検索

甲状腺と免疫力・インフルエンザ・インフルエンザワクチン      [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺と免疫力・インフルエンザ・肺炎球菌ワクチン

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。インフルエンザの治療、ワクチン接種は行っておりません。

Summary

甲状腺機能低下状態は、低体温による免疫不全だが、甲状腺ホルモン製剤(チラーヂンS)で血中甲状腺ホルモン濃度が正常になれば、正常な免疫力になる。甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症/橋本病で甲状腺ホルモンが正常化していない時にインフルエンザに感染すると、甲状腺クリーゼ粘液水腫性昏睡おこし、生命に危険が及ぶ危険ある。また、インフルエンザ亜急性甲状腺炎の誘因の一つ。甲状腺機能低下症糖尿病など免疫力低下状態でインフルエンザ感染するとインフルエンザ肺炎の危険性。インフルエンザワクチンを適切な時期に接種必要。ゾフルーザは予想通り早々と耐性インフルエンザウイルス出現。

Keywords

甲状腺機能低下症,免疫不全,甲状腺,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,橋本病,インフルエンザ,耐性,インフルエンザワクチン,ゾフルーザ

甲状腺機能低下症と免疫力低下

甲状腺機能低下症と免疫力低下には、いろいろな意見があります。甲状腺ホルモンの低下そのものが、免疫系統に直接影響する証拠はありません。また、甲状腺機能低下症の方でも、甲状腺ホルモン製剤(チラーヂンS)で血中甲状腺ホルモン濃度を正常範囲にコントロールすれば、正常な方と同じ免疫力になります。

しかしながら、甲状腺機能低下症が見逃されたり、甲状腺機能低下症と診断されても患者自身が治療を放棄、あるいは、甲状腺ホルモン補充を開始して間がなく、血中甲状腺ホルモン濃度が正常範囲に到達していない状態では、全身の新陳代謝の低下、低体温による2次的な免疫不全が存在します。(第58回 日本甲状腺学会 P2-10-6 急速に進行した甲状腺機能低下症にRamsay Hunt症候群を認めた83歳女性の一例)

甲状腺・糖尿病とインフルエンザ・肺炎球菌

甲状腺とインフルエンザ・肺炎球菌

甲状腺とインフルエンザ・肺炎球菌

甲状腺機能亢進症/バセドウ病で甲状腺ホルモンが正常化していない時にインフルエンザに感染すると、甲状腺クリーゼおこし、生命に危険を及ぼす可能性あります。また、甲状腺ホルモンが正常化していない甲状腺機能低下症/橋本病ではインフルエンザによ粘液水腫性昏睡至る可能性もあります。またインフルエンザ亜急性甲状腺炎の誘因の一つです。

インフルエンザワクチンを、お近くの医療機関で適切な時期に接種ください

糖尿病とインフルエンザ・肺炎球菌

糖尿病の高血糖下では白血球の機能が低下します。糖尿病のコントロール悪い方は免疫不全状態と言えます。インフルエンザに感染すると肺炎起こす危険性があり、感染により血糖コントロールさらに悪くなり糖尿病性ケトアシドーシス高血糖高浸透圧症候群など重篤な状態になる危険性あります。
通常インフルエンザの飛沫感染は、発症1日前~5日後ですが糖尿病の免疫不全では長期化し、周囲に長期間インフルエンザをばらまきます。

インフルエンザ

インフルエンザと亜急性甲状腺炎

インフルエンザウイルス感染は、亜急性甲状腺炎の原因の一つです。(亜急性甲状腺炎の原因)

亜急性甲状腺炎は約50%で1ヶ月以上前に上気道疾患(呼吸器の病気)にかかっていて、ウイルス感染後におこる過剰な免疫反応と考えられます。ウイルスは、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、ライノウイルス、エンテロウイルス、エコーウイルス、コクサッキーウイルス、ムンプスウイルスなど何であっても構いません。

インフルエンザワクチンで亜急性甲状腺炎おこした稀な症例報告があります。おそらく、インフルエンザワクチンで免疫反応が強く起きたためと考えられます(Hum Vaccin Immunother. 2016 Apr 2;12(4):1033-4.)。

インフルエンザウイルスに加湿は無効!

インフルエンザウイルスに加湿は無効です。効くと言う話は、科学的根拠のない民間療法と同じです。効かない事を科学的に証明した論文があります(The Journal of Infectious Diseases, jiy221, https://doi.org/10.1093/infdis/jiy221)。

新型インフルエンザ

新型インフルエンザA(H1N1)は、他の季節性インフルエンザと比べ肺炎(急性間質性肺炎)おこしやすく死亡率も高いです。迅速検査の陽性率は70%と低く、肺炎おこすと気管支洗浄液、下気道喀痰で遺伝子(RT-PCR)検査必要です。

ゾフルーザ、予想通り早々と耐性インフルエンザウイルス

ゾフルーザ、予想通り早々と耐性インフルエンザウイルス

昨年発売され、たった1回の服用でインフルエンザ治療が終了すると、マスコミで、もてはやされた魔法の薬ゾフルーザ。

しかし、予想通りの問題が発生しました。

タミフルなど従来のインフルエンザ薬が、細胞内で増殖したインフルエンザウイルスが広がるのを抑えるのに対し、ゾフルーザは細胞内のインフルエンザウイルスの増殖自体を抑えます。

国立感染症研究所は、インフルエンザに感染した子どもで、ゾフルーザ耐性(ゾフルーザが効かない)変異インフルエンザウイルスが検出されたと発表しました(国立感染症研究所 抗インフルエンザ薬耐性株サーベイランス 2019年01月21日付けで2人/21人(9.5%)に薬耐性株検出)。

実はゾフルーザが販売される前から予想されていた事で、臨床試験の段階で既に、12歳未満のゾフルーザを服薬した子どもの23.4%(約4人に1人)が、ゾフルーザ耐性(ゾフルーザが効かない)になる事が分かっていたのです。よく厚生労働省が認可したものだと首をかしげてしまいます。マスコミも、この不都合な真実を、きちんと報道しませんでした。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックなので、インフルエンザの治療は行っておりません。しかし、医師同士の情報交換する掲示板では、ゾフルーザ飲んで4日しても熱が下がらない(しかも受験生)と言ったゾフルーザ耐性らしき症例が出てきています(国立感染症研究所の様に遺伝子検査する訳でないので証明はできませんが)。

さらに悲惨な状況になる可能性を筆者は予測します。ゾフルーザで耐性になったインフルエンザウイルスが、次の人に感染すれば、最初からゾフルーザは全く効かず、重症化、肺炎で死亡する可能性があります。ゾフルーザを使えば使うほどゾフルーザ耐性インフルエンザウイルスの割合が増え、来年あたり死亡者が急増する可能性を予想しています。

タミフル耐性変異インフルエンザウイルス

インフルエンザウイルスはRNAウイルスなので、もともと突然変異を起こし易いです。A(H1N1)pdm09ウイルス(2009年に地球規模の大流行=パンデミックをおこした新型インフルエンザウイルス)の変異株で、抗ウイルス薬タミフル(オセルタミビル)とラピアクタ(ペラミビル)耐性株が出現しています。結局、ワクチンで予防していれば済むことです。

タミフル予防投与

ノイラミニダーゼ阻害剤:オセルタミビル(商品名:タミフル)予防投与は、健康保険が使えず自己負担となります。インフルエンザは飛沫感染で家人も感染する危険があります。家の誰かがインフルエンザを発症した場合下記の方のみ健康保険外で予防投与が可能です。

  1. 高齢者の方(65歳以上)
  2. 慢性呼吸器疾患(気管支喘息、慢性気管支炎、間質性肺炎甲状腺癌の肺転移甲状腺癌肺転移による器質化肺炎など)
  3. 慢性心疾患(心不全、心弁膜症、心筋梗塞、心筋症など甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症/橋本病によるサイロイドハート)
  4. 糖尿病
  5. 慢性腎不全

感染した家人に接触後48時間以内に1日1回 7~10日間投与します。

インフルエンザ脳炎

A香港型流行時に多発、15歳未満の子供におこります。インフルエンザ罹患後24時間以内に出現、急速進行し多臓器不全にいたります。ジクロフェナクNa(ボルタレン)、メフェナム酸(ポンタール)で悪化。無治療では死亡率30%、後遺症25%。

妊婦用インフルエンザワクチン

長崎甲状腺クリニック(大阪)で扱っておりませんが、妊娠3カ月以降、甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症/橋本病糖尿病の女性は積極的に接種した方が良いでしょう。近隣の婦人科を受診ください。

ワクチン接種の問題点

急性散在性脳脊髄炎(ADEM:acute disseminated encephalomyelitis)

インフルエンザワクチン、B型肝炎ワクチン、日本脳炎ワクチンなどによるアレルギー性脱髄性脳脊髄炎です。1000万回接種に1〜3.5人起こります。稀ですがワクチンが原因である点、後遺症が残ることや生命に関わる点が問題です。ワクチン接種後4週間以内に脳脊髄炎、視神経炎が出現します。髄液で脱髄を示すミエリン塩基性タンパク(MBP:myelin basic protein)の上昇が特徴です。救命後、多発性硬化症に移行するものもあります。

ワクチンを打たなくても感染後ADEMおこすことがあり、発疹性ウイルス(麻疹、風疹、水痘・帯状疱疹)、ムンプスウイルス、インフルエンザウイルス感染後に発症。

甲状腺の病気に合併した報告は、甲状腺クリーゼおこした4か月後に急性散在性脳脊髄炎(ADEM)を発症したものがありますが、因果関係は不明です。(第53回 日本甲状腺学会 P166 血漿交換が著効し、経過中に急性散在性脳脊髄炎を併発した甲状腺クリーゼの1例)

甲状腺原発/甲状腺外悪性リンパ腫ワクチン接種

甲状腺原発/甲状腺外悪性リンパ腫治療でリツキシマブ(抗CD20抗体)使用すると、正常リンパ球にも抑制掛かり、治療後ワクチン接種しても抗体ができない可能性あります(それでも接種しますが)。患者に移さない様、家族への接種は推奨されます。

肺炎球菌

インフルエンザ肺炎

インフルエンザ後細菌性肺炎

甲状腺機能低下症糖尿病など免疫力低下した人が、インフルエンザに感染し、最も恐ろしいのがインフルエンザ肺炎です。

  1. インフルエンザウイルス自体によるによるウイルス性肺炎
  2. インフルエンザ後肺炎;インフルエンザ罹患後に発症する細菌性肺炎(原因菌は肺炎球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌など)、抗インフルエンザ薬服薬期間終わり、解熱し治ったと思いきや、再度熱発。
  3. インフルエンザウイルス自体と細菌性肺炎の混合感染

が考えられます。(写真 インフルエンザ後肺炎 第109医師国家試験問題)

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

 
長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ Jo

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区,天王寺区東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら