検索

女性ホルモン/経口避妊薬と子宮内膜がん(子宮体癌)/甲状腺癌       [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

内分泌代謝(副甲状腺・副腎・下垂体)専門の検査/治療/知見 長崎甲状腺クリニック(大阪)

リンパ脈管筋腫症(LAM)

甲状腺内分泌代謝等の長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、甲状腺学会で入手した知見を元にしています。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。甲状腺以外の診療は行っておりません。

Summary

女性ホルモン(エストロゲン)・経口避妊薬による高エストロゲン血症は、リンパ脈管筋腫症、乳癌・子宮内膜がん(子宮体癌)の危険を増大。甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)が女性に多い原因は高エストロゲン血症との説。経口避妊薬は肝障害・血栓症・心血管/血管障害のリスク。子宮体癌は肥満、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)、糖尿病、高脂血症など生活習慣病、タモキシフェン、リンチ症候群の高エストロゲン血症で。子宮体部神経内分泌腫瘍は悪性度が高い。全胞状奇胎は不正出血、腹部腫瘤、血中ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)がTSH(甲状腺刺激ホルモン)に構造似ていて甲状腺機能亢進症おこす。

Keywords

女性ホルモン,エストロゲン,リンパ脈管筋腫症,子宮内膜がん,子宮体癌,甲状腺癌,経口避妊薬,心血管障害,全胞状奇胎,甲状腺機能亢進症,甲状腺

妊娠、出産や女性ホルモン(経口避妊薬等のエストロゲン製剤)が関与?リンパ脈管筋腫症(LAM)

リンパ脈管筋腫症(LAM)

リンパ脈管筋腫症(LAM)はTSC1,2遺伝子異常で、過剰な増殖能力をもつLAM細胞が出現すると考えられます。妊娠出産女性ホルモン(経口避妊薬等のエストロゲン製剤)服用で悪化します。LAM細胞が両側の肺に増殖、のう胞が多数生じ、肺拡散能の低下/閉塞性換気障害・気胸・乳び胸水起こします。腎臓に血管筋脂肪腫を生じることがあります。女性ホルモンに対する治療が試みられています。

女性の気胸・閉塞性換気障害はリンパ脈管筋腫症を疑う必要があります。似たような病気でBirt-Hogg-Dube 症候群 があります。

Birt-Hogg-Dube 症候群(バート・ホッグ・デュベ症候群)

Birt-Hogg-Dube (BHD) 症候群(バート・ホッグ・デュベ症候群)は、

  1. 20代から多発性肺嚢胞・反復性気胸
  2. 中高年で多発性両側性腎癌
  3. 顔面頭頸部皮疹
    の3つを特徴とする常染色体優性遺伝病です。大腸、甲状腺、唾液腺腫瘍、副甲状腺腺腫(Int J Dermatol 35(5) : 365-367, 1996)との関連が散発性に報告されますが、関連性はまだ証明されていません。

経口避妊薬の危険性

経口避妊薬の危険性

経口避妊薬の危険性は、

  1. 肝障害の可能性の他
  2. 血栓症3~4倍のリスク
  3. 心血管障害2~5倍のリスク
  4. 脳血管障害2~3倍のリスク
  5. 乳ガン1.24倍のリスク
  6. 子宮頚癌1.3~2.1倍のリスク
  7. 薬剤性甲状腺機能低下症

また、経口避妊薬服用中は、ホルモン結合タンパクの増加がおこり、総コルチゾール(副腎皮質ホルモン)の値が上昇しますが、遊離コルチゾールには影響ないとされます。

経口避妊薬服用による静脈血栓症

経口避妊薬服用による静脈血栓症(VTE)のリスク

絶対的禁忌は以下の通り

  1. 35才以上で1日15本以上喫煙者
  2. 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害症、冠動脈疾患
  3. 乳ガン、子宮頚癌の人
  4. 抗リン脂質抗体症候群
  5. 手術前4週間、手術後2週間

薬剤性甲状腺機能低下症

高エストロゲン血症と発癌

高エストロゲン血症と発癌で有名なのは、乳癌・子宮内膜がん(子宮体癌)です。最近、甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)が女性に多いのは、甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)の元になる甲状腺芽細胞が、胎児期の高エストロゲン下で発生するためとの説があります(甲状腺癌の発癌理論(芽細胞発癌), 隠れ甲状腺癌(甲状腺ラテント癌), FDG-PET/CTと甲状腺)。

子宮内膜がん(子宮体癌)は肥満、糖尿病、高脂血症など生活習慣病で発生

子宮内膜がん(子宮体癌)は、高エストロゲン血症の原因となる

  1. 肥満(脂肪組織でアンドロゲンから転換されるエストロゲンが多くなる)
  2. PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)
  3. 糖尿病
  4. 高脂血症
  5. 高血圧
  6. タモキシフェン(乳がん治療で使うエストロゲン拮抗薬ですが、エストロゲン類似作用を有します)
  7. 乳癌・大腸癌・卵巣癌などの家族歴

などです。

生活習慣病を背景にしている場合が多く、癌死より生活習慣病による心血管障害の死亡が多いとの報告があります。

リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス性大腸がん)でも子宮内膜がん(子宮体癌)

リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス性大腸がん)は常染色体優性遺伝でミスマッチ修復遺伝子の生殖細胞系列変異がおこり、若年性大腸がん/子宮内膜がん(子宮体癌)などが多発。

子宮体部神経内分泌腫瘍

子宮体部神経内分泌腫瘍は、極めてまれです。悪性度が極めて高く、

  1. 大動脈~腸骨動脈リンパ節に転移し、下腿浮腫(むくみ)
  2. 全身リンパ節に転移し、悪性リンパ腫のような状態

になり予後不良です。(第209回 日本内科学会近畿地方会 演題100 子宮体部神経内分泌腫瘍により全身転移を来した1例)

全胞状奇胎による甲状腺機能亢進症

全胞状奇胎は、妊娠時、胎盤の元となる絨毛組織が嚢胞化して増殖する病気です。妊娠の0.1-0.2%に発症し、妊娠8週から10週以降に超音波検査で子宮内に嚢胞状構造が見つかります。

全胞状奇胎の症状は不正出血、腹部腫瘤です。また、全胞状奇胎が産生する血中ヒト絨毛性ゴナドトロピン(human chorionic gonadotropin : hCG)は、つわりの原因であると伴に、TSH(甲状腺刺激ホルモン)に構造が似ているため、甲状腺機能亢進症をおこします。この機序は、妊娠時一過性甲状腺機能亢進症 と同じですが、通常妊娠hCGの甲状腺刺激活性は、TSHの1/1000程度であるのに対し、胞状奇胎産生のhCGアシアロhCG(アシアロ糖蛋白を持つ)で活性が強いとされます。そのため、甲状腺機能亢進症は重症で、甲状腺クリーゼおこす危険もあります。

治療は、ヨウ化カリウム、場合によってはメルカゾールも用いて甲状腺機能安定化させ、手術療法(単純子宮全摘出術)を施行します。

小腸子宮内膜症で腸閉塞、なぜか甲状腺腫瘍・甲状腺の病気が合併?

腸管子宮内膜症は、腸壁に異所性の子宮内膜組織がある状態で 、S状結腸や直腸に多いが、小腸に発生すると最悪、腸閉塞を起こします。生理と関連して腹痛が起こきるのが特徴です。

不思議なことに、小腸子宮内膜症で腸閉塞を起こした報告例は、甲状腺腫瘍・甲状腺の病気の既往を持つ女性が多いのです。

  1. 甲状腺腫にて甲状腺左葉切除[腸閉塞にて発症した回腸子宮内膜症の2例(日臨外会誌 63(6), 1541-1545, 2002)]
  2. 良性甲状腺腫瘍にて左葉切除術[穿孔をきたした小腸子宮内膜症の1例(日臨外会誌 70(6),1726―1730,2009)]
  3. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病にてメルカゾール内服中[単孔式腹腔鏡手術が有用であった回腸子宮内膜症の 1例 (第73回 日本消化器外科学会)]

甲状腺関連の上記以外の検査・治療      長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら