検索

難治性T3優位型バセドウ病・服薬アドヒアランスの不良[日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査治療知見①橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会 学術集会で入手した知見です。

T3優位型バセドウ病 超音波(エコー)画像 ドプラー

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

バセドウ病で長崎甲状腺クリニック(大阪)を受診される方への注意

バセドウ病の治療開始(再開)後、頻回の副作用チェックが必要なため①大阪市と隣接市の方に限定②来院できず薬を自己中断する方は診れません。

Summary

難治性T3優位型バセドウ病は、若年女性に多く、FT4に比してFT3が著明に高値で、組織中2型脱ヨード酵素活性が異常に高く、巨大甲状腺腫、TSH レセプター抗体(TR-Ab)値が異常に高い、甲状腺超音波(エコー)検査で下甲状腺動脈が異常に太く、下甲状腺動脈血流速度(ITA-PSV)が異常高値、薬物治療抵抗性で、FT4正常化してもFT3が高値、再発繰り返す。131-I 治療は1回で終わらず、甲状腺全摘出手術になる。服薬アドヒアランスの不良は患者がメルカゾール・プロパジールを服用しない事。難治性バセドウ病と思って薬を増やしても、一向に甲状腺ホルモンが下がらない。

Keywords

難治性,T3優位型バセドウ病,2型脱ヨード酵素,再発,治療,甲状腺全摘出,アドヒアランス,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,超音波

難治性T3優位型バセドウ病

難治性T3優位型バセドウ病は、FT4に比してFT3が著明に高値なバセドウ病です。元々、甲状腺機能亢進症/バセドウ病はFT3が相対的に高いものですが、T3優位型バセドウ病は、組織中脱ヨード酵素(2型脱ヨード酵素:DIO2)活性が異常に高くなります。

T3優位型バセドウ病は、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の約10%を占めるとされ、若年女性に多く、巨大甲状腺腫、TSH レセプター抗体(TR-Ab)値が高いのが特徴。薬物治療抵抗性で、再発繰り返し、131-I 治療では1回で終わらず、高用量131-I を必要とし、結局、甲状腺全摘出手術になります。(Annals of Internal Medicine 1984 100 372–375.)(International Congress Series No. 605: 237-240, 1982.15)

T3優位型バセドウ病 超音波(エコー)画像
T3優位型バセドウ病とは

T3優位型バセドウ病の超音波(エコー)所見

T3優位型バセドウ病 超音波(エコー)画像 ITA-PSV

T3優位型バセドウ病 超音波(エコー)画像 ドプラー:下甲状腺動脈血流速度(ITA-PSV)は異常高値です。

T3優位型バセドウ病 超音波(エコー)画像 下甲状腺動脈

T3優位型バセドウ病 超音波(エコー)画像 下甲状腺動脈

T3優位型バセドウ病(重度)超音波(エコー)画像

T3優位型バセドウ病(重度)超音波(エコー)画像;甲状腺腫(甲状腺の腫れ)は重度です。

T3優位型バセドウ病(重度)超音波(エコー)画像 ドプラー

T3優位型バセドウ病(重度)超音波(エコー)画像 ドプラー;甲状腺内部血流は増大。

T3優位型バセドウ病太い下甲状腺動脈

T3優位型バセドウ病の異常に太い下甲状腺動脈です。総頚動脈とほぼ同じ太さです。下甲状腺動脈血流速度(ITA-PSV)も異常に高く、186cm/sでした。

T3優位型バセドウ病と気が付く時

T3優位型バセドウ病と気が付く時は

  1. 巨大甲状腺腫、TSH レセプター抗体(TR-Ab)値が異常に高い
  2. 甲状腺超音波(エコー)検査で、下甲状腺動脈が異常に太く、下甲状腺動脈血流速度(ITA-PSV)が異常高値
  3. 薬物治療によりFT4正常化してもFT3が高値
  4. 薬物治療抵抗性で、再発繰り返す
T3優位型バセドウ病

難治性バセドウ病と思っても実はノンコンプライアンス症候群(服薬アドヒアランスの不良)

ノンコンプライアンス(noncompliance)とは、患者が医師の処方薬剤を指示通りに服用しない事です。服薬アドヒアランス不良は、患者が積極的に薬を飲まない事。いかにも偽善者が自己満足的に考えた様な無意味な言葉で、薬を飲まずに病気が悪くなる結果に何ら変わりはありません。

いくら甲状腺機能亢進症/バセドウ病治療薬のメルカゾール(あるいはプロパジール)を増やしても、一向に甲状腺ホルモンが下がらない。難治性バセドウ病と思っても、実は患者さんが

  1. 意図的に薬を飲まない(病的な薬嫌い、肥満恐怖、ミュンヒハウゼン症候群)
  2. 本当にルーズな性格で飲み忘れる
  3. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病を軽く考えて、ついつい飲み忘れる
  4. 認知症で服薬管理できない
  5. 高齢者に何種類もの薬が処方され、どれを飲んで、どれを飲んでいないか本人も、周囲の人も分からなくなる

ノンコンプライアンス症候群(服薬アドヒアランスの不良)の事があります。

意図的に薬を飲まない(病的な薬嫌い、肥満恐怖、ミュンヒハウゼン症候群)

病的な薬嫌い

薬を飲むことを拒否する

悪質なのは、患者さんが意図的に薬を捨てたり、服薬後のどに指を入れて吐いたりしても、「ちゃんと飲んでいる」と嘘をつくノンコンプライアンス症候群(服薬アドヒアランスの不良)です。

病的な薬嫌いは、最近は減りましたが、以前は「薬は体に毒である」とカルト宗教染みた妄想を持ち、「薬に頼らず人間が持つ自然な治癒力に頼る」と言って服薬拒否する方がおられました。自然に甲状腺機能亢進症/バセドウ病が治れば、甲状腺専門医は苦労しません。

肥満恐怖

肥満恐怖で服薬拒否、こらは未だに減る気配はありません。治療により甲状腺機能が改善し脂肪分解が低下しても、治療前と同じようにガッツリ食べれば太ります。この現象をメルカゾールの副作用と勘違いし、服薬自己中断する人がいます。そもそも人間は、食べれば食べた分体重が増える生き物なのです。いくら食べても体重が増えない、逆に痩せていく事自体、自然の摂理に反します。(甲状腺機能亢進症/バセドウ病の肥満

ミュンヒハウゼン症候群・代理ミュンヒハウゼン症候群

ミュンヒハウゼン症候群(「ほら吹き男爵」の病気)は精神病の一種で、周囲の関心や同情を引くために自虐行為を行います。甲状腺機能亢進症/バセドウ病に苦しむ気の毒な自分を演じるため薬を飲みません。

さらに質の悪いのは代理ミュンヒハウゼン症候群で、甲状腺機能亢進症/バセドウ病に苦しむ近親者(子供や配偶者)に薬を飲ませず、苦しむ身内を献身的に世話する気の毒な自分を演じます。

ミュンヒハウゼン症候群・代理ミュンヒハウゼン症候群を見破れず、甲状腺全摘手術になった後、患者は甲状腺ホルモン剤(チラーヂン)を過剰服薬し(させ)、手術前の治らない自分を人工的に作り出します。まさか過剰服薬とは思わない医者は、異所性甲状腺、特に卵巣甲状腺腫の可能性を考え無駄な検査を余儀なくされます。

(Clin Chim Acta. 2011 May 12;412(11-12):1155-60.)

認知症で服薬管理できない、高齢者に何種類もの薬が処方され、どれを飲んで、どれを飲んでいないか本人も、周囲の人も分からなくない

内服薬をベッドの下から発見

薬をベッドの下から発見

服薬自己管理できない認知症患者

服薬自己管理できない認知症患者

薬の種類が多過ぎて服薬アドヒアランス不良の認知症患者

服薬自己管理できない認知症患者

DOTS(直接監視下服薬短期療法)

いずれの場合も、入院して服薬管理をすれば[DOTS(直接監視下服薬短期療法)]、見る見る良くなり、「こんなにメルカゾールが効き易い人だったのか!?」と驚いてしまいます。

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,生野区,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら