検索

伝染性紅斑(リンゴ病)、突発性発疹、ヘルペスと無痛性甲状腺炎・橋本病・バセドウ病  [甲状腺 専門医 バセドウ病 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ 甲Joう君

甲状腺編 では収録しきれない専門の検査/治療です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医ですので、伝染性紅斑(リンゴ病)、突発性発疹自体の治療は行っておりません。

Summary

伝染性紅斑(リンゴ病)おこすヒトパルボウイルスB19で無痛性甲状腺炎・橋本病を発症、赤芽球勞・血小板減少症・再生不良性貧血の原因にも。伝染性紅斑(リンゴ病)の多発関節痛は数カ月以上持続、一過性に抗核抗体(ANA)が陽性、関節リウマチ・血管炎起こす事も。診断は、血中ヒトパルボウイルスB19 IgMを調べる。突発性発疹のヒトヘルペスウイルス6(HHV‐6)で橋本病(慢性甲状腺炎)が発症する事あり。ヘルペスウイルスの一種、エプスタイン‐バールウイルス (EBV) 持続感染でバセドウ病発症との説あり。

Keywords

伝染性紅斑,リンゴ病,ヒトパルボウイルスB19,無痛性甲状腺炎,橋本病,ヘルペスウイルス,エプスタイン‐バールウイルス,バセドウ病,抗核抗体,甲状腺

伝染性紅斑(リンゴ病)で無痛性甲状腺炎橋本病発症

伝染性紅斑(リンゴ病)で無痛性甲状腺炎・橋本病発症

ヒトパルボウイルスB19で無痛性甲状腺炎橋本病を発症する症例が多く見つかっています。ヒトパルボウイルスB19は、伝染性紅斑(リンゴ病)おこす他、赤芽球勞(せきがきゅうろう・血小板減少症・再生不良性貧血の原因にもなります。伝染性紅斑(リンゴ病)に罹り、その経過中に無痛性甲状腺炎橋本病おこす症例が報告されています。(第58回 日本甲状腺学会 O-1-2 伝染性紅斑により橋本病を発症したと考えられる17症例)

特に若年女性伝染性紅斑(リンゴ病)の患児と接触した場合、ヒトパルボウイルスB19感染おこした可能性があります。

伝染性紅斑(リンゴ病)

伝染性紅斑(リンゴ病)は、小児が感染すると軽症かつ典型的です。成人の感染では小児と異なり、典型的皮疹を伴わないことが多く、皮疹と伴わないものが約40%あります(感染症誌 83:45~51,2009)。

  1. 38度以上の熱発
  2. 頬の蝶翼状紅斑、平手打ち様紅斑(写真 皮膚疾患ペディア より)
  3. 四肢の網目状紅斑
  4. 多発関節痛:数カ月以上関節炎が持続する場合、一過性に抗核抗体(ANA)が陽性になる場合、関節リウマチ・血管炎起こす事あり
  5. 約2週間後に無痛性甲状腺炎橋本病発症

伝染性紅斑(リンゴ病)の診断は、血中ヒトパルボウイルスB19 IgMを調べます。

伝染性紅斑 蝶型紅斑

伝染性紅斑 蝶型紅斑と網目状紅斑

伝染性紅斑 網目状紅斑

ヒトパルボウイルスB19で無痛性甲状腺炎橋本病発症おこす機序

ヒトパルボウイルスB19で無痛性甲状腺炎橋本病発症おこす原因は不明です。

ヒトパルボウイルスB19は、赤芽球勞・再生不良性貧血の原因にもなる事から、血球系に影響し、自己免疫を抑える制御系に障害をもたらす可能性を考えています。(あくまで、私見ですが)

伝染性紅斑(リンゴ病)で、関節リウマチ・血管炎起こるのも同じ機序と考えられます。

突発性発疹のウイルスで橋本病(慢性甲状腺炎)が発症

突発性発疹は乳児期にヒトヘルペスウイルス6(HHV‐6)に感染し、突然の高熱と解熱前後の発疹おこす感染症です。ヒトヘルペスウイルス6(HHV‐6)が橋本病(慢性甲状腺炎)で活性化しているため、その発症に関係していると言う説があります。真偽は現時点で不明です。[PLoS Pathog 2012; 8: e1002951.]

ヘルペスウイルスの一種、エプスタイン‐バールウイルス (EBV) でバセドウ病発症

プスタイン‐バールウイルス (EBV) でバセドウ病発症

ヘルペスウイルスの一種、エプスタイン‐バールウイルス (EBV) が持続感染しているBリンパ球の細胞表面には、バセドウ病の原因となる甲状腺刺激ホルモン受容体抗体(TRAb) が現れます。エプスタイン‐バールウイルス (EBV) が再活性化されると、宿主B細胞が形質細胞へ分化し、TRAb産生を開始します。

これが、バセドウ病発症のメカニズムの一つであると言う研究です。(Viral Immunol. 2017 Apr;30(3):240-249.)

もちろん、全ての甲状腺機能亢進症/バセドウ病が、エプスタイン‐バールウイルス (EBV) によって発症する訳では無いと思います。バセドウ病に関与するHLA抗原(HLA-A2、HLA-DPB1*05:01)も一部見つかっており(ついに甲状腺にもHLA遺伝子診断)、バセドウ病家系も普通に存在します。

その他、急性扁桃炎(溶連菌感染)エルシニア感染症バセドウ病発症に関与するとされ、原因は複数存在します。

プスタイン‐バールウイルス (EBV) と甲状腺

その他、エプスタイン‐バールウイルス (EBV) が甲状腺に関与する病態として、

  1. メソトレキセート(MTX)誘発のMTX 誘発甲状腺悪性リンパ腫 発症に関与
  2. バーキットリンパ腫 に関与
  3. 亜急性甲状腺炎と鑑別を要する伝染性単核球症を発症

などがあります。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら