検索

甲状腺と低血糖、高体温・低体温、高カルシウム血症・低カルシウム血症[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 超音波(エコー)検査の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見①甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺 クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

瞬間体温測定器サーモピッパー

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編 をクリックください

甲状腺編 では収録しきれない最新・専門の検査/治療です。

Summary

甲状腺、甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺中毒症甲状腺クリーゼ甲状腺機能低下症/橋本病粘液水腫性昏睡低血糖高体温低体温高カルシウム血症低カルシウム血症を解説します。メチマゾール(メルカゾール)によるインスリン自己免疫症候群も説明。

甲状腺でも低血糖

甲状腺ホルモンのサイロキシン(T4)は腸管から血糖の吸収を促す作用があります。

  1. 甲状腺機能亢進症では食後の過血糖及びその反動で起こる反応性低血糖症を起こします
  2. バセドウ病治療薬のメチマゾール(メルカゾール)はインスリン自己抗体を誘発し、インスリン自己免疫症候群と言う低血糖症を起こします。特にメルカゾールの量が多い場合(1日12錠など)に起こりやすく、メルカゾールの減量と分割食の導入で軽快し、その後インスリン自己抗体が消失するとされます。
  3. 甲状腺機能低下症では糖吸収障害による低血糖症を起こします
    甲状腺機能低下症/橋本病に自己免疫性の副腎皮質機能低下症(アジソン病)を合併する事があります(シュミット症候群)。副腎皮質ホルモン欠乏単独でも低血糖起こすため、シュミット症候群はより重症の低血糖症になります。
  4. 多発性内分泌腫瘍症1型(multiple endocrine neoplasia type1; MEN1)でTSH以外のホルモンを分泌する下垂体腺腫による中枢性甲状腺機能低下症に、インスリン分泌内分泌腫瘍のインスリノーマが併発する可能性があります。

甲状腺以外の低血糖症は、 低血糖症 を御覧ください

低体温・高体温は甲状腺の病気?:瞬間体温計サーモピッパー

甲状腺ホルモンと体温異常

瞬間体温測定器サーモピッパー

甲状腺ホルモンが多くて体の新陳代謝が活発になり過ぎると、過剰な熱が発生し体温が上昇します。逆に甲状腺ホルモンが少な過ぎると、熱が産生されず体温が低下します。瞬時にバセドウ病/甲状腺機能亢進症甲状腺中毒症甲状腺クリーゼ高体温甲状腺機能低下症粘液水腫性昏睡低体温を測定。インフルエンザなどの感染症、抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)で無顆粒球症、薬剤熱、薬剤過敏症が起こった時の熱発にも。

真夏に甲状腺機能亢進症甲状腺中毒症状態にあると、内部の熱産生増加・発汗過多による脱水から熱中症になりやすいと言えます。40℃以上・意識を失う程(Ⅲ度)の熱中症では微温湯噴霧・冷たい生食大量輸液し39~38℃まで冷却します。詳しくは、 甲状腺機能亢進症/バセドウ病と熱中症  を御覧ください。

甲状腺機能低下症粘液水腫性昏睡では低体温:例えば(心筋梗塞などによる)心原性ショックでは、33℃24時間の低体温療法しますので、33℃位では、さほど問題ないようです。

偶発性低体温症 

偶発性低体温症甲状腺機能低下症粘液水腫性昏睡以外、内分泌疾患(下垂体機能低下症副腎機能低下症)、低血糖、低栄養などでおこります。心電図では徐脈、Brugada症候群でもみられるJ波(Osborn波)から心室細動に至ります。

J波症候群は、低体温症、Brugada症候群だけではありません。逆に甲状腺中毒症の交感神経刺激、交感神経破壊を伴う頸部根治手術後(頚部に広範囲に浸潤した甲状腺癌の手術)でも早期再分極による心室細動として起こります(第58回 日本甲状腺学会 P2-7-6 破壊性甲状腺炎による甲状腺中毒症とJ波症候群を伴った心肺停止の1例)。

甲状腺とカルシウム異常

甲状腺機能亢進症/バセドウ病高カルシウム血症

甲状腺機能亢進症/バセドウ病では破骨細胞が活性化され骨減少症・骨粗しょう症になります。さらに、60歳以上の18.8%はおそらくカルシトニンの欠乏から、血液中へ溶け出してきたカルシウムを下げきれず高カルシウム血症に至ると考えられます。

また甲状腺機能亢進症/バセドウ病では甲状腺の過剰から躁(そう)状態になり、神経科で躁病としてリチウム剤を投与されることがあります。リチウム剤は副甲状腺の機能を亢進させ、10%の患者に高カルシウム血症を起こします。

甲状腺低カルシウム血症

甲状腺低カルシウム血症の合併は

APS(多腺性自己免疫症候群)
APSは複数の自己免疫病を併発する病態です。バセドウ病/橋本病の自己免疫性甲状腺疾患と同じく、自己免疫による副甲状腺の破壊により副甲状腺ホルモンが不足すると、血液中のカルシウム濃度を維持できなくなり低カルシウム血症になります(副甲状腺機能低下症 )。

甲状腺手術後副甲状腺機能低下症
バセドウ病/甲状腺腫瘍で甲状腺切除と同時に副甲状腺も取ってしまった場合、取らずに温存した場合でも副甲状腺への血管を傷つけた場合などに、副甲状腺ホルモンが不足による低カルシウム血症になります。

甲状腺手術後高カルシウム血症(ビタミンD中毒)

甲状腺手術後副甲状腺機能低下症による低カルシウム血症カルシウム剤とビタミンD製剤、あるいはビタミンD製剤単独投与します。ビタミンDは脂溶性ビタミンですので体内に蓄積し効き過ぎると高カルシウム血症を起こしますビタミンD中毒)。

脱水など腎でのカルシウム排泄低下時に顕在化しやすく、高度の脱水による口渇・多飲・多尿・頻脈など糖尿病のような症状、高血圧、便秘・消化性潰瘍・膵炎、中枢神経障害を起こします。

副腎皮質機能低下症でも高カルシウム血症

副腎皮質機能低下症でも,6%に高カルシウム血症おこしますが、臨床症状を呈することは稀です(Adrenal insufficiency. Lancet 361: 1881-1893, 2003) 。グルココルチコイド不足による消化管でのカルシウム吸収の亢進や腎でのカルシウム排泄の低下が関与するとされます。[Addisonʼs disease - clinical studies.A report of 108 cases. Acta Endocrinol (Copenh) 76:127-141,1974]。

甲状腺ホルモン過剰症(甲状腺機能亢進症/バセドウ病, 甲状腺中毒症)を合併すると,甲状腺ホルモンによる骨吸収促進とあわせ著明な高カルシウム血症を呈することがあります。報告では、血清カルシウム濃度は14.4mg/dlまで上昇しています。

  1. 副甲状腺ホルモン(i-PTH) 16pg/mlと抑制され[おそらく1,25(OH)2D3も低値]
  2. zoledronate(ゾメタ®)投与も無効
  3. prednisolone 60 mg静注により血清カルシウム値低下
  4. 甲状腺中毒症の改善により、グルココルチコイドの分解も低下するため血清カルシウム値低下
    [甲状腺中毒症および副腎機能低下症におけるカルシウム代謝の検討. 日本内分泌学会雑誌 83(Suppl 1)2007,142-143]。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病, 甲状腺中毒症で、著明な高カルシウム血症を呈し、副甲状腺ホルモン(i-PTH)と1,25(OH)2D3低値の時は、副腎皮質機能低下症の合併を疑わねばなりません。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療      長崎甲状腺クリニック(大阪)

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区,天王寺区,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード