検索

喫煙/受動喫煙(副流煙)は甲状腺に害     [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見②甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

i甲Joう君 禁煙 長崎クリニック(大阪)

甲状腺編 では収録しきれない最新・専門の検査/治療です。

Summary

喫煙/受動喫煙(副流煙)は甲状腺機能亢進症/バセドウ病の発症・再発を誘発、抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)の効きを悪くします。橋本病(慢性甲状腺炎)の2.2%が、出産後甲状腺炎・喫煙が関与しバセドウ病に移行。甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症動脈硬化を加速。禁煙指導(チャンピックス)必要。

禁煙指導(チャンピックスを用いて);タバコは甲状腺の病気に悪影響

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と喫煙

喫煙は甲状腺機能亢進症/バセドウ病の発症を誘発、治療開始後も抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)の効きを悪くし、たとえ甲状腺機能が正常化しても、甲状腺機能亢進症/バセドウ病を再発しやすくします。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病女性の喫煙率は、健康女性よりも高く、タバコを吸わなければ発症しなかったのに、吸っていたから発症した可能性が極めて大。

バセドウ病眼症の活動性も喫煙に強く関係し、タバコの本数が多いほど眼球突出度が大きいです。

i甲Joう君 禁煙

甲状腺機能低下症/橋本病と喫煙

  • 橋本病(慢性甲状腺炎)の進行に喫煙が関与し、橋本病(慢性甲状腺炎)の喫煙者は甲状腺機能低下症に進行しやすいとされます(J Endocrinol Invest. 1996 Oct;19(9):607-12.)。
  • 甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病自体で動脈硬化が進み、狭心症/心筋梗塞の発症率が上がります。喫煙はそれを加速させます。
  • 橋本病(慢性甲状腺炎)の2.2%が、甲状腺機能亢進症/バセドウ病に移行しますが、出産後甲状腺炎・喫煙が関与するとされます。

糖尿病・ 動脈硬化と喫煙

喫煙は、糖尿病も発症しやすくし、糖尿病性神経障害、糖尿病腎症の糖尿病合併症を進行させます。 
 動脈硬化も促進し、脳梗塞、狭心症/心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症を起こしやすくします。

禁煙治療:チャンピックスを用いて

長崎クリニック(大阪)では、禁煙補助薬チャンピックスを用いた保険診療での禁煙指導をおこなっております。

ニコチンガム・ニコチンテープは時代遅れ!チャンピックスは、ニコチン依存を抑え、タバコの喫煙により得られる満足感を感じさせなくする医薬品。

「お医者さんと禁煙しよう」のキャッチフレーズで、今時どこの医療機関でも行っている禁煙治療です。

肺癌と喫煙

甲状腺癌と喫煙の関連は証明されていませんが、喫煙で肺癌が増加するのは誰でも知っています。肺癌の80%が喫煙者で、喫煙で肺癌のリスクは10-20倍になります。

喫煙指数(ブリンクマン指数)= (1日の喫煙本数)×(喫煙年数)  400以上 肺癌が発生しやすい状態、600以上 肺癌の高度危険値です。

最近の「mild」「light」低タールたばこは刺激が少ないため深く喫ってしまい(結局従来のたばこと同等)、末梢型肺癌が増加していると指摘されます。

受動喫煙の恐怖;甲状腺に忍び寄る副流煙

受動喫煙;副流煙の害

タバコの煙はすう人より、すわされる人の方が健康上の害は大きくなります(受動喫煙;副流煙の害)
職場や家庭で喫煙者がいれば、バセドウ病を悪化させたり、再発させたり悪影響をもたらします。糖尿病も発症しやすくし、糖尿病性神経障害、糖尿病腎症の糖尿病合併症を進行させます。 動脈硬化も促進し、脳梗塞、狭心症/心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症を起こしやすくします。

また、言うまでもなく発がん性も高くなります。甲状腺癌との因果関係は証明されていませんが、肺癌の危険率は喫煙者自身より受動喫煙者の方が20%以上高くなります(理不尽極まりなし)。

尿中コチニン(ニコチンの代謝産物)濃度測定

ニコチンと、その代謝産物コチニンの測定は、受動喫煙の影響と調べる上で重要です。ニコチンは肺から急速に吸収され、その半減期は約30分です。ニコチンは代謝を受けコチニン、に変化します。コチニンの半減期は30時間以上と長いので、受動喫煙の診断に有用です。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)


広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら