検索

バセドウ病と機能性甲状腺腫(甲状腺機能性結節)が合併(マリンレンハート症候群: Marine-Lenhart症候群)[橋本病 エコー 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学附属病院 代謝内分泌内科で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会で入手した知見です。

マリンレンハート症候群 超音波(エコー)画像

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   をクリックください

Summary

バセドウ病と機能性甲状腺腫(甲状腺機能性結節)が合併する甲状腺機能亢進症はマリンレンハート症候群(Marine-Lenhart症候群)。治療は機能性甲状腺腫に準じ、まず抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)で甲状腺機能を正常化。Tc-99m 甲状腺シンチグラフィー、123-I シンチグラフィーで本来アイソトープが集積しない腫瘍部分に集積し初めて見つかる症例がある。超音波(エコー)検査すれば機能性結節は血流多く、簡単にみつかる。マリンレンハート症候群の機能性甲状腺がんの遠隔転移があると、甲状腺全摘手術後も甲状腺中毒症が遷延。

Keywords

バセドウ病,機能性甲状腺腫,甲状腺機能性結節,甲状腺機能亢進症,マリンレンハート症候群,Marine-Lenhart症候群,Tc-99m シンチグラフィー,123-I シンチグラフィー,超音波,エコー

マリンレンハート症候群(Marine-Lenhart症候群)とは

本来、甲状腺腫瘍は、良悪性に関わらず、ほとんど甲状腺ホルモンを作りません。バセドウ病で制限なく甲状腺ホルモン作り、甲状腺腫瘍(良性腫瘍、甲状腺がん)も同時に甲状腺ホルモン作る病気をマリンレンハート症候群と言います。

マリンレンハート症候群 123-I シンチグラフィー

バセドウ病機能性甲状腺腫(甲状腺機能性結節)が合併する甲状腺機能亢進症を、マリンレンハート症候群(Marine-Lenhart症候群)と言います。頻度は甲状腺機能亢進症/バセドウ病の約1~2.7%とされます。治療は、機能性甲状腺腫(甲状腺機能性結節)に準じますが、とりあえずは、抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)で甲状腺機能を正常化するのが無難でしょう。

しかし、実際は甲状腺機能亢進症/バセドウ病の治療中、バセドウ病抗体(TRAb,TSAb)が陰性化しても甲状腺ホルモンが高値を続ける場合、Tc-99m 甲状腺シンチグラフィーまたは123-I シンチグラフィーを施行し、本来アイソトープが集積しない腫瘍部分に集積し(hot nodule)初めて見つかる症例があります[でも下記のように超音波(エコー)検査すれば簡単にみつかるのですが・・]。

写真のヨードシンチグラム(123-I シンチグラフィー)は、右の強いホットスポットに一致して機能性結節が存在します。それ以外の甲状腺組織では、123-I取り込み弱く、機能亢進の程度は

機能性結節 > 結節以外の甲状腺組織

です(しかし、きっちりバセドウ病抗体TS-Ab陽性です)。

マリンレンハート症候群 123-I シンチグラフィー

これは、別のマリンレンハート症候群(Marine-Lenhart症候群)患者の123-I シンチグラフィーで、右の強いホットスポットに一致して機能性結節、結節以外の甲状腺組織でも123-I 取り込み強いです。

マリンレンハート症候群 超音波(エコー)画像;機能性結節は血流多く、甲状腺実質は血流少ないです。この症例の機能性結節は、甲状腺乳頭癌でした。

マリンレンハート症候群の治療は、外科切除が第一選択です。甲状腺乳頭癌で無い限り、131-Iアイソトープ治療、全身状態悪い等で、それもできなければ抗甲状腺薬しかありません。

そもそも、甲状腺乳頭癌か否か、血流多い機能性結節に穿刺細胞診して調べる事はできません(出血の危険、甲状腺クリーゼ  の誘発)。

マリンレンハート症候群 超音波(エコー)画像

マリンレンハート症候群の機能性甲状腺がんの遠隔転移

マリンレンハート症候群機能性甲状腺がんの遠隔転移があると、甲状腺全摘手術後も甲状腺中毒症が遷延します。

マリンレンハート症候群である事に気付かず、単にバセドウ病甲状腺がんが合併しているだけと考えて、甲状腺全摘手術後に甲状腺ホルモン剤投与すると大変な事になります。

術前にヨードシンチグラム(123-I シンチグラフィー)行っていれば、あるいは甲状腺エコー(超音波)検査で、腫瘍内血流が多く、機能性甲状腺腫に気付けば、マリンレンハート症候群を見破れます。甲状腺エコー(超音波)検査行う人間の技量が問われます。

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら