検索

妊娠/授乳関連骨粗しょう症・出産後甲状腺炎と紛らわしい周産期心筋症   [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 超音波(エコー)検査の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

内分泌代謝(副甲状腺・副腎・下垂体)専門の検査/治療/知見 長崎甲状腺クリニック(大阪)

バタフライリボン

甲状腺内分泌代謝の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

Summary

妊娠期(授乳中も)、妊婦も胎児もカルシウムが必要で、不足分は母親の骨から溶け出します。妊娠/授乳関連骨粗しょう症は、自然回復しますが、多発性脊椎圧迫骨折おこす事もあり。出産後甲状腺炎と似た周産期心筋症は心臓の病気のない女性が突然心不全おこし、異型プロラクチンが関与しブロモクリプチンなど抗プロラクチン療法の有効性が報告されます。妊婦の血小板減少の約80%は妊娠性血小板減少症で自然回復。数%は妊娠合併特発性血小板減少性紫斑症(ITP)で、自己免疫性甲状腺疾患 橋本病/バセドウ病に合併。妊娠時、安全に使用できるのは副腎皮質ステロイドと免疫グロブリン製剤です。

Key Words

妊娠授乳関連骨粗しょう症,出産後甲状腺炎,周産期心筋症,心不全,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,甲状腺機能低下症,異型プロラクチン,妊娠性血小板減少症,妊娠合併特発性血小板減少性紫斑症,甲状腺

妊娠/授乳関連骨粗しょう症

妊娠期は、妊婦と胎児の両方のカルシウムが必要となります。胎児に必要なカルシウムは25~30gといわれ、不足分は母親の骨からカルシウムが溶け出します。授乳中も同じです。

ほとんどは、妊娠期にカルシウムの吸収が良くなり、授乳期に一端、骨量は減少しますが、授乳終了後約6ヵ月で元に戻るとされます。

しかし、内科学会近畿地方会では、多発性脊椎圧迫骨折をおこした40歳女性のとんでもない妊娠/授乳関連骨粗しょう症が報告されており、一般的に言われている事は嘘っぱちのようです。(第207回近畿地方会:P122,多発性脊椎圧迫骨折を伴った妊娠および授乳関連骨粗鬆症の1例)

出産後甲状腺炎と紛らわしい周産期心筋症

出産後甲状腺炎と紛らわしい周産期心筋症は、出産後に心不全をおこし、甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症による心不全(甲状腺心臓,サイロイドハート)との鑑別診断が必要です。

周産期(産褥)心筋症は、日本では2万分娩に1人の稀な病気です。周産期(産褥)心筋症は、心臓の病気のない女性が、妊娠から出産後に突然心不全をおこし、心エコーすると拡張型心筋症に似た心拡大と心収縮力低下を認める病気です。周産期心筋症は、母体死亡にもつながる危険な病気です。 

周産期心筋症の治療は、一般的な心不全と同じです。また、2007年、異型プロラクチンが発症に関与しているとの報告が出され、ブロモクリプチンなど抗プロラクチン療法の有効性が報告されています。(Am J Cardiol 2007;100:302-304.)

妊娠性血小板減少症と妊娠合併特発性血小板減少性紫斑症(ITP)

妊娠性血小板減少症

妊婦の5-12%は血小板数15万/μL未満の血小板減少を来します。その70-80%は妊娠性血小板減少症

  1. 妊娠中期から後期にかけて起こることが多く、機序不明
  2. 血小板数7-15万/μL未満の中等度の血小板減少
  3. 無症状で分娩後自然回復

妊娠合併特発性血小板減少性紫斑症(ITP)

妊婦の血小板数15万/μL未満の血小板減少の1-4%は妊娠合併特発性血小板減少性紫斑症(ITP)です。自己免疫性甲状腺疾患 橋本病/バセドウ病では特発性血小板減少性紫斑症(ITP)を合併し、特発性血小板減少性紫斑症(ITP)の10%が甲状腺機能亢進症/バセドウ病にいずれ移行する報告もあります。

妊娠中の血小板数3万/μL以上、分娩時は5万/μL以上を維持せねばなりません。

妊娠時、安全に使用できるのは副腎皮質ステロイドと免疫グロブリン製剤のみで、緊急性が無ければプレドニゾロン10-20mg/日で内服開始し、血小板数を見ながら用量調節します。

副腎皮質ステロイド無効または禁忌の場合、緊急時は免疫グロブリン大量療法行います。血小板数は投与後1週間で最大値となり、2-3週間で元に戻ります。(Blood 121:38-47,2013)

特発性血小板減少性紫斑症(ITP)は、ピロリ菌除菌で40%が改善するとされますが、除菌薬の妊娠時における安全性は確立されていないため、出産後に行います。

特発性血小板減少性紫斑症(ITP)の詳細は、 特発性血小板減少性紫斑症(ITP)と甲状腺  を御覧ください。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら