検索

妊娠悪阻(つわり)と甲状腺[日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

内分泌代謝(副甲状腺・副腎・下垂体)専門の検査/治療/知見 長崎甲状腺クリニック(大阪)

妊娠悪阻(つわり)と甲状腺

甲状腺専門内分泌代謝長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科(内分泌骨リ科)で得た知識・経験・行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。妊娠悪阻(つわり)自体の診療は行っておりません。

Summary

妊娠悪阻(つわり)の強いと健常妊婦でも一過性(つわりの期間だけ)甲状腺機能亢進症をおこし(妊娠時一過性甲状腺機能亢進症)、橋本病/甲状腺機能低下症妊娠で甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)服用中は甲状腺ホルモン過剰状態になるが胎児の脳神経の発育に問題ない。逆につわりが無いと甲状腺ホルモンが不足し流産・胎児の脳神経発育不全の可能性。胃薬は非吸収性で胎児に影響ないスクラルファートや乾燥水酸化アルミニウムゲルを使用するがチラーヂンS吸収障害の可能性。制吐剤(吐き気止め)ドンペリドン(ナウゼリン®)・メトクロプラミド(プリンペラン®)は産科医の判断で。

Keywords

妊娠悪阻,つわり,甲状腺機能亢進症,妊娠時一過性甲状腺機能亢進症,橋本病,甲状腺機能低下症,甲状腺ホルモン,チラーヂンS,胃薬,吐き気止め

妊娠悪阻(つわり)と甲状腺ホルモン

妊娠悪阻(つわり)と甲状腺

妊娠悪阻(つわり)は甲状腺ホルモン値に大きく影響します。

  1. 妊娠悪阻(つわり)の強い人は、甲状腺の病気と関係ない健常妊婦でも、一過性(つわりの期間だけ)の甲状腺機能亢進症をおこします。(妊娠時一過性甲状腺機能亢亢進症
  2. 橋本病/甲状腺機能低下症妊娠で甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)服用中は、前述の理由で、つわりの期間だけ甲状腺ホルモン過剰状態になります。ただし、甲状腺ホルモンが多い分は胎児の脳神経の発育に問題ありません。逆に妊娠悪阻(つわり)が起こらないと、甲状腺ホルモンが不足し、流産・胎児の脳神経の発育が悪くなる可能性があります(橋本病/甲状腺機能低下症妊娠 )。

妊娠悪阻(つわり)で頭痛、胸痛、全身倦怠感(だるくなる)、傾眠傾向(眠くなる)も

妊娠悪阻(つわり)の症状は、吐き気や嘔吐、食欲低下だけではなく、

  1. 頭痛
  2. 胸痛;逆流性食道炎のような胸焼け、エストロゲンによる乳腺組織の活性化
  3. 全身倦怠感(だるくなる)、傾眠傾向(眠くなる);妊娠時一過性甲状腺機能亢進 の影響も一部あると思います

制吐剤(吐き気止め)

妊娠悪阻(つわり)が強すぎる時、制吐剤(吐き気止め)に

  1. ドンペリドン(ナウゼリン®)は×;ラット・マウス・ラビットの動物実験で高用量(200mg/kg)使うと骨格・眼の欠損をおこす報告があるため、添付文書では妊婦に使用しないよう記載
  2. メトクロプラミド(プリンペラン®)は△;奇形や流産との関連が認められない研究が多いが、添付文書では妊婦への使用は慎重
ドーパミンとプロラクチン

最も、ドンペリドン(ナウゼリン®)の妊婦に対する使用報告自体ないため、本当に禁忌かどうか不明です。ただ、どちらもドーパミン受容体拮抗薬で、脳下垂体のプロラクチン分泌抑制を解除するため、高プロラクチン血症の副作用があります。プロラクチンは授乳ホルモン=妊娠させないホルモン(授乳期間中は生理が止まり妊娠できません)のため、妊娠の継続に悪影響起こす可能性あると筆者は考えております(ただし筆者は、あくまで甲状腺だけの専門医なので、この件に関しては産婦人科の主治医に相談ください)。

しかし、添付文書(正式な薬の説明書)には

妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]」

になっており、使用するとしても短期間、最小限にすべきと思います。

(図 県立広島病院HPより改変)

妊娠悪阻(つわり)と胃薬

妊娠悪阻(つわり)による妊娠時一過性甲状腺機能亢進症では、甲状腺ホルモンの過剰により胃粘膜が荒れやすく、胃十二指腸潰瘍できる可能性もあります。

胃薬は、非吸収性で胎児に影響ないとされるスクラルファートや乾燥水酸化アルミニウムゲルを使用します。ただし、アルミニウム剤は甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)吸収障害おこすため、橋本病/甲状腺機能低下症妊娠で甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)服用中の方は要注意(薬剤性チラーヂンS吸収障害 )。

不十分なら、H2受容体拮抗薬のラニチジンやシメチジンを考慮、いずれも大規模疫学研究で妊婦の安全性が報告されています。しかし、添付文書(正式な薬の説明書)には

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。〔本剤は胎盤を通過することが知られており、妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。〕」

と記載されており、使用するとしても短期間、最小限にすべきと思います。

またプロトンポンプ阻害薬(PPI)オメプラゾールは最も多くの疫学研究で奇形や流産との関連は認められていません。しかし、添付文書(正式な薬の説明書)には、

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。〔動物実験(ウサギ経口 138mg/kg)で胎児毒性(死亡吸収胚率の増加)が報告されている。」

と記載されており、使用するとしても短期間、最小限にすべきと思います。

H2受容体拮抗薬もプロトンポンプ阻害薬(PPI)も胃液の酸性度を下げるため、甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)の吸収率を低下させる可能性があります。橋本病/甲状腺機能低下症妊娠で甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)服用中の方は要注意(薬剤性チラーヂンS吸収障害 )。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら