検索

サイログロブリン、一体何をやってるの?      [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見②甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

サイログロブリン

甲状腺編 では収録しきれない最新・専門の検査/治療です。

Summary

血中サイログロブリン値が上昇する甲状腺の異常は、①甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)、②甲状腺良性腫瘍(良性濾胞腺腫)、腺腫様結節(過形成結節);腺腫様甲状腺腫、③甲状腺機能亢進症/バセドウ病でTSHレセプター抗体(TR-Ab)刺激に反応し過剰産生される、④甲状腺機能低下症、⑤橋本病無痛性甲状腺炎亜急性甲状腺炎甲状腺原発悪性リンパ腫甲状腺低分化癌甲状腺未分化癌です。最近、甲状腺ホルモン合成の重要な過程を担うサイログロブリンには、甲状腺ホルモン合成を調節すると言う、さらに進んだ役割のある事が解ってきました。

血中サイログロブリン値が異常を示す甲状腺の病態

血中サイログロブリンの値は、以下の様々な甲状腺の病態で異常を示します。

  1. 甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)で過剰産生され、
  2. 甲状腺良性腫瘍(良性濾胞腺腫)、腺腫様結節(過形成結節);腺腫様甲状腺腫でも、過剰産生され上昇します。
  3. さらに、甲状腺機能亢進症/バセドウ病も、TSHレセプター抗体(TR-Ab)の刺激に反応して、過剰産生されるため、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の活動性を反映します。
  4. 甲状腺機能低下症では、TSH(甲状腺刺激ホルモン)の刺激に反応して、過剰産生され上昇します。
  5. 橋本病無痛性甲状腺炎亜急性甲状腺炎甲状腺原発悪性リンパ腫甲状腺低分化癌甲状腺未分化癌でも甲状腺組織の破壊により、血中へ流出するため、破壊活動性を反映します。

すなわち、個々の甲状腺の病態により、血中サイログロブリンの値は異なる意味を持つことになります。血中サイログロブリンの値が異常値を示した時、その意味を正確に理解する力量が医師に求められます。(甲状腺専門医以外では難しいと思います。)

抗サイログロブリン抗体(Tg-Ab)

橋本病の自己抗体[自分の甲状腺を破壊する抗体;抗サイログロブリン抗体(Tg-Ab)]を持っている方には、サイログロブリンが絶対的なものではありません(一般的にサイログロブリンは本当の値よりも低く測定されます)。抗サイログロブリン抗体(Tg-Ab)]が、サイログロブリンの測定キットに干渉し、阻害するためです。

新しく解ったサイログロブリンの役割

甲状腺刺激ホルモン(TSH)だけで調節されない甲状腺ホルモン合成

甲状腺濾胞

甲状腺濾胞は、甲状腺ホルモン合成と分泌を行う最小単位です。濾胞上皮細胞に囲まれた濾胞腔にはコロイドが存在し、甲状腺ホルモンを合成する重要な場所になります。(写真の矢印で囲まれたところが1つの甲状腺濾胞)

写真のごとく、大小多数の甲状腺濾胞が存在し、内部のコロイド量が個々の甲状腺濾胞で異なります。以前から、濾胞内コロイド中の甲状腺ホルモン前駆体の濃度は、濾胞ごとに大きく異なっている事が知られていました(follicular heterogeneity)。コロイド内の甲状腺ホルモン濃度が低い濾胞では、甲状腺ホルモン合成の遺伝子発現が活性化・ヨードを活発に取り込んでいます。逆に、甲状腺ホルモン濃度が高い濾胞では甲状腺ホルモンホルモン合成は抑制されます。つまり、濾胞ごとに甲状腺ホルモン合成が調節されているのです。(第59回 日本甲状腺学会 基礎甲状腺学セミナー)

そもそも甲状腺ホルモン合成は、下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)で調節されるのが常識でした(下垂体による甲状腺ホルモンの調節)。血中のTSH濃度はどこでも同じなので、濾胞ごとに甲状腺ホルモン合成が調節されるとすれば、TSHよりも強力な調節因子が濾胞ごとに存在するはずです。では一体何が内在性調節因子なのでしょうか?。

サイログロブリンは甲状腺ホルモン合成を調節

甲状腺の濾胞内に存在し、甲状腺ホルモン合成の重要な過程を担うサイログロブリンには、甲状腺ホルモン合成を調節すると言う、さらに進んだ役割がある事が解ってきました。これらは、帝京大学医療技術学部臨床検査学科の鈴木幸一教授らの研究によるものです。[Sellitti DF and Suzuki K. Intrinsic Regulation of Thyroid Function by Thyroglobulin. Thyroid 24(4), 625-638, 2014.]

「甲状腺ホルモンの調節は、下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)により制御される」と言うのが常識ですが、実はそれ以上に、個々の甲状腺濾胞でサイログロブリンにより甲状腺ホルモン調節が行われているのです。

サイログロブリンの役割

甲状腺濾胞内に蓄積するサイログロブリン濃度が上昇すると、甲状腺濾胞細胞の甲状腺ホルモン合成が抑制されます(内因性ネガティブフィードバック機構)。しかも、サイログロブリンは、TSHの作用を完全に打ち消すほど強力に、甲状腺濾胞細胞の甲状腺ホルモン合成を抑制します。

現段階では、このサイログロブリンのネガティブフィードバック機構が、様々な甲状腺の病気でどのような意味を持つのか不明です。また、原因不明とされる甲状腺の病気に関わっている可能性も考えられます。

サイログロブリンのネガティブフィードバック機構

生理的濾胞内濃度のサイログロブリンは、

  1. NIS(Na-Iシンポーター):ヨードの濾胞細胞への取り込み
  2. pendrin(ペンドリン):ヨードの濾胞細胞内輸送
  3. 抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体):甲状腺ホルモン合成酵素
  4. DUOX2:甲状腺ホルモン合成酵素
  5. サイログロブリン遺伝子自体

に抑制を掛けます。(第57回日本甲状腺学会 YIA-1 DUOX2によるH2O2産生はサイログロブリン(Tg)によって制御される)他

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎クリニック甲状腺(大阪)


広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード