検索

甲状腺と大腸がん、結腸がん、直腸がん、甲状腺転移[日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波検査 長崎甲状腺クリニック大阪]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。小腸・大腸の病気の診療は行っておりません。

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 大学院医学研究科 代謝内分泌病態内科学で得た知識・経験・行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)以外の写真・図表はPubMed等で学術目的にて使用可能なもの、public health目的で官公庁・非営利団体等が公表したものを一部改変しています。引用元に感謝いたします。

CTコロノグラム

甲状腺編 では収録しきれない専門の検査/治療です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  をクリックください

大腸がんは症状が無いため、定期検診しか早期発見の方法がありません。大腸がんの早期発見には、3年に一度の大腸内視鏡検査が必要とされます。

Summary

クロンカイト・カナダ症候群(Cronkhite Canada症候群)で甲状腺機能低下症に。治癒切除不可能な進行・再発の大腸がんにベバシズマブ(アバスチン®)投与し甲状腺機能低下症副甲状腺機能低下症に。抗癌剤5-フルオロウラシル(5-FU)は血中サイロキシン結合蛋白(TBG)を増加させ遊離型サイロキシン(FT4)が減少(5-フルオロウラシル誘発性甲状腺機能低下症)。大腸癌(直腸がん・結腸がん)甲状腺転移は稀で、エコー上、境界明瞭な低エコー領域で腺腫様甲状腺腫良性濾胞腺腫、悪性の甲状腺濾胞癌と見分けが付かず。ほとんどが大腸がん肺転移も合併。直腸瘤で便秘。

Keywords

甲状腺機能低下症,転移性甲状腺癌,5-フルオロウラシル,甲状腺転移,甲状腺機能亢進症,直腸がん,ベバシズマブ,クロンカイト・カナダ症候群,大腸癌,結腸がん

クロンカイト・カナダ症候群(Cronkhite Canada症候群)で甲状腺機能低下症

クロンカイト・カナダ症候群(Cronkhite Canada症候群)で甲状腺機能低下症を来した症例が報告されています。

クロンカイト・カナダ症候群は、非遺伝性の胃・大腸ポリポーシスです。胃・大腸から蛋白漏出・下痢・消化吸収不良が続き、栄養障害・味覚異常・脱毛・爪甲萎縮・皮膚色素沈着がみられ、あたかも副腎皮質機能低下症亜鉛欠乏症のようです。また、高率に胃癌・大腸癌を合併します。

甲状腺機能低下症を合併した症例では、Alb 2.0g/dlの低アルブミン血症、FT3 1.6pg/ml、FT4 0.3ng/dl、TSH>100 μIU/mlと重度の甲状腺機能低下症だったが、TRAb<0.3IU/l、抗TPO抗体抗Tg抗体は正常、甲状腺超音波(エコー)検査でも甲状腺サイズに異常なかったとの事です。

最終的には、低アルブミン血症の軽快と共に甲状腺機能も正常化したため、甲状腺ホルモンの原料であるヨウ素(ヨード)の吸収障害が原因だった可能性が考えられたそうです。しかし、筆者は亜鉛(Zn)欠乏性甲状腺機能低下症の可能性も考えます(第55回 日本甲状腺学会 P2-02-09 甲状腺機能低下症を認めたCronkhite-canada 症候群の一例)

[N Engl J Med. 2012 Feb 2;366(5):463-8.]にも同様の報告があります。甲状腺機能亢進症甲状腺切除後低下症が、クロンカイト・カナダ症候群の合併で増悪。

クロンカイト・カナダ症候群

[Am J Case Rep. 2013 Apr 26;14:120-8.]

ベバシズマブ(アバスチン®)で甲状腺機能低下症

大腸がん

癒切除が不可能な進行・再発の大腸がんに保険適応があるベバシズマブ(アバスチン®)は、VEGF(血管内皮増殖因子)抗体です。

大腸がんはVEGFを分泌し、自身に栄養を供給するための血管を新しく作ります。ベバシズマブ(アバスチン®)は、VEGFを阻害し大腸がんが増える速度を遅らせます。

VEGF 受容体シグナル(刺激)伝達を阻害するチロシンキナーゼ阻害薬(スニチニブ、アキシチニブ、ソラフェニブ)が甲状腺機能異常を高頻度に生じることが知られています。しかし、VEGF 抗体で甲状腺機能異常が生じるか不明でしたが、福岡徳洲会病院の報告では、ベバシズマブ(アバスチン®)投与(mFOLFOX+BV)で甲状腺機能低下症副甲状腺機能低下症が生じたそうです。(第56回日本甲状腺学会 P2-080 bevacizumab 投与により、甲状腺機能低下ならびに副甲状腺機能低下症を来たした一例)

海外では、転移性大腸がんにベバシズマブとリニファニブを比較投与した結果、甲状腺機能低下症の有害事象はリニファニブの方が多かったそうです。[Clin Colorectal Cancer. 2014 Sep;13(3):156-163.e2.]

ベバシズマブによる甲状腺障害 投与前 超音波(エコー)画像

ベバシズマブによる甲状腺障害 投与直前 超音波(エコー)画像;元々、甲状腺機能正常橋本病があって内部は低エコー、不均一

ベバシズマブによる甲状腺障害 超音波(エコー)画像

ベバシズマブ投与後1年の甲状腺障害 超音波(エコー)画像;右葉(サークル内)は、ベバシズマブ投与前に比べて、更に不均一で石灰化が著明になっている。左葉(⇓)は投与前に比べて腫大し、更に不均一で石灰化が著明に。

5-フルオロウラシル(5-FU)で甲状腺機能低下症

大腸がん(結腸・直腸癌)の化学療法でよく使用されるフルオロピリミジン系抗癌剤5-フルオロウラシル(5-FU)は、甲状腺ホルモンのサイロキシン(T4)と結合する血中サイロキシン結合蛋白(TBG;thyroxinebindingglobulin)のシアル化を促進し、その半減期を延長させるため、血中TBGが増加。そのため、TBGと結合していない遊離型サイロキシン(FT4)が減少し、甲状腺ホルモン作用の低下が起こります(5-フルオロウラシル誘発性甲状腺機能低下症)。T3に対する影響は軽微です。

(Cancer Treat Rep. 1977 Oct;61(7):1291-5.)(Oncol Rep. 2013 Oct;30(4):1802-6.)

大腸がんの甲状腺転移(転移性甲状腺がん)

大腸癌、直腸がんの甲状腺転移は比較的稀。原発巣の内訳は直腸がん(41%)、S状結腸がん(33%)、右結腸がん (19%)、左結腸がん(11%)(Case Rep. Surg. 2013;2013:1–5.)。

大腸癌の甲状腺転移患者の31-50%は無症候性で、甲状腺機能正常がほとんどのため、甲状腺転移の診断が遅れることが多い。もう半数は首の腫れや頸部腫瘤を認めます。重度の甲状腺機能低下症を来した報告もあります。(Ann. Surg. Oncol. 2014;21:434–439.)(Eur. J. Cancer. 2006;42:1756–1759.)(Endocr. J. 2006;53:339–343.)

一般に、大腸癌患者の手術後フォローアップ検査には、頸部の画像診断が含まれていないため、甲状腺転移の診断が遅れます。‎

大腸癌の甲状腺転移は、境界明瞭な低エコー領域であったとの報告あり。
エコー上、腺腫様甲状腺腫良性濾胞腺腫、悪性の甲状腺濾胞癌と見分けが付きません。

大腸癌、直腸がんの甲状腺転移のほとんどが、肺転移も合併しますが、甲状腺転移のみの場合もあります。

大腸癌の甲状腺転移そのものに対する治療は、せいぜい甲状腺機能低下症に対する甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)くらいで、外科的切除は原則ありません。肺転移など他臓器転移との兼ね合いで抗がん剤、分子標的薬の適応には成り得ます。

[甲状腺転移,肺転移にて発見された上行結腸癌の1切除例日臨外会誌71(3),766―770,2010](Int J Surg Case Rep. 2021 Apr;81:105804.)

転移性甲状腺癌(他臓器の癌から甲状腺への転移)

転移性甲状腺癌(大腸癌甲状腺転移)超音波(エコー)画像

転移性甲状腺癌(大腸癌甲状腺転移)超音波(エコー)画像

大腸がん 甲状腺転移 細胞診

大腸がん 甲状腺転移 細胞診(The Bethesda System for Reporting Thyroid Cytopathology)

大腸癌の甲状腺転移 超音波(エコー)画像

甲状腺機能低下症を治療しても便秘が改善しない、直腸瘤

直腸瘤

直腸瘤は女性特有の病気で、手術しない限り治りません。肛門の出口につながる直腸の腹側は、壁1つ隔てて膣です。この壁が弱く、膣側に膨らむとが瘤(コブ)の様になります(直腸瘤)。直腸瘤に便が溜まり、出そうと活きんでも出ず、残便感などの症状が起こります。また、膣が圧迫されるため、違和感があります。

女性に限り甲状腺機能低下症を治療しても便秘が改善しない場合、直腸瘤の可能性があります。(図;Mediumより

胃カメラ・大腸カメラ

かわさき消化器内科クリニック

胃カメラ・大腸カメラは、かわさき消化器内科クリニック(大阪市平野区瓜破)にお願いしています。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療  長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)は

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら