検索

甲状腺乳頭癌の予後   [日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波エコー検査 甲状腺機能低下症 長崎甲状腺クリニック大阪]

甲状腺の基礎知識を、初心者でもわかるように、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が解説します。

高度で専門的な知見は甲状腺編 甲状腺編 part2 を御覧ください。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、内科系甲状腺専門医なので甲状腺乳頭癌治療は行っておりません。

  1. 甲状腺乳頭癌
  2. 甲状腺乳頭癌予後(本ページ)

Summary

甲状腺乳頭癌の10年生存率は95~96%だが肺転移のみで70%、骨転移もあると40%。甲状腺乳頭癌は他臓器癌と異なり、高齢者より若年者が進行遅く予後良い。周囲の線維組織・脂肪組織・甲状胸筋・顕微鏡的な反回神経への浸潤は生存率に無関係。甲状腺外(気管・食道、反回神経)浸潤は予後悪い。甲状腺乳頭癌の予後不良因子は腫瘍が>4cm、被膜外に広く浸潤(Ex2)、リンパ節転移も大きく・広範囲、遠隔転移(M1)、高齢、男性、家族性(V600E遺伝子変異)、病理的には、低分化型、高細胞型、高Ki67-U(MIB-1ラベリング)型。

Keywords

甲状腺乳頭癌,10年生存率,肺転移,骨転移,予後,浸潤,甲状腺,予後不良,遠隔転移,死亡率

甲状腺乳頭癌の10年生存率

甲状腺乳頭癌の10年生存率は95~96%です。 しかし、肺転移・骨転移すれば、その限りではありません。甲状腺乳頭癌131-I 内用療法(アイソトープ治療)を行った場合の10年生存率は、肺転移のみで70%、骨転移もあると40%。予後が良いと言いつつも遠隔転移があると悪くなります。

東京女子医科大学 内分泌外科の報告では、根治切除を目的とした手術後平均観察期間8年の再発率は

  1. 低リスク(T1N0M0)(限局性で転移も浸潤も無し)5.3%(約5%)
  2. 高リスク(T>5cm、触知するリンパ節、Ex2、M1)39.5%(約40%)

手術後平均観察期間8年の再発率は

  1. 低リスクで1.3%
  2. 高リスクで16.2%

10年、20年、30年の再発率はそれぞれ11.3%、21.8%、29.4%。再発した人の内分けは、手術後0~5、0~10、10~20、20~30年、30年以上でそれぞれ36.9%、54.8%、34.5%、8.3%、2.4%。

との事です。

甲状腺乳頭癌自体で死亡する(原病死)死亡率は、手術後10年、20年、30年でそれぞれ2.7%、6.2%、8.6%。死亡した人の内分けは、手術後10年以内、10~20、20~30年以内でそれぞれ44.0%、40.0%、16.0%。

(Thyroid. 2019 Jun;29(6):802-808.)(第56回 日本甲状腺学会 O2-2 甲状腺腫瘍診療ガイドラインの危険度分類からみた乳頭癌の長期予後)

甲状腺乳頭癌の予後不良因子

甲状腺乳頭癌の予後不良因子をまとめた隈病院の甲状腺研究会の資料です。腫瘍が大きく(>4cm)、甲状腺の被膜外に広く浸潤(Ex2)、リンパ節転移も大きく・広範囲、遠隔転移(M1)していれば予後が悪いのは、初心者の方でも納得の行くものです。

実は、高齢である事(≧55歳)、男性である事、家族性である事(V600E遺伝子変異と思われます。(甲状腺腫瘍/甲状腺癌と遺伝性)も甲状腺乳頭癌の予後不良因子です。

甲状腺乳頭癌予後因子

東京女子医科大学 内分泌外科の統計では、‎年齢≧55歳、男性、腫瘍サイズ>4cm、リンパ節転移は再発の危険因子です(Thyroid. 2019 Jun;29(6):802-808.)。

病理的には、低分化型、高細胞型、高Ki67-U(MIB-1ラベリング)型が予後不良の甲状腺乳頭癌。(以下の甲状腺乳頭癌の特殊型に記載)(図:第16回隈病院甲状腺研究会より)

炎症マーカーが甲状腺乳頭癌の予後予測因子になる?

C反応性蛋白(C-reactive protein、CRP)値[正常値<0.3mg/dL] や好中球・リンパ球比(Neutrophil-toLymphocyte Ratio;NLR)は、甲状腺以外の多くの癌で全身性炎症性マーカーとして、 予後に関連します。

福島県立医科大学の報告では、CRP値、好中球・リンパ球比(NLR)は甲状腺乳頭癌の予後予測因子になるとされます。

  1. CRP0.155mg/dLをカットオフ値とし、無再発生存期間に統計的な差が出る。CRP0.155mg/dL以上では無再発生存期間が短い(J Surg Res. 2018 Nov;231:338-345.)
  2. 甲状腺乳頭癌
    Stage1(甲状腺内にとどまっていて、2cm以下);CRP(0.08± 0.08)、NLR(1.88±0.81)
    Stage3(甲状腺周囲のリンパ節転移);CRP(0.15±0.15)、NLR(2.23±1.09)
    Stage4(StageIII以上);CRP(0.15±0.18)、NLR(2.33±0.83)

    Stage3、4ではCRP、好中球・リンパ球比(NLR)高い傾向(統計的有意差には届かなかった様です)
    (第62回 日本甲状腺学会 O5-5 甲状腺癌におけるCRP、好中球・リンパ球比の検討)

甲状腺乳頭癌の年齢による予後の違い

甲状腺乳頭癌の年齢による予後の違いは、他臓器の癌と異なり、高齢の方より若い人の方が進行が遅いのです(他臓器癌では、年寄りほど、ゆっくり進行すると言われますが・・・)。

  1. 若年者(45歳未満);一般的に予後良好。リンパ節転移は多いものの、切除可能。肺転移も放射線感受性良い。
  2. 高齢者(45歳以上);一般的に予後良くない。遠隔転移、局所浸潤多い。低分化癌が混じっている。

甲状腺乳頭癌の浸潤度による予後の違い

周囲の線維組織・脂肪組織・甲状胸筋・顕微鏡的な反回神経への浸潤は生存率に無関係とされます。

肉眼的に甲状腺の外(気管・食道、反回神経)まで浸潤した場合、10年生存率は75%程といわれます。和歌山県立医科大学の報告では、気管・食道、反回神経まで浸潤したEx3は、局所再発・遠隔転移による死亡は早期に起こるとされます。(第56回 日本甲状腺学会 P2-098 甲状腺外浸潤よりみた甲状腺乳頭癌の予後予測)

甲状腺乳頭癌 気管浸潤

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら