検索

甲状腺と皮膚の異常・脱毛   [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。皮膚疾患・脱毛の治療は行っておりません。

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

大島椿のつばき油せっけん

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  をクリックください

Summary

甲状腺機能低下症は皮膚の新陳代謝が悪く乾燥肌、脱毛、さじ状爪、カロチン沈着し黄色く、白斑、甲状腺機能亢進症/バセドウ病は新陳代謝が活発過ぎて皮脂が増えニキビ、汗疹(あせも)、脱毛、肌黒、白斑、前脛骨粘液水腫(酸性ムコ多糖類蓄積、バセドウ病眼症を同時発症、TS-Abと相関)。円形脱毛症は自己免疫疾患であり橋本病(慢性甲状腺炎)バセドウ病に合併、フロジン液外用。亜鉛欠乏症シェーグレン症候群合併で、さらに皮膚乾燥・脱毛。、髪の毛をはやすため、こんぶ・ひじき・もずく等、ヨード過剰摂取すれば甲状腺機能低下症が増悪、さらに脱毛。

Keywords

甲状腺機能低下症,乾燥肌,脱毛,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,前脛骨粘液水腫,円形脱毛症,橋本病,慢性甲状腺炎,白斑

甲状腺ホルモン異常と皮膚・脱毛

甲状腺ホルモン異常と皮膚
  1. 甲状腺機能低下症では皮膚の新陳代謝が悪く、乾燥肌になります。また、髪の毛も硬く抜けやすくなる他、爪の発育も悪く匙(さじ)状爪(スプーンの様な爪;写真)になります。
     
  2. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病は、新陳代謝が活発過ぎて皮脂が増え、ニキビができたり、汗のため汗疹(あせも)ができやすくなります。
    甲状腺ホルモンは皮膚色素メラニンと構造が似ているため、肌黒になることもあります。
    毛髪の新陳代謝も活発過ぎて脱毛がおこり、短く軟らかい毛が抜けます。
     
  3. 亜鉛欠乏自体で、皮膚の乾燥・脱毛がおこりますが、亜鉛欠乏性甲状腺機能低下症もおこると、さらに皮膚の乾燥・脱毛が悪化します。甲状腺機能亢進症では、甲状腺ホルモン過剰により、亜鉛の消費が亢進、尿中への亜鉛排泄が増加します。
匙状爪(さじじょうつめ)
以上のホルモン異常を正常化すれば脱毛は改善するはずですが、自己免疫的な脱毛は知れだけでは改善しません。以下のフロジン液を使用します。

円形脱毛症と甲状腺疾患

円形脱毛症

円形脱毛症と甲状腺疾患は関連することがあり、円形脱毛症の8%に甲状腺機能異常が見られます。円形脱毛症は、最も頻度の高い自己免疫疾患で、同じ自己免疫疾患であるバセドウ病橋本病の合併は当然と言えます。よって、甲状腺ホルモンが正常であっても、円形脱毛症の合併はあります。

甲状腺機能低下症/橋本病甲状腺機能が安定しているバセドウ病の方で、円形脱毛症のある方には、保険治療薬フロジン液が皮膚科などで処方されます。(長崎甲状腺クリニック(大阪)では処方出来ません。)

※甲状腺機能が正常化せず、高値の甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、フロジン液の副作用(顔面~全身の発汗・顔面紅潮・心悸亢進・嘔気/嘔吐)が出やすくなる危険性あります。

保険治療薬フロジン液

フロジン外用液

フロジン外用液(一般名:カルプロニウム)は、副交感神経から出る神経伝達物質「アセチルコリン」に似た作用で、血管を拡げ毛根の血流を改善し育毛を助けます。

1日2~3回適量を患部に塗布、あるいは被髪部全体にふりかけ、軽くマッサージします。

副作用は約4%で

  1. 塗った場所の掻痒感(かゆみ)
  2. あまりに多量に使った場合、顔面~全身の発汗・顔面紅潮・心悸亢進・嘔気/嘔吐

入浴後、既に血管が拡がった時に使用するとい副作用が出やすく、入浴直後の使用は避けてください。

こんぶ・ひじき・もずくを過剰摂取すれば、脱毛が増悪!?

甲状腺機能低下症/橋本病の場合

甲状腺機能低下症/橋本病の方が、髪の毛をはやすためと、こんぶ・ひじき・もずくを過剰摂取を続ければ、脱毛が増悪する事が多々あります。これは、ヨードにより

  1. 甲状腺内の酸化・抗酸化のバランスが狂い、有毒な活性酸素(フリーラジカル)が発生。甲状腺組織の障害が起こります。
  2. 甲状腺ホルモンの合成が抑制され続けます(持続性ウォルフチャイコフ効果)。

その結果、甲状腺機能低下症が増悪し、脱毛が増えます。

甲状腺機能正常の橋本病の場合

甲状腺機能正常の橋本病の場合、甲状腺ホルモンは正常なので、甲状腺機能低下症による脱毛はありません。しかし、長崎甲状腺クリニック(大阪)では、ヨード過剰摂取を制限した甲状腺機能正常の橋本病の方で、甲状腺の慢性炎症の改善と同時に、脱毛も改善した方がおられます。

理由は不明ですが、私見として、甲状腺の慢性炎症の改善に伴い、甲状腺組織の破壊により血中へ放出される抗原(サイログロブリン、甲状腺ペルオキシダーゼなど)が減り、それらに対する自己抗体[抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)]も減少すると考えられます。これは、橋本病の自己免疫を担うヘルパーT細胞の活性化が低下することを意味し、サイトカインの作用により連鎖的に毛根などに自己免疫を担うT細胞の活性化も抑制されるのではないか?との仮説(自説)に辿り着きました。

バセドウ病、橋本病に合併するシェーグレン症候群・全身性エリテマトーデス(SLE)でも脱毛

バセドウ病橋本病に合併するシェーグレン症候群・全身性エリテマトーデス(SLE)でも脱毛がおこります。しかも、これらの膠原病は、甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症/橋本病と症状が似ている所が多く、甲状腺の病気に重複して隠れている可能性があります。

橋本病(慢性甲状腺炎)合併シェーグレン症候群(ドライアイ,口内乾燥)     甲状腺と膠原病 

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、脱毛があれば、甲状腺の病気と同時に抗核抗体(ANA)、抗SS-A抗体も調べます。

前脛骨粘液水腫

前脛骨粘液水腫

前脛骨粘液水腫

バセドウ病では、すねの前部(前脛骨部)や足背の皮膚が「瘤(こぶ)」の様に発赤して厚くなります(前脛骨粘液水腫)。バセドウ病に特異的な皮膚病変です。溜まるのはヒアルロン酸(酸性ムコ多糖類、グルコサミノグリカン)で、オレンジの皮のようになります(境界明瞭な淡紅色~茶褐色の扁平隆起)。弾力性があるため、指で押しても跳ね返ってきて跡が残らない非圧痕性浮腫(nonpitting edema)です。

バセドウ病眼症バセドウ病バチ指/バセドウ病関節症と同じ機序でおこり、全てそろうとEMO症候群と呼ばれます。しかし、バセドウ病眼症ほど、甲状腺機能亢進症同時に症状がでません。

喫煙者、男性の比率が多く、症状の重症度は甲状腺ホルモンのレベルとは関連せず、TR-Ab(TSHレセプター抗体)< TS-Ab(TSHレセプター刺激抗体)抗体価に相関します。

通常痛みはありません。なぜ前脛骨粘液水腫が下肢だけなのか不明です。

確定診断には、皮膚生検です。真皮は浮腫状で膠原繊維の離開がみられ、アルシアンブルー(alcian blue)染色で酸性ムコ多糖類の沈着が認められます。

治療はステロイド軟こう局所塗布が一般的で、改善に一年以上かかります。

ステロイド内服による全身投与も教科書に書いてあります。写真のように軽いものであれば、命に影響ない前脛骨粘液水腫のために、全身に副作用の出るステロイドを長期間飲むのもどうかと思います。

象皮症様前脛骨粘液水腫

オレンジ皮様、象皮症様前脛骨粘液水腫

象皮症様前脛骨粘液水腫のように、前脛骨粘液水腫がひどい状態(両下肢の前脛骨部から足背にかけ、境界明瞭だが発赤・表面は隆起し瘤状・硬い腫瘤で圧痕無し(オレンジ皮様、象皮症様)、足全体が腫脹)の時、ステロイド軟膏で改善なければ、ステロイド内服が有効な事があります(さすがに、この状態ではステロイド内服、ステロイドパルスも止む無し)。

成田赤十字病院の報告では、プレドニゾロン(PSL)20mg/日x 4 週間投与、以後2週間で5mgずつ漸減、全行程10週間を1 クールとし

  1. 1 クール終了後、靴を履けるようになるも、1ヶ月で浮腫増悪
  2. 2 クール終了後、歩行も可能となるも、皮膚発赤や浮腫が消失せず
  3. 3 クール終了後、改善

に至ったそうです(第57回 日本甲状腺学会 P2-017 低容量ステロイド内服療法が奏功した象皮症様前脛骨粘液水腫の1 例)。かなり長期間ステロイド内服を続けねばならない様です。

EMO症候群・バセドウ病眼症の同時発症

前脛骨粘液水腫

EMO症候群やバセドウ病眼症を同時に発症し、しかも難治性バセドウ病眼症あるいは甲状腺機能亢進症/バセドウ病自体も再発を繰り返すコントロール不良の場合、甲状腺全摘術行えば、バセドウ病抗体(TR-Ab、TS-Ab)も低下し、前脛骨粘液水腫も改善しやすくある可能性あります。(前脛骨粘液水腫だけで甲状腺全摘術は、なかなか難しいですが・・)(第55回 日本甲状腺学会 P1-04-08 EMO症候群を合併したバセドウの一例)

また、群馬大学の報告では、バセドウ病眼症にステロイドパルス療法2クールとプレドニゾロン後療法を実施、1クール後から前脛骨粘液水腫が軟化、2 クール後より前脛骨粘液水腫の部分的縮小を認めたそうです(第60回 日本甲状腺学会P2-2-3 バセドウ病眼症に対するステロイドパルス療法後に部分的縮小を 認めた脛骨前粘液水腫の1例)。

バセドウ病眼症と同様に、(131-I)アイソトープ治療後に発症・増悪する事あります。(第56回 日本甲状腺学会 P2-118 バセドウ病治療後に悪化した脛骨前粘液水腫の一例)

限局性でなく、びまん性粘液水腫

バセドウ病女性では前記のように、明らかに皮膚の色が変わり美容上問題となる限局性でなく、皮膚の色は変わらないが、下腿全体がびまん性に、むくむ粘液水腫が、筆者の経験上かなりの頻度で存在します。神経質な方は、足が、むくむと言われる事がありますが、大抵は、たいしたことなく、「立ち仕事、座り仕事のせいか?」で終わっている事が多いです。

やはり、溜まっているのは粘調なヒアルロン酸(酸性ムコ多糖類、グルコサミノグリカン)なので、弾力性があり、押したらすぐに元に戻ってしまいます。へこんだままなら、ヒアルロン酸ではなく、水分なので、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の心不全、低蛋白血症などによる浮腫(むくみ)です。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病が治療で改善すれば、びまん性粘液水腫に関連するTS-Ab(TSHレセプター刺激抗体)抗体も低下し、びまん性粘液水腫も改善します。

リポイド類壊死

リポイド類壊死

バセドウ病では、まれに前脛骨粘液水腫でなく、リポイド類壊死の学会報告もあります。リポイド類壊死は、糖尿病で良く見られる下腿部に生じる

  1. 橙色の萎縮斑
  2. その中に胡桃大程度の灰褐色斑も散在、軽度陥凹、潰瘍化することもあります
  3. 熱感、圧痛、硬結なし
  4. 非圧痕性浮腫(non pitting edema) なし
    (第57回 日本甲状腺学会 P1-039 両下腿に脂肪類壊死様の皮疹を併発したバセドウ病の1 例)

甲状腺機能低下症と爪の変形

匙状爪(さじじょうつめ)

甲状腺機能低下症で爪の変形を認める事あります。匙状爪(さじじょうつめ)とよばれ、縦に亀裂が入る事もあります。

甲状腺機能低下症は、過剰カロチン沈着で黄色く

甲Joう君 過剰カロチン沈着

カロチンニンジンなど緑黄色野菜に豊富に含まれる赤橙色色素。健康食品として有名で、体内の活性酸素の発生を抑え、発がん予防作用があります。甲状腺ホルモンはカロチンをビタミンAへ変換します。甲状腺機能低下症では、カロチンをビタミンAに変換出来なくなります。過剰になったカロチンは手掌や足底に沈着し黄色くなります。そのため黄疸と勘違いして、肝臓を調べても異常なく、原因不明・ミカンの食べ過ぎと誤診されていることもあります(実は甲状腺機能低下症)。

Jo黄色くない?

カロチンは海藻類にも多く含まれています。海藻を過剰に摂取すると、ヨードにより甲状腺ホルモン産生が抑制され、甲状腺機能低下が進むと、さらにカロチンが沈着し黄色くなります。

甲状腺と白斑

尋常性白斑

後天性に生じる境界明瞭な脱色素性の白斑(皮膚のメラニン色素がなくなり、色が抜けた病変)を尋常性白斑と言います。自己免疫疾患、特に自己免疫性甲状腺疾患(バセドウ病橋本病)の合併率が高い事が知られています。また、1型糖尿病アジソン病、悪性貧血、自己免疫性萎縮性胃炎などの合併も報告されています。

尋常性白斑の原因は不明な点が多いですが、抗メラノサイト抗体やメラノサイト傷害性T細胞などの自己免疫説が有力です。

橋本病、バセドウ病ではPRP(自己多血小板血漿)育毛療法、アンチエイジングは受けられない!

最近、保険診療外でPRP(自己多血小板血漿)療法が用いられています。簡単に言うと、自分の血液から採取した血小板を皮下などに注射すると、血小板由来のサイトカイン(生理活性蛋白質)、成長因子により皮膚・毛根の細胞が活性化される治療です。しかし、この治療は、健康な成人に限定され、甲状腺機能低下症/橋本病甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺がん等、甲状腺の病気を持っている人はほとんどが対象外になります。

筆者はPRP(自己多血小板血漿)育毛療法、アンチエイジングに詳しくはありませんが、成程、行っている医療機関のHPを見ると、以下の病気を持っている方は治療を受けれないようです(理にかなっています)。

  1. 自己免疫疾患(当然、自己免疫性甲状腺疾患の橋本病バセドウ病含む)
  2. 甲状腺機能異常(甲状腺機能低下症甲状腺機能亢進症
  3. 膠原病 (橋本病バセドウ病に合併する関節リウマチ、 SLE、シェーグレン症候群、皮膚筋炎など)
  4. 悪性腫瘍(当然、甲状腺がん含む)

PRP(自己多血小板血漿)治療の性質からして、当然でしょう。血小板由来のサイトカイン、成長因子が放出されれば、

  1. サイトカインのバランスが崩れ、橋本病バセドウ病、その他、膠原病を含む自己免疫疾患は悪化する恐れがあります。
  2. 甲状腺機能異常(甲状腺機能低下症甲状腺機能亢進症)では血液の凝固系に異常が生じ、あるいは狭心症・心筋梗塞が起こり易い状況であるため、凝固因子である血小板が活性化された状態は危険。
  3. 甲状腺がんに至っては、成長因子が癌細胞を増殖させる危険性があります。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療     長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区,東大阪市,天王寺区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら