検索

甲状腺/糖尿病と寄生虫 日和見感染   [日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックに特化するため、糖尿病内科を廃止しました。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、感染症治療を行っておりません

糖尿病:専門の検査治療[橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波エコー 長崎甲状腺クリニック大阪]

マラリア原虫

甲状腺専門内分泌代謝動脈硬化長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌病態内科学講座で得た知識・経験・行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

マラリア原虫が感染した赤血球(東京医大渡航者医療センター)

甲状腺と糖尿病

1型、2型糖尿病問わず甲状腺疾患の合併が多いとされます。詳しくは 甲状腺糖尿病 を御覧下さい

甲状腺機能低下症と免疫力低下

甲状腺機能低下症と免疫力低下には、いろいろな意見があります。甲状腺ホルモンの低下そのものが、免疫系統に直接影響する証拠はありません。また、甲状腺機能低下症の方でも、甲状腺ホルモン製剤で血中甲状腺ホルモン濃度を正常範囲にコントロールすれば、正常な方と同じ免疫力になります。

しかしながら、甲状腺機能低下症が見逃されたり、甲状腺機能低下症と診断されても患者自身が治療を放棄、あるいは、甲状腺ホルモン補充を開始して間がなく、血中甲状腺ホルモン濃度が正常範囲に到達していない状態では、全身の新陳代謝の低下、低体温による2次的な免疫不全が存在します。(第58回 日本甲状腺学会 P2-10-6 急速に進行した甲状腺機能低下症にRamsay Hunt症候群を認めた83歳女性の一例)

糖尿病の免疫不全・結核・糞線中・その他日和見感染・気腫性胆嚢炎

糖尿病の高血糖下では免疫細胞の働きが妨げられ、免疫不全状態にあります。感染症を起こしやすくなり、通常なら感染しないような弱毒菌に感染する日和見感染をおこします。また、体内で発生した癌細胞を駆除できず、癌が進行します、

Summary

脳マラリアの後遺症で下垂体前葉機能低下症中枢性甲状腺機能低下症続発性副腎皮質機能低下症)。糖尿病の悪化など免疫低下状態で体中に糞線虫が飛び散る播種性糞線虫症。ジアルジア(ランブル鞭毛虫)は熱帯・亜熱帯地域の汚染水で感染する旅行者下痢症。アメーバ性腸炎は赤痢アメーバが免疫不全者に感染すると便潜血のみ。疥癬はヒゼンダニが原因でステロイド、糖尿病甲状腺機能低下症など免疫が落ちていると発症。夜間に激しいかゆみのある多発性皮疹。広節裂頭条虫(サナダ虫)はサケやマスから感染、小腸に寄生し、食べても太らず、甲状腺機能亢進症/バセドウ病と間違われる。

Keywords

マラリア,糖尿病,糞線虫,ジアルジア,アメーバ性腸炎,赤痢アメーバ,免疫不全,疥癬,ヒゼンダニ,甲状腺機能低下症

マラリアと甲状腺

マラリアで死亡した平清盛

マラリアで死亡した平清盛

マラリアを媒介するハマダラカ

マラリアを媒介するハマダラカ

マラリア原虫

マラリア原虫が感染した赤血球(東京医大渡航者医療センター)

人類史上、最も人命を奪ったものは何か?戦争でもなければ、天変地異でもありません。マラリアなのです。日本にも1960年代に撲滅されるまで、マラリアの流行地は存在しました(琵琶湖のある滋賀を中心に、福井、石川、愛知、富山など)。

日本では古くからマラリアは「おこり(瘧)」と呼ばれ、高熱に苦しんだ平清盛などの感染者がいました。

現代では、海外でマラリアに感染した人が日本で発症するケースは、年間40~80例程度で、年間1~2人死亡例がみられます(国立感染症研究所による)。日本でマラリアの治療診断設備が整っている医療機関は十数か所です。

マラリアの高熱・下痢は数日続いた後、1-2日の間は解熱するため(間欠期)、あたかも解熱剤・抗生物資が効いたように錯覚し、細菌感染と診断を誤る危険性があります。しかし、不自然にも間欠期が終わると高熱・下痢が再燃し医師は困惑します。海外への渡航歴を最初に確認しておけば、マラリアを容易に予測できます。

プリマキンは、三日熱マラリアに予防効果があるため、マラリア流行地へ行く時は服薬をお勧めします(Clin Infect Dis. 2018 May 17;66(11):1751-1755.)。

熱性マラリアでは、血清TSH値は正常人と変わりませんが、FT4(甲状腺ホルモンのサイロキシン)は熱性マラリアの重症度に応じて低下するとされます。(Trans R Soc Trop Med Hyg. 1990 May-Jun;84(3):330-5.)

脳マラリアの後遺症で下垂体前葉機能低下症中枢性甲状腺機能低下症続発性副腎皮質機能低下症)が報告されています。(Anesth Essays Res. 2015 May-Aug;9(2):287-9.)

日本ではマラリアの致命的な症例は稀ですが、アフリカ旅行後に発症し、治療開始後6日目に死亡した47歳の日本人男性の報告があります。ちなみに死後解剖の結果、甲状腺に浸潤型微小乳頭がんが見つかったそうですが、マラリアとの関連は不明です。(Pathol Int. 2001 May;51(5):371-5.)

糞線虫

糞線虫

糞線虫は沖縄県と鹿児島県の南西諸島が浸淫地ですが、東南アジアでの滞在歴のある方も保虫者の可能性があります。糖尿病の悪化など免疫低下状態になると、体中に糞線虫が飛び散る播種性糞線虫症をおこします。慢性下痢・嘔吐から、DIC(播種性血管内凝固症候群)へ進展し生命の危険を招きます。

原発性甲状腺機能低下症肺結核を合併し、抗HTLV-1抗体陽性(ATLV carrier)の糞線虫症例が報告されています。(肺結核を合併した糞線虫症,ATLVキャリアの一例 昭医会誌第51巻第3号〔331-335頁,1991〕)

糞線虫と成人T細胞白血病(ATL)には強い関連があります。成人T細胞白血病(ATL)と糞線虫

診断は胃液・便中からの糞線虫検出です。

ジアルジア症

ランブル鞭毛虫 (ジアルジア症)

ジアルジアは、ランブル鞭毛虫とも呼ばれ、塩素消毒に強い抵抗性があります。熱帯・亜熱帯地域の汚染水で感染する旅行者下痢症です。商社などの仕事で東南アジア諸国に赴任した人もジアルジアに感染している可能性があります。

ジアルジア症は免疫能低下時に増加します(甲状腺機能低下症糖尿病では不明ですが)。ジアルジア症の症状は水溶性下痢や腹痛、胆嚢炎様症状です。アルツハイマー(Alzheimer)型認知症の治療薬ドネペジル塩酸塩のコリン作用でジアルジア症の症状が顕在化する事があります。

ランブル鞭毛虫(ジアルジア症)の診断は便鏡検所見では鞭毛を有する長楕円型の嚢子を見つける事です。メトロニダゾール(メトロニダゾール脳症に注意)で治療。
ランブル鞭毛虫 (ジアルジア症)

ランブル鞭毛虫(ジアルジア症)の診断は便鏡検所見では鞭毛を有する長楕円型の嚢子を見つける事です。メトロニダゾールで治療。

アメーバ性腸炎

赤痢アメーバ症

アメーバ性腸炎は、赤痢アメーバが原因で、発展途上国で感染してくる輸入感染症です。腸炎症状が強いものはアメーバ赤痢と呼ばれます。近年、免疫不全者に感染し、無症候性の便潜血のみ認める症例が増加しています。アメーバ性腸炎の内視鏡所見は盲腸に多いのが特徴で、たこいぼ状変化(輪状潰瘍)認めます。確定診断は、粘膜組織の病理診断です。(写真  アメーバ原虫の栄養体)

アメーバ性腸炎

アメーバ性腸炎の中には、稀に急速に大腸の広範囲に全層性壊死が進行し、腸管穿孔や多臓器不全を併発する予後不良の劇症型アメーバ性腸炎が存在します。船橋医療センターの報告例では、糖尿病甲状腺機能低下症も合わせ持ち、免疫能が低下した状態だったそうです(日臨外会誌 69(5)1134―1139,2008)。 (写真  松仁会医学誌55⑴:19~24,2016)

糖尿病の皮膚炎、疥癬に注意

疥癬は、ヒゼンダニが原因で、ステロイド投与、糖尿病甲状腺機能低下症など疥癬が増殖しやすく、免疫が落ちていると発症します。夜間に激しいかゆみを生じる多発性の皮疹。

ヒゼンダニの感染経路は人と人との接触で、老人ホーム、老人病院など、お年寄りが集団生活する所で集団感染がおこります。また、性行為感染症(STD)として若年者の陰部に生じる場合もあります。

  1. 指間や陰部など特徴的な部位に集簇した小結節
  2. ステロイド外用剤が効かない、あせもの様な小紅斑あり。
疥癬

ダーモスコピーで疥癬トンネル[水尾(みお)徴候]が見つかれば、真菌鏡検でヒゼンダニと虫卵を探します。

疥癬を湿疹と誤診し、ステロイド軟こう塗布すると、疥癬が増悪します。

疥癬トンネル

疥癬トンネル

疥癬(鏡検)

疥癬(鏡検)(マルホHPより)

疥癬の治療は

  1. イベルメクチンを連続4週間内服
  2. ダニ取りフィルター付きの掃除機で、部屋の隅々までほこりを除去する
  3. 感染を広げないよう、見舞い・来客を可能な限り避ける
  4. 衣類から感染しないよう、患者の衣類・シーツの洗濯は他者と分ける、乾燥機にかける(ヒゼンダニは乾燥や熱に弱い)

毛包虫(ニキビダニ)

毛包虫(ニキビダニ)は皮膚に常在する原虫、ダニです。

毛包虫症は中年女性の顔面に好発し、長期の厚化粧で毛穴が閉じた状態、副腎皮質ステロイド剤の内服・外用、クッシング症候群、糖尿病甲状腺機能低下症などの免疫不全により毛包虫(ニキビダニ)が増殖するのが原因。

毛包虫症は見た目で尋常性ざ瘡と鑑別するのは困難です。毛包内容物を採取し、顕微鏡で顕微鏡で直接鏡検し毛包虫を見つければ確定します。

毛包虫症

毛包虫症

毛包虫(ニキビダニ)

毛包虫(ニキビダニ)

広節裂頭条虫(サナダ虫)と甲状腺

広節裂頭条虫(サナダ虫)は、サケやマスなどの生食により感染し、日本の鱒寿司は感染源になります。真田ひものような形で、サナダ虫と呼ばれます。人間の小腸に寄生し成長、感染後一ヶ月で5-7m、最大10mになります。栄養分を吸い取るため、食べても太らず、悪性腫瘍や甲状腺機能亢進症/バセドウ病、過食症と間違われる事があります。それ以外は通常無症状ですが、軽度の消化管症状(下痢・腹痛)を認める事も。特にビタミンB12を吸い取るため、巨赤芽球性貧血をおこす事も。

広節裂頭条虫(サナダ虫)の診断は、便中の有蓋卵または体節の一部を見つける事。

広節裂頭条虫(サナダ虫)

広節裂頭条虫(サナダ虫)(Korean J Pediatr. 2015 Nov;58(11)451-3.)

広節裂頭条虫(サナダ虫)の虫卵

広節裂頭条虫(サナダ虫)の虫卵

広節裂頭条虫(サナダ虫)腸間膜リンパ節腫脹

広節裂頭条虫(サナダ虫)感染すると腸間膜リンパ節の腫脹が認められます。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら