検索

甲状腺と生理不順・月経前症候群(月経前緊張症)      [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見②甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

甲状腺機能低下症の生理不順(月経不順)

甲状腺編 では収録しきれない最新・専門の検査/治療です。

Summary

甲状腺機能低下症/甲状腺機能亢進症は生理不順(月経不順)の原因になります。甲状腺機能低下症では、視床下部からTSH放出ホルモン(TRH)が分泌され、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)とプロラクチンという乳汁作らせる下垂体ホルモン分泌を促進、生理不順(月経不順)おこします。甲状腺機能亢進症の生理不順(月経不順)は、月経量が少なく(過小月経)、月経周期が長くなるためおこります。甲状腺機能低下症/甲状腺機能亢進症の症状は、月経前症候群(月経前緊張症)に似ています。

甲状腺と生理不順

甲状腺機能低下症の生理不順(月経不順)

甲状腺機能低下症では、

  1. まず、脳の視床下部からTSH放出ホルモン(TRH)が分泌され
  2. 下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を促進します。

TSH放出ホルモン(TRH)は、プロラクチンという乳汁作らせる別の下垂体ホルモンの分泌を促進。甲状腺機能低下症では、乳汁が出る産後のように月経は無くなったり不順になります (当然、妊娠しにくくなります)。また、排卵が正常に行われないため、破綻出血もおきます。

TRH、プロラクチン制御機構

甲状腺機能亢進症の生理不順(月経不順)

甲状腺機能亢進症の生理不順(月経不順)は、月経量が少なく(過小月経)、月経周期が長くなり、無月経/不妊症になることあります。甲状腺機能亢進症の卵巣機能への影響のメカニズムは、まだ解明されていません。 

月経前症候群(月経前緊張症)と甲状腺

月経前症候群(月経前緊張症)とは?

月経前症候群(月経前緊張症)は、月経の2週間~1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する甲状腺の病気に似た症状です。原因として、卵胞ホルモン(エストロゲン)、LH(黄体形成ホルモンFSH(卵胞刺激ホルモン)黄体ホルモン(プロゲステロン)の変動が、最有力です

月経前症候群(月経前緊張症)と甲状腺機能低下症

月経前症候群(月経前緊張症)と甲状腺機能低下症の症状は良く似ていて、うつ傾向、動悸、倦怠感、むくみ・体重増加、便秘などです。月経前症候群(月経前緊張症)では月経前10~2日前のみですが、甲状腺機能低下症の人に月経前症候群(月経前緊張症)が重なると、症状は増強されます。

月経前症候群(月経前緊張症)と甲状腺機能亢進症

月経前症候群(月経前緊張症)と甲状腺機能亢進症の症状は良く似ていて、イライラ感・うつ傾向、動悸、倦怠感、食欲亢進、悪心・下痢、にきびなどです。月経前症候群(月経前緊張症)では月経前10~2日前のみですが、甲状腺機能亢進症の人に月経前症候群(月経前緊張症)が重なると、症状は増強されます。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)


広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード