検索

甲状腺に似た脚気(かっけ)・ビタミンB1欠乏症 [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

内分泌代謝(副甲状腺・副腎・下垂体)専門の検査/治療/知見  長崎甲状腺クリニック(大阪)

ウェルニッケ脳症 MRI画像

甲状腺内分泌代謝の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。脚気(かっけ)・ビタミンB1欠乏症の治療は行っておりません。

Summary

脚気(かっけ)・ビタミンB1(チアミン;VB1)欠乏の原因は甲状腺機能亢進症でVB1消費増大/甲状腺機能低下症の食欲低下でVB1摂取不足、糖尿病で血糖に対する相対的な不足、アルコール依存症、ダイエット、インスタント食品・スナック菓子など極端な偏食。エネルギー代謝が低下し、肥満・疲労感、脳活動が低下し、集中力の低下・精神不安定、末梢神経障害で手足のしびれ、高拍出量性心不全(脚気心)、代謝性アシドーシス、ウェルニッケ脳症と後遺症(コルサコフ症候群)など甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症に似た症状。アルコール性ケトアシドーシス、アルコール性心筋症合併も。

Keywords

コルサコフ症候群,脚気,ビタミンB1欠乏,ウェルニッケ脳症,代謝性アシドーシス,甲状腺,甲状腺機能低下症,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,アルコール

現代日本にも脚気(かっけ)・ビタミンB1欠乏

ビタミンB1欠乏が原因の脚気(かっけ)は、ビタミンB1を含む胚芽と取り除いた白米が流行した江戸で患者が大量発生したため「江戸わずらい」と呼ばれました。大正時代には、結核と並ぶ二大国民病でしたが、洋食・カレーが予防になるのを見つけた海軍医のおかげで、死者が減少しました(海軍カレーの始まり)。

ビタミンB1(チアミン)欠乏により高拍出量性心不全(脚気心)と末梢神経障害おこします。心不全で下肢のむくみ、末梢神経障害で手足のしびれ/腱反射低下がおきます。初めは体がだるい、動悸・息切れなど低血糖甲状腺疾患甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症)に似た症状です。

ビタミンB1欠乏症/潜在的ビタミンB1欠乏症(脚気予備軍)は、現代日本で増加しています。

ビタミンB1欠乏症の原因

  1. 甲状腺機能亢進症でビタミンB1消費が増大/甲状腺機能低下症による食欲低下でビタミンB1摂取不足
  2. 妊娠悪阻による食欲不振、特に妊娠時一過性甲状腺機能亢進症でビタミンB1消費が増大
     
  3. 糖尿病で、血糖に対するビタミンB1の相対的な不足
  4. 食事の代わりに酒を飲むアルコール依存症の人は、絶対的なビタミンB1摂取不足
  5. 三食ともインスタント食品(カップラーメン)やスナック菓子を食べるという極端な偏食。過剰な糖質の消費に必要なビタミンB1の摂取量が相対的に不足
  6. 過度なダイエットや欠食、外食。女子大生の血中ビタミンB1値が非常に低いことが報告されます
     
  7. 血液透析(透析時水溶性ビタミン除去/小食傾向)
  8. ビタミン剤を含まない長期の高カロリー輸液
     
  9. 感染症などでの消耗
  10. 胃切除後、幽門狭窄/胃十二指腸潰瘍による十二指腸からのビタミンB1吸収障害(数カ月後から数十年後に発症)

ビタミンB1欠乏症の症状

脚気(かっけ)・ビタミンB1欠乏

ビタミンB1欠乏症の症状は、

  1. エネルギー代謝が低下、疲労物質である乳酸の代謝も悪くなり、疲労感・倦怠感がでてきます。(甲状腺機能低下症のよう
     
  2. エネルギー代謝が低下、糖を分解できず、糖が脂肪に変換されるため、肥満になります。(甲状腺機能低下症のよう
     
  3. 脳は元々、糖を分解し大量のエネルギーを消費しているため、脳の活動が低下、集中力の低下・精神不安定になります。 (甲状腺機能低下症のよう
     
  4. 末梢神経障害で手足のしびれ/腱反射低下;多発性神経炎(甲状腺機能低下症のよう)(図;タケダ健康サイトより)
     
  5. 高拍出量性心不全(脚気心)による動悸・息切れ・下肢のむくみ(しびれた足がむくんでいる)(甲状腺機能亢進症/バセドウ病のよう)、しかし左心機能正常なので胸部レントゲン検査、心エコー検査でも異常なし
     
  6. 代謝性アシドーシス:血液が酸性に傾く、恐ろしい状態です。昏睡になり、ほとんど死亡します。
     
  7. ウェルニッケ・コルサコフ症候群(下記参照)

ビタミンB1欠乏症の診断

一般的な血液検査で異常なく、甲状腺副腎下垂体・卵巣・精巣などのホルモン検査、亜鉛も異常なし。

異常がないのが、異常です。

このような場合、食生活のヒアリングと血中ビタミンB1測定を行います。

ただし、最も簡単、最も有用で、確実な検査は、患者を脚が地面に付かない高さの椅子に座らせ、打腱槌(だけんつい)で膝蓋骨(膝のお皿の骨)の下を叩く、膝蓋腱反射を調べる事です。正常な人なら反射的に脚が挙がりますが、脚気(かっけ)・ビタミンB1欠乏なら無反応です(これが脚気の由来)。

血中ビタミンB1測定結果は、1週間以上かかるため、ビタミンB1剤を服薬し、治療効果による診断を行う事あります。

  1. 左心機能正常の心不全(高拍出量性心不全):胸部レントゲン検査、心エコー検査でも異常なし。甲状腺機能亢進症/バセドウ病単独でも高拍出量性心不全
  2. 血清乳酸、ピルビン酸が上昇
  3. ビタミンB1測定

ウェルニッケ・コルサコフ症候群

ウェルニッケ脳症

ビタミンB1(チアミン)不足でおこるウェルニッケ脳症と後遺症:コルサコフ症候群をウェルニッケ・コルサコフ症候群と呼びます。

  1. ウェルニッケ脳症橋本脳症のような軽度(認知症)から昏睡までの変動する意識障害/小脳失調、バセドウ眼症のような眼球運動障害(眼振も含む)、病的反射はない。ビタミンB1大量点滴、救命できれば1週間で回復(低血糖時はブドウ糖同時点滴。ブドウ糖単独では逆にビタミンB1欠乏が進行しウェルニッケ脳症悪化)、
  2. コルサコフ症候群:救命できても80%に健忘症が残ります。また眼振/小脳失調も後遺症として残ること多し。

アルコール性ケトアシドーシス

過度な飲酒を長期間続け、十分に食事をとらないと、

  1. アルコールは肝臓の糖新生を減少させ低血糖
  2. 代わりに体脂肪が燃焼しケトン体が増え、血液が酸性に傾くアルコール性ケトアシドーシスになります。

アルコール性ケトアシドーシスの症状は、甲状腺機能低下症甲状腺機能亢進症/バセドウ病に似ています。

  1. 腹痛・吐き気・嘔吐
  2. 疲労感
  3. 精神症状(感情が高ぶる、混乱する)→意識障害・昏睡

アルコール性ケトアシドーシスは、

  1. 尿ケトン体陰性が約半数存在するため、血中ケトン体測定が有効です。
  2. アルコール性低血糖(例えば8-18mg/dl)、軽度の高血糖は糖尿病が合併する可能性

ビタミンB1大量点滴、ブドウ糖(+生理食塩水)同時点滴。ブドウ糖単独では逆にビタミンB1欠乏が悪化します。また、低Mg血症・低リン血症の栄養障害も併発しており、補充が必要ですが、急激な補正はリフィーディング症候群の原因になります。

アルコール性ケトアシドーシスに甲状腺機能亢進症/バセドウ病が合併

アルコール性ケトアシドーシスに甲状腺機能亢進症/バセドウ病が合併すると、

  1. アルコール性ケトアシドーシスが増悪
  2. 甲状腺クリーゼの診断基準を満たす事あります。

命に係わる2症例)

アルコール性心筋症

アルコール性心筋症はアルコール過剰摂取により、拡張型心筋症を呈するものす。禁酒が第一で、拡張型心筋症治療に加え、ビタミンB1・葉酸投与が重要です。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら