検索

甲状腺と骨粗しょう症治療薬[日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺機能低下症 甲状腺エコー検査 長崎甲状腺クリニック大阪]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌病態内科学(内分泌骨リウマチ科)で得た知識・経験・行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)以外の写真・図表はPubMed等で学術目的にて使用可能なもの、public health目的で官公庁・非営利団体等が公表したものを一部改変しています。引用元に感謝いたします。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

現在、長崎甲状腺クリニック(大阪)では、骨密度測定、骨粗しょう症治療は行っておりません。

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ 甲Joう君 「世界骨粗鬆症デー」

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ Jo

動脈硬化した血管に甲状腺が! バセドウ病甲状腺がモデル)

Summary

長崎甲状腺クリニック大阪では甲状腺切除手術後の副甲状腺機能低下症甲状腺機能亢進症/バセドウ病の骨粗しょう症ビタミンD製アルファカルシドール、カルシトリオールを使用。エディロール®(エルデカルシトール)は従来型ビタミンDより効果高いがビタミンD中毒の危険。ラロキシフェン(エビスタ錠®)やバゼドキシフェン(ビビアント錠®)など選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)は薬剤性甲状腺機能低下症おこす。カルシトニンは甲状腺C細胞で作られるホルモンで骨芽細胞を活性化。ビスフォスフォネート剤の重篤な副作用は顎骨壊死。

Keywords

甲状腺,骨粗しょう症,甲状腺機能低下症,エディロール,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,アルファカルシドール,ビタミンD,SERM,ビスフォスフォネート

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、甲状腺切除手術後の副甲状腺機能低下症にビタミンD製剤アルファカルシドール[ワンアルファ®、アルファロール®;1α(OH)D3]、カルシトリオール(ロカルトロール®;1α,25(OH)2D3]を使用します。

骨粗鬆症の薬物治療開始基準

骨粗鬆症治療の薬物治療開始基準(原発性骨粗しょう症のみに当てはまり、甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症/橋本病甲状腺分化癌乳頭癌濾胞癌)の骨転移・副甲状腺機能亢進症はこの限りではありません)

  1. 大腿骨近位部骨折または椎体骨折の既往
  2. それ以外の骨折の既往があり、骨密度(BMD)が若年成人平均(YAM)の80%未満
  3. 骨密度(BMD)が若年成人平均(YAM)の80%未満で、
    家族に大腿骨近位部骨折の既往があるか
    FRAX(10年間の骨折リスクを評価する質問表)15%以上
  4. 骨密度(BMD)が若年成人平均(YAM)の70%未満

ビタミンD製剤

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、甲状腺絡みの骨粗しょう症、骨軟化症に限りアルファカルシドール(ワンアルファ®、アルファロール®;1α(OH)D3)を投与します。ビタミンD自体は、体内で自然に存在するため、アレルギー反応が起こるはずありませんが、添加物アレルギーによる皮膚炎が、経験上、20人に一人起こります。この様な場合、‎別のビタミンD製剤[1α,25(OH)2D3]カルシトリオール(ロカルトロール®)を使用します。

「エディロール®は単独で腰椎骨密度上昇作用があり、従来型ビタミンDより効果が高い」と言うのが宣伝文句ですが、長崎甲状腺クリニック(大阪)では、エディロール®(エルデカルシトール)を使用しません。

エディロール®(エルデカルシトール)は腸管からのカルシウム吸収が異常に高く、高カルシウム血症→腎機能障害・腎不全(カルシウム利尿による腎血流低下など不可逆的な腎障害が多い)起こし易いからです。血清カルシウム(Ca)値、リン(P)値の上昇に伴いクレアチニン(Cr)値が上昇すれば、すぐにエディロール®(エルデカルシトール)を中止せねばなりません。

よく整形外科で安易に投与され、医原性(医療処置が原因の)ビタミンD中毒を作り出しています(危険)。

ビタミンDの造骨作用

閉経後女性の甲状腺機能亢進症/バセドウ病を治療し、甲状腺ホルモンが正常化しても骨密度は回復しないと言うのが通説でした。しかし、伊藤病院の報告では、閉経後女性も骨密度が改善するとされます。

ただし、血中ビタミンD濃度[25(OH)D3]が低く、副甲状腺ホルモン(PTH)が高い場合、骨密度の改善は悪いそうです。

ビタミンDの骨以外の作用

骨を強くするビタミンDの、骨以外の作用として、

  1. 白血球・赤血球の分化・増殖を抑制
  2. 免疫を抑制:自己免疫疾患では血中ビタミンD濃度が低下が報告されています

大阪大学の岩谷先生のグループは、ビタミンD受容体の遺伝子多型が、バセドウ病の難治性に関係あると報告されています。(第58回 日本甲状腺学会 P1-14-2 ビタミンD関連分子における機能的な遺伝子多型と自己免疫性甲状腺疾患の病態予後との関係)

院長の論文

ラロキシフェン(エビスタ錠®)やバゼドキシフェン(ビビアント錠®) 選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)

ラロキシフェン(エビスタ錠®)やバゼドキシフェン(ビビアント錠®)など選択的エストロゲン受容体モジュレーター(Selective Estrogen Receptor Modulator:SERM)は、閉経後骨粗鬆症に適応のある骨粗しょう症治療薬です(閉経前であれば適応なし)。副作用として、

  1. 薬剤性甲状腺機能低下症
    ①ホルモン結合蛋白増加による遊離型甲状腺ホルモン(FT4,FT3)減少(エストロゲンとエストロゲン誘導体の薬剤性甲状腺機能低下症
    ②チラーヂンS(レボチロキシン)吸収障害;同時に飲むと顕著、服薬時間をずらす(Arch Intern Med. 2003 Jun 9;163(11):1367-70.)
     
  2. 静脈血栓塞栓症(VTE)[深部静脈血栓症(DVT)、肺塞栓症(PE)、網膜静脈血栓症(RVT)]おこすため術前数日前(3日前位)からの休薬必要で、術後回復期は禁忌。
     
  3. 肝障害
     
  4. 高トリグリセリド血症をおこす場合がある
     
  5. 血清カルシウム下がり過ぎて低カルシウム血症

と、女性ホルモン剤エストロゲン)と同じ副作用(1-3)をおこす可能性あり。長崎甲状腺クリニック(大阪)では使用しません。

選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)の良い作用は

  1. 女性ホルモン減少による「閉経後骨粗鬆症」改善
  2. 閉経後高脂血症改善
  3. 乳癌・子宮がん予防作用

ビスフォスフォネート:破骨細胞を抑える薬

ビスフォスフォネート剤は、破骨細胞に抑制を掛け、骨分解を抑える薬です。副作用は

  1. 経口ビスフォスフォネートは胃粘膜障害、逆流性食道炎[服用後30分は横にならない、ボンビバ錠®(イバンドロン酸)のみ服用後60分]
  2. ビスフォスフォネート注射は初回に発熱/インフルエンザ様症状(胃粘膜障害、逆流性食道炎、寝たきり、誤嚥性肺炎にも投与可能ですが)

重篤な副作用として

  1. 顎骨壊死(下記)
  2. 逆説的非定形大腿骨折

があります。

抜歯・歯科インプラントなど顎骨に侵襲がおよぶ治療で、顎骨壊死の危険因子

  1. 4年以上にわたるビスフォスフォネート服薬
  2. 歯石、う蝕、歯周病、歯肉炎
  3. 橋本病(慢性甲状腺炎)合併潜在性シェーグレン症候群の口内乾燥など口腔内雑菌の繁殖
  4. 糖尿病口内症など口腔内雑菌の繁殖、感染症(糖尿病と歯周病
  5. 喫煙、飲酒
  6. 肥満
  7. 癌化学療法、ステロイド内服

がある方は、少なくとも3か月前(顎骨壊死検討委員会ポジションペーパー2016では2カ月前後)からビスフォスフォネート内服を中止

抜歯・歯科インプラント治療後は、術創部がほぼ治癒する2週間後、感染が併発していないのを確認し、ビスフォスフォネート投与を再開します。

顎骨壊死の危険因子

院長の論文

カルシトニン(骨粗しょう症の治療薬として)

カルシトニンは甲状腺C細胞で作られるホルモンで、骨を壊す破骨細胞を抑え、骨を造る骨芽細胞を活性化。保険適応で骨粗しょう症治療に週1回注射します。また、痛みを和らげる作用、血流を良くする作用もあり、甲状腺機能亢進症/バセドウ病性骨粗しょう症糖尿病性骨粗しょう症の腰痛、神経痛に有効です。

カルシトニンは直接的に、または神経伝達物質を介して間接的に、視床下部・下垂体に作用し、血漿β-エンドルフィンレベルを増加させ、痛みを和らげます。痛みが軽減すると、その部位の血流が増加します。(Biomed Pharmacother. 1993;47(8):305-9.)

院長の論文

(Nihon Rinsho) カルシトニン、プロカルシトニンの総説

甲状腺関連の上記以外の検査・治療     長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら