検索

命の危険:無顆粒球症  [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

無顆粒球症を早期発見するための定期採血

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

既に無顆粒球症を起こした方は、すぐに救急外来と入院設備のある病院を受診ください。1日遅れると手遅れになります。

Summary

日本全国でメルカゾール無顆粒球の死亡が年間数人。甲状腺機能亢進症/バセドウ病の抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)の重篤な副作用。無顆粒球症は好中球という白血球が激減(500以下)し免疫不全に。服薬後2-3か月以内で起こる事が多く(2ヶ月以内が80%、3ヶ月以内に86%)、2か月間(できれば3か月間)は2週間に一度白血球数を調べる必要ある。症状は38℃以上の高熱、のどの痛み、口腔・咽頭の壊死性潰瘍(膿が付く)で、急性扁桃腺炎・インフルエンザとほぼ同じ。すぐに1次救急(救急外来・休日夜間外来)を受診し白血球・好中球を測定、すぐに治療すれば救命できる。

Keywords

無顆粒球症,好中球,白血球,甲状腺,メルカゾール,プロパジール,チウラジール,副作用,甲状腺機能亢進症,バセドウ病

一般の人は「甲状腺の薬で死ぬ事は少ない」と考えている方が多いです。しかし、甲状腺の薬の副作用をナメテ掛かると大変なことになる可能性あります。

無顆粒球症

日本全国でメルカゾール無顆粒球症による死亡が2012年で3人、2013年で1人報告されています。

無顆粒球症とは? いつおこるの?

甲Joう君 掲示2

無顆粒球症(好中球という白血球が激減し免疫不全におちいる状態抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)の副作用で最も恐ろしいものの一つが無顆粒球症です。

  1. 服薬後2-3か月以内で起こる事が多く(2ヶ月以内が80%、3ヶ月以内に86%)、2か月間(できれば3か月間)は2週間に一度白血球数を調べる必要があります。
     
  2. また、抗甲状腺薬を飲んだり飲まなかったりの不規則な服薬を行うと、服薬開始後十年以上して無顆粒球症になる場合があります。
     
  3. さらに、甲状腺機能亢進症/バセドウ病が一度寛解して抗甲状腺薬を中止し、あるいは寛解していないのに自己中断し、その後、甲状腺機能亢進症/バセドウ病再発により抗甲状腺薬を再投与した時にも無顆粒球症おこることがあります
    正確な機序は不明ですが、1回目の投与で感作が成立し、2回目で反応が起こる、アレルギーと同じ機序が考えられています(前項の飲んだり、飲まなかったりでも同じと考えられます)。
     
  4. 抗甲状腺薬をきちんと飲んでいても、甲状腺機能亢進症/バセドウ病が再発してしまい、抗甲状腺薬を増量した場合も無顆粒球症おこる事があります。

3. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病の再発により抗甲状腺薬を再投与した時

甲状腺機能亢進症/バセドウ病が一度寛解して抗甲状腺薬を中止し、あるいは寛解していないのに自己中断し、その後、甲状腺機能亢進症/バセドウ病再発により抗甲状腺薬を再投与した時にも無顆粒球症おこることがあります。抗甲状腺薬を再投与する際は無顆粒球症に十分な注意が必要。(第56回 日本甲状腺学会 P1-091 チアマゾール再投与により無顆粒球症を発症した一例)

4. 抗甲状腺薬をきちんと飲んでいても、甲状腺機能亢進症/バセドウ病再発のため、抗甲状腺薬を増量した場合

抗甲状腺薬をきちんと飲んでいても、甲状腺機能亢進症/バセドウ病再発のため、抗甲状腺薬を増量した場合に無顆粒球症起こす事あります。

例えば、維持量が5mg(1錠)あるいは2.5mg(0.5錠)のメルカゾールを、30mg(6錠)あるいは20mg(4錠)に増量して、2か月以内に無顆粒球症がおこった。(第58回 日本甲状腺学会 P1-10-2 当院で経験した抗甲状腺薬による無顆粒球症の臨床的検討)

奈良県立医科大学の報告は、23 歳女性、13 歳から10年間メルカゾール服薬、最終維持量は2.5mg(0.5錠)/日で安定するも再発し20mg/日(4錠)に増量。5 か月後に無顆粒球症起こしたとの事です。(第57回 日本甲状腺学会 P1-035 チアマゾール投与10 年後に無顆粒球症をきたしたバセドウ病の1 例)

済生会宇都宮病院の報告では、メルカゾール開始6年後、6錠(30mg)から7錠(35mg)に増量しただけで無顆粒球症を発症したそうです。 (第60回 日本甲状腺学会 P1-4-3 MMI開始後6年後に顆粒球減少症を発症、MMI中止後再度顆粒 球減少を示した1症例)

筆者の経験では、難治性の甲状腺機能亢進症/バセドウ病でメルカゾール12錠(60mg)、もう一人は10錠(50mg)投与した時に起こりました。いずれも、メルカゾール6錠(30mg)で甲状腺機能正常化せず、約3カ月後の甲状腺全摘手術に向け、メルカゾールを増量した後に無顆粒球症になりました。日本で、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の手術待ちは、平均3カ月程とされます。無顆粒球症おこす前に、さっさと手術してくれれば良いのですが、外科医不足、中でも内分泌外科医、甲状腺外科医、頭頚部外科医は特に少ないのが根本にあるようです。

無顆粒球症の原因

無顆粒球症がおこる原因は、いまだ不明です。有力な説は、

  1. 骨髄毒性
  2. 好中球のDNA合成阻害
  3. リンパ球を介して、好中球に対する自己免疫説
  4. 抗原抗体反応による好中球の障害

などですが、特異的なHLA-DRB1*08:03:02遺伝子に起こり易いとの報告もあります(Ann Intern Med 1996;124:490-494.)。

無顆粒球症の症状

無顆粒球症では、血液中の好中球が著減(500以下)もしくは消失し、

  1. 38℃以上の高熱(熱発せず、好中球減少のみが定期採血で見つかることあり)
  2. のどの痛み;口腔・咽頭の壊死性潰瘍(膿が付きまくります)

と、症状自体は急性扁桃腺炎・インフルエンザとほぼ同じです。しかし、好中球がそこまで低下しない時期に抗甲状腺薬を中止すれば軽症で済みます。

38℃以上に熱発したら、まず1次救急(救急外来・休日夜間外来)を受診して白血球・好中球を測定してください。その上で、救急病院が提携する高次機能病院へ転送(転院)してもらうのがベストです。

※必ずしも、のどの痛み;口腔・咽頭の壊死性潰瘍を伴わない事あります。
※一日遅れで白血球・好中球減少する事あります。
※熱発だけの場合、無顆粒球症でなく肝障害の事があります。

無顆粒球症を早期発見するための定期採血

抗甲状腺薬の内服開始後、最初の2か月(出来れば3か月)は2週間毎に、白血球数をチェックします。

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、肝障害も同時にチェックします。

無顆粒球症を早期発見するための定期採血
メルカゾール緊急カード

もし無顆粒球症が疑われる高熱と強いのどの痛みが夜間・休日・出張先でおきたら、このカードを救急病院で提示して、まず白血球を測ってください。[残念ながらPTU(プロパジール、チウラジール)で、このカードはありません]

それでも予測困難な無顆粒球症

伊藤病院の報告によると、無顆粒球症が発症した23例の内、発症前2週間以内の顆粒球数が1000/μl以上であった症例は21 例 (91%) (中央値1898 (818-4118)/μl)でした。

無顆粒球症を発症した症例では、2週間以内の顆粒球数はほとんどの症例で正常であり、2週間毎の採血による無顆粒球症の予測は困難であると言えます。ただし、9%は予測可能であったため、全く無駄とも言えないようです。

(第55回 日本甲状腺学会 P2-06-04 バセドウ病の抗甲状腺薬による無顆粒球症の発症は2 週間毎の顆粒球検査では予測困難である)

無顆粒球症緑膿菌感染

無顆粒球症では緑膿菌による敗血症を合併しやすく、

  1. 広域抗生物質[カルバペネム(メロペネム:MEPM)単独でも緑膿菌に効果]と緑膿菌含むグラム陰性桿菌感染を考慮したアミノグリコシドの併用[カルバペネム耐性腸内細菌が出現しておりチゲサイクリンなどが適用]
  2. CEPM(第4世代セフェム:セフェピム)
  3. TAZ/PIPC(β‐ラクタマーゼ阻害剤配合タゾバクタム・ピペラシリン)

に免疫グロブリン製剤,G-CSF(顆粒球コロニー形成刺激因子)を経静脈的に投与し、敗血症等の重症感染症を防ぐ必要があります。陽圧換気個室での管理が好ましいです。

緑膿菌による壊疽性膿皮症

また時に緑膿菌による壊疽性膿皮症をおこすこともあります。

無顆粒球症時の抗生剤投与

無顆粒球症時の抗生剤は、上記の緑膿菌を前提とした抗生剤に加えて、抗真菌剤フコナゾールも同時に投与します。また、当然、下記のG-CSF(顆粒球コロニー形成刺激因子)製剤も好中球が増えるまで投与します。

具体例として、メロペネム0.5g×2、硫酸イセパマイシン400 mg(施設により異なります)。消化管殺菌のため硫酸ポリミキシンB 300 万IU、フルコナゾール100 mg の内服。発熱持続していれば、クリンダマイシン600 mg×2 も併用。白血球数2,700/μL、好中球36%に回復し、投与していた抗生剤を中止してレボフロキサシン300 mgに変更。(厚生労働省;重篤副作用疾患別対応マニュアル 無顆粒球症)

フルコナゾールの最大の弱点は、アルぺルギルス属に全く効かない事です。ミカファンギン(ファンガード®)はカンジダ症だけでなくアスペルギルス症にも有効で、真菌の細胞壁のβ1,3-グルカンの生成を阻害します。施設によっては、フルコナゾールでなくミカファンギン(ファンガード®)を使用する所もあります。

メロペネム(メロペネム水和物)は発熱性好中球減少症に適応あり

メロペネム(メロペネム水和物)は無顆粒球症を含む発熱性好中球減少症に保険適応あります。具体的な条件として、

  1. 1回の検温で38℃以上の発熱、又は1時間以上持続する37.5℃以上の発熱
  2. 好中球数が500/mm3未満の場合、又は1000/mm3未満で500/mm3未満に減少することが予測される場合
    (好中球数が緊急時等で確認できない場合、白血球数の半数を好中球数として推定する事が許容されています。)

を満たせばよいので、無顆粒球症ではためらいなく使用できます。また、投与前に血液培養等を実施することも条件に入っています。

メロペネムの使用量は、

  1. 成人の一般感染症では1日0.5g(1バイアル)〜1g(力価)を2〜3回に分割
  2. 成人の発熱性好中球減少症では1日3gを3回に分割
です。

G-CSF(顆粒球コロニー形成刺激因子)製剤と甲状腺

無顆粒球症のG-CSF(顆粒球コロニー形成刺激因子)製剤投与は再生不良性貧血に準じて行います。顆粒球回復までの平均期間は5日ほど(5-9日)で、無顆粒球症発症時の単球数が多いほど回復が早いとされます。大抵は血液中の好中球数が7日以降に、1000/μlを超えます。[Am J Med., 112:460 (2002)][Ann Hematol.,66:241 (1993)]

具体例として、G-CSF 100 μg 皮下注(ノイトロジン®等)を連日行います(施設により異なります)。筆者の経験では、G-CSF 50 μg または75μg 皮下注では弱いため、100 μg 皮下注の方が良いと思います。血液中の好中球数が1000/μlを超えれば回復とみなします。(厚生労働省;重篤副作用疾患別対応マニュアル 無顆粒球症)

参考までに以下は、甲状腺の病気でG-CSF(顆粒球コロニー形成刺激因子)製剤を使用する基準です

  1. 悪性リンパ腫(甲状腺原発悪性リンパ腫)など造血幹細胞の末梢血中への動員⇒造血幹細胞移植時の好中球数の増加促進
  2. 悪性リンパ腫(甲状腺原発悪性リンパ腫)、小細胞肺癌:がん化学療法剤投与終了後、翌日以降から
  3. 甲状腺未分化癌の抗癌剤治療では好中球数1,000/mm3未満で発熱(38℃以上)あるいは好中球数500/mm3未満が観察された時点から
  4. 再生不良性貧血(下記)/骨髄異形成症候群(MDS)に伴う好中球減少症:好中球数1,000/mm3未満

G-CSF製剤に重大副作用

以下の遺伝子組換え顆粒球コロニー形成刺激因子製剤(G-CSF 製剤)の 

  1. ペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ皮下注 3.6mg);持続型G-CSF製剤
  2. フィルグラスチム(商品名:グラン注射液他、後発品も)
  3. レノグラスチム(同:ノイトロジン注)

は、大型血管炎(大動脈、総頸動脈、鎖骨下動脈等の炎症)の副作用が報告されています。バセドウ病に合併する大動脈炎症候群(高安病)と画像上、似ており、鑑別要。基本的にG-CSF製剤の使用を終了すれば、自然に軽快します。

ヨードアレルギーのあるバセドウ病患者で無顆粒球症が起きたら

ヨードアレルギーのあるバセドウ病患者で無顆粒球症が起きたら、当然、(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)は二度と使えず、頼みの綱であるヨウ素剤[ヨウ化カリウム(KI)]も使用できません。免疫が低下した状態では、免疫抑制する副腎皮質ステロイド剤も使用不能。甲状腺ホルモンを下げる代用手段は、せいぜい、リチウム剤程度になり甲状腺機能亢進症/バセドウ病をコントロールできません。甲状腺ホルモンが高いままの高リスクな状態で、甲状腺全摘術をせざる得ません。

信州大学の報告では、無顆粒球症を発症し、無機ヨウ素剤[ヨウ化カリウム(KI)]が使えず、短時間で治療方針の決断を迫られたものの、入院後2日目に甲状腺機能が正常化していたため、機を逃さず3日目に甲状腺全摘術を施行したとの事です。すばらしい判断と甲状腺外科との見事な連携を称賛したいと思います。(第59回 日本甲状腺学会 P1-2-7 チアマゾールによる無顆粒球症を発症したヨードアレルギーのあるバセドウ病患者の1 例)

無顆粒球症から回復後、再度無顆粒球症に

無顆粒球症おこり、G-CSF 75μg/日で5日間投与、6日後、好中球数5135/μLに改善。ヨウ化カリウム(KI)50mg/日を継続し2週間後2167/μL→4週間後390/μLに減少。再度G-CSF 75 μg/日で開始、2日後、好中球数1977/μLに改善したそうです。(第60回 日本甲状腺学会 P1-4-3 MMI開始後6年後に顆粒球減少症を発症、MMI中止後再度顆粒 球減少を示した1症例)

これでは、一端、無顆粒球症から回復しても油断できません。原因として、ヨウ化カリウム(KI)50mg/日で甲状腺機能亢進症を抑え切れなかった事と発表者は考察しています。確かにそれ以外、考え難いです。

早急に、甲状腺全摘出手術、131-Iアイソトープ治療していただくのがベストなのですが、内分泌外科医、甲状腺外科医、頭頚部外科医の不足、アイソトープ治療施設の不足が如何ともし難い問題です。

再生不良性貧血

甲状腺と再生不良性貧血 を御覧ください。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら