検索

甲状腺、副腎、内分泌と高コレステロール血症、遺伝性高脂血症/非遺伝性高脂血症[専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 エコー 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

動脈硬化:専門の検査/治療/知見[甲状腺 専門医 橋本病 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺動脈硬化の長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学で行った研究を元にしています。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。甲状腺と無関係の高脂血症の診療は行っておりません。

Summary

内分泌甲状腺副腎下垂体)の病気(甲状腺機能低下症、副腎皮質ホルモン分泌過剰[クッシング症候群]、成人成長ホルモン分泌不全症)でコレステロールが高くなる(高コレステロール血症、悪玉コレステロールが高い高LDLコレステロール血症)、成人成長ホルモン分泌不全症)。それらで無いなら遺伝性高脂血症[家族性高コレステロール血症(家族性高脂血症)]、肝臓・腎臓などによる非遺伝性高脂血症。長崎甲状腺クリニック(大阪)ですすめる高脂血症薬は、水溶性のプラバスタチン[メバロチン](弱)、ロスバスタチン[クレストール](強)、エゼチミブ[ゼチーア](小腸コレステロールトランスポーター阻害剤)。

Keywords

甲状腺,副腎,甲状腺機能低下症,クッシング症候群,成人成長ホルモン分泌不全症,高コレステロール血症,悪玉コレステロール,高LDLコレステロール血症,家族性高コレステロール血症,家族性高脂血症

甲状腺副腎下垂体などの内分泌の病気で、コレステロールが高くなります。しかし、それらホルモンに異常がなければ、内分泌甲状腺副腎・下垂体)無関係の遺伝性高脂血症、または肝臓・腎臓などによる非遺伝性高脂血症が考えられます。

甲状腺と高コレステロール血症

高コレステロール血症の約11%は、甲状腺ホルモンの低下(甲状腺機能低下症)によると言われています。これらは甲状腺ホルモン剤であるチラーヂンS錠(一般名:レボチロキシン ナトリウム)を補充すれば、血液中のコレステロールの代謝(分解)が促進し、自然と低下していきます。

もし、甲状腺ホルモンが低下しているのに気付かずにコレステロールを下げる薬(スタチン)を飲むと、横紋筋融解症という筋肉が崩壊し、腎不全・透析に至る恐ろしい副作用を起こす率が高くなります。

甲状腺と高コレステロール血症

高コレステロール血症の人は、コレステロールを下げる薬を飲む前に甲状腺ホルモンを調べましょう!

甲状腺機能正常化しても高コレステロール血症なら

甲状腺機能低下症を治療して、甲状腺ホルモンが正常化しても高コレステロール血症、悪玉コレステロールが高い高LDLコレステロール血症が治らない場合は?

  1. 甲状腺以外の内分泌異常、副腎皮質ホルモン分泌過剰[クッシング症候群(あるいはクッシング病)]による脂肪同化作用、成人成長ホルモン分泌不全症 による脂質代謝の低下
  2. 家族性高コレステロール血症(家族性高脂血症)原発性高脂血症 

が考えられます。2.の場合、

  1. 第一に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を多く含む食品を控える(食事療法)
  2. 食事療法で改善無ければ、コレステロールを下げる薬を使う

皮膚黄色腫症

皮膚黄色腫症は、脂質を貪食して泡沫状になった組織球(マクロファージ)で構成され、表皮の血管周囲に起こり、線維化や炎症性変化を伴います。

皮膚黄色腫症は脂質代謝異常が原因ですが、脂質代謝異常がはっきりしない場合もあります。

脂質代謝異常で起きる場合、

  1. 家族性高コレステロール血症
  2. 甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群などに伴う高コレステロール血症

と原因は様々。

眼瞼黄色腫

眼瞼黄色腫は、脂質異常症の約4.4%にみられ、心血管障害の独立した危険因子とされ、10年後の心血管障害の死亡率を10%以上増加させるとの報告があります(BMJ 2011;343:d5497)。

内分泌(甲状腺・副腎・下垂体)無関係の遺伝性高脂血症

家族性高コレステロール血症(家族性高脂血症)

家族性高コレステロール血症(FH)は常染色体性優性遺伝病です。片親から遺伝する「ヘテロ」は500人に1人です。両親双方から遺伝した重症例を「ホモ」と呼び100万人に1人です。

  1. 家族性高コレステロール血症(FH)の大半は血中から肝臓にコレステロールを取り込むLDL受容体変異により、
  2. LDL受容体リガンドのアポB-100遺伝子変異でも、
  3. LDL受容体を分解するPCSK9活性化変異でLDL受容体が減少し
家族性高コレステロール血症

血中LDLコレステロール(動脈硬化をおこす悪玉コレステロール)が上昇します。

家族性高コレステロール血症(FH)ヘテロ接合体の

  1. 血清総コレステロール値の平均は、320~350 mg/dl
  2. LDLコレステロールは248mg/dL(男性296名、女性345名、平均年齢51歳)

と報告されています。成人(15歳以上)家族性高コレステロール血症(FH)ヘテロ接合体の診断基準では、未治療時のLDLコレステロール180mg/dL以上となっています。

家族性高コレステロール血症(FH)では、皮膚や腱にLDL由来のコレステロールが沈着し、皮膚黄色腫、腱黄色腫を呈します。

  1. 皮膚黄色腫:ダヴィンチのモナリザにも描かれている有名なものですが、正脂血症の患者にも認められ、診断的な価値はありません。
  2. アキレス腱黄色腫
  3. 角膜輪
  4. 全身性動脈硬化症(ホモ接合体では冠動脈だけでなく大動脈弁にも進行、弁上狭窄、弁狭窄)をおこします。

原発性高脂血症

原発性高カイロミクロン血症(家族性リポ蛋白リパーゼ欠損症/アポリポ蛋白CⅡ欠損症など)血清トリグリセリド値が2,000mg/dlを超えると急性膵炎おこします。肝脾臓腫、皮膚に発疹性黄色腫ができます。

原発性高コレステロール血症(家族性高コレステロール血症/家族性複合型高脂血症/特発性高コレステロール血症)家族性複合型高脂血症は100人に1人で最多

家族性Ⅲ型高脂血症:アポリポ蛋白Eの異常のため、リポ蛋白が肝臓のLDL受容体と結合しにくくなります。手掌線状黄色腫。

内分泌(甲状腺・副腎・下垂体)無関係のこんな病気でも高脂血症(非遺伝性高脂血症)

  1. ネフローゼ症候群:血液中のアルブミン濃度が減少すると、肝臓のアルブミン合成が増大し、ついでに低比重リポ蛋白(LDL)および超低比重リポ蛋白(VLDL)生成も増加。また動脈硬化抑制因子の高比重リポ蛋白(HDL)が尿中へ漏れ出るため、血液中のHDL濃度は減少。

  2. 慢性腎不全では脂質分解の低下により高脂血症が認められます。
  3. 肝臓癌でも理由は不明ですが
  4. グロブリン異常症でも
  5. 高用量のサイアザイド系利尿薬/ループ利尿薬は,トリグリセライド、LDLコレステロールを上昇。

長崎甲状腺クリニック(大阪)ですすめる高脂血症薬

長崎甲状腺クリニック(大阪)の方針はあくまで食事運動療法による高脂血症の改善です。しかし遺伝的な高脂血症はそれでは改善しないことがあります。

  1. スタチン[HMG-CoA還元酵素阻害薬]:最も有名なコレステロールを下げる薬です。長崎甲状腺クリニック(大阪)ではプラバスタチン[メバロチン®](弱)、ロスバスタチン[クレストール®](強)をすすめます。どちらも水溶性なので体に蓄積せず、肝臓のチトクロームP450で代謝されないため他剤との相互作用おこしにくいです。
     
  2. エゼチミブ(ゼチーア®):小腸コレステロールトランスポーター阻害剤で安全性が高いですが、重篤な肝障害のある場合のみエゼチミブとスタチンの併用は禁忌です。

不思議な事に、、ロスバスタチン[クレストール®]は、シクロスポリン投与中の患者に対して、添付文書上禁忌になっています。本来、禁忌にすべきは、プラバスタチン[メバロチン®]、ロスバスタチン[クレストール®]、エゼチミブ(ゼチーア®)以外の腎排泄型の高脂血症薬全てのはずです。

長崎甲状腺クリニック(大阪)ですすめない高脂血症薬

フィブラート:中性脂肪(トリグリセリド)増加がコレステロール増加よりも優位である場合、フィブラートを用います。しかし、中性脂肪(トリグリセリド)はコレステロールに比べ食事運動療法で下がり易いため、長崎甲状腺クリニック(大阪)では、フィブラートをあまり使用しません。

PPARαの活性化により、①アポA-Ⅰ、A-Ⅱの産生増加→HDL増加 ②LPL産生増加、脂肪酸のβ酸化亢進、肝臓でのTG産生減少など→中性脂肪(トリグリセリド)低下がフィブラートの作用です。

フェノフィブラート(リピディル®)は、中等度以上の腎機能障害に対して添付文書上禁忌です。

LDLコレステロール管理目標

若い女性で、甲状腺(内分泌)関係ない高コレステロール血症

若い女性で、甲状腺(内分泌)関係ない高コレステロール血症はどうするか?若い女性にスタチンは原則投与しません。若い女性は高LDLコレステロール血症でも、閉経期までは女性ホルモンの作用で、動脈硬化を抑えています。

頚動脈エコーでプラークや、明らかな総頚動脈内膜中膜肥厚度(CCA IMT)の増大があれば、その限りではありません。若くて、既にそこまでの動脈硬化が起こっていれば、心筋梗塞・狭心症予防のためスタチンを使用すべきです。ただし、妊娠時授乳時のスタチンの安全性は確立していないため、妊活中は休薬止む無しです。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら