検索

甲状腺と新型コロナウイルス(COVID-19) 2[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

新型コロナウイルス(COVID-19)

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。新型コロナウイルスの診療、PCR検査は一切行っておりませんアビガンなんて、ありません。

Summary

新型インフルエンザ治療薬アビガン®(ファビピラビル)、エボラ出血熱治療薬レムデシビルが新型コロナウイルスに効く可能性。新型コロナウイルスは、高温多湿の地域でも感染し気温が上昇しても終息しない。完全防護とされる装備でも新型コロナウイルス感染は防げない。自衛隊の対生物兵器の完全密閉型防護服のみ可能。しかし新型コロナウイルス感染者が巻きちらすのを防ぐのにマスクは有用。子どもが重症化しにくい理由は謎。アメリカ、イタリア、スペイン、フランスではアジアと異なり致死率高い。

Keywords

甲状腺機能低下症,アビガン,甲状腺,新型コロナウイルス,マスク,レムデシビル,バセドウ病,感染,アジア,子ども

甲状と新型コロナウイルス

新型インフルエンザ治療薬アビガン®(ファビピラビル)、エボラ出血熱治療薬レムデシビルが効く?

新型インフルエンザ治療薬アビガン®(ファビピラビル)

アビガン

なるほど、こんな隠し玉があったのですね。新型コロナウイルスの感染者を対象に、新型インフルエンザ治療薬アビガン®(ファビピラビル)投与が試験的に始まるようです(ただし、国立感染症研究所などに限定されますと思います)。タミフル無効の新型インフルエンザが出現した時に備えて、既に200万人分の備蓄があるとか。

インフルエンザウイルスのRNAポリメラーゼを阻害するのならば、同じRNAウイルスの新型コロナウイルスに効くかもしれません(抗HIV薬は効きませんでしたが)。アビガン®(ファビピラビル)を軽症、無症状の新型コロナウイルスの感染者に試験投与し効果が確認されたとの事。問題は、軽症、無症状なので、自前の免疫力で自然治癒したのか、本当に薬が効いたのか比較試験しなければ分からないです。また、重症化、肺炎まで起こした患者に効くのか?です(筆者は、おそらくサイトカインストームまで起こした状態では効かないと思います)。

さらに、インフルエンザに使用した場合のデータですが、副作用もそれなりにあります。甲状腺の副作用報告は現時点でなく、甲状腺の病気の人に使っていけない理由もありません。

  1. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には「禁忌」(妊活中・妊娠中の甲状腺患者には使えない)
  2. 精液中へ移行する(投与期間中及び投与終了後7日間まで)

ですが、新型コロナウイルスに投与した場合の臨床試験なしで大丈夫なのでしょうか?

やみくもに投与すると耐性化(効かなくなる)の可能性もあるため、投与基準を厳格に定め順守すべきです。 

エボラ出血熱治療薬レムデシビル

新型コロナウイルス肺炎に対する、エボラ出血熱治療薬レムデシビルの有効率は68%とされます。(N Engl J Med. 2020 Apr 10.[Epub ahead of print])

新型コロナウイルス感染は終息するのか?

インフルエンザウイルスなら気温が上昇すれば、自然と流行は治まりますが、新型コロナウイルスはどうでしょうか?

新型コロナウイルスは、高温多湿の地域でも感染します。 エジプトのナイル川クルーズ船でも新型コロナウイルス集団感染が確認されており、気温が上昇しても終息しません。ある意味、温暖化した地球に適合するよう進化したウイルスなのかもしれません。

パンデミックになった以上、ドイツのメルケル首相が言う様に、全人口のほとんど(70-80%)が感染し、皆が免疫を獲得すれば、終息します(ただし、有効なワクチンが開発され、普及すれば終息は早い)。その過程で人口の数%の高齢者、免疫不全者、持病を持つ人は、新型コロナウイルスが蔓延する新たな地球環境に適応できず命を落とします。

以下は、筆者が何の根拠もなく考えている事ですが、新型コロナウイルスが自然発生、あるいは環境破壊→環境変化による突然変異ならば、人類を自然淘汰し、地球環境を元の状態に戻そうとする地球の自浄作用なのかもしれません。

平成版「ゴジラ対モスラ」を御存知でしょうか?気象までもコントロールし、地球環境を変えてしまった先史文明(コスモス)に怒った地球生命(地球そのものが一つの生命という事)は、黒いモスラ「バトラ」(モスラの突然変異体=新型モスラ?)を誕生させ、先史文明を滅ぼします。筆者には、新型コロナウイルスと重なってしまうのです。

バトラ

新型コロナウイルス感染の予防

完全防御服でも感染したニューヨークの医師

新型コロナウイルス感染の予防は、頻繁な手洗いです。 手に付着したウイルスが目、口、鼻などの粘膜に触れることで発生する感染を防ぎます。

N95以外の気休め的なマスクで明確に新型コロナウイルス感染を予防できるという医学的証拠はありません(と言うか、電子顕微鏡でしか見えないウイルスからしたら、マスクなんで「ざる」やで・・)。

写真は4月26日の産経新聞の一面、ニューヨーク市で新型コロナウイルス感染治療に当たっておられた医師の方です。このような完全防護とされる装備でも、自身が新型コロナウイルスに感染したそうです。ウイルスは1μm未満の大きさです。そう考えれば隙間だらけの防護です。自衛隊の対生物兵器の完全密閉型防護服で無い限り防ぐのは不可能です。

しかし、新型コロナウイルス感染して無症状な人も含めて、感染者がウイルスを巻きちらすのを防ぐのにマスクは有用です。

マスクを持ち上げると付着したウイルスが眼・鼻に入る

一端、あごに下げたマスクを再度持ち上げると、マスクの表面に付いたウイルスが眼口鼻に入る危険性があります。マスクを外す時は捨てねばなりません(あるいはポリウレタン製のマスクは洗う)。

でも一体どこに消えているのか、マスク不足が深刻な日本中の医療機関では、良くて1日1枚、最悪1週間で1枚しか使用できない異常な状況。そんな余裕は無いわな・・・。

また、生理食塩水の鼻すすぎ(鼻うがい)で新型コロナウイルスを防いだと言う報告は現時点でありません。

60vol%以上の消毒用エタノールでなければ新型コロナウイルスを防げない

手指消毒

手指消毒に用いる消毒用エタノールの濃度は日本薬局方で76.9-81.4vol%と定められています。消毒用エタノール不足のため、新型コロナウイルス(COVID-19)の特例として、60vol%以上なら可とする厚生労働省通知が出ています。

子どもは新型コロナウイルス感染で重症化しにくい

子どもは新型コロナウイルス感染で重症化しにくい

子どもが新型コロナウイルス感染で重症化しにくい理由は謎。

  1. 子どもは、旧型コロナウイルス感冒(風邪)にかかりやすく、新型コロナウイルスに対する交差免疫を持っている可能性
  2. 子どもの免疫系は活性化されていて、迅速に新型コロナウイルスに対処している可能性

が考えられています。

なぜアジアよりアメリカ・ヨーロッパの方が致死率が高いか?

アジア圏の人間は既にコロナウイルスにある程度の免疫を持つ(交差免疫説)

日本を含むアジアにおいて、新型コロナウイルス感染の致死率は1~3%と高いですが、アメリカ、イタリア、スペイン、フランスでは致死率5%を超えています。新型コロナウイルス感染の死亡者の約90%は欧米人です。

明らかに地域、あるいは人種により死亡率に差があります。なぜでしょうか?筆者と同じく大阪市立大学の甲状腺超音波(エコー)に参加している同僚で、公衆衛生の専門家が、興味深い説を提唱しています。

「旧型SARSコロナウイルスはアジアを中心に広がりました。その変異母体となった一般コロナウイルスも生息地はアジアが主体です。一般コロナウイルスは亜急性甲状腺の原因として甲状腺専門医にはお馴染みです。つまり、アジア圏の人間は既に弱毒型のコロナウイルスに感染した事(感冒と済まされ)があり、ある程度の免疫を持っている(交差免疫)人が多いのではないか?」

と言うものです。ヨーロッパ圏、アメリカなどは一般コロナウイルスに一度も感染した事がなく、防御力が全く無い人が多いのかもしれません。

人種の差ではない

「人種の差(遺伝子の違い)が原因ではないか?」と言う人もいます。しかし、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の統計では、アジア系アメリカ人の新型コロナウイルス感染死亡率は6%で、白人と変わりありません。

日本の玄関で靴を脱ぐ習慣がバリケードになる

さらに興味深い論文があります。新型コロナウイルスは靴底に付着し、行く先々で汚染を広げます。玄関で靴を脱ぐ日本の習慣では、新型コロナウイルスが家屋、あるいは座敷に侵入できないのです。

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、患者さんにスリッパへ履き替えていただきます。御納得いただけない方は、退場していただいております。

この様な事を言ったら怒られるかもしれませんが、「靴のまま入れます!」を宣伝文句にしている医療機関が多くあります。筆者は、非常な嫌悪感と違和感を感じます。靴の底に新型コロナウイルスと言わないまでも、犬のウンコや雑菌がこぶりついた状態で清潔区域(衛生区域)に入るなど言語道断です。

免疫不全状態にある妊婦さんや、甲状腺機能低下症の方が多くいる甲状腺専門クリニックであってはならない事です。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

 
長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ Jo

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,浪速区,生野区,天王寺区,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]の大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら