検索

下垂体腫瘍と視神経障害・内分泌エマージェンシー下垂体卒中・蓄膿(副鼻腔炎)で下垂体機能低下症(下垂体膿瘍)[甲状腺 専門医 橋本病 長崎クリニック(大阪)]

内分泌代謝(下垂体・妊娠/不妊等):最新・専門の検査/治療/知見  長崎クリニック(大阪)

下垂体卒中 MRI画像

甲状腺内分泌代謝等の長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしか行えない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報を満載しています。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、甲状腺学会で入手した知見を元にしています。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝(副甲状腺/副腎等)・糖尿病に御用の方は  甲状腺編   動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編   をクリックください

Summary

下垂体腫瘍による視交叉下方からの圧迫で両耳側半盲の視力障害。下垂体腺腫に、梗塞・出血が生じる下垂体卒中は、大きな下垂体腺腫・妊娠出産(シーハン症候群)・抗凝固剤・下垂体負荷試験・ブロモクリプチン/カベルゴリン投与・糖尿病が誘因。症状は雷鳴頭痛、視力視野障害、眼球運動障害、意識障害で、緊急手術。副腎不全に対し迅速ACTH試験行い、直ちに副腎皮質ホルモン補充。下垂体膿瘍は、敗血症/髄膜炎後, 蝶形骨洞炎[蓄膿(副鼻腔炎)]、下垂体腫瘍内壊死、下垂体腺腫の手術後が原因で、下垂体前葉機能低下、視力・視野障害、発熱・髄膜炎おこします。診断は造影MRIで輪状増強、治療は脳外科手術が主体、スパルフロキサシンも有効。

下垂体腫瘍と視神経障害

下垂体腫瘍による視交叉下方からの圧迫では、視交叉の中央部にある鼻側由来の視神経が障害され、両眼の耳側視野が欠損(両耳側半盲)します。 

頭痛・視力障害、内分泌エマージェンシー!下垂体卒中

下垂体腺腫の5%に、梗塞・出血・出血性梗塞が生じます。大きな下垂体腺腫・ラトケ嚢胞妊娠出産(シーハン症候群)・抗凝固剤投与中・下垂体負荷試験・ブロモクリプチン(パーロデル®)/カベルゴリン(カバサール®)投与・糖尿病下垂体卒中の誘因になります。

下垂体卒中の症状は、雷鳴頭痛(90%)、視力視野障害(50%)、眼球運動障害(50%)、意識障害(10%)で、視力視野・意識障害は緊急手術の必要があり、遅れると失明します。また、副腎不全に対し迅速ACTH試験など行い、直ちに副腎皮質ホルモン補充の必要あります。

蓄膿(副鼻腔炎)で下垂体機能低下症(下垂体膿瘍)

下垂体膿瘍

  1. 敗血症/髄膜炎後, 蝶形骨洞炎の波及[蓄膿(副鼻腔炎)]
  2. 下垂体腫瘍内壊死
  3. 下垂体腺腫の手術後

が原因です。下垂体膿瘍の症状は

  1. 下垂体前葉機能低下
  2. 視力・視野障害
  3. 発熱・髄膜炎

です。下垂体膿瘍の診断は、MRIでT1低信号、T2高信号、DWI高信号、造影にて輪状増強になること多いです。

下垂体膿瘍の治療は、

  1. 脳外科手術が主体ですが、
  2. スパルフロキサシンの経口投与による治療が成功し、外科的治療は不要だった症例も報告されています。[「下垂体膿瘍に対するスパルフロキサシン経口投与による治療成功例」Internal Medicine. 47, (12), pp. 1147-1151, 2008-06. (一社)日本内科学会]

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード