検索

甲状腺/糖尿病とウイルス・日和見感染・免疫不全   [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックに特化するため、糖尿病内科を廃止しました。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、感染症治療を行っておりません

糖尿病:専門の検査治療[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

NK(ナチュラルキラー)細胞活性

甲状腺内分泌代謝動脈硬化糖尿病の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

甲状腺と糖尿病

1型、2型糖尿病問わず甲状腺疾患の合併が多いとされます。詳しくは 甲状腺糖尿病 を御覧下さい

甲状腺機能低下症と免疫力低下

甲状腺機能低下症と免疫力低下には、いろいろな意見があります。甲状腺ホルモンの低下そのものが、免疫系統に直接影響する証拠はありません。また、甲状腺機能低下症の方でも、甲状腺ホルモン製剤で血中甲状腺ホルモン濃度を正常範囲にコントロールすれば、正常な方と同じ免疫力になります。

しかしながら、甲状腺機能低下症が見逃されたり、甲状腺機能低下症と診断されても患者自身が治療を放棄、あるいは、甲状腺ホルモン補充を開始して間がなく、血中甲状腺ホルモン濃度が正常範囲に到達していない状態では、全身の新陳代謝の低下、低体温による2次的な免疫不全が存在します。(第58回 日本甲状腺学会 P2-10-6 急速に進行した甲状腺機能低下症にRamsay Hunt症候群を認めた83歳女性の一例)

糖尿病の免疫不全・結核・糞線中・その他日和見感染・気腫性胆嚢炎

糖尿病の高血糖下では免疫細胞の働きが妨げられ、免疫不全状態にあります。感染症を起こしやすくなり、通常なら感染しないような弱毒菌に感染する日和見感染をおこします。また、体内で発生した癌細胞を駆除できず、癌が進行します、

Summary

NK(ナチュラルキラー)細胞はガン細胞やウイルス感染細胞を殺すリンパ球。甲状腺機能低下症と糖尿病は免疫不全状態のため、日和見感染や、感染症の重症化がおこる。ノロウイルスは感染力強く糖尿病の人は重症化しやすい、症状が収まった後の便からのウイルス排出は甲状腺機能低下症、糖尿病他免疫不全では数週間続く。甲状腺クリーゼに合併する事もある血球貪食症候群の原因感染症はサイトメガロウイルスなどヘルペス属ウイルスが多い。糖尿病の免疫不全はヘルペス脳炎の発症要因。

Keywords

NK(ナチュラルキラー)細胞,甲状腺機能低下症,糖尿病,免疫不全,日和見感染,ノロウイルス,甲状腺,サイトメガロウイルス,ヘルペス脳炎,ヘルペスウイルス

NK(ナチュラルキラー)細胞活性

NK(ナチュラル キラー)細胞活性

NK(ナチュラルキラー)細胞は体内をパトロールし、ガン細胞やウイルス感染細胞を殺すリンパ球です。高血糖下では、体内の免疫細胞の働きが低下し、癌、感染症に弱くなります。甲状腺機能低下症糖尿病、免疫抑制剤・副腎皮質ステロイド剤投与中の関節リウマチの免疫能の評価に。

※保険適応外。長崎甲状腺クリニック(大阪)では行っておりません。

インフルエンザ・肺炎球菌・麻疹(はしか)

糖尿病と新型コロナウイルス(COVID-19)

新型コロナウイルス(COVID-19)感染は相手を選ばず、有名人だろうが、政治家だろうが、医療従事者だろうがお構いなし。糖尿病だから新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しやすい訳ではありません。

しかし、(中国・アメリカのデータではありますが)糖尿病の人が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したら、重症化や死亡率が高まる可能性があります。(新型コロナウイルス

ノロウイルス胃腸炎と糖尿病

ノロウイルスは、感染力強く10個以下でも感染。胃腸症状がなかった人も無症候性キャリアとしてウイルス排出。

  1. 感染者の糞便や吐物が便器⇒手⇒経口感染。
  2. 感染者の糞便や吐物⇒ウイルス飛沫感染から空気感染(飛沫核感染)

潜伏期は2日、胃腸炎は3日(特に糖尿病の人は重症化しやすい)、症状が収まった後も便からのウイルス排出は2日続きますが、甲状腺機能低下症糖尿病他免疫不全では数週間続くこともあります。

ノロウイルスはカリシウイルス科に属し、構造的にエンベロープ(ウイルスゲノムやカプシドタンパク質を覆う膜)を持たないためアルコール消毒は無効。流水での手洗いが効果的。汚染物品には次亜塩素酸を使用。65℃・冷凍でも死滅せず、85℃1分の煮沸・ハイターなど次亜塩素酸を含む市販の漂白剤が有効。


ドイツで開催された糖尿病患者のキャンプで、300人以上のノロウイルス集団感染症が発生しました。

糖尿病妊婦は特に注意!サイトメガロウイルス

サイトメガロウイルス(CMV)は人類最大の感染症です。サイトメガロウイルス既感染者の体液に存在し、性行為・唾液感染します。CMV-IgG陽性者の臓器移植で感染することあります。糖尿病の免疫不全では初感染と再賦活の2通りがあります。

初感染:伝染性単核球症糖尿病妊婦感染(妊婦無症状でも胎内感染で10%死産・10%視聴覚精神神経障害)
再賦活:間質性肺炎・脳炎・網膜炎。舌潰瘍を伴うことも。

サイトメガロウイルス(CMV)感染症
  • 急激に発症する劇症1型糖尿病では糖尿病発症前、70%に発熱・上気道炎など風邪症状を伴い、風邪ウイルスが1 型糖尿病発症の原因に疑われます。
    また従来の1 型糖尿病もウイルス感染説が見直され、サイトメガロウイルスもEpstein-Barr ウイルスと共に候補にあがっています。
  • サイトメガロウイルス(CMV)は亜急性甲状腺炎 の原因ウイルスの一つ(Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 2003 May;67(5):447-51.)
 
  • サイトメガロウイルス感染は、自己免疫性甲状腺疾患(橋本病バセドウ病)に合併する自己免疫性肝炎の誘因になります。
     
  • 甲状腺クリーゼに合併する事もある血球貪食症候群の原因となる感染症の内、サイトメガロウイルスなどヘルペス属ウイルスによるものが多いです。
  • ステロイド剤治療中のサイトメガロウイルス感染による直腸炎、直腸潰瘍おこる事があります。血管内皮細胞でサイトメガロウイルスが増殖し、炎症により血管が狭窄、腸粘膜が虚血状態になり潰瘍が生じます。特に、潰瘍性大腸炎では腸管粘膜局所でのサイトメガロウイルス再活性化による大腸炎、大腸潰瘍が問題に。

CMV-IgM:初期感染・再賦活時に上昇。
TBLB(経気管支肺生検):サイトメガロウイルス感染細胞に核内封入体

帯状疱疹(たいじょうほうしん)と甲状腺・糖尿病

帯状疱疹(たいじょうほうしん)と甲状腺・糖尿病

帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、神経節に潜伏感染する水痘(水ぼうそう)のウイルス(水痘帯状疱疹ウイルス)が、免疫力が低下した時に再活性化されて起こります。

甲状腺ホルモンが神経細胞でのヘルペスウイルス遺伝子発現・複製を抑えています(J Neurovirol. 2010 Feb;16(1):13-24.)。甲状腺機能低下症が水痘帯状疱疹ウイルス再活性化の危険因子になります。(Int J Infect Dis. 2017 Jun;59:90-95.)

(写真 時事メディカルより)

帯状疱疹は、水疱を伴う発疹が出現する約3日前から、疼痛が出現します。写真の様に左胸なら、狭心症、肺疾患(気胸、肺炎、肺梗塞など)を疑い検査しても何も異常が見つかりません。

また、帯状疱疹が治癒して数か月から数年後、同じ場所に肉芽腫が形成され、自覚症状の無い弾性硬の紅色丘疹が発生し、帯状疱疹後肉芽腫になります。病理像は様々で、肉芽腫性血管炎、サルコイド肉芽腫などが多いです。白血病、悪性リンパ腫、骨髄異形成症候群(MDS)などの血液癌の合併が多い。治療はステロイド剤(外用・局所注射・内服)で抗ウイルス薬の投与は無効。自然軽快する事もある。

糖尿病も単純ヘルペス脳炎の危険因子

単純ヘルペス脳炎は、口唇ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルス(herpes simplex virus;HSV)1型の再活性化(成人)、初感染(小児)が原因。

糖尿病の免疫不全はヘルペス脳炎の発症要因です。

単純ヘルペス脳炎は、

  1. 急性(出血性)脳脊髄炎(70%でけいれん)
  2. 側頭葉症状(認知症的異常行動・健忘)
  3. 幻視や異常行動

が特徴。死亡率は30%と高く、疑われたら即、抗ウイルス剤(アシクロビル)か耐性にはビダラビン(アラセナ-A)投与。

  1. 迅速診断は髄液のヘルペスウイルスPCR陽性(発症24-48時間以内はPCR偽陰性)
  2. 髄液自体は圧上昇、リンパ球優位の細胞数増加[急性期は多核白血球のことも]、蛋白増加、赤血球・キサントクロミー(溶血した血液により染色され黄色、淡黄色)
  3. CT/MRIの側頭葉・大脳辺縁系の出血壊死病変です。

単純ヘルペス脳炎は、非ヘルペス性急性辺縁系脳炎・脳症(NHALE)橋本脳症との鑑別が必要です。

単純ヘルペス脳炎 MRI FLAIR画像
髄液検査;キサントクロミー

単純ヘルペス脳炎 MRI FLAIR画像 (radiopaedia)

髄液検査;キサントクロミー

単純ヘルペスウイルス角膜炎

単純ヘルペスウイルス角膜炎は、樹枝状角膜炎になります。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]の大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら