検索

前立腺と甲状腺・副甲状腺(前立腺肥大・前立腺がん)[日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門内分泌代謝長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科(第二内科)で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会で入手した知見です。

前立腺と甲状腺・副甲状腺(前立腺肥大・前立腺がん)

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。前立腺の診療は、行っておりません。

Summary

前立腺肥大の治療薬アボルブ®(デュタステリド)はAGA男性型脱毛にも有効。前立腺癌細胞は甲状腺ホルモンのトリヨードサイロニン(T3)受容体を持つため甲状腺機能亢進症は危険因子、甲状腺機能低下症はリスク低下。前立腺癌なくても副甲状腺ホルモン(PTH)でPSA(前立腺特異抗原)上昇。副甲状腺ホルモン(PTH)で前立腺癌が増殖、前立腺癌の骨転移は骨形成性で、血中カルシウムイオンが骨に取り込まれ、代償的に副甲状腺ホルモン(PTH)血中レベル上昇し悪循環。副甲状腺ホルモン関連ペプチド(PTHrp)は前立腺癌の自己増殖、骨転移に関与。

Keywords

甲状腺,前立腺,前立腺肥大,前立腺癌,副甲状腺,甲状腺機能亢進症,甲状腺機能低下症,骨転移,副甲状腺ホルモン,甲状腺ホルモン

前立腺肥大症と前立腺がん

前立腺がん

前立腺は男性だけの生殖器官ですが、年をとるにつれて肥大します。前立腺肥大症、前立腺がんは 60歳以上で罹患率・死亡率ともに増えていきます。

前立腺がんは、脂肪の多い欧米型の食生活が関与し、遺伝性もあります。

前立腺肥大症と前立腺がんの因果関係は無く、前立腺肥大症から前立腺がんに進むことはありません。しかし、前立腺肥大症と前立腺がんの両方を持っている場合があります。

前立腺がん

前立腺がんの早期は、ほとんど無症状ですが、進行すると

  1. 尿が出にくい(排尿困難)
  2. 血尿

などの症状がみられます。また、骨に転移しやすく(造骨性骨転移)、

  1. がん性疼痛
  2. 局所性骨溶解性高カルシウム(Ca)血症(local osteolytic hypercalcemia: LOH)

を引き起こします。

前立腺がん PSA

前立腺がんは、比較的進行が遅いため、早期発見すれば間に合う場合が多いです。血液検査で簡単に調べられるPSAは、前立腺がんの腫瘍マーカーです。また、PSAは癌を早期発見できる数少ない腫瘍マーカーなので、50歳を過ぎたら、定期的に検査を受けてください。

前立腺肥大症の内分泌治療薬:アボルブ®(デュタステリド)

前立腺肥大症 超音波(エコー)画像
正常前立腺 超音波(エコー)画像

前立腺肥大は男性ホルモンが原因です。男性ホルモンのテストステロンは5α-還元酵素によって、より強力な男性ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されます。アボルブ®(デュタステリド)は5α-還元酵素を阻害し前立腺肥大を抑えます。

副作用は、男性ホルモンを弱めるため、勃起不全や性欲減退、女性化乳房、乳房痛、精子数減少、男性更年期障害などがおこります。

アボルブ®(デュタステリド)は前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA値に影響を与えます。一般に、PSA値が基準値(4.0ng/mL)以上の場合、前立腺がんを疑い、前立腺生検を行う必要があります。アボルブ®(デュタステリド)を6カ月投与するとPSA値が約50%減少するため、測定値の2倍が本当の値になります。

男性型脱毛症(AGA)と前立腺

男性型脱毛症(AGA)は前立腺がん・前立腺肥大症(BPH)との関連が報告されています(Urol Oncol 2018 Feb;36(2):80.e7-80.e15.)。(男性型脱毛症(AGA)

また、ジヒドロテストステロン(DHT)は、AGA(男性型脱毛症)の原因でもあるため、前立腺肥大症治療薬アボルブ®(デュタステリド)はザガーロカプセル®と言う名前でAGA(男性型脱毛症)の治療にも使用されます。そして、その臨床効果はプロペシアより強力と報告されています。[J Am Acad Dermatol. 2010 Aug;63(2):252-8.]

男性型脱毛症(AGA)

前立腺肥大症の治療薬:ザルティア錠®(タダラフィル)が甲状腺乳頭癌にも有効?

肺高血圧症治療に用いられるPDE5阻害薬のタダラフィルは、尿道・前立腺の平滑筋細胞でcGMPを分解するホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害して、平滑筋を弛緩させ前立腺肥大症の排尿障害も改善します。

前立腺肥大症の治療に用いるタダラフィルは、肺高血圧症より遥かに少ない量で、ザルティア錠®が商品名です。

また、タダラフィルは、心血管系に保護的に働き、心血管障害を予防する効果が期待されています(Pharmacol Ther. 2015 Mar;147:12-21.)。

甲状腺乳頭癌細胞では、PDE5を発現していて、PDE5阻害薬(シルデナフィル、タダラフィル)は甲状腺乳頭癌細胞の増殖と遊走(マイグレーション)を抑制します(Endocrine. 2015 Nov;50(2):434-41.)(Nanomaterials (Basel). 2016 May 18;6(5):92.)。

前立腺肥大症で急に尿が出なくなる急性尿閉

前立腺肥大症で、肥大した前立腺が尿道を圧迫、完全に尿の流れをせき止めると、急に尿が出なくなり、膀胱に尿が溜まって下腹部が張ってきます(急性尿閉)。

前立腺肥大症で急性尿閉をきたす原因とは

  1. 多量の飲酒
  2. 排尿障害を起こす薬物(抗コリン剤);市販の風邪薬、抗うつ薬、精神安定剤
  3. 長時間の坐位

などです。老人の旅行などで急性尿閉をおこす例がよくあります。

前立腺と甲状腺ホルモン

前立腺疾患と甲状腺機能の関係は、

  1. 低悪性前立腺癌および前立腺肥大症(BPH)の男性は血中TSHが高い(BJU Int. 2005 Aug;96(3):328-9.)
  2. 甲状腺機能亢進症は肺癌・前立腺癌の危険因子だが、甲状腺機能低下症は無関係。(Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2009 Feb;18(2):570-4.)
  3. あくまで喫煙者に限定されるが、甲状腺機能低下症の男性は、前立腺癌のリスクが低下する。(PLoS One. 2012;7(10):e47730.)

1.の理由は不明だが、2.3. を説明する理由として前立腺癌細胞は、甲状腺ホルモンのトリヨードサイロニン(T3)受容体を持ち、甲状腺ホルモンにより増殖します(J Androl. 2005 May-Jun; 26(3):422-8.)

PSA(前立腺特異抗原)と甲状腺

PSA(前立腺特異抗原)測定は、前立腺癌のスクリーニング検査として有用です。甲状腺組織でPSAのRNAが発現していますが、それ以上の事はわかっていません。(Clin Chim Acta. 2000 Oct;300(1-2):171-80.)

前立腺癌なくても副甲状腺ホルモン(PTH)でPSA(前立腺特異抗原)上昇

PSA(前立腺特異抗原)測定は、前立腺癌のスクリーニング検査として有用です。前立腺癌が無くても副甲状腺ホルモン(PTH)の影響でPSA上昇する場合があります。血液中の副甲状腺ホルモン(PTH)値と血清カルシウム(Ca)濃度が高いほど、PSA値が高くなります。

副甲状腺ホルモン(PTH)が正常範囲高値の男性は、正常範囲低値の男性より、PSA値が43%高くなります。

正常な前立腺細胞も副甲状腺ホルモン(PTH)の刺激で増殖する、増殖しないまでも細胞機能が活性化される可能性があります。(Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2009 Nov;18(11):2869-73.)

副甲状腺ホルモン(PTH)で前立腺癌が増殖

副甲状腺ホルモン(PTH)が前立腺癌細胞の増殖を促進させます(Prostate. 1997 Feb 15;30(3):183-7.)。

前立腺癌の骨転移は骨形成性で、血中のカルシウムイオンが骨に取り込まれるため、代償的に副甲状腺ホルモン(PTH)の血中レベルは上昇します(2次性副甲状腺機能亢進症)(Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2008 Mar;17(3):478-83.)。一方、副甲状腺ホルモン(PTH)が前立腺癌細胞の増殖を促進させ、悪循環(負のスパイラル)になります。

副甲状腺ホルモン関連ペプチド(PTHrp)は前立腺癌の自己増殖、骨転移に関与

副甲状腺ホルモン関連ペプチド(PTHrp)は、腫瘍随伴体液性高カルシウム血症(HHM)局所性骨溶解性高カルシウム血症の原因であり、かつ乳癌・前立腺癌の自己増殖、骨転移に関与する調節タンパク質でもあります。(J Pathol. 1997;183:212–217.)(Br Med J. 1991;303:1506–1509.)(Cancer Res. 1991;51:3059–3061.)

男性ホルモン合成阻害薬、前立腺がん治療薬のアビラテロン(ザイティガ®)

前立腺がんは、男性ホルモンに刺激され増殖します。転移・浸潤している進行性前立腺がんには、男性ホルモンを除去する去勢術、

  1. GnRHアゴニスト/アンタゴニスト注射薬
  2. 外科的精巣摘除術(睾丸切除)

が行われます。しかし、完全に男性ホルモンを除去できないため、従来は男性ホルモン受容体をブロックする薬(抗アンドロゲン薬)フルタミド(オダイン®)、ビカルタミド(カソデックス®)、エンザルタミド(イクスタンジ®)を併用していました。最近、男性ホルモン合成阻害薬が開発されました。

前立腺がん治療薬のアビラテロン(ザイティガ®)は、精巣/副腎/前立腺がん組織内の男性ホルモン合成酵素[CYP17(cytochrome P450 17α-hydroxylase/17,20-lyase)]を強力に阻害することで、骨転移や他臓器転移のあるハイリスクな

  1. 去勢抵抗性前立腺がん(抗アンドロゲン薬に反応しない前立腺癌)
  2. 未治療の前立腺がん

に治療効果があります。

しかし、強力過ぎて他のホルモン合成も阻害するため、副腎皮質機能低下症副腎クリーゼ(急性副腎不全)を防ぐのにプレドニゾロンとの併用が必要。具体的には、

アビラテロン(ザイティガ®)1000mgを1日1回空腹時+プレドニゾロン5mgを1日2回食後に服用

アビラテロン(ザイティガ®)の副作用は、併用するプレドニゾロンの副作用(医原性クッシング症候群)もプラスされ、

  1. 高血圧、めまい、ほてり
  2. 心不全、不整脈
  3. 胃腸障害(吐き気、便秘、下痢)
  4. 低カリウム血症、横紋筋融解症
  5. 高脂血症
  6. 肝障害
  7. 血小板減少

アビラテロン(ザイティガ®)と甲状腺

アビラテロン(ザイティガ®)で治療効果のあった前立腺癌患者では、76.1%が甲状腺刺激ホルモン(TSH)の有意な増加を認めました。一方、治療効果がなかった前立腺癌患者では血清TSH値に変化がありませんでした。 

TSH増加で治療効果が予測できる可能性があります。(Anticancer Res. 2014 Jan;34(1):307-11.)

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら