検索

高カリウム血症    [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

内分泌代謝(副甲状腺・副腎・下垂体)専門の検査/治療/知見 長崎甲状腺クリニック(大阪)

高カリウム血症

甲状腺内分泌代謝の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)で院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。高カリウム血症の診療は行っておりません。

甲状腺内分泌代謝が原因の高カリウム血症は以下くらいのものです。

Summary

高カリウム血症の原因①原発性副腎皮質機能低下症で鉱質(ミネラル)コルチコイドの分泌が低下(低ナトリウム血症も伴う)②急性副腎不全の9.3%に高カリウム血症(低ナトリウム血症は64.8%)③糖尿病性腎症の慢性腎不全で④甲状腺分化癌(乳頭癌・濾胞癌)の131-Iアブレーション治療前の甲状腺ホルモン剤中止(心不全・腎機能低下による)⑤降圧薬、ACE阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)の副作用(腎血流の減少、GFRの低下による)。駆血帯で長時間強く圧迫、手を開いて握る動作を繰り返す、高齢者のもろい血管・赤血球膜、低温下、白血球・血小板が異常高値で偽性高カリウム血症になります。

Keywords

副腎皮質機能低下症,糖尿病性腎症,慢性腎不全,カリウム,偽性高カリウム血症,高カリウム血症,ACE阻害薬,アンジオテンシン受容体拮抗薬,ARB,甲状腺

原発性副腎皮質機能低下症の高カリウム血症

副腎自体が障害される原発性副腎皮質機能低下症では、鉱質(ミネラル)コルチコイドの分泌が低下し、高カリウム血症になります。(もちろん低ナトリウム血症も伴います)

急性副腎不全の高カリウム血症

急性副腎不全の9.3%に高カリウム血症を認めます(低ナトリウム血症は64.8%)(日本内科学会雑誌 97:708―710,2008.)。

慢性腎不全の高カリウム血症

糖尿病性腎症の慢性腎不全では、急速な腎機能の悪化や血清カリウム値の上昇がおこることがあります。高カリウム血症で致命的なのは致死性不整脈です。カリウムが7mEq/L以上なら、70%が死亡します。血液検査は時間がかかりすぎるので、心電図で判断(血清K値と心電図は必ずしも相関せず医者泣かせ)。すぐにカルチコール(グルコン酸カルシウム)を静注、カリウムを下げる効果はないものの、心筋膜を安定化し心室細動を予防。

その後、ヒューマリンR(速効型インスリン)10単位+50%ブドウ糖液 100mLで静注。血糖値が250mg/dl以上であればブドウ糖不要。

甲状腺分化癌(乳頭癌・濾胞癌)の131-Iアブレーション治療前の甲状腺ホルモン剤中止による高カリウム血症

甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)の131-Iアブレーション治療では、甲状腺ホルモン剤を中止するため、甲状腺機能低下にともなって心不全・うつ悪化、腎機能低下(低ナトリウム血症高カリウム血症)が起こります。

稀ながら重度の高カリウム血症を引き起こす事があります(Endocr Pract. 2015;21:488-494.)

降圧薬、ACE阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)の副作用で高カリウム血症

動脈硬化の予防、心肥大・心不全の改善、原発性アルドステロン症・高アルドステロン性高血圧の治療、誤嚥の予防(ACE阻害薬のみ)に使用される降圧薬、ACE阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)の副作用で高カリウム血症おこす事あります。GFRの低下した患者に投与すると、腎血流が減少し、さらにGFRが低下→高カリウム血症おこします。

カリウム 偽高値(偽性高カリウム血症

体内カリウムの98%は細胞内にあり、血液など細胞外液中には2%しか存在しません。血液中では98%が赤血球内に存在します。よって、

  1. 駆血帯で長時間強く圧迫して採血すると、圧迫により細胞内からカリウムが血液中へ流出
    駆血時、手を開いて握る動作を繰り返すと筋肉細胞からカリウム流出
  2. 高齢者では血管が細く・もろく、採血し難かったり、赤血球膜がもろかったりして、採血の過程で溶血し、偽性高カリウム血症になります。
  3. 低温下では、赤血球が壊れやすくなります。溶血すると赤血球内のカリウムが放出され偽性高カリウム血症になります。
  4. 白血球・血小板が異常高値だと、凝固する過程で白血球・血小板内カリウムが流出

上記3. 4.の場合、ヘパリンリチウムを抗凝固剤として採血し、カリウムを再測定すれば正常になります。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。高ナトリウム血症そのものの診療は行っておりません。

高ナトリウム血症と甲状腺

高ナトリウム血症とは

高ナトリウム血症は、血清ナトリウム(Na)濃度が145mEq/L以上の状態です。水分喪失量が水分摂取量よりも多い、脱水が原因。症状は

  1. 口渇
  2. 意識障害、けいれんなど中枢神経症状(浸透圧により、水が脳神経細胞から血管内へ移動するため)

治療は大量の補液。

甲状腺クリーゼ高ナトリウム血症

甲状腺で高ナトリウム血症を来す状態は、甲状腺クリーゼのような究極の脱水状態に限られます。異常発汗など水分不足が原因。高熱と中枢神経症状により、甲状腺クリーゼの診断基準を、あっさり満たしてしまいます。

日本甲状腺学会でも高ナトリウム血症を伴う甲状腺クリーゼが報告されています。

  1. 札幌厚生病院の報告では、血清ナトリウム167mEq/Lまで上昇、補液で改善したそうです。(第60回 日本甲状腺学会 P1-5-7 高ナトリウム血症と播種性血管内凝固症候群および横紋筋融解症 を合併した甲状腺クリーゼの1例)
  2. 横浜市立みなと赤十字病院の報告では、血清ナトリウム 155mEq/Lまで上昇したとの事です。(第60回 日本甲状腺学会 P1-5-5 甲状腺クリーゼに高カルシウム血症を併発した1例)

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら