検索

高齢者の低ナトリウム血症と認知症[低張性脱水][日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

内分泌代謝(副甲状腺・副腎・下垂体)専門の検査/治療/知見 長崎甲状腺クリニック(大阪)

低ナトリウム血症の鑑別

甲状腺内分泌代謝等の長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、甲状腺学会で入手した知見を元にしています。

長崎甲状腺クリニック(大阪)以外の写真・図表はPubMed等で学術目的にて使用可能なもの、public health目的で官公庁・非営利団体等が公表したものを一部改変しています。引用元に感謝いたします。

(日本内科学会雑誌より)

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。低ナトリウム血症自体の診療は行っておりません。

Summary

高齢者は体内に塩分を蓄える腎臓でのナトリウム再吸収能が衰え、容易に低ナトリウム血症になる。ほとんどは低浸透圧性脱水で、塩分摂取量少なく、排泄量多い。人災と言え①健康番組を妄信し、過度な塩分制限する比較的元気な高齢者②入院患者、施設に入居・デイケア通所し、半強制的に塩分制限食にされる③高血圧患者にACE阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)単独、サイアザイド系降圧利尿剤併用で悪化。高齢者の低ナトリウム血症は認知症が起こり易い。レニン アンジオテンシン系の代償性活性化→アンジオテンシンによる血管収縮で脳血流低下→アミロイド原生蛋白が脳に蓄積。

Keywords

高齢者,塩分,低ナトリウム血症,脱水,塩分制限,高血圧,アンジオテンシン,利尿剤,認知症,脳血流低下

低ナトリウム血症とは

低ナトリウム血症症状

血清Na(採血でわかるナトリウム)濃度は135~150 mEq/Lの範囲に厳格に調節されていて,血清ナトリウム濃度<135mEq/Lになれば低Na血症です。

血清ナトリウムが

  1. 130mEq/l以下になると軽度の虚脱感や疲労感、認知症様症状が出現
  2. 120mEq/l以下では脳浮腫(脳がむくむ)から精神錯乱、頭痛、めまい、悪心、嘔吐、食思不振おこし
  3. 110mEq/l以下で脳浮腫がさらに悪化、痙攣、昏睡状態になり脳ヘルニア(脳圧が異常亢進すると、脳組織が隣接腔へ嵌入)で死亡します。

正常値:尿中Na量は4~8g/日、170mEq/日、尿中Na濃度118mEq/L

血漿浸透圧(血管内に水分をとどめる圧)は、下の近似式の如く。ほとんどが血中Naイオンにより決まります。

血漿浸透圧(mmOsm/L)=2×血中Naイオン+血中Glu(グルコース=糖)/18+血中BUN(尿素窒素)/2.8

尿浸透圧(mmOsm/L)=2×(尿中Naイオン+尿中Kイオン)+尿中BUN(尿素窒素)/2.8
=尿比重下2桁 x35

細かい事は抜きで、高齢者の低ナトリウム血症

高齢者の低ナトリウム血症の原因と人災

日本人の食塩摂取量

平均的な日本人の食塩摂取量は

  1. 男性11g、女性9g
  2. 年々減少傾向

です。

最近、熱中症を防ぐため、塩分摂取の必要性がTVでもしきりに報じられ、また、OS-1の様な高濃度の塩化ナトリウム(NaCl)を含む脱水予防の飲料水が飛ぶように売れています。ようやく、塩分制限の間違いに皆が気付き始めたようです。

今までは、高血圧だ、腎臓に悪い、心不全だと塩分過剰の害ばかりが喧伝され、健康番組では自分の専門分野以外何も知らない(筆者も人の事は言えませんが)お偉いさん方が、「塩分は控えましょう」と、もっともらしい事を言います。

臓器が若く、体内にナトリウムを保持できる若い人は、塩分制限に持ちこたえても、高齢者では体内に塩分を蓄える機能(腎臓でのナトリウム再吸収能)が衰えているため、容易に低ナトリウム血症になります。実際、低ナトリウム血症のほとんどは低浸透圧性脱水で、塩分摂取量が少なく、排泄量が多いパターンです。

人災とも言える高齢者の低ナトリウム血症

  1. テレビの健康番組を妄信し、過度な塩分制限をしている比較的元気な高齢者(マスコミと本人の責任)
  2. 入院患者、施設に入居・デイケアなどで通所している方は、半強制的に塩分制限食にされています(施設長の医師、管理栄養士の責任)
  3. 高血圧患者にACE阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)単独、アルドステロン拮抗薬あるいはサイアザイド系降圧利尿剤併用(これは医者が悪い)

により悪化していることが多いです。

高齢者の低ナトリウム血症と認知症

高齢者の低ナトリウム血症では、

  1. 注意力低下
  2. 歩行不安定性

により、転倒し易く、同時に認知症も起こり易いとされます(PLoS One. 2017 Jun 7;12(6):e0178977.)。

低ナトリウム血症の改善で、社会生活機能も改善します(N Engl J Med. 2006 Nov 16;355(20):2099-112.)。

低ナトリウム血症で認知症おこす機序として、

  1. レニン アンジオテンシン系の代償性活性化→アンジオテンシンによる血管収縮で脳血流低下
  2. 血流低下による低酸素状態で炎症性サイトカイン上昇→認知症の原因と考えられるアミロイド原生蛋白が脳に蓄積

が考えられています(Am J Med. 2006 Jan;119(1):71.e1-8.)(PLoS One. 2017 Jun 7;12(6):e0178977.)。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,天王寺区,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら