検索

甲状腺と神経線維腫・神経鞘腫(シュワノーマ)[日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医医 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

内分泌代謝(副甲状腺・副腎・下垂体)専門の検査/治療/知見 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺専門内分泌代謝長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会 年次学術集会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)以外の写真・図表はPubMed等で学術目的にて使用可能なもの、public health目的で官公庁・非営利団体等が公表したものを一部改変しています。引用元に感謝いたします。

甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ) 超音波(エコー)画像

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   をクリックください

Summary

甲状腺原発の良性非上皮性腫瘍は非常に稀。甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ)の報告例が複数。超音波(エコー)画像は①充実性、均一エコー型②不均一エコー型③辺縁増強を伴う嚢胞型。穿刺細胞診は紡錘形細胞よりさらに細長い”うなぎ様核(eel-like nuclei)”を持つ細胞。しかし、十分な組織片が得られない事多く、術前診断が付くのは約半数。頚部神経線維腫は迷走神経・交感神経幹・腕神経叢から発生、紡錘形で血流を認ず。多発性内分泌腺腫症2B型(MEN2B)で甲状腺髄様癌、副腎褐色細胞腫合併も。頸部神経鞘腫と甲状腺癌の合併ある。

Keywords

甲状腺,神経鞘腫,シュワノーマ,超音波,エコー,頚部神経線維腫,甲状腺髄様癌,頸部神経鞘腫,甲状腺癌,迷走神経

甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ)

甲状腺原発の良性非上皮性腫瘍(上皮性は良性濾胞腺腫腺腫様甲状腺腫)は非常に稀で、血管系腫瘍、平滑筋腫瘍、神経系腫瘍などが報告されています。

甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ)の報告例が複数あります(Surg Today. 2013 Jan;43(1):106-9.)(J Surg Case Rep. 2014 Sep 23;2014(9). pii: rju094.)

甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ) 超音波(エコー)画像

甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ) 超音波(エコー)画像;充実性、均一エコー型(solid pattern)

甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ) 超音波(エコー)画像

甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ) 超音波(エコー)画像;充実性、均一エコー型(solid pattern)(Mol Clin Oncol. 2016 Feb; 4(2) 209–210.)

甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ) 超音波(エコー)画像

甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ) 超音波(エコー)画像;不均一エコー型(multiple microcystic pattern)(Surg Case Rep. 2014 Sep; 2014(9) rju094.)

甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ) 穿刺細胞診

甲状腺神経鞘腫(シュワノーマ) 穿刺細胞診;紡錘形細胞よりさらに細長い”うなぎ様核(eel-like nuclei)”を持つ細胞です。しかし、十分な組織片が得られない事も多く、術前の診断が付くのは約半数です。

頚部神経線維腫・頚部神経鞘腫(schwannoma)

末梢神経の髄鞘から発生する腫瘍は、神経線維腫(neurofibroma)、神経鞘腫(schwannoma)の2つで病理組織学的に近似します。

頚部神経線維腫

頚部神経線維腫は迷走神経・交感神経幹・腕神経叢から発生し、紡錘形で血流を認めないのが特徴です。

  1. 多発性内分泌腺腫症2B型(MEN2B)の可能性あり、甲状腺髄様癌副腎の褐色細胞腫がないか
  2. von Recklinghausen病の一病変の可能性あり
  3. 中枢神経系腫瘍(視神経膠腫・聴神経腫瘍・髄膜腫)を合併

などを調べる必要あります。

(写真 BMC Neurol. 2017 Feb 6;17(1)26.BMC Neurol. 2017 Feb 6;17(1)26.)

頚部神経線維腫 超音波(エコー)画像 

頚部神経鞘腫(schwannoma)

神経鞘腫は神経鞘中のSchwann細胞から発生する良性腫瘍で、25-50%は頭頸部領域に発症します(Cancer 24 : 355-366, 1969.)。頸部神経鞘腫の34%迷走神経、17%腕神経叢、16%頸神経由来です(頭頸部外科Mook No.2(斎藤等編).122~133頁,金原出版,東京,1986.)。

頸部神経鞘腫の症状は

  1. 無痛性の頸部腫瘤が多い
  2. 発生母体神経に由来する症状(喉頭頸 60:461~467,1988.)
    ①迷走神経発生では腫瘤圧迫により咳漱・嘔気・頻脈などの迷走神経刺激症状、嗄声
    ②腕神経叢発生では上肢への放散痛・圧痛・し びれ感
    ③交感神経発生ではHorner症候群
    多発性の場合、取り残しがあると症状改善しない

頚部神経鞘腫(schwannoma)は硬く、血流に乏しい腫瘤で、発生母体の神経(写真では迷走神経)に連続しています。

  1. 充実性、均一エコー型(solid pattern);エラストグラフィーでは硬い
  2. 不均一エコー型(multiple microcystic pattern)
  3. 辺縁増強を伴う嚢胞型(cystic pattern)

があります(耳鼻34:677 ~683 ,1988.)。

頚部神経鞘腫(schwannoma)

頚部神経鞘腫(schwannoma) (Otolaryngol (Sunnyvale) 2016, Vol 6(2) 229)

頚部神経鞘腫(schwannoma) 超音波(エコー)画像

頚部神経鞘腫(schwannoma) 超音波(エコー)画像 辺縁増強を伴う嚢胞型(cystic pattern)(Clin Exp Otorhinolaryngol)

頚部神経鞘腫(schwannoma)は、穿刺細胞診では、紡錘形細胞よりさらに細長い「うなぎ様核(eel-like nuclei)」を持つ細胞です(Cancer Cytopathol. 2015 Mar;123(3):171-9.)。しかし、十分な組織片が得られない事も多く、術前の診断が付くのは約半数です。組織診ができれば、紡錘形細胞が錯綜する構造で、免疫染色ではS-100陽性です。

神経鞘腫 細胞診

神経鞘腫 細胞診;紡錘形細胞、細長い「うなぎ様核(eel-like nuclei)」(Cancer Cytopathol. 2015 Mar;123(3):171-9.)。

頚部神経鞘腫 組織像

頚部神経鞘腫 組織像;紡錘形細胞が錯綜する構造

頸部神経鞘腫と甲状腺癌の合併

神経線維腫と異なり、神経鞘腫が悪性腫瘍を合併し易い事はありません。しかし、報告例はあります。

  1. 頸部迷走神経鞘腫と同側の甲状腺髄様癌の合併[多発性内分泌腺腫症2B型(MEN2B)かどうか不明](耳喉頭頸60:461~467,1988.)
  2. 頸部神経鞘腫と甲状腺微小癌の合併(耳鼻臨床 補63:37~42,1993.)

などです。

聴神経神経鞘腫

もっとも頻度が高い神経鞘腫(シュワノーマ)は聴神経腫瘍です。聴神経腫瘍の症状は

  1. 耳鳴・聴力低下(蝸牛神経障害)
  2. めまい、ふらつき(上前庭神経、下前庭神経障害)
  3. 顔面神経麻痺

などです。

これらの症状がある場合や、腫瘍が大きく脳を圧迫している場合は

  1. 手術摘出+残存腫瘍にサイバ-ナイフ、ガンマナイフの放射線治療
  2. 放射線治療のみ

聴神経は非常に脆いため、術後の麻痺を考えた上でどちらにするのか決めます。

聴神経鞘腫に次いで多いのが三叉神経鞘腫で、舌下神経鞘腫もある。

聴神経鞘腫
聴神経鞘腫 造影MRI T1画像

聴神経鞘腫 造影MRI T1画像

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)



長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら