異常による先天性TTP(Upshaw-Schulman症候群)
  2. ADAMTS13対するIgG、IgA,IgM抗体(ADAMTS13インヒビター)による後天性TTP

があります。抗血小板剤パナルジン®(チクロピジン)とプラビックス®(クロピドグレル)は後天性TTPおこす可能性あり。

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)の診断

破砕赤血球をみつければ簡単に診断できます。凝固因子は問題ないので、プロトロンビン時間(PT)や活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)は正常です。(切断されなかった)von Willebrand因子マルチマー、ADAMTS13活性を調べる方法も開発されています。

診断基準は

  1. 溶血性貧血(破砕赤血球)
  2. 血小板減少症: 2項目のみで診断可能
  3. 腎障害(腎臓の毛細血管も血栓で閉塞)
  4. 発熱(30%)
  5. 動揺性精神神経症状(70%)

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)の治療

後天性血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)の治療は血漿交換。血小板輸血は、新たな血栓形成を促進して病態を悪化させるため禁忌。

甲状腺と血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)

先天性血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)に甲状腺機能亢進症/バセドウ病を合併した症例が報告されています。甲状腺機能亢進症により血小板の代謝が亢進し、血小板減少速度が速くなるとの事です(週1回のFFP輸注が週2-3回必要になる)。(第54回 日本甲状腺学会 P058 先天性TTPにバセドウ病を合併し、血小板寿命が短縮した一例)

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード