検索

妊娠糖尿病と糖尿病女性の妊娠   [日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックに特化するため、糖尿病内科を廃止しました。

糖尿病:専門の検査治療[橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波エコー 長崎甲状腺クリニック大阪]

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ 甲Joう君

甲状腺専門内分泌代謝動脈硬化長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌病態内科で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

Summary

妊娠糖尿病糖尿病女性妊娠は異なる。妊娠糖尿病妊娠中にはじめて発見・発症した糖尿病に至っていない糖代謝異常で、胎盤ホルモンの影響で血糖値が上がる病態。周産期合併症リスクが高くなるので厳格なコントロール必要。糖尿病女性妊娠は正常妊娠と比べて母児ともに合併症発症のリスクが高くなるため、妊娠前からの血糖コントロールと計画妊娠が必要。糖尿病女性妊娠母体トラブルは、網膜症・腎症の悪化、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、羊水過多症、膀胱炎・腎盂炎、流早産・死産など。胎児・新生児トラブルは、先天奇形、巨大児、低出生体重児、新生児低血糖・呼吸障害。

Keywords

妊娠糖尿病,糖尿病,妊娠,胎盤ホルモン,血糖値,妊娠高血圧症候群,妊娠中毒症,羊水過多症,流早産,胎児,巨大児,低出生体重児,甲状腺

甲状腺と糖尿病

1型、2型糖尿病問わず甲状腺疾患の合併が多いとされます。詳しくは 甲状腺と糖尿病 を御覧下さい。

妊娠前は、甲状腺疾患の有無を検査する必要があります。

妊娠糖尿病と糖尿病女性の妊娠(別物です)

妊娠糖尿病糖尿病女性妊娠の治療は、婦人科と糖尿病内科の両方が同施設にあるところが好ましいです。

妊娠糖尿病糖尿病女性妊娠は異なる病態です。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は8人に1人の妊婦がなります。妊娠糖尿病は通常の糖尿病とは異なります。妊娠糖尿病は、「妊娠中にはじめて発見または発症した糖尿病に至っていない糖代謝異常」と定義されます。

妊娠中

  1. 胎盤ホルモンの影響でインスリン抵抗性が生じ
  2. 母体の膵β細胞のインスリン分泌が、それに追いつかない

ため、血糖値が上がりやすくなります。

妊娠糖尿病の診断基準:糖負荷試験75gOGTTにおいて次を1点以上を満たす

空腹時血糖値 ≧92mg/dL
1時間値 ≧180mg/dL
2時間値 ≧153mg/dL

と、通常の糖尿病より厳しい基準です。すなはち、妊娠糖尿病通常の糖尿病の診断基準を満たさないのです(糖尿病に至っていない糖代謝異常なので当然だが)。

例え、糖尿病に至っていない糖代謝異常でも周産期合併症のリスクが高くなるので、厳格なコントロールが必要です。妊娠糖尿病の管理基準は、

  1. 早朝空腹時血糖値 <95 mg/dL
  2. 食後1時間値 <140 mg/dL
  3. 食後2時間値 <120 mg/dL

ただし、重症低血糖無自覚性低血糖がある場合、この限りではありません。

妊娠糖尿病‎のリスクと甲状腺自己抗体[主に抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)]との間には有意だが強くない関連があります。(Fertil Steril. 2015 Sep;104(3):665-71.e3.)

特に、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)は、不妊治療妊娠した患者における妊娠糖尿病‎の独立した危険因子です。抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)陽性でかつTSH高値 or FT4低値なら、更にリスクが高まります。‎(Diabetes Res Clin Pract. 2021 Jan;171:108590.)

糖尿病女性の妊娠

糖尿病女性妊娠は、正常妊娠と比べて母児ともに合併症発症のリスクが高くなるため、妊娠前からの血糖コントロールと計画妊娠が必要です。

ころころ変わるガイドラインの2019年版では、妊娠前のHbA1c 6.5%未満が推奨されます。(Diabetes Care. 2019 Jan;42(Suppl 1):S165-S172.)

妊娠により糖尿病性腎症、網膜症が増悪しますが、微量アルブミン尿(早期腎症)、初期の単純性網膜症だけでは妊娠を避けなくても良いです。

妊娠中の明らかな糖尿病の診断基準は、以下のいずれかを満たした場合で、

  1. 空腹時血糖値≧ 126 mg/dL
  2. HbA1c 値≧ 6.5%

*随時血糖値≧ 200 mg/dL あるいは75 g OGTT で2 時間値≧ 200 mg/dL の場合は、妊娠中の明らかな糖尿病の存在を念頭に置き、①または②の基準を満たすかどうか確認する。

糖尿病合併妊娠の診断基準は、

  1. 妊娠前にすでに診断されている糖尿病
  2. 確実な糖尿病網膜症があるもの

母体トラブル

母体のトラブルは、網膜症・腎症の悪化、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、羊水過多症、膀胱炎・腎盂炎、流早産・死産です。

胎児・新生児トラブル

胎児・新生児のトラブルは、糖尿病母体の児(IDM:infant of diabetic mother)症候群と呼ばれる様々な合併症が発症します。先天奇形、巨大児、肩甲難産、分娩損傷、腕神経叢麻痺、低出生体重児、呼吸障害・呼吸窮迫症候群、多血症、高ビリルビン血症、低カルシウム血症、けいれん、脳障害、適応不全、新生児低血糖です。

胎盤の糖輸送担体(Glut)による糖輸送で、母体の高血糖がそのまま胎児高血糖になります。すると、

  1. 胎児膵臓からインスリンの過剰分泌が起き、その成長因子作用で、胎児の過剰体重・巨大児→肩甲難産、分娩損傷、腕神経叢麻痺
  2. 浸透圧利尿による羊水過多症

が発生します。

糖尿病合併妊娠の治療目標

糖尿病妊婦妊娠中の血糖コントロール目標は

  1. 早朝空腹時血糖値 <95 mg/dL
  2. 食後1時間値 <140 mg/dL
  3. 食後2時間値 <120 mg/dL
  4. HbA1c:5.8%未満
  5. グリコアルブミン:15.8%未満

です。

糖尿病関連では毎度のことながら、どうせ何年かしたら、また変わります。そのたびに、条件を満たす方、満たさない方で生じます。診断基準を作っている方は、「真実は一つしかない」という万物の摂理を御存知ないのでしょうか?

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら