検索

(甲状腺・動脈硬化・内分泌・糖尿病の) 腹部超音波(エコ-)検査(副腎・肝胆膵腎・前立腺・膀胱)、腎エコー[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)]

デジタルハイビジョン 超音波診断装置

内分泌代謝(副甲状腺・副腎)/痛風/肥満:最新・専門の検査/治療/知見   長崎クリニック(大阪)

甲状腺内分泌代謝等の長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)でしか行えない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報を満載しています。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、甲状腺学会で入手した知見を元にしています。

デジタルハイビジョン 超音波診断装置

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

Summary

甲状腺動脈硬化内分泌糖尿病の腹部超音波(エコ-)検査(副腎・肝胆膵腎・前立腺・膀胱)と腎エコー、腎血管抵抗 (RI:レジスティブインデックス)を解説します。副腎腫瘍.脂肪肝,肝血管腫,胆石症,腎臓癌,腎結石( 内分泌尿路結石),水腎症,多発性嚢胞腎も説明します。

デジタルハイビジョン腹部超音波

デジタルハイビジョン 超音波診断装置

長崎甲状腺クリニック(大阪)ではデジタルハイビジョン 超音波診断装置で腹部エコ-をおこないます。

驚きの高画質:日立独自のテクノロジーを駆使、 かつてない高精細な画像が可能になりました。

副腎腫瘍

長崎甲状腺クリニック(大阪)の腹部超音波検査の最大の特徴は、副腎腫瘍を見つける目的でおこなう事です。副腎腫瘍の50%はホルモンを作らない非機能性副腎皮質腺腫ですが、3cm以上の場合、副腎癌(副腎原発1%/転移性5%)の事があります。

ホルモンを作る機能性副腎腫瘍はクッシング症候群10%・褐色細胞腫10%・アルドステロン症5%です。

  1. 高血圧・糖尿病、実は副腎の病気/副腎腫瘍(褐色細胞腫)
  2. 高血圧、実は副腎の病気/副腎腫瘍(原発性アルドステロン症)
  3. 高血圧・糖尿病・メタボ、実は副腎の病気/副腎腫瘍(クッシング症候群)、 アレルギー性鼻炎薬で副腎の病気に?

肝臓・胆嚢の病気

  • (A) 脂肪肝;内臓脂肪の代表。インスリンの反応を妨げ、糖尿病を悪化。血圧、血中脂質を上昇させます。正常人の肝臓と腎臓は同じ黒さですが、脂肪肝では脂肪を取り込み腎臓より白く見えます。
  • (C) 肝血管腫肝血管腫では、甲状腺ホルモンを不活化する3型脱ヨード酵素[T4→rT3, T3→T2]を発現します。甲状腺ホルモンが過剰に分解され、甲状腺機能低下症になります。肝血管腫による、消費型甲状腺機能低下症(comsanptive hypothyroidism)です。
  • (上右)胆石症:胆嚢内に細かい胆石が多数見えます。胆石は40代、肥満の女性に多いと言われます。胆嚢内胆石のほとんどはコレステロール結石です。
    甲状腺機能低下症で胆石ができやすく、男性の甲状腺機能低下症で多いとの報告があります。甲状腺ホルモン不足により①血清コレステロール値が高くなり、②胆汁うっ滞が生じるのが原因と考えます。
  • 急性胆嚢炎・胆管炎は救急外来で最も多いアンダートリアージ(見逃される病気)との報告があります。

肝のう胞:甲状腺のう胞とは関係ありません。病的な意味はなく、見つかっても治療の必要はありません。

  • 胆嚢原発混合型腺神経内分泌腺癌:非常にまれで、私自身まだ出くわした事ありません。悪性度高く、多発性肝転移を起こします。通常の胆のう癌と神経内分泌腺癌の混合型ですので、両方の腫瘍マーカー(CEA, NSE)が上昇します。

NSE(神経特異エノラーゼ):神経内分泌細胞由来の腫瘍(小細胞肺癌甲状腺髄様癌褐色細胞腫インスリノーマなど)で産生される腫瘍マーカーです。

膵臓の病気

正常膵

アルコール多飲者の膵臓:膵石がみつかれば、慢性膵炎と診断できます。

萎縮した膵臓

腎臓の病気

腎臓腫瘍

  • (B) 腎臓癌;甲状腺に転移、転移性甲状腺癌となります。また、甲状腺癌が腎臓に転移し、腫瘍破裂・腎被膜下出血を起こす事があります。
  • (下右)腎血管筋脂肪腫

腎結石: 内分泌尿路結石

(下)腎結石: 内分泌尿路結石は

  1. ステロイド結石:ステロイドホルモンは骨破壊を増加、血中にカルシウムとリンが溶け出し、尿中に過剰に排泄され、結石が形成されます。クッシング症候群で。
  2. 原発性副甲状腺機能亢進症による高カルシウム血症

水腎症

水腎症:左腎の腎盂尿管が拡張していて、左尿管の狭窄・閉塞の可能性があります。

 内分泌的には、

  1.  内分泌尿路結石がつまった可能性
  2. IgG4関連疾患の後腹膜線維症で尿管が癒着

 非内分泌的には、

  1. 尿管腫瘍
  2. 膀胱腫瘍による尿管開口部の閉塞
  3. 子宮・大腸癌などによる外部からの圧迫

が考えられます。

腹部エコー0

多発性嚢胞腎

成人型の常染色体優性多発性嚢胞腎の遺伝子と蛋白は、PHD1 Polycystin 1、PKD2 Polycystin 2です。MRアンギオグラフィーで10%に頭蓋内動脈瘤を認めます。

前立腺肥大

前立腺肥大症の内分泌治療薬:アボルブ(デュタステリド)

前立腺肥大は男性ホルモンが原因です。男性ホルモンのテストステロンは5α-還元酵素によって強力な男性ホルモン:ジヒドロテストステロンへ変換されます。アボルブ(デュタステリド)は5α-還元酵素を阻害し前立腺肥大を抑えます。

副作用は、男性ホルモンを弱めるため、勃起不全や性欲減退、女性化乳房、乳房痛などがおこります。

アボルブ(デュタステリド)のAGA男性型脱毛に対する臨床効果はプロペシアより強力と報告されています。[J Am Acad Dermatol. 2010 Aug;63(2):252-8.]

過活動性膀胱

腹部エコー0

子宮の圧迫による過活動性膀胱。膀胱が十分膨らまず、頻尿になります。

腎エコー、腎血管抵抗 (RI:レジスティブインデックス)

卵巣嚢腫

卵巣のう腫 超音波(エコ-)画像

卵巣嚢腫 超音波(エコ-)画像

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら