検索

乱用される『メルカゾール(またはプロパジール、チウラジール)』と『チラーヂン』の併用(ブロック補充療法)[橋本病 バセドウ病 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会 年次学術集会で入手した知見です。

ブロック補充療法(その後)

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   をクリックください

Summary

メルカゾールとチラーヂン併用はメルカゾール単独で再発を繰り返す不安定な甲状腺機能亢進症/バセドウ病に有効(ブロック補充療法)。寛解が目的でないため半永久的に続く。残念な事に、明らかに安定した活動性高くないバセドウ病にも乱用されている。普通にメルカゾールのみで治療していれば何年・何十年後にバセドウ病が寛解し、薬が必要なくなる可能性を最初から奪い去る。私見だが、ブロック補充療法を長期間続けると、寛解しない状態が固定化し、メルカゾールとチラーヂンを同比率で減らそうとしても、もはや減らせなくなる。プロパジール、チウラジールとチラーヂンの併用も同じ事。

Keywords

メルカゾール,チラーヂン,併用,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,寛解,長崎甲状腺クリニック,プロパジール,甲状腺,大阪

乱用される『メルカゾール』と『チラーヂン』の併用(ブロック補充療法:Block and Replacement Therapy)

ブロック補充療法(最初)

ブロック補充療法(最初)

ブロック補充療法(その後)

ブロック補充療法(その後)

『メルカゾール』と『チラーヂン』の併用(ブロック補充療法;Block and Replacement Therapy またはBlock-Replacement Therapy)は、メルカゾール単独では、頻回に再発を繰り返す極めて不安定な甲状腺機能亢進症/バセドウ病において、甲状腺ホルモンを安定させるのに有効な(ある意味最終)手段の一つです。[その他の最終手段は、アイソトープ(放射性ヨウ素; 131-I)治療手術療法(甲状腺全摘出)]

ブロック補充療法を行うと、甲状腺ホルモンは安定しますが、バセドウ病の寛解率の上昇は望めません[Cochrane Database Syst Rev. 2005 Apr 18;(2):CD003420.][Indian J Endocrinol Metab. 2015 May-Jun;19(3):340-6.]。

バセドウ病寛解率を高めることを目的とした方法でないため、半永久的に続きます(そりゃあ甲状腺ホルモンを下げるだけ下げて、下げた分を補充してりゃ永遠に終わらんわな)。バセドウ病の活動性が高過ぎ、半永久的にメルカゾールを切れない方にこそ有用な治療と言えます。

または、小児バセドウ病などで、アイソトープ(放射性ヨウ素; 131-I)治療手術療法(甲状腺全摘出)を安全に行える年齢になるまでの時間稼ぎにも有用です。

非常に残念なのは、

  1. 頻回に再発を繰り返している訳ではない初回発症の甲状腺機能亢進症/バセドウ病
  2. 加えて、さほど甲状腺が大きくなく、甲状腺ホルモン・バセドウ病抗体(TR-Ab, TS-Ab)も言うほど高くない
  3. ストレス・タバコ・アレルギーなどバセドウ病の活動性を上げる増悪因子に乏しい

患者に、最初からBlock and Replacement Therapy(ブロック補充療法)を使用される事です。普通にメルカゾールのみで治療していれば、何年あるいは何十年後にはバセドウ病が寛解し、薬が必要なくなる可能性を最初から奪い去ってしまいます。

さらに悪い事に、機序は解明されていませんが、甲状腺内の内部血流が低下しない(バセドウ病の活動性が消えないためか、強力に甲状腺ホルモン合成を抑えた事に対する生体の代償性防御反応か)事がほとんどです。このような患者さんに甲状腺腫瘍があり、穿刺細胞診が必要になっても、針を刺せば大出血と気道閉塞の危険あるため不可能です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、このような患者さんに対して、可能なら『メルカゾール』と『チラーヂン』を同比率で減らし、『メルカゾール』単独でコントロールしようと試みます。私見ですが、Block and Replacement Therapyを長期間続けると、寛解しない状態が固定化し、『メルカゾール』と『チラーヂン』を同比率で減らそうとしても、もはや減らせなくなってしまう例が多くあります。

※『プロパジール、チウラジール』と『チラーヂン』の併用も同じ事。

長崎甲状腺クリニック(大阪)で行った『メルカゾール』と『チラーヂン』の併用(ブロック補充療法)

あまりに不安定な甲状腺機能亢進症/バセドウ病で手術、131-I放射線内照射(アイソトープ治療)できない場合

『メルカゾール』と『チラーヂン』の併用(ブロック補充療法)は、メルカゾール単独では再発・効き過ぎを繰り返しコントロールできず、かつ甲状腺全摘出術、131-I放射線内照射(アイソトープ治療)もできない(あるいは患者さんが希望しない)場合の最終手段です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)で導入した『メルカゾール』と『チラーヂン』の併用(ブロック補充療法)は、83歳の女性。メルカゾール0.5錠増やすだけで効き過ぎて甲状腺機能低下症に、0.5錠減らすだけで甲状腺機能亢進症/バセドウ病が再発するコントロール不能な症例でした。糖尿病、慢性腎不全も合併し、年齢的にも甲状腺全摘出術、131-I放射線内照射(アイソトープ治療)できない方です。

妊活中の甲状腺機能亢進症/バセドウ病女性にブロック補充療法

妊活中不妊治療中甲状腺機能亢進症/バセドウ病女性の好ましい甲状腺ホルモン値は、「FT4(甲状腺ホルモン:遊離サイロキシン)が、非妊娠時の正常上限か、正常上限よりやや高め」です。

しかし、『メルカゾール』『プロパジール、チウラジール』を減量して調節するなら、一歩間違えれば甲状腺機能亢進症/バセドウ病再発して妊活どころではありません。

逆に、甲状腺ホルモンを下げ過ぎると、甲状腺機能低下症と同じ事になります。日本人女性の流産率は13%ですが、5.0>TSH≧2.5の甲状腺機能正常範囲(0.5-5.0)内の低下寄りでも流産率は30%以上です(不妊症/習慣性流産・不育症と甲状腺 )。

この様な時こそ、ブロック補充療法の出番です。

あくまで、十分コントロールされ、安定した甲状腺機能亢進症/バセドウ病女性が対象です。甲状腺ホルモン変動の激しい不安定な状態で甲状腺ホルモン剤(チラーヂン)を投与するのは危険極まりない事です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、十分コントロールされ、安定した甲状腺機能亢進症/バセドウ病女性妊活に際し、TSH<2.5を維持できるように『メルカゾール』『プロパジール、チウラジール』と『チラーヂン』の併用(ブロック補充療法)行います。

もちろん、出産して妊活終了後に『チラーヂン』を中止すれば問題ありません。

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,生野区,東大阪市,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら