検索

甲状腺とアレルギー性鼻炎・花粉症・アトピー性皮膚炎・好酸球増多症 [日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 大学院医学研究科 代謝内分泌病態内科で得た知識・経験・行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)以外の写真・図表はPubMed等で学術目的にて使用可能なもの、public health目的で官公庁・非営利団体等が公表したものを一部改変しています。引用元に感謝いたします。

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ 甲Joう君

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   甲状腺以外のホルモンの病気(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊など)  をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ Jo

動脈硬化した血管に甲状腺が! バセドウ病の甲状腺がモデル)

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。アレルギー自体の診療は行っておりません。

Summary

アレルギー性鼻咽頭炎、アレルギー性結膜炎(花粉症)と甲状腺機能亢進症/バセドウ病はTh2細胞による共通免疫で、アレルギーがバセドウ病の発症・再発を誘発。シックハウス(ホルマリンアレルギー)・ゴキブリ/蛾/ユスリカアレルギー、口腔アレルギー(パウダーフルーツ・ラテックスフルーツ症候群)も同様。アレルギー性結膜炎に甲状腺眼症(バセドウ病眼症)合併していると見逃される。甲状腺機能亢進症副腎皮質機能低下症の合併、抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)に対するアレルギー反応で好酸球増加。甲状腺未分化癌に好酸球増加症を伴うと予後不良。

Keywords

甲状腺,アレルギー性鼻炎,アレルギー性結膜炎,好酸球,花粉症,バセドウ病,再発,甲状腺機能亢進症,アレルギー,シックハウス

花粉症と甲状腺機能亢進症/バセドウ病発症・再発

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ 甲Joう君

スギ、ヒノキの花粉によるアレルギー性鼻咽頭炎、アレルギー性結膜炎(花粉症)の時期は甲状腺機能亢進症/バセドウ病の発症・再発が多くなります。アレルギー反応と甲状腺機能亢進症/バセドウ病は、Th2細胞[抗体を介する免疫をおこなう2型ヘルパーT細胞]による共通の免疫反応のためと考えられます。

すなわち、アレルギーが甲状腺機能亢進症/バセドウ病の発症・再発を誘発するのです。(Thyroid. 1996 Aug;6(4):349-51.)(J Clin Endocrinol Metab. 1993 Dec;77(6):1667-70.)

バセドウ病患者の半数強はアレルギーを持っているとされます[Orv Hetil. 2007 Jul 22;148(29):1347-52.]
花粉症と甲状腺機能亢進症/バセドウ病再発

花粉症を持つ甲状腺機能亢進症/バセドウ病患者は再発が多い

花粉症と甲状腺機能亢進症/バセドウ病は共通免疫

花粉症甲状腺機能亢進症/バセドウ病は、Th2細胞[抗体を介する免疫をおこなう2型ヘルパーT細胞]が主体の共通の免疫反応

バセドウ病抗体(TRAb)は3月から上昇

バセドウ病抗体(TSH受容体抗体:TRAb)は3月から上昇し、6月でピークになります。(Int Arch Allergy Immunol. 2003 Nov;132(3):268-76.)

同時に3-4月は人事異動、就職、新学年、新入学、転居など、過剰なストレスにより甲状腺機能亢進症/バセドウ病の活動性が高くなる時期でもあります(甲状腺機能亢進症/バセドウ病と精神的ストレス )。

以上より、3-4月に花粉症・ストレスで発症・再発した甲状腺機能亢進症/バセドウ病が、6月にピークとなり、暑くなる7-8月以降に、たまりかねて医療機関を受診するパターンが多くなります(甲状腺機能亢進症/バセドウ病と熱中症 )。

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、何らかのアレルギー素因(アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・気管支喘息など)のある方には、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の活動性を低下させるため、抗アレルギー剤を処方します。

アレルゲン(アレルギーの原因物質)を調べるアレルゲン検査は長崎甲状腺クリニック(大阪)では行っておりません。専門のアレルギー科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科で調べてもらって下さい。アレルゲン除去すると、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の活動性が低下すると考えられます。[Med Clin North Am. 2012 May;96(3):635-54, xi.]

夏-秋の花粉症にも要注意

花粉症は春先だけではありません。夏-秋にはイネ科の花粉、秋はブタクサやヨモギなどキク科の花粉による花粉症があります。風邪でもないのに、眼や喉のかゆみ・違和感、鼻みず・鼻づまり、くしゃみなどの症状があれば花粉症を疑うべきです。夏-秋の花粉症をキチンと治療しないと、甲状腺機能亢進症/バセドウ病が再発するかもしれません。

夏-秋の花粉症には、スギ・ヒノキの花粉症と異なる予防策があります。キク科やイネ科の草花は背が低いため、スギ・ヒノキの花粉ほど遠くには飛びません。よって、キク科やイネ科の草花(雑草)が多く生えている所、堤防や河原などに近寄らなければ良いのです。

夏-秋の花粉症にも要注意

シックハウス(ホルマリンアレルギー)・ゴキブリ/蛾/ユスリカ アレルギーでも甲状腺機能亢進症/バセドウ病悪化

新築のマンション・家は、壁紙に低濃度ホルマリン(ホルムアルデヒド)を使用しています。ホルマリン自体の刺激とアレルギー性炎症のダブルパンチで眼・のどが痛くなります。ホルマリン(ホルムアルデヒド)除去対策と同時にアレルギー治療しないと甲状腺機能亢進症/バセドウ病が発症・再発する可能性があります。

シックハウス(ホルマリンアレルギー)

知らぬ間にゴキブリアレルギーになる人は多くいます。ゴキブリを一匹見かけたら10倍以上は隠れています。ゴキブリ駆除と同時にアレルギー治療しないと甲状腺機能亢進症/バセドウ病が発症・再発する可能性があります。

また、蛾はモスラの形だけでなく、小さい羽蟻(あり)のような成虫・衣類/カーテンに穴をあける幼虫も含まれ、そのフンなどが室内アレルギーの原因になります。ユスリカは蚊(か)に似ていますが、吸血しません。しかし、電球に群がりその死骸が室内アレルギーの原因になります。

.

衣蛾

衣蛾(幼虫)

衣蛾2

衣蛾(成虫)

ユスリカ

ホルマリン(ホルムアルデヒド)・ゴキブリ/蛾/ユスリカ アレルギーはアレルゲン(アレルギーの原因物質)検査で分かる場合があります(ただ感度が100%では無いため、偽陰性になる場合もあり)。

院長の論文

口腔アレルギー症候群(パウダーフルーツ症候群・ラテックスフルーツ症候群)

口腔アレルギー症候群(パウダーフルーツ症候群)

口腔アレルギー症候群(パウダーフルーツ症候群)

口腔アレルギー症候群(パウダーフルーツ症候群)

口腔アレルギー症候群(パウダーフルーツ症候群・ラテックスフルーツ症候群)の花粉と果物の組み合わせ

シラカンバ花粉症で、果物を食べると唇や口の中、のどがかゆくなっり、腫れる口腔アレルギー症候群(パウダーフルーツ症候群・ラテックスフルーツ症候群)になる方が約50%います。

口腔アレルギー症候群(パウダーフルーツ症候群・ラテックスフルーツ症候群)の原因食物は、バラ科の果実(リンゴ、ナシ、モモ、サクランボ)、プラム、メロン、スイカ、アンズ、バナナ、キウイ、ビワ、アボガド、マンゴの果物、クリ、ヘーゼルナッツ、アーモンド、クルミ、ピーナッツなどナッツ類、セロリー、ナス、ニンジン、ジャガイモ、キュウリ、トマトなど野菜のこともあります。

また、天然ゴムの成分であるラテックス(手袋パウダー)入りの

  1. 手術用手袋、家庭用(台所用、ふろ掃除用)手袋
  2. 医療機関で採血する際の駆血帯(腕を縛るゴムチューブ)[※長崎甲状腺クリニック(大阪)ではラテックスを含まないポリスチレン系エラストマーを使用しております]

などで、皮膚の発赤、痒み、腫脹からアナフィラキシーショックまで起こるラテックスアレルギーがあります。

ラテックスアレルギーの方で、上記の果物・ナッツにも口腔アレルギー・アナフィラキシーショックを起こす方がおり、パウダーフルーツ症候群・ラテックスフルーツ症候群といいます。

ラテックス・アルコール アレルギー

甲状腺機能亢進症/バセドウ病は、これら口腔アレルギー症候群(パウダーフルーツ症候群・ラテックスフルーツ症候群)が原因で活動性が上がるため、注意が必要です。これら果物・野菜の多くは加熱処理により、蛋白の3次構造が変わり、抗原性を失い安全になりますが、クリなどの抗原性は失われません。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と好酸球増加症

好酸球数1500/μL以上の状態が長期継続すると、

  1. 中枢神経障害(J Neurol Sci. 2014 Dec 15;347(1-2):281-7.)
  2. 心房内血栓、多発性脳塞栓、多臓器障害(J Clin Diagn Res. 2013 Oct;7(10):2316-8.)

を起こす危険性があります。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と好酸球増加症

  1. 甲状腺機能亢進症副腎皮質機能低下症を合併し好酸球(アレルギー白血球)増加[APS(多腺性自己免疫症候群)2型]。
  2. 抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)に対するアレルギー反応で好酸球が増加。
    薬剤誘発性過敏症(薬剤性過敏症症候群)をおこすこともあります。
  3. A群溶連菌感染症でも好酸球増加をおこします:甲状腺機能亢進症/バセドウ病再発の原因でもあります。
  4. その他大抵の自己免疫疾患・感染症・悪性腫瘍の合併

薬剤誘発性過敏症(薬剤性過敏症症候群)

薬剤誘発性過敏症 を御覧ください。

薬剤熱

薬剤熱 を御覧ください。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病を悪化させる可能性のある好酸球性副鼻腔炎

実際の症例報告がある訳ではありませんが、強烈な症状の好酸球性副鼻腔炎は、甲状腺機能亢進症/バセドウ病を悪化させる可能性があると筆者は考えております。

好酸球性副鼻腔炎 鼻茸
好酸球性副鼻腔炎 CT画像

好酸球性副鼻腔炎は、

  1. 篩骨洞に起こりやすく、嗅覚が障害される
  2. 両側の鼻に多発性の鼻茸ができ、手術(内視鏡下鼻副鼻腔手術)をしてもすぐに再発します(再発までの短期間は症状軽快します)
  3. 気管支喘息、アスピリン喘息、成人発症好酸球優位型喘息、その他アレルギーの合併
  4. 好酸球性中耳炎も起こし難聴に
  5. ステロイドを内服する以外、有効な治療法はありません。ステロイド長期投与と中止で、副腎クリーゼ(急性副腎不全)起こります。 内視鏡下鼻副鼻腔手術を定期的に行うしかありません。

アレルギーで眼がかゆい、アレルギー性結膜炎、春季カタル

アレルギー性結膜炎と甲状腺

アレルギーで眼がかゆい人に、アレルギー性結膜炎の点眼薬(目薬)は、治療効果が高く、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の方にはお勧めです。どの点眼薬(目薬)も良く効くので何でもよいです。

パタノール点眼液0.1%®(オロパタジン塩酸塩液)・タプロス点眼液0.0015%®(タフルプロスト液)にはにはベンザルコニウム塩化物が含まれ、ソフトコンタクトレンズを変色させる事があるため要注意。

アレルギー性結膜炎と甲状腺

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、経口の抗アレルギー薬と重複が無く、安全性と有効性が高いクロモグリク酸ナトリウム点眼液を処方しています。また、長崎甲状腺クリニック(大阪)の近くの院外薬局では、ソフトコンタクトレンズ用の添加物の入っていないクロモグリク酸ナトリウム点眼液も処方してくれます。

共通免疫であるアレルギー性結膜炎とバセドウ病は合併している率が高いのですが、よく眼科で甲状腺眼症(バセドウ病眼症)による瞼(まぶた)の腫れや結膜炎をアレルギー性結膜炎と勘違いして延々と抗アレルギー点眼薬のみを処方しているケースがあります[Allergy Asthma Proc. 2005 Nov-Dec;26(6):440-4.]。

眼科では、せいぜい網膜までしか調べませんが、甲状腺眼症(バセドウ病眼症)は眼の奥の眼筋(眼を動かす筋肉)や脂肪組織の炎症なので、MRIを撮らねば分かりません。

‎春性角結膜炎(春季カタル)

春性角結膜炎(春季カタル)は、アレルギー性結膜炎の重症型で、10歳前後の男児に多く発症します。‎

春性角結膜炎(春季カタル)では、

  1. 上眼瞼(まぶた)裏の結膜に直径1mm以上の巨大な隆起(石垣状乳頭増殖)
  2. 角膜周囲の結膜に堤防状隆起

が現れます。

春季カタル

‎春性角結膜炎(春季カタル)の症状は、

  1. 激しい痒み
  2. 角膜に炎症がおよぶと異物感、眼痛、羞明(光がまぶしい)、角膜が濁る(角膜混濁)と視力低下

春性角結膜炎(春季カタル)患児の家族の28%に橋本病(慢性甲状腺炎)、14%にI型糖尿病、14%に乾癬が認められました。また、患児の35%が抗核抗体(ANA)陽性でした[Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2013 May;17(10):1419-23.]。‎

春性角結膜炎(春季カタル)は、バセドウ病の主体であるTh2細胞に類似したCD4+ T細胞の結膜への集積が見られます[J Immunol. 1991 Feb 15;146(4):1169-74.]。

スギ花粉は実は年中飛んでいる

スギ花粉が春先だけと考えるのは間違いです。実は年中飛んでいます(花粉カレンダー参照)。確かにスギ花粉のピークは春先です。しかし、空調に取り込まれたスギ花粉が、その後も放出され続けたり、11月の気温が高い日には春先と同じように杉の木から花粉が散布されます。スギ花粉症のある甲状腺機能亢進症/バセドウ病の人は、再発予防のため1年中、抗アレルギー剤を飲み必要があります。

花粉カレンダー

甲状腺未分化癌に好酸球増加症をともなう場合

甲状腺未分化癌好酸球増加症をともなう場合、骨髄内で好酸球の産生を促す顆粒球-マクロファージコロニー刺激因子(Granulocyte/Macrophage-Colony Stimulating Factor:GM-CSF)により、甲状腺未分化癌細胞増殖も活発であると考えられています。

ステロイド抵抗性の好酸球増加症は、抗癌剤に対するアレルギー反応により生じた可能性が高く、抗癌剤の変更も考慮すべきかもしれません。

[Intern Med. 2015;54(6):611-6.](第58回 日本甲状腺学会 P2-6-3 亜急性甲状腺炎様の臨床徴候を呈した好酸球増加症を伴う甲状腺未分化癌の一例)

異所性甲状腺に甲状腺未分化癌‎‎が発生した報告では、抗癌剤を使用していないのに好酸球増加症を認めています[BMJ Case Rep. 2010 Aug 31;2010:2823.]。

現在までに報告されている甲状腺未分化癌好酸球増加症をともなう症例は、初診時から3-5カ月で死亡しており、甲状腺未分化癌の平均生存期間の6カ月より短いです。

好酸球増加症を伴う甲状腺硬化性粘膜表皮癌(sclerosing mucoepidermoid carcinoma)または甲状腺粘表皮癌は、悪性度の低い甲状腺癌で非常に稀です。甲状腺未分化癌との合併した報告例では、術後の1年3ヶ月しても合併症、局所再発、転移は認められなかったそうです[Medicine (Baltimore). 2020 Oct 16;99(42):e22783.]‎。ただ、好酸球増加症を伴う理由については不明で、甲状腺粘表皮癌で好酸球が増加した報告はありますが、常にそうなる訳ではありません。

甲状腺未分化癌だけでなく、顆粒球-マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)が高値で、好中球増加症および好酸球増加症を認めた甲状腺乳頭癌の報告もあります[Hormones (Athens). 2006 Oct-Dec;5(4):303-9.]。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら