検索

便秘・下痢・胃潰瘍はホルモン(内分泌)の病気 [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎クリニック(大阪)]

内分泌代謝(副甲状腺・副腎)/痛風/肥満:最新・専門の検査/治療/知見 長崎クリニック(大阪)

甲状腺内分泌代謝の、長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

Summary

便秘・下痢・胃潰瘍はホルモン(内分泌)の病気のことがあります。甲状腺機能低下症副腎クリーゼ(急性副腎不全)原発性副甲状腺機能亢進症/高カルシウム血症低カリウム血症、Ca拮抗薬、褐色細胞腫、パーキンソン病治療薬、グルカゴノーマ、強皮症、糖尿病性神経障害で便秘になることあります。また、甲状腺機能亢進症/バセドウ病副腎クリーゼ(急性副腎不全)、グルカゴノーマ、ビポーマ(VIPオーマ)、Zollinger-Ellison症候群(ゾリンジャー=エリソン症候群)で下痢になることあります。甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺クリーゼ原発性副甲状腺機能亢進症/高カルシウム血症、Zollinger-Ellison症候群(ゾリンジャー=エリソン症候群)で胃潰瘍がおこります。

内分泌便秘

  1. 言わずと知れた甲状腺機能低下症:甲状腺ホルモン不足により新陳代謝が低下、腸の蠕動運動も低下し便秘になります。
  2. 副腎クリーゼ急性副腎不全):初期症状は、発熱、腹痛、便秘、下痢などです。
    副腎の細菌感染・血管閉塞・出血による副腎皮質ホルモンの急激な減少
    下垂体障害による副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌低下
    慢性副腎皮質機能低下症で、感染症・外傷・手術など強いストレスがかかった場合
    慢性副腎皮質機能低下症で、副腎皮質ステロイド薬を中止した場合生じます
  3. 原発性副甲状腺機能亢進症/高カルシウム血症  :高カルシウム血症では神経細胞のナトリウムチャンネルが阻害され、信号を伝える脱分極が起こりにくくなります。胃腸を動かす神経の活動が低下するため、胃腸の収縮が低下し便秘します
  4. 低カリウム血症;消化管平滑筋の筋力低下し、便秘になります。
  5. Ca拮抗薬;消化管平滑筋の筋力低下し、便秘になります。
  6. 褐色細胞腫:腫瘍が分泌するアドレナリンが腸の蠕動運動を抑制し、便秘になります。
  7. パーキンソン病治療薬:パーキンソン病では、、腸管の自律神経傷害などが原因で、難治性便秘になりますが、パーキンソン病治療薬のレボドパは消化管の動きを押さえ便秘を増悪します。
  8. グルカゴノーマ:下痢のこともあります。便秘は、グルカゴノーマから同時に分泌されるセロトニン,VIP,ガストリンなどによると考えられます
  9. 強皮症: 強皮症は、自己免疫性甲状腺疾患(甲状腺機能低下症/橋本病甲状腺機能亢進症/バセドウ病)に合併します。腸の線維化により腸管の運動(蠕動運動)が悪化するため、便秘することあります。
  10. 消化管運動調節系障害:胃腸を動かす自律神経の障害で、糖尿病性神経障害・脳血管障害・パーキンソン病などです。

内分泌下痢

  1. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病:甲状腺ホルモン過剰により新陳代謝が亢進、腸の蠕動運動が活発になり、下痢になります。
  2. 副腎クリーゼ急性副腎不全):初期症状は、発熱、腹痛、便秘、下痢などです。
    副腎の細菌感染・血管閉塞・出血による副腎皮質ホルモンの急激な減少
    下垂体障害による副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌低下
    慢性副腎皮質機能低下症で、感染症・外木津・手術など強いストレスがかかった場合
    慢性副腎皮質機能低下症で、副腎皮質ステロイド薬を中止した場合生じます
  3. グルカゴノーマグルカゴノーマから同時に分泌されるセロトニン,VIP,ガストリンなどにより、下痢(便秘のことも)します。
  4. ビポーマ(VIPオーマ):まれな膵臓腫瘍で、強力な水様性下痢をおこす血管作動性腸管ペプチド(VIP)を産生します。 ビポーマの50~75%は悪性で、6%は多発性内分泌腫瘍です。
  5. Zollinger-Ellison症候群(ゾリンジャー=エリソン症候群)(ガストリン産生腫瘍):膵臓腫瘍からガストリン (胃酸分泌作用のある消化管ホルモン) が過剰につくられ,治療抵抗性の難治性・多発性消化性潰瘍ができます。 同時に下痢になります。

胃潰瘍、実はホルモンの病気?

  1. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、交感神経の活動性が上がり、胃の血管が収縮。胃粘膜の血流が悪くなり、胃粘膜が障害を受けます。さらに、交感神経の緊張で、副腎皮質ホルモンが分泌され、胃酸の増加と、胃粘膜の粘液分泌の低下をおこします(いわゆるステロイド潰瘍)。
    このホルモンは胃液の分泌の増加と、胃粘膜の粘液の生産・分泌の低下を引き起こす。
  2. 甲状腺ホルモンが多くて生命に危険がおよぶ状態を、甲状腺クリーゼといいます。甲状腺クリーゼの死因の8%は消化管穿孔(胃腸が破けること)です。
  3. 原発性副甲状腺機能亢進症/高カルシウム血症 :高カルシウム血症では、幽門線のG細胞のカルシウム受容体が刺激され、ガストリン(胃酸分泌作用のある消化管ホルモン)の分泌が促進されます。結果、胃酸分泌が高まり、胃潰瘍が好発します。
ゾリンジャー=エリソン症候群

4. Zollinger-Ellison症候群(ゾリンジャー=エリソン症候群)(ガストリン産生腫瘍):膵臓腫瘍からガストリン (胃酸分泌作用のある消化管ホルモン) が過剰につくられ,治療抵抗性の難治性・多発性消化性潰瘍ができます。 


甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎クリニック(大阪)


広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード