検索

ラジオ波焼灼療法(RFA)、iPS細胞、腫瘍抗原ペプチドワクチン療法、甲状腺がん探知犬[橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外(Pub Med)・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会 学術集会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等 をクリックください

2020年の挑戦 甲状腺、未知への挑戦

甲状腺、未知への挑戦

写真はウルトラQ 2020年の挑戦(ケムール人)

Summary

甲状腺腫瘍に対するラジオ波焼灼療法(RFA)は手術不能・適応外の甲状腺微小乳頭癌、甲状腺癌術後再発・リンパ節転移に有用と思います。ES細胞やヒトiPS 細胞から甲状腺濾胞細胞を作る研究がされている。甲状腺がんのras変異部を含むペプチドは腫瘍抗原ペプチドで、腫瘍抗原ペプチドワクチン療法が研究されている。原癌遺伝子rasの変異部を含むペプチド(腫瘍抗原ペプチド)をワクチン的に甲状腺癌患者に投与し、癌細胞に対する免疫力・抵抗力を獲得させる腫瘍抗原ペプチドワクチン療法が研究されている。甲状腺がん探知犬がアメリカで研究発表された。

Keywords

甲状腺腫瘍,ラジオ波焼灼療法,RFA,ES細胞,iPS細胞,甲状腺がん,ras変異,腫瘍抗原ペプチド,ワクチン療法,甲状腺がん探知犬

手術不能・適応外甲状腺腫瘍に対するラジオ波焼灼療法(RFA)

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、ラジオ波焼灼療法(RFA)行う医療機関と提携していません。また紹介状を書くことも致しません。

甲状腺腫瘍に対するラジオ波焼灼療法(RFA)は、昭和大学で2007年より行われている治療です。海外では研究・臨床適応が進んでいるそうです。超音波ガイド下に、皮膚上から電極針を甲状腺腫瘍の中心に到達させ、ラジオ波(電気メスと同じ450キロヘルツの高周波電流)の熱で甲状腺腫瘍を壊死(破壊)させます。

確かに、手術不能・適応外の甲状腺微小乳頭癌甲状腺癌術後再発・リンパ節転移には有用であると筆者も思います。不思議な事に、ほとんど普及していません(昭和大学と、その関連病院くらい?)。機械そのものは、他臓器の癌(肝癌など)に使用するのと同じなので、普及しそうなものですが・・・、保険適応が認められていないため、普及しないのかもしれません。

甲状腺腫瘍が無制御に甲状腺ホルモンを産生する機能性結節に対しても、ラジオ波焼灼療法(RFA)は行われています。
腫瘍が大き過ぎると難しいかもしれませんが、昭和大学の報告では、

  1. 最大腫瘍径は焼灼前平均41.9mmから焼灼後6か月で平均24.5mmに縮小
  2. 11例中、10例が甲状腺機能正常化

手術不能の機能性結節に有用です。

もし機能性甲状腺乳頭癌だった場合、周囲のリンパ節郭清が出来ない難点があります。最初からリンパ節転移の無い、10mm未満の機能性微小甲状腺乳頭癌と判明していれば有用です。
(第56回 日本甲状腺学会 O2-3 甲状腺腫瘍に対するラジオ波焼灼療法(RFA)の臨床的評価)(第62回 日本甲状腺学会 P5-3当科における機能性甲状腺結節に対するラジオ波焼灼療法(RFA)の治療成績)

ラジオ波焼灼療法(RFA)の合併症

ラジオ波焼灼療法(RFA)の合併症は、約3%と言われ

  1. 一過性反回神経麻痺(一時的な声の変化)で、エタノールを注入するPEITと同じ
  2. 気管・食道・反回神経・頸動脈など周囲組織の熱傷
  3. 血腫の形成
  4. 皮膚熱傷
  5. 一過性軽度甲状腺中毒症(約50%);破壊された腫瘍組織の甲状腺ホルモンが血中へ流入するためでしょう。
  6. 数か月後の甲状腺腫瘍破裂(下記)

などです(第56回 日本甲状腺学会 P1-094 甲状腺RFA 治療後に一過性甲状腺機能亢進症を呈した症例の検討)(Endocrinol Metab (Seoul). 2019 Dec;34(4):415-421.)。

ラジオ波焼灼療法(RFA)の最も恐ろしい合併症は、数か月後の甲状腺腫瘍破裂です。突然の頚部痛と腫れが起こります。出血量が多いと、気管圧排され呼吸困難になります。軽度なら入院して保存的に治療すれば改善しますが、血腫の吸引や切開・ドレナージを必要とするケースもあります。

下記はラジオ波焼灼療法(RFA)後、数か月して甲状腺腫瘍破裂を起こした画像です。甲状腺腫瘍の境界は、飛び出した内容物で不明瞭になります(Endocrinol Metab (Seoul). 2019 Dec;34(4):415-421.)。

RFA後の腫瘍破裂1

凍結治療(凍結アブレーション法)

乳癌をはじめ様々な癌に凍結治療(凍結アブレーション法)が行われています。日本では保険適応なく、あまり普及していません。凍結治療の具体的には、凍結針を腫瘍に刺し、針の先端部を超低温にして癌を破壊します。

甲状腺に関する凍結治療(凍結アブレーション法)は、

  1. 甲状腺癌の腸骨転移(BMC Cancer. 2016 Oct 13;16(1):798.)、胸骨転移(J Vasc Interv Radiol. 2014 Nov;25(11):1665-70.)
     
  2. 甲状腺癌の気管浸潤(アルゴンヘリウム凍結治療)(Eur Arch Otorhinolaryngol. 2015 Feb;272(2):445-51.)

に対して行った報告があります。

甲状腺癌の腸骨転移

iPS細胞から甲状腺細胞が作れる?

ES細胞に、甲状腺形成に必要な甲状腺特異的転写因子Nkx2.1(TTF-1)とPax8を発現させ、TSH添加培地にて培養すると甲状腺濾胞細胞に分化するそうです(Nature. 2012 Nov 1;491(7422):66-71.)。

東京女子医科大学 先端生命医科学研究所の荒内 歩先生が、日本甲状腺学会で驚くべき発表をされていました。ヒトiPS 細胞をTSH添加培地にて培養し、甲状腺濾胞細胞への分化誘導を行い、それらを甲状腺全摘出術をした免疫不全ラットに移植したそうです。移植された組織には、甲状腺濾胞構造と思われる形態が確認できたとの事です。(第59回 日本甲状腺学会 P3-6-1 ヒトiPS 細胞から分化誘導した甲状腺濾胞上皮細胞のin vivo における組織学的観察)

ras原癌遺伝子産物に対する腫瘍抗原ペプチドワクチン療法

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、腫瘍抗原ペプチドワクチン療法には一切かかわっておりません。

原癌遺伝子(癌の元になる遺伝子)Ras p21を活性化する点突然変異は甲状腺癌・膵癌・肺癌・大腸癌などに見られます。原癌遺伝子rasの変異部を含むペプチド(アミノ酸が繋がったもの)は、腫瘍抗原ペプチドと呼ばれます。

腫瘍抗原ペプチドをワクチン的に甲状腺癌患者に投与し、癌細胞に対する免疫力・抵抗力を獲得させる腫瘍抗原ペプチドワクチン療法が研究されています。

cell-free circulating DNA(cfDNA)

cfDNA

血液などの体液中に存在するcell-free circulating DNA(cfDNA)は、細胞死やがん細胞の転移などに伴い体液・血液中に放出されるDNA断片です。cfDNAは放出元の臓器細胞(癌細胞)に特異的なDNAメチル化を起こしているため、DNAメチル化状態を解析すれば、癌化した臓器を特定することが可能になるはずです。

甲状腺疾患でもcfDNAの実験的研究が行われています。甲状腺疾患(甲状腺炎、甲状腺良性結節、甲状腺がん)で高値となるcfDNAを同定(Braz J Otorhinolaryngol. May-Jun 2020;86(3):321-326.)

cfDNAは、甲状腺がんの組織型(乳頭癌濾胞癌髄様癌未分化癌)を問わず診断に有用(Biomed Pharmacother. 2013 Oct;67(8):723-30.)。

67と180 bp のcfDNAは甲状腺がんの診断に有用(Int J Mol Sci. 2017 Jun 24;18(7):1350.)

115と247 bpのcfDNAは甲状腺良性結節と甲状腺がんの鑑別診断に有用(Front Oncol. 2019 Sep 18;9:905.)

アスタチン(At)、甲状腺癌の新しい放射線治療法

アスタチン

アスタチン(At)は原子番号85の元素。約30の同位体が存在するが不安定で半減期も短く、ギリシャ語の「不安定」を意味する「astatos(アスタトス)」が名前の由来。

アスタチン(At)のうち211Atはがん治療に有用な放射線α線を放出し、安定な鉛-207(207Pb)に変わります。α線は高エネルギーですが、細胞数個分しか飛距離がないため、周囲組織への影響が少なく、他者を放射線被ばくさせる危険も少ないです。211Atの半減期は7.2時間で、がん組織にα線を照射した後、帰宅が可能。

アスタチン

211At-MABGを用いた悪性褐色細胞腫細胞の治療研究が国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構で進められています。(Eur J Nucl Med Mol Imaging. 2018 Jun;45(6):999-1010.)

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構、大阪大学 大学院医学系研究科では131I-NaIに代わる甲状腺癌の放射線治療法として211At-NaAtの研究が行われています。(J Nucl Med. 2019 Sep;60(9):1301-1307.)

211At-NaAtはヨード(ヨウ素)と同じ経路で、ナトリウム/ヨードシンポーター(NIS)を通り甲状腺の濾胞細胞、甲状腺分化乳頭癌濾胞癌)に取り込まれます。
(J Nucl Med. 2009 Jul;50(7):1161-7.)(Eur J Nucl Med Mol Imaging. 2002 Jul;29(7):842-54.)

甲状腺がん探知犬

がん探知犬

犬の嗅覚は人の100万倍以上、尿に含まれる癌特有の物質をかぎ分けるとされます。肺がんでは感度・特異性とも99%、乳がんは感度88%・特異性98%の驚異的な数字(Integr Cancer Ther. 2006 Mar;5(1):30-9.)。日本でも千葉県館山市に、がん探知犬育成センターがあり、ラブラドールレトリバーのがん探知犬がいるようです。

甲状腺がん探知犬

甲状腺がん探知犬

"甲状腺がん探知犬”、眉唾物の話と思いきや本当の様です。ARKANSAS大学が公表しています。アメリカのアーカンソー医科大学で、甲状腺がん患者の尿の臭いを嗅ぎ分けるよう犬を訓練し、感度86.7%・特異性89.5%の確率で甲状腺がん患者を当てたとの事です。犬の名はフランキー、ジャーマンシェパードのミックスだそうです。(UNIVERSITY OF ARKANSAS FOR MEDICAL SCIENCES;Scent-Trained Canine Prospectively Detects Thyroid Cancer in Human Urine Samples)

甲状腺がん探知犬

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら