検索

甲状腺の血圧管理、高血圧  [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見①甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編 をクリックください

甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺中毒症甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症の血圧管理を解説します。ベータ遮断薬(ベータブロッカー),カルシウム拮抗剤,ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬),アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)についても説明します。

甲状腺と高血圧

甲状腺機能障害と高血圧

  1. 甲状腺ホルモンが過剰になる(甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺中毒症)と、収縮期高血圧(上の血圧が高い高血圧)
  2. 甲状腺ホルモンが足らなくなる(甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症)と、拡張期高血圧(下の血圧が高い高血圧)になります。

潜在性甲状腺機能低下症では、拡張期高血圧により動脈硬化が進行する」事を、私、長崎 俊樹が大阪市立大学 代謝内分泌内科でおこなった研究により、世界で初めて証明しました。

院長の論文

甲状腺と降圧薬

β遮断薬(ベータブロッカー)

β遮断薬(ベータブロッカー)は甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺中毒症における高血圧に有用で

  1. 心収縮力・心拍数低下
  2. 腎臓からのレニン分泌抑制
  3. 中枢性交感神経抑制

があり、

  1. 内因性交感神経刺激作用(ISA)のないものは心不全の予後を改善
    無症状でも心機能低下があれば使用
    ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)/ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)、利尿薬でコントロールついた状態で少量から使用
  2. 狭心症薬で唯一、狭心症発作予防と心筋梗塞発症抑制があります。

副作用として

  1. 気管支喘息を誘発:特に甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺中毒症甲状腺ホルモンが下がってきた時におこりやすい
  2. 糖・脂質代謝に悪影響:糖尿病を悪化させる可能性
  3. 甲状腺髄様癌を併発する可能性ある褐色細胞腫に、β遮断薬(ベータブロッカー)単独で使用すると、高血圧発作を増悪

カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗剤は

  1. ジヒドロピリジン系:血管選択制が高く高血圧の第一選択薬
  2. ベンゾチアゼピン系[ジルチアゼム(ヘルベッサー)]:血管拡張作用は弱いが、心拍数抑制作用・冠スパズム抑制作用が強く狭心症の第一選択
    特に、甲状腺機能亢進症/バセドウ病・甲状腺中毒症で気管支喘息があり、β遮断薬(ベータブロッカー)を使用できない場合に有効
  3. フェニルアルキルアミン系[ベラパミル(ワソラン)]:洞結節・房室結節の抑制作用が高く甲状腺機能亢進症/バセドウ病・甲状腺中毒症におけるPSVT(発作性上室性頻拍)や心房細動など頻脈性不整脈に

ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)

ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)は

  1. ACEを阻害しアンジオテンシンIIの生成を抑制し、降圧・糖尿病性腎症改善
  2. 組織アンジオテンシン抑制し、甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症・橋本病の心肥大・動脈硬化の進行阻止
  3. ブラジキニンの分解抑制によるNO(一酸化窒素)増加により末梢血管拡張・誤嚥性肺炎を防止

の作用があり、副作用として

  1. 腎機能一時的悪化(それでも使用)
  2. 高カリウム血症
  3. ブラジキニンの分解抑制による血管浮腫・空咳

アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)

アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)は、

  1. 狭心症・頻脈以外の高血圧治療の第一選択薬です。
  2. 無症候性から重症心不全の第一選択薬でもあります。

ACE阻害薬とほぼ同じですが、異なる点は

  1. ACEを介さないキマーゼ系も阻害し強力
  2. ブラジキニンの分解抑制がなく発疹・血管浮腫・空咳が少ない。

ただちに中止:甲状腺疾患であれ糖尿病であれ、腎不全患者で脱水・血圧低下の(腎前性腎不全がプラスされた)時

甲状腺と糖尿病と動脈硬化と高血圧

甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病では動脈硬化が進行し、狭心症/心筋梗塞の発症率が上がります。糖尿病は、言わずと知れた動脈硬化の危険因子です。甲状腺と糖尿病の2つがそろえば、相乗効果で動脈硬化が進行します。

甲状腺動脈硬化は、 甲状腺と動脈硬化 ・高コレステロール血症 を、甲状腺糖尿病は、 甲状腺と糖尿病 を御覧ください。

降圧目標値は、糖尿病合併高血圧では

  1. 診察室血圧130/80mmHg未満、家庭血圧125/75mmHg未満
  2. CKD併発では診察室血圧130/80mmHg未満、家庭血圧125/75mmHg未満

上記を満たさねばすぐ降圧薬使用、食事運動療法効果は待てても3か月との考えが主流ですが、確かに性急過ぎるとおもいます。

高血圧と糖尿病合併で左心拡張障害[左室駆出率(EF)がほぼ正常で収縮機能が保たれた心不全]

拡張不全による慢性心不全[左室駆出率(EF)がほぼ正常で収縮機能が保たれた心不全]は高齢女性に多く、高血圧・糖尿病は単独で左室肥大→左心拡張機能不全→うっ血性心不全をおこします.

治療は収縮不全による心不全と同じで、血管拡張薬に利尿薬.

予後は収縮不全による心不全と大差なく、アンジオテンシン受容体拮抗薬の予後改善効果は否定的。、糖尿病治療薬「DPP4阻害剤」が心臓毛細血管不全改善し、拡張不全を改善する可能性が報告されています

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード