検索

ホルモンを作る小細胞肺癌は甲状腺髄様癌に類似[日本甲状腺学会認定 甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

内分泌代謝(副甲状腺・副腎・下垂体)専門の検査/治療/知見 長崎甲状腺クリニック(大阪

ホルモンを作る小細胞肺癌

甲状腺専門内分泌代謝長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌病態内科(内分泌骨リ科)で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)以外の写真・図表はPubMed等で学術目的にて使用可能なもの、public health目的で官公庁・非営利団体等が公表したものを一部改変しています。引用元に感謝いたします。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   甲状腺以外のホルモンの病気(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊など)  糖尿病編 をクリックください。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。小細胞肺癌・神経内分泌大細胞癌の診療は行っておりません。

Summary

小細胞肺癌ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)ADH(抗利尿ホルモン)セロトニンを産生、クッシング症候群(異所性ACTH産生腫瘍)、不適切ADH分泌症候群(SIADH)セロトニン症候群をおこす。Eaton-Lambert症候群、傍腫瘍性感覚性ニューロパチー(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)もおこす。小細胞肺癌は同じ神経内分泌細胞由来の甲状腺髄様癌と組織が類似、神経特異エノラーゼ(NSE)、ガストリン放出ペプチド前駆体(Pro GRP)を産生。小細胞肺癌に似た神経内分泌大細胞肺癌もある。Eaton-Lambert症候群は、重症筋無力症甲状腺機能低下症に類た症状。

Keywords

小細胞肺癌,異所性ACTH産生腫瘍,不適切ADH分泌症候群,Eaton-Lambert症候群,神経特異エノラーゼ,NSE,Pro GRP,甲状腺髄様癌,セロトニン症候群,クッシング症候群,甲状腺

肺癌は、扁平上皮癌、腺癌、大細胞癌、神経内分泌性腫瘍の4つに分類され、

神経内分泌性腫瘍の亜型として、

  1. 小細胞癌
  2. 大細胞神経内分泌腫瘍
  3. カルチノイド

があります。

ホルモンを作る小細胞肺癌・神経内分泌大細胞癌

小細胞肺癌とは

小細胞肺癌は、肺癌全体の約10~20%といわれ、心臓横の太い気管支に発生する肺門型肺癌のため胸部X線検査で早期発見されにくいです。扁平上皮癌と同じく、腫瘍とリンパ節が一塊となった中心型です。

非小細胞肺癌と比べて進行が極めて早く、急速に増大します。診断時すでにリンパ節転移し、脳、肝臓、骨、副腎に広がっています(Otolaryngol Head Neck Surg 90: 516-517, 1982)。

小細胞肺癌は喫煙と関係深く、禁煙で小細胞肺癌になるリスクは減少するされます。

小細胞肺癌
小細胞肺癌   CT画像(肺野条件)

小細胞肺癌   CT画像(肺野条件)

小細胞肺癌   CT画像(肺野条件)

小細胞肺癌   CT画像(縦隔条件)

小細胞肺癌 組織像

小細胞肺癌は喫煙と関係が深く、禁煙で小細胞肺癌になるリスクは減少するされます。

  1. ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)ADH(抗利尿ホルモン)セロトニンを産生し、クッシング症候群(異所性ACTH産生腫瘍)、不適切ADH分泌症候群(SIADH)セロトニン症候群
  2. Eaton-Lambert症候群
  3. 傍腫瘍性感覚性ニューロパチー(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)

を呈することがあります。

Eaton-Lambert症候群

小細胞肺癌腫瘍マーカー

神経特異エノラーゼ(NSE) 

神経特異エノラーゼ(NSE)は神経内分泌細胞由来の腫瘍(小細胞肺癌甲状腺髄様癌褐色細胞腫インスリノーマなど)で産生される腫瘍マーカーです。

NSEは癌でなくても上昇する場合があり、紛らわしい事があります。例えば、腎不全・溶血でも上昇します。

ガストリン放出ペプチドProGRP

ガストリン放出ペプチド前駆体(ProGRP)は、早期の小細胞肺癌の腫瘍マーカーです。ProGRPの肺小細胞癌での陽性率は65~75%で、肺癌の腫瘍マーカーで最も信頼性が高い。再発での陽性率90%以上。大細胞癌でも20%が陽性になります。

最近、甲状腺髄様癌や膵内分泌腫瘍における有用性も示唆されています。腎で代謝されるため、腎不全で偽陽性例になる事があります。

小細胞肺癌治療

ホルモンを作る小細胞肺癌

小細胞肺癌は、早急な診断確定と治療介入が必要です。

小細胞肺癌の治療は、PS4(寝たきり状態)を除くすべてが抗癌剤適応で

  1. Ⅰ期(リンパ節転移なし):手術+抗癌剤
  2. Ⅰ期以外の限局性:[縦隔・同側鎖骨上窩リンパ節までに限局(LD):CDDP(シスプラチン)+エトポシド(VP16)+早期同時加速多分割放射線外照射]
  3. それ以上の広がり(ED):CDDP(シスプラチン)/カルボプラチン+エトポシド(VP16)/イリノテカン(トポイソメラーゼ阻害薬)⇒完全奏功なら予防的全脳照射

イリノテカンは肺毒性のため放射線外療法と併用できず

2020年8月よりCDDP(シスプラチン)+VP-16(エトポシド)に免疫チェックポイント阻害薬イミフィンジ®(デュルバルマブ)を併用できるようになりました

小細胞肺癌 放射線肺炎

放射線肺炎は小細胞肺癌の放射線治療後6か月までは起こる可能性があります。最初は軽症でも急速に進行し、呼吸困難に至り、ステロイドパルス療法を要する事もあります。

小細胞肺癌予後

他の肺癌と異なり、一時的な縮小・進行抑制が期待できますが、治癒するわけではありません。放射線外照射は放射線誘発性甲状腺癌の原因になります。

小細胞肺癌の甲状腺転移

小細胞肺癌の甲状腺転移も報告されています(日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 34 巻 (2017) 2 号 p. 127-131)。

小細胞肺がん甲状腺転移 超音波(エコー)画像

小細胞肺癌の甲状腺転移 超音波(エコー)画像;境界明瞭で一部微細石灰化を伴います。

小細胞肺癌と甲状腺髄様癌は組織が類似

小細胞肺癌との鑑別が困難であった甲状腺髄様癌が報告されています。小細胞肺癌甲状腺髄様癌は、いずれも神経内分泌細胞由来なので組織が似ています。

甲状腺切除術を受け、数十年経って頚部に腫瘤が現れ、肺にも肺がんを疑わせる腫瘍陰影が存在したとします。甲状腺癌の再発と肺移転?肺がんの頚部リンパ節転移いずれも考えられます。

いつ、どこで甲状腺切除術が行われたのか、なぜ行われたのか?甲状腺腫瘍甲状腺癌バセドウ病甲状腺結核?本人も覚えていない状況で、腫瘍マーカーのCEAが異常高値、穿刺吸引細胞診で腫瘤細胞は結合疎、散在性、核は類円形裸核状、ク'ロマチンは穎粒状に増量。

この時点で、甲状腺髄様癌の再発と肺移転?小細胞肺癌の頚部リンパ節転移いずれも考えられます。

免疫組織染色で、カルシトニン・クロモグラニンA・CEAが陽性につき、甲状腺髄様癌と診断されました。

神経内分泌大細胞癌

神経内分泌大細胞癌 組織像

肺の末梢に発生する肺野型の肺癌が多く、喫煙との関係は不明です。大細胞肺癌の中には神経内分泌大細胞肺癌という小細胞肺癌に似た性質を持つものもあります。

陳旧性結核性胸膜炎に合併した大細胞癌 CT画像

陳旧性結核性胸膜炎に合併した大細胞癌 CT画像

非小細胞肺癌もホルモン産生し高カルシウム(Ca)血症[副甲状腺ホルモン関連蛋白(PTHrP)]

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら