検索

麻疹(はしか)・選択的IgA欠損症と甲状腺[日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波エコー検査 長崎甲状腺クリニック 大阪]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学(現、大阪公立大学) 大学院医学研究科 代謝内分泌病態内科学講座で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)以外の写真・図表はPubMed等で学術目的にて使用可能なもの、public health目的で官公庁・非営利団体等が公表したものを一部改変しています。引用元に感謝いたします。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  甲状腺以外のホルモンの病気(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊など)  糖尿病編 をクリックください。

(図;選択的IgA欠損症の分布[Scand J Immunol. 2017 Jan;85(1):3-12.])

選択的IgA欠損症と甲状腺

麻疹(はしか)

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門クリニックです。麻疹(はしか)・子供の予防接種・選択的IgA欠損の診療を行っておりません。

Summary

麻疹(はしか)は五類感染症で7日以内に届け出義務。感染経路は空気(飛沫核)・飛沫・接触感染。麻疹の自然感染、ワクチン接種は甲状腺自己抗体を抑える効果があるとの報告。麻疹ワクチン既接種者でも効力が低下し麻疹(はしか)に感染、糖尿病の免疫不全で重症化。麻疹肺炎で麻疹甲状腺炎が認められた。選択的IgA欠損症に甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症/橋本病を合併した報告あり、自己免疫性多内分泌腺症1型(APS1型) の慢性皮膚粘膜カンジダ症の一症状の事も。

Keywords

麻疹,はしか,甲状腺,麻疹ワクチン,麻疹肺炎,選択的IgA欠損症,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,甲状腺機能低下症,橋本病

4種混合ワクチン ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ

子供の予防接種は生後2カ月からスタートします。乳幼児の細菌性髄膜炎・肺炎、ロタウイルス胃腸炎、B型肝炎ウイルスワクチン同時接種が初回接種になります。

決められた年齢なら無料で受けられる予防接種を定期予防接種と呼び、上記は定期予防接種に該当します。(※おたふくかぜワクチンは、1 歳以降に実施する任意予防接種)

予防接種は定められた時期に接種するのが最も効果的です。また、異なるワクチンの同時接種が勧められています。

一歳で接種する麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)も時期をずらさず受けましょう。

BCGを除くワクチンの一回接種だけで終生免疫(一生涯の免疫)は得られません。必ず一定の間隔で複数回接種が必要です。

ワクチンは100%安全ではありません。100万回に1人は副反応を起こします。しかし、接種しないでその病気に罹ると、数百人-1000人に1人は障害を残します。

子供の予防接種

麻疹(はしか)とは

麻疹(はしか)は江戸時代に13回の大流行がありました。お犬様の第5代将軍、徳川綱吉も麻疹で死亡したとされます。

麻疹(はしか)は五類感染症で7日以内に届け出義務があります(全数把握疾患)。麻疹(はしか)は感染力が強く、感染経路は空気(飛沫核)・飛沫・接触感染と多彩。空気(飛沫核)感染するのは、麻疹(はしか)以外では、水痘帯状疱疹ウイルス結核菌

日本は2015年、WHOから麻疹排除国の認定を受け、国内での麻疹(はしか)は撲滅されたました。しかし、海外、東南アジアなどから持ち込まれ、地域的小流行が起きています。

ワクチン既接種者でも効力が低下し麻疹(はしか)に感染します。糖尿病の免疫不全で重症化。

麻疹(はしか)の潜伏期は10日~2 週間程度。発熱は二峰性で、

  1. カタル期(2~4日):38℃の発熱、風邪症状、下痢、結膜炎、一旦解熱し口内の頬粘膜に白い粟粒様「コプリック(Koplik)斑」ができ、周りに麻疹ウイルスをばらまきます。
     
  2. 発疹期(3~4日):再度高熱(39~40℃)、全身の上方から癒合傾向がある暗赤色の発疹が出現。

麻疹(はしか)の確定診断は、麻疹IgM抗体(EIA法)測定(突発性発疹伝染性紅斑でも偽陽性)。保健所は報告を受けると、咽頭ぬぐい液、尿、血液からPCR、ウイルス分離を行います。

麻疹(はしか) コプリック(Koplik)斑
麻疹(はしか)

麻疹(はしか)患者が入院になる場合、医療スタッフの麻疹抗体価[麻疹IgG抗体(EIA法)]や予防接種歴の確認が必要。抗体陽性でも麻疹患者に接触後、72時間以内に麻疹ワクチンの追加接種。

麻疹ワクチンは生ワクチンなので妊婦には使えません。妊婦や、よほどの免疫不全者は接触後5~6日以内にγ-グロブリン注射が有効[長崎甲状腺クリニック(大阪)では取り扱っていません]。

麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)接種で95%以上が麻しんウイルスに対する免疫を獲得できますが、5%未満は2回目の接種を受ける必要があります。また、接種後年数経過し、糖尿病などで免疫が低下した人も2回目のワクチンを受けることで免疫を増強できます。

麻疹、流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)の自然感染、またはワクチン接種は、甲状腺自己抗体を抑える効果を有するとの報告があります(Pediatrics. 1999 Jul;104(1):e12.)。

麻疹肺炎には①ウイルス性の間質性肺炎、②2次性におきる細菌性肺炎、③麻疹巨細胞性肺炎があります。麻疹肺炎で死亡した患者では、重度の急性膵炎、壊死性唾液腺炎および麻疹甲状腺炎が認められました(Histopathology. 2000 Aug;37(2):141-6.)。

麻しんワクチンを接種していない成人、あるいは副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤で細胞性免疫不全の患者が麻疹ウイルスに感染すると、麻疹巨細胞性肺炎を発症します。麻疹巨細胞性肺炎は急性~亜急性発症で、発疹は出現しないことが多く、予後不良です。胸部レントゲン像では、肺門部から末梢へ急速に線状陰影が広がります。

亜急性硬化性全脳炎(SSPE)

亜急性硬化性全脳炎(SSPE)は変異麻疹ウイルスによる中枢神経系への感染です。麻疹感染後数年の潜伏期間を経て発症。麻疹ワクチン接種で発症率は下がりますが、完全には防げません。イノシンプラノベクス(イソプリノシン®)、インターフェロンα/βで延命効果あり。

麻しん・風しん・ムンプス・水痘ワクチン

麻しん・風しんムンプス水痘ワクチンは生ワクチン(弱毒化されているが生きたウイルス)なので、

  1. 妊婦の接種は禁忌。ワクチン接種後約2カ月間は避妊が必要。
  2. 約90~95%で接種後2週間以内に抗体を獲得
  3. 医療従事者が接種しても、免疫不全の患者に伝播しない。弱毒生ワクチンなので、正常免疫者の体内で増殖しても限定的なので。

生ワクチンは不活化ワクチンと比べ、

  1. 強い免疫力が得られ、持続期間も長い
  2. 副反応の確率が若干高い

選択的IgA欠損症

選択的IgA欠損症の患者分布

選択的IgA欠損症はBリンパ球細胞の異常です。欧米では最も多い免疫不全症なのに、日本においては極めてまれで、その実態は不明です。選択的IgA欠損症には家系が存在します。(図;選択的IgA欠損症の分布[Scand J Immunol. 2017 Jan;85(1):3-12.])

選択的IgA欠損症では、血中IgA濃度 7 mg/dL 未満、IgGおよびIgM濃度は正常です。

選択的IgA欠損症は、

  1. 約2/3は無症状
  2. 上気道炎などの感染症を繰り返す場合がある
  3. 自己免疫疾患の合併率が高い;バセドウ病橋本病1型糖尿病セリアック病全身性エリテマトーデス(SLE)
  4. 悪性腫瘍[IgA 産生に関連する組織の悪性腫瘍:骨髄異形成症候群(MDS)など])の合併を認めることがある

[Autoimmun Rev. 2014 Feb;13(2):163-77.][Scand J Immunol. 2017 Jan;85(1):3-12.]

選択的IgA欠損症甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症/橋本病甲状腺乳頭癌などを合併した報告があります。

(第58回 日本甲状腺学会 P2-4-6 IgA欠損症を合併したバセドウ病の1例)
(第56回 日本甲状腺学会 P1-074 甲状腺機能低下症と選択的IgA 単独欠損症を発症した透析患者の一例)
[Nihon Naika Gakkai Zasshi. 1987 Apr;76(4):533-6.]

選択的IgA欠損症は、毛細血管拡張性小脳失調症、自己免疫性多内分泌腺症1型(autoimmune polyendocrinopathy type 1: APS type 1) における慢性皮膚粘膜カンジダ症の一症状として認められることがあります。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

 
長崎甲状腺クリニック(大阪)
長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ Jo

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区,浪速区,天王寺区東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら