検索

甲状腺と肝障害(自己免疫性肝炎,原発性胆汁性肝硬変,薬剤性)[日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科(内分泌骨リ科)で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会 年次学術集会で入手した知見です。

原発性胆汁性肝硬変(PBC) 超音波(エコー)画像

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。肝臓病自体の治療は行っておりません。

Summary

甲状腺機能亢進症/バセドウ病橋本病/甲状腺機能低下症では甲状腺ホルモンにより肝酵素上昇、肝生検しても原因不明。抗甲状腺薬[MMI(メルカゾール)、PTU(プロパジール、チウラジール)]治療に伴う代謝変動、薬剤副作用でも肝酵素上昇。原発性胆汁性肝硬変(PBC)(抗ミトコンドリアM2抗体陽性)、自己免疫性肝炎(抗平滑筋抗体 (ASMA) 陽性)合併も。甲状腺機能亢進症/バセドウ病の肺高血圧症・うっ血肝から心臓性肝硬変。コリンエステラーゼ(ChE)は甲状腺機能亢進症/バセドウ病の代謝亢進で上昇、甲状腺機能低下症で低下。甲状腺機能低下症で二次性肝内胆管減少症。

Keywords

甲状腺,肝障害,自己免疫性肝炎,コリンエステラーゼ,抗ミトコンドリアM2抗体,原発性胆汁性肝硬変,橋本病,甲状腺機能低下症,バセドウ病,甲状腺機能亢進症

甲状腺と肝障害(自己免疫性肝炎,原発性胆汁性肝硬変)・胆石・薬剤性肝障害・肝血管腫

甲状腺ホルモン異常と肝障害

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と肝障害

甲状腺ホルモンの肝細胞毒性

甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、甲状腺ホルモンの肝細胞毒性(肝細胞の異常な代謝亢進)により、肝酵素の上昇が見られます(約20%)(World J Gastroenterol. 2008 Jul 14; 14(26):4111-9.)。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病による肝障害は、特異的な病理組織所見ありません(脂肪沈着・肝細胞壊死・肝実質萎縮・うっ血など何が原因でも起こる変化のみ)(Ann Intern Med 7 ; 687―694 : 1933)。そのため、甲状腺機能亢進症/バセドウ病に気付かないまま、肝臓内科・消化器内科で肝生検までしても原因が判かりません。

原因不明の肝障害は、甲状腺機能亢進症/バセドウ病(あるいは、甲状腺機能低下症のことも)の可能性があります。

治療による甲状腺ホルモン低下に伴う代謝変動で肝酵素が上昇

甲状腺機能亢進症/バセドウ病を、抗甲状腺薬[MMI(メルカゾール)、PTU(プロパジール、チウラジール)]で治療開始すれば、GPT(ALT)は上昇し、約1カ月後にピークになります(ALTピーク)。ALTピーク値と、1か月間の上昇度(ΔALT)は、治療前のFT3値に有意な相関を認めます。つまり、治療による甲状腺ホルモンの低下に伴う代謝変動で肝酵素が上昇し、約1カ月後のALTピークの原因と考えられます。(第58回 日本甲状腺学会 O-3-5 バセドウ病のメチマゾール治療後の一過性肝酵素上昇と治療前の甲状腺機能との関係)

甲状腺薬[MMI(メルカゾール)、PTU(プロパジール、チウラジール)]の副作用による肝障害

一方で、抗甲状腺薬[MMI(メルカゾール)、PTU(プロパジール、チウラジール)]の副作用による肝障害(メルカゾール6錠で5%・3錠で3.5%、プロパジール6錠で15%)の可能性もあります。

メルカゾール誘発性肝障害は胆管性(胆汁うっ滞型)が多いですが、プロピルチオウラシル(プロパジール、チウラジール)誘発性肝障害は肝細胞障害性で、劇症肝炎を含む重症型が多いのが特徴です。(J Clin Endocrinol Metab. 2007 Jun; 92(6):2157-62.)(Ann Pharmacother. 2003 Feb; 37(2):224-8.)

代謝変動によるALTピークとの鑑別は、リンパ幼若化試験・リンパ球刺激試験(DLST)などが参考になりますが、数日かかるため間に合わず、陽性に出ても断定できないと言う不確かなものです。

隈病院の網野先生は、ALT≧150、田尻クリニックの田尻先生は、ALT≧100で薬剤性肝障害と考え、抗甲状腺薬を変更すべきとされ、長崎甲状腺クリニック(大阪)ではALT≧100を採用しています。

また、抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)肝障害は、時に劇症肝炎になる場合もあります(抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)薬剤性肝障害)。

リンパ球刺激試験(DLST):Ⅳ型アレルギーを診断。薬剤アレルギー症状が見られても、発症直後は陰性が多く、陽性になるのは1~2 ヵ月後で役立たずのこと多い。(午後・休日前はできません)

甲状腺機能亢進症/バセドウ病で心臓性肝硬変

甲状腺機能亢進症/バセドウ病による心臓障害・肺高血圧症で、うっ血肝から心臓性肝硬変起こす事があります。甲状腺機能亢進症/バセドウ病から、心不全心房細動(Af)僧房弁逸脱症肺高血圧症に至り、うっ血肝から心臓性肝硬変に進展。(第55回日本甲状腺学会 P1-08-01 僧帽弁逸脱症を合併し肝硬変にまで至ったバセドウ病の1 例)

アルコールと甲状腺機能亢進症/バセドウ病

アルコール自体はバセドウ病の活動性、抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)の効き具合に直接影響しません。

しかし、治療開始して間もなくは、以上のような肝障害の可能性があるため、甲状腺ホルモンが正常化するまで、アルコールの摂取は避けた方がよいでしょう。

甲状腺機能低下症と肝障害

甲状腺機能低下症では、代謝の低下による胆汁うっ滞などで肝酵素の上昇が見られます(約20%)。肝臓内科・消化器内科で肝生検までして、原因不明の肝障害は、甲状腺機能低下症の可能性があります。

非常に稀な、甲状腺ホルモン剤、チラーヂンS錠(一般名:レボチロキシン ナトリウム)の副作用として、添加物として含まれる部分アルファー化デンプン,トウモロコシデンプン,D-マンニトール,三二酸化鉄などによる薬剤性肝障害(アレルギー性肝障害)があります。チラーヂンS錠が原因か調べるにはリンパ球刺激試験(DLST)を」行います。リンパ球刺激試験(DLST)が陽性になれば診断できますが、実際、陽性はめったにありません。

詳しくは、 チラーヂンS錠で副作用 を御覧ください。

院長の執筆

  • ワンポイントアドバイス:見逃されやすい甲状腺疾患1 原因不明の肝障害 (文光堂 メディカルプラクティス)

    待合にお持ち帰り用コピーがあります!

コリンエステラーゼ(ChE)と甲状腺

コリンエステラーゼ(ChE)はコリンエステル(細胞膜を構成するコリンが有機酸と結合したもの)を分解する酵素です。肝細胞で産生され、血中半減期がアルブミン(Alb)より短いため、鋭敏に肝臓の蛋白合成能を表します。

コリンエステラーゼ(ChE)は、甲状腺機能亢進症/バセドウ病では代謝亢進のため上昇し、甲状腺機能低下症では代謝低下のため低くなります。

コリンエステラーゼ(ChE)が上昇するのは、

  1. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病
  2. 過栄養の状態(脂肪肝、糖尿病)
  3. タンパク合成亢進するネフローゼ症候群
  4. 本態性家族性高ChE血症;無症状で治療の必要ないが、手術時の麻酔に使用される筋弛緩薬サクシニルコリンの分解が速く、効果が切れやすい可能性あり。

などです。

コリンエステラーゼ(ChE)が低下するのは、

  1. 甲状腺機能低下症
  2. 肝臓自体の障害(急性・慢性肝炎・肝硬変)
  3. 低栄養状態(急性重症感染症、慢性消耗性疾患、悪性腫瘍)
  4. ChEを失活させる有機リン(農薬や殺虫剤)中毒(極めて低値)
  5. 遺伝性ChE欠損症(極めて低値);無症状で治療の必要ないが、手術時の麻酔に使用される筋弛緩薬サクシニルコリンの分解が遅れ、自発呼吸が回復せず、しばらく人工呼吸器を離脱できない。

などです。

甲状腺ホルモン異常と無関係の体質性黄疸

黄疸

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、甲状腺機能亢進症/バセドウ病でも、甲状腺機能低下症でも上記の薬剤性肝障害を警戒して、甲状腺ホルモン測定と同時に肝臓の数値も調べることにしています。その際、他の肝臓の数値は正常なのに総ビリルビンの値だけが高い方が、かなりおられます。これは体質性黄疸と言われるもので、病気であって病気でなく、もちろん甲状腺の薬の副作用でもありません。

体質性黄疸 ジルベール症候群

ジルベール症候群:日本人の5%に認められる体質性黄疸(病気であって病気でありません)で、感染、ストレス、絶食で増悪する関接ビリルビンの増加。

動脈硬化糖尿病合併症に酸化ストレスが大きく関与します。血清ビリルビンは抗酸化作用を有し、体質性黄疸を示すジルベール症候群併発糖尿病患者では糖尿病性網膜症糖尿病性腎症糖尿病性心血管疾患の罹患率が低いとされます。

もともと甲状腺内には、酸化酵素が豊富で、酸化・抗酸化のバランスが崩れると細胞障害を起こしやすい環境です。甲状腺機能亢進症/セドウ病橋本病 、甲状腺乳頭癌 で酸化ストレスが関与します。抗酸化作用を有するビリルビンが甲状腺の病気に影響を及ぼすかどうか不明です。

原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)

原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)と甲状腺

原発性胆汁性肝硬変(PBC) 超音波(エコー)画像
  1. 橋本病/甲状腺機能低下症の肝障害の約20%(特に甲状腺機能低下症で陽性率高い)
  2. バセドウ病/甲状腺機能亢進症の肝障害の約8%

原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)が存在します。原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)では血液中の抗ミトコンドリアM2抗体が陽性になり、橋本病(慢性甲状腺炎)/バセドウ病で甲状腺機能が正常なのに肝臓の数値が高い方は調べる必要があります。

抗ミトコンドリアM2抗体陽性の橋本病/バセドウ病では他の自己抗体も陽性になり、

  1. 抗CCP 抗体と抗SS-A 抗体がそれぞれ約13%
  2. 抗平滑筋抗体と抗セントロメア抗体がそれぞれ約11%

(第55回 日本甲状腺学会 P2-10-11 甲状腺疾患における抗ミトコンドリアM2 抗体陽性例の検討)

逆に、原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC) の側から見ると

  1. 甲状腺疾患の合併は約16%
  2. 橋本病(慢性甲状腺炎)の合併は約10%
  3. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病の合併は約2%
  4. 多結節性甲状腺種の合併は約2%
  5. 甲状腺癌の合併は約1%
  6. その他の甲状腺疾患の合併は約1%

です。また、甲状腺疾患が原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)の進行に影響する訳ではありません(Am J Gastroenterol. 2017 Jan;112(1):114-119.)。

シェ-グレン症候群の合併は15%とされます。(Gut Liver. 2017 Nov 15;11(6):771-780.)

バセドウ病合併の原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)

初発・再発の甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、

  1. 甲状腺ホルモンの肝細胞毒性により肝機能障害が普通に見られ
  2. 抗甲状腺薬[MMI(メルカゾール)、PTU(プロパジール、チウラジール)]で治療開始すれば、①代謝変動で肝酵素が上昇、②抗甲状腺薬の副作用で肝酵素が上昇する

ため、普通は原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)の合併は考えません。過去の報告では、

  1. 皮膚掻痒感強く(これは、甲状腺ホルモン過剰亜鉛欠乏症の合併でもあり得ますが)、総ビリルビン値(T-Bil)異常上昇(報告例では31.3mg/dl)、ALP上昇(報告例では700~800U/l台)と、甲状腺クリーゼを疑うような数値(第60回 日本甲状腺学会 P2-1-2 原発性胆汁性肝硬変を合併したバセドウ病の1例)
  2. 治療開始後、AST/ALTなどが正常化してもALP高値が持続し、ALPアイソザイムが骨由来(大抵、骨修復によるALP3型)でなく、主に肝由来である
    (Jpn. J. Clin. Immun., 17 (5): 611-616, 1994.)

膠原病と原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)の合併

シェ-グレン症候群は、原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)の最も頻度の高い肝外症状です。合併率は3.5%-73%と報告によりバラツキがあります。

全身性硬化症(SSc)の合併率は、1.4%-12.3%-とされます。

(Gut Liver. 2017 Nov 15;11(6):771-780.)

原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)

原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)

  1. 中高年女性に多い
  2. 無症状で見つかるものが2/3です。
  3. 1/3は皮膚掻痒感(黄疸より早く出る)・黄疸・高コレステロール血症と甲状腺機能低下症に重なる症状です。
  4. 胆汁うっ滞で腸に胆汁が流れにくいために、ビタミンD吸収障害・骨粗鬆症が進行します。
  5. 抗ミトコンドリアM2抗体は心筋障害・心房性不整脈(心房頻脈・心房細動)との関連が報告されています。(第113回日本内科学会 P238 抗ミトコンドリアM2抗体と心房性不整脈の関連について)
  6. 抗平滑筋抗体は原発性胆汁性肝硬変(PBC)の40%で陽性
  7. IgMも陽性
  8. 抗核抗体gp210は予後予測因子といわれます。
原発性胆汁性肝硬変(PBC)

原発性胆汁性肝硬変・胆管炎(PBC)の治療は胆石・慢性C型肝炎と同じウルソ(熊の胆汁)で、疎水性胆汁酸から肝細胞を保護します。高トリグリセリド(中性脂肪)血症治療薬、フィブレート系薬はリン脂質を排泄し肝細胞保護(N Engl J Med. 2018 Jun 7;378(23):2171-2181.)。予後は様々で肝移植行うこともあります。

自己免疫性肝炎(autoimmune hepatitis;AIH)と甲状腺

自己免疫性肝炎(autoimmune hepatitis;AIH)とは

ウイルス感染(A型肝炎、EBウイルス、サイトメガロウイルス、麻疹ウイルス)や薬剤が自己免疫性肝炎(autoimmune hepatitis;AIH)発症の誘因として報告され、我が国ではC型肝炎ウイルス血症を伴う自己免疫性肝炎(AIH)があります。

組織適合抗原であるHLA-DR4が関与するとされます。

慢性甲状腺炎(橋本病)(10%)、シェーグレン症候群(7%)、関節リウマチ(3%)合併。

抗核抗体(ANA)陽性(74%)、抗平滑筋抗体(ASMA)陽性(40%)の1型がほとんどで、それらが陰性なら抗肝腎ミクロゾーム抗体(抗LKM抗体)が陽性の2型です。

抗平滑筋抗体 (ASMA)と抗肝細胞膜抗体(LMAb) 保険適応外

抗平滑筋抗体 (ASMA) 

抗平滑筋抗体 (ASMA) は自己免疫性肝炎(AIH)、ルポイド肝炎で80~85%、 原発性胆汁性肝硬変(PBC)で40%程度に高力価で検出される疾患特異的な抗体です。

保険適応外なので、保険診療で測定する事はできません。

抗肝細胞膜抗体(LMAb)

原発性胆汁性肝硬変(PBC)、自己免疫性活動性慢性肝炎で陽性。

院長の執筆

  • ワンポイントアドバイス:見逃されやすい甲状腺疾患1 原因不明の肝障害 (文光堂 メディカルプラクティス)

    待合にお持ち帰り用コピーがあります!

自己免疫性肝炎(AIH)と甲状腺機能亢進症/バセドウ病の合併

自己免疫性肝炎(AIH)は様々な自己免疫性疾患と合併しますが甲状腺機能亢進症/バセドウ病の合併はまれです。しかし、報告では1.8%-6%の合併率とされます(J Clin Gastroenterol. 2010 Mar; 44(3):208-13.)(QJM. 2002 Sep; 95(9):559-69.)

抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)内服中は、薬剤性肝障害と紛らわしく、特にAST、ALT 数百IU/l に増悪した場合、鑑別診断(肝生検)・リンパ球刺激試験(DLST)が終わるまで抗甲状腺薬を中止せざる得ません。

また例え、薬剤性肝障害が否定され、自己免疫性肝炎(AIH)が確定しても、

  1. 今後も薬剤性肝障害が起こる可能性あり、自己免疫性肝炎(AIH)を誘発・増悪させる(Nagoya J Med Sci. 2011;73:205–209.)
     
  2. 自己免疫性肝炎(AIH)がコントロールできない場合、最悪、肝臓移植になる(Cureus. 2019 May 11;11(5):e4647.)

など、抗甲状腺薬の再開は難しく、

  1. 手術療法(甲状腺全摘出)(日消誌 2007;104:52―56)
  2. アイソトープ(放射性ヨウ素; 131-I)治療(Cureus. 2019 May 11;11(5):e4647.)

が無難です。

自己免疫性肝炎(AIH)に甲状腺機能亢進症/バセドウ病を合併する場合、

  1. 若年女性が多い(日消誌 2007;104:52―56)
     
  2. 混合性結合組織病(MCTD)、腎炎、重症筋無力症など他疾患、特に自己免疫疾患も合併する事が多い(Endocr J 46 ; 173―177 : 1999)(日消誌 2007;104:52―56)
  3. プロピルチオウラシル(PTU;プロパジール、チウラジール)による薬剤性肝障害が自己免疫性肝炎(AIH)を誘発・増悪させる(Nagoya J Med Sci. 2011;73:205–209.)

出産後自己免疫性肝炎

出産後自己免疫性症候群として、出産後(無痛性)甲状腺炎は高頻度におこります。稀に、出産後自己免疫性肝炎も合併する事があり、甲状腺中毒症による肝障害と区別しなければなりません。また、出産後自己免疫性症候群は、出産回数が増えるたびに重篤化する傾向があるため、1回目より2回目の出産に注意が必要です。

橋本病が基盤にあり、出産後(無痛性)甲状腺炎出産後自己免疫性肝炎を合併した症例では、出産後3 か月目に倦怠感などの症状あり、AST997、ALT1233の肝機能障害を認め、副腎皮質ステロイド剤使用し軽快したそうです。再度妊娠後は、初回よりも重篤化する可能性が予見できたため、ステロイドを早期より開始し、出産後(無痛性)甲状腺炎は軽度で、出産後自己免疫性肝炎はAST/ALT共に最大100 前後で済んだそうです。(第56回日本甲状腺学会 P2-062 出産後に重篤な自己免疫性肝炎を発症した橋本病の1 例―2 度の出産経過について―)

肝内胆管減少症と甲状腺

乳児期に黄疸、皮膚掻痒感、肝腫大、白色便、体重増加不良が起こる原因として肝内胆管減少症があります。その名の通り、肝臓内の胆管が減る病気です。血液検査では、総ビリルビン、直接ビリルビン、AST/ALT、総胆汁酸などが上昇。

原因不明の肝内胆管減少症は、非症候性肝内胆管減少症と呼ばれます。原因のはっきりした二次性肝内胆管減少症は

  1. 甲状腺機能低下症
  2. 下垂体前葉機能低下症中枢性甲状腺機能低下症 含む)
  3. 妊婦感染による先天性感染症(サイトメガロウイルス、風疹、B型肝炎ウイルス、梅毒)
  4. 染色体異常[ダウン症候群(21トリソミー)、ターナー症候群]

などがあります。中枢性甲状腺機能低下症などを除く、(甲状腺自体が原因の)原発性甲状腺機能低下症は、新生児マススクリーニングで見つかります。

甲状腺機能低下症下垂体前葉機能低下症中枢性甲状腺機能低下症含む)はホルモン補充療法で解決しますが、その他の治療は、

  1. 胆汁排泄を促すウルソデオキシコール酸、フェノバルビタール
  2. 痒みにコレスチラミン
  3. 脂肪吸収不全に対しては脂溶性ビタミン(ビタミンA, D, E, K)補充、MCTミルク
  4. 重症例では肝移植

肝移植と甲状腺

抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)による劇症肝炎の最終手段は生体肝移植。脳死肝移植後、免疫抑制剤投与を長期間続け甲状腺乳頭癌が発生。肝不全に合併する甲状腺癌患者の生体肝移植は一般的に禁忌。生体肝移植ドナーの術前検査で甲状腺微小乳頭癌が見つかった時、自動的にドナー失格に。

脳死肝移植と生体肝移植

日本では独自の死生観から脳死移植のドナー(臓器提供者)登録は、海外に比べて極端に少なく、移植希望者(レシピエント)が移植ネットに登録しても順番は回ってきません。そのため発展したのが拒絶反応の起こり難い血縁者からの生体肝移植で、皮肉にも日本の技術は海外を大きく引き離しています。

しかし、生体肝移植にも様々な問題があります。ドナーは健康な人である事が必須で、いくら腹腔鏡で極力負担を掛けずにドナー肝臓を摘出すると言っても、①全身麻酔のリスク、②肝臓が再生するまでの1年間、感染や合併症のリスクが生じます。2003年にはあろう事かドナーが死亡する事故が起こり、健康な人間から肝臓を取り出す事に WHO(世界保健機構)は警告まで出しています、しかし、生体肝移植の件数は一向に減りません。

プロピルチオウラシル(PTU;プロパジール、チウラジール)誘発性劇症肝炎

抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)では劇症肝炎、黄疸等の重篤肝障害をおこすことがあります。特にプロピルチオウラシル(PTU;プロパジール、チウラジール)で起きやすく、成人の甲状腺機能亢進症/バセドウ病にPTU(プロパジール、チウラジール)が投与されると、肝不全(劇症肝炎)の頻度は10,000人に1人で、死亡率が20~30%といわれます。

抗甲状腺薬による劇症肝炎の最終手段は、生体肝移植です。[抗甲状腺薬の副作用と対策. 新しい診断と治療のABC 25 甲状腺疾患(改訂第2版) 164-173. 2012](Int J Endocrinol. 2010;2010:910636.)

PTU(プロパジール、チウラジール)劇症肝炎

プロピルチオウラシル誘発性劇症肝炎が妊娠中期に発症し、肝臓移植と甲状腺摘出を同時にした信じられないケースが複数報告されています(J Med Case Rep. 2011 Sep 19;5:461.)(Transplant Proc. 2018 Dec;50(10):3995-3999.)

最近では、人工肝臓でプロピルチオウラシル(プロパジール、チウラジール)劇症肝炎をしのいだ報告もあります(Ther Clin Risk Manag. 2017 Jan 11;13:65-68.)。

脳死肝移植後の甲状腺癌

脳死肝移植後、免疫抑制剤投与を長期間続けると悪性腫瘍発生頻度が高くなります。甲状腺乳頭癌に限らず、癌に対する腫瘍免疫が低下するのが原因とされます。臓器移植後の生存率が向上し、長期生存する患者が増えれば、癌の発生も必然的に増えます(Liver Transpl 2008 ; 14 : 1588-1597)。

肝移植後の悪性腫瘍の合併は移植患者の8.8%で、皮膚癌が最も多く(32.8%)、次いで悪性リンパ腫(28%)、肺癌(8.8%)、甲状腺癌(2.4%)です(Liver Transpl 2002 ; 8 : 285-291)

臓器移植後の甲状腺癌の標準罹患比は3.8(95%信頼区間=1.4~8.2) とされます。(Br J Cancer 2003; 89:1221-1227)

甲状腺乳頭癌が発症したのが脳死肝移植後に10年以上との報告があります。(日臨外会誌 74(3),636―639,2013)

生体肝移植の保険適応

肝細胞がんは、非代償性肝硬変(Child分類C)、遠隔転移と血管侵襲を認めず、かつ、5cm以下が1個、または、3cm以下3個以下「ミラノ基準」で生体肝移植が保険適用。

肝不全合併甲状腺がんに対する生体肝移植

肝不全に合併する(肝臓がん以外の)他臓器がん患者(当然、甲状腺癌も含む)の生体肝移植は、一般的に禁忌です。しかし、遠隔転移のない甲状腺分化癌乳頭癌濾胞癌)の予後は悪くないので、生体肝移植と同時に甲状腺切除術を施行された報告があります。最も、濾胞性腫瘍で術前に診断付かず、術後に濾胞癌と判明したため、生体肝移植時には「肝不全合併他臓器がん」に該当しないところがミソです(生命倫理委員会によってはgo signが出ないかもしれませんが)。(第62回 日本甲状腺学会P29-1 濾胞性腫瘍に対して、生体肝移植と同時に甲状腺左葉切除術を施行し濾胞癌であったことが判明した一例)

生体肝移植ドナーの術前検査で甲状腺微小乳頭癌

生体肝移植ドナーは健康人であることが条件です。生体肝移植ドナーの術前検査で甲状腺微小乳頭癌が見つかった時、自動的にドナー失格となります。甲状腺微小乳頭癌の予後は悪くないので、レシピエントが生命にかかわる状態にある時は、甲状腺内にとどまっている甲状腺微小乳頭癌なら生体肝移植ドナーに認めても良いと言う意見もあります(Transplant Proc. 2003 Sep;35(6):2160-2.)。しかし、浸潤型微小乳頭癌も存在するので難しい所です。

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療     長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区、住吉区、阿倍野区、住之江区、松原市、生野区、天王寺区も近く、堺市、羽曳野市、八尾市、東大阪市、生野区、浪速区も圏内。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら