検索

薬剤性甲状腺異常(前立腺がん,乳癌,子宮内膜症,子宮筋腫治療)[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波エコー検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見④ 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

薬剤性甲状腺機能障害

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

Summary

前立腺がん,乳癌,子宮内膜症,子宮筋腫治療のGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)誘導体リュープロレリン、黄体ホルモン剤(メドロキシプロゲステロン)、エストロゲンとエストロゲン誘導体(ラロキシフェン、タモキシフェン、フルオロウラシル)、深在性真菌症治療剤ボリコナゾールは薬剤性甲状腺中毒症破壊性甲状腺中毒症)・甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症を誘発。子宮頸がん予防(HPV;ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種で甲状腺機能低下症/橋本病に。抗甲状腺薬(メルカゾール・プロパジール・チウラジール)の薬剤性過敏症症候群はヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)再活性化で重症。

Keywords

薬剤性,甲状腺機能低下症,甲状腺ホルモン,薬剤性過敏症症候群,乳癌,子宮内膜症,子宮頸がんワクチン,甲状腺,黄体ホルモン剤,GnRH

薬剤性甲状腺異常を起こす薬剤

薬剤性甲状腺機能低下症

甲状腺とは違う病気に投与される薬剤の中には、思いも寄らず甲状腺の障害を引き起こすものが多数あります。

それらの薬により誘発される甲状腺の異常も、甲状腺機能低下症橋本病甲状腺中毒症無痛性甲状腺炎破壊性甲状腺炎亜急性甲状腺炎甲状腺機能亢進症/バセドウ病と様々です。

前立腺がん、乳癌治療で薬剤性甲状腺中毒症

GnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)

LH-RH(黄体刺激ホルモンを放出させるホルモン)様作用のGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)

  1. リュープロレリン
  2. ナファレリン
  3. ブセレリン
  4. ゴナレリン

  1. 子宮内膜症
  2. 子宮筋腫
  3. 閉経前乳癌
  4. 前立腺がん
GnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)の作用

に使用されます。最初は、LH, FSH分泌を刺激し、卵胞ホルモン(エストロゲン)を増加させますが、長期投与でGnRH 受容体の脱感作による反応低下(down-regulation)から逆に卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少します。卵胞ホルモン(エストロゲン)はステロイドホルモン属なので自己免疫を抑える作用があるため、自己免疫性甲状腺疾患(橋本病, バセドウ病)の活動性は抑えられます。卵胞ホルモン(エストロゲン)がジェットコースターのように頂上から急降下すると、抑えられていた自己免疫がリバウンドします。

  1. 破壊性甲状腺中毒症型(薬剤性無痛性甲状腺炎)誘発[元々、橋本病(慢性甲状腺炎)がある人に起こり易い]
  2. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病誘発

(Endocr J. 2000;47:783–785.)(Thyroid. 2003;13:815–818.)

発症時期は、出産後甲状腺炎のパターンと同じで、

  1. 破壊性甲状腺中毒症型は投与開始3-4 か月以内に発症するものが殆どです。
  2. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病型は数ヶ月から1年程度での発症が多い。一端、発症すると薬剤終了後も持続するため、薬剤終了後1年して顕在化する場合があります。(第57回日本甲状腺学会P2-032 酢酸リュープロレリンによる薬剤誘発性甲状腺中毒症が疑われたバセドウ病の1 症例)

黄体ホルモン剤(メドロキシプロゲステロン)でも薬剤性甲状腺中毒症

黄体ホルモン剤(メドロキシプロゲステロン)高用量を投与すると、エストロゲン(卵胞ホルモン)合成・分泌が抑制され、エストロゲン依存性の乳がん・子宮がん細胞の増殖が抑えられます。 

乳がんの第一選択薬でなく、他の薬剤の効果が鈍くなった時に使用。

エストロゲン(卵胞ホルモン)が減少すれば、自己免疫性甲状腺疾患(橋本病, バセドウ病)の活動性を抑えられなくなり、薬剤性甲状腺中毒症が誘発される場合があります。(第56回日本甲状腺学会 P2-076 酢酸メドロキシプロゲステロン投与により再燃したと考えられるバセドウ病の一例)

エストロゲンとエストロゲン誘導体(SERM、乳がん、骨粗しょう症治療薬)の薬剤性甲状腺機能低下症

エストロゲンとエストロゲン誘導体[SERM: selective estrogen receptor modulator(選択的エストロゲン受容体モジュレーター)]の

  1. ラロキシフェン(骨粗しょう症治療薬)
  2. タモキシフェン(乳がん治療薬)
  3. ドロロキシフェン(タモキシフェン系抗腫瘍薬)
  4. フルオロウラシル(抗がん剤)

などは、サイロキシン(T4)と結合する血中サイロキシン結合蛋白(TBG;thyroxinebindingglobulin)のシアル化を促進し、その半減期を延長させるため、血中TBGが増加。そのため、TBGと結合していない遊離型サイロキシン(FT4)が減少し、甲状腺ホルモン作用の低下が起こります。T3に対する影響は軽微です。

またエストロゲンは肝臓でのTBGの合成を促進します。

甲状腺ホルモン剤(レボサイロキシン、チラーヂンS)補充中に、エス トロゲン剤を併用すると、甲状腺ホルモン剤の補充必 要量が30~50%増加します。エストロゲン誘導体(SERM)では比較的、影響は軽度です。

ラロキシフェン(骨粗しょう症治療薬)は、甲状腺ホルモン剤(レボサイロキシン、チラーヂンS)の吸収阻害作用もあります。

タモキシフェン(乳がん治療薬)の副作用を甲状腺機能亢進症/バセドウ病と勘違い

タモキシフェン(乳がん治療薬)の副作用は、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の症状と似ていて勘違いされる事があります。特に、

  1. 発汗、ほてり
  2. 無月経・月経異常(甲状腺と生理不順
  3. 吐き気・嘔吐・下痢(甲状腺ホルモンと便秘・下痢
  4. 脱毛(甲状腺ホルモン異常と皮膚・脱毛
  5. 体重増加(甲状腺機能亢進症/バセドウ病の肥満
  6. 浮腫(甲状腺機能亢進症/バセドウ病のむくみ(浮腫)
  7. 肝障害(甲状腺ホルモン異常と肝障害
  8. 血栓症(エコノミー症候群、肺塞栓)(バセドウ病/甲状腺機能亢進症で血栓できやすい?

などの症状は、甲状腺機能亢進症/バセドウ病と同じです。

経口避妊薬の危険性

経口避妊薬の危険性 を御覧ください。

子宮頸がん予防(HPV;ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種と甲状腺

抗うつ剤;塩酸セルトラリン(ジェイゾロフト®)

黒色甲状腺

エコー01

黒色甲状腺は、MRSAなどにテトラサイクリン系抗生物質のミノサイクリンを長期投与する事により、甲状腺濾胞上皮細胞内にメラニンまたはメラニン類似物質が沈着したものです(写真:隈病院 第9回神戸甲状腺診断セミナーより提供)。黒色甲状腺はミノサイクリン非投与例に見られる事もあります。黒色甲状腺は甲状腺機能低下症をおこす可能性があります。黒色甲状腺と甲状腺腫瘍に因果関係はないとされます。メラニン産生型の甲状腺髄様癌との鑑別必要(Otolaryngol Head Neck Surg 1999 ;121:293―296)。

結核治療薬で甲状腺機能低下症糖尿病も悪化

深在性真菌症治療剤ボリコナゾールで

ボリコナゾールは、侵襲性アスペルギルス症、カンジダ血症/食道カンジダ症、クリプトコックス髄膜炎/肺クリプトコックスなどの深在性真菌症(カビ)治療剤です。重篤な肝障害を起こすことは有名ですが、副腎皮質機能不全甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症も起こします。

抗生物質シプロフロキサシンは甲状腺ホルモン剤の吸収阻害

ニューキノロン系抗生物質シプロフロキサシンは甲状腺ホルモン剤の吸収阻害を起こすため、同時投与は避けましょう(BMJ. 2005 Apr 30;330(7498):1002.)。

薬剤性過敏症症候群(drug induced hypersensitivity syndrome:DIHS)は、重症薬疹の1つです。

  1. 特定の薬剤によるアレルギー;
    甲状腺機能亢進症/バセドウ病治療薬メルカゾール・プロパジール・チウラジール
    抗てんかん薬のカルバマゼピン・フェノバルビタール・フェニトイン(薬剤性甲状腺機能障害もおこす)
    潰瘍性大腸炎治療薬のサラゾスルファピリジン
    痛風治療薬のアロプリノロール
    糖尿病性神経障害治療薬・抗不整脈薬のメキシレチン
    抗生剤のミノマイシン/セフェム剤
  2. ヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)の再活性化(HHV-7,CMV,EBVの事もある)

の複合した病態です(日皮会誌 2006; 116: 1563―1568.)。

薬剤性過敏症症候群

内服開始3週から数カ月後に発症、発熱、顔面の浮腫と全身の紅斑が起こります。

HHV-6 IgG抗体価をペア血清(発症2週以内と4週以降で4倍以上の上昇)

皮膚科に入院してステロイド剤の内服が原則(プレドニン30~40mg/日)で、ステロイドパルス療法が有効なこともあります。抗ヒスタミン剤とST合剤、Cefozopranなども併用。

原因薬剤を中止しても沈静化せず、重篤化しDIC・多臓器障害(肝機能障害・腎機能障害・脳炎・肺炎・破壊性甲状腺炎無痛性甲状腺炎)・心筋炎]を生じ、致死率は10%です。 また、原因薬剤以外の薬剤、初めて使用する薬剤でも薬剤アレルギーが起きます(多剤感作)。一方、ステロイドを使わずに軽快する例もありますが、高熱と皮膚症状が長く続きます。

(第56回日本甲状腺学会 P1-090 PTU により薬剤性過敏症症候群を発症し不幸な転帰をきたしたバセドウ病の1 例)(第59回日本甲状腺学会 P4-4-3 薬剤性過敏症症候群の経過中に慢性甲状腺炎を発症した1例)

甲状腺関連の上記以外の検査・治療     長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら