検索

非自己免疫性家族性甲状腺機能亢進症と甲状腺機能性結節が混在;マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群[長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外(Pub Med)・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科(内分泌骨リ科、第二内科)で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会で入手した知見です。

マッキューン・オルブライト症候群

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群のGタンパク結合受容体(GPCR)と、連動する刺激性Gタンパク(Gsαタンパク)。(Orphanet Journal of Rare Diseases20083:12)

Summary

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群は常染色体優性遺伝性の刺激性Gタンパク(Gsα)遺伝子(GNAS1)変異。副甲状腺,甲状腺,副腎,下垂体,性腺など内分泌腺自律性機能亢進と線維性骨異形成症、カフェオレ斑、生下時より両側第4 趾の短縮。非自己免疫性家族性甲状腺機能亢進症と甲状腺機能性結節が混在。甲状腺機能亢進症+線維性骨異形成症で骨量減少が加速。FGF23仲介性リン酸喪失、原発性副甲状腺機能亢進症、クッシング症候群・先端巨大症・原発性副甲状腺機能亢進症、女児では、思春期早発も。

Keywords

マッキューン・オルブライト症候群,McCune-Albright,Gsα,GNAS1,副甲状腺,甲状腺,線維性骨異形成症,非自己免疫性家族性甲状腺機能亢進症,甲状腺機能性結節,原発性副甲状腺機能亢進症

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群とは

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群は、常染色体優性遺伝なのに、まれな病気です。

甲状腺ホルモンを始め多種のホルモンは、Gタンパク結合受容体(GPCR)に結合、連動する刺激性Gタンパク(刺激型GTP結合蛋白-αサブユニット:Gsαタンパク)を活性化し、ホルモン作用を発現させます。

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群は、刺激性Gタンパク(Gsαタンパク)をコードするGNAS1遺伝子変異が胎生期におこり、刺激性Gタンパク(Gsαタンパク)が、ホルモンの結合なしに、勝手に活性化されます(活性型変異)。(N Engl J Med. 1991;325(24):1688-95.)

マッキューン・オルブライト症候群のメカニズム

刺激性Gタンパク(Gsαタンパク)が活性型変異した結果、

  1. 副甲状腺,甲状腺,副腎,下垂体,性腺など複数の内分泌腺自律性機能亢進(要するに無制御にホルモンを産生する)
  2. 線維性骨異形成症(polyostotic fibrous dysplasia)(98%)
  3. 皮膚カフェオレ斑(cafe-au-lait spots)(85%)

をおこします。(Medicine(Baltimore). 1996;75(4):171-84.)

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群の甲状腺機能亢進症

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群の甲状腺機能亢進症では、甲状腺ホルモンが骨吸収(分解)促進するため甲状腺機能亢進症+線維性骨異形成症で骨量減少が加速されます。(Horm Res Paediatr. 2012;78(3):151-7.)

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群の甲状腺機能亢進症では、c-AMPを介した甲状腺内2型脱ヨード酵素(D2)活性化と、末梢血中での1型脱ヨード酵素(D1)活性上昇によりT3/T4比が高くなります。また、甲状腺超音波(エコー)検査では、年齢が若ければ異常は出ませんが、ある程度の年齢になると以下の様な異常所見になります。(J Clin Endocrinol Metab. 2008 Jun;93(6):2383-9.)

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群の甲状腺機能亢進症は、変異細胞がモザイク状に分布するため、非自己免疫性家族性甲状腺機能亢進のように、びまん性に甲状腺ホルモンを産生する領域と、機能性結節 と化して限局性に甲状腺ホルモンを産生する領域が混在します。(第58回 日本甲状腺学会 P2-3-5 McCune-Albright症候群に合併した甲状腺機能亢進症患者の画像検査の特徴)

甲状腺超音波(エコー)検査では、不均一で、高エコー領域と低エコー領域が混在します。 スイス チーズ様の嚢胞変性も起こります。(J Clin Endocrinol Metab. 1990 Dec;71(6):1596-601.)(J Clin Endocrinol Metab. 2008 Jun;93(6):2383-9.)

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群の甲状腺機能亢進症

北里大学の報告では、共に小児期(4歳、10歳)でマッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群の甲状腺機能亢進症と診断され、4歳例はメルカゾールのみで、10歳例は123-I 甲状腺シンチグラムを局所的に取り込んだ片葉切除のみでは潜在性甲状腺機能亢進症が持続し、メルカゾールを使用して甲状腺機能正常化したそうです。(第57回 日本甲状腺学会 中毒性結節性甲状腺腫を有したMcCune-Albright 症候群の2症例)

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群の甲状腺機能亢進症は通常メチマゾール(メルカゾール)に反応しますが、寛解する可能性は低いです。したがって、根本的な治療である甲状腺摘出手術が好ましい。甲状腺手術は非常に小さな子供では難しいので、より年齢が高くなるまで遅らせることが推奨されてきました(Orphanet J Rare Dis. 2012 May 24;7 Suppl 1(Suppl 1):S4.)。一方、骨などへの影響から、早く手術した方が良いと言う意見もあります(Glob Pediatr Health. 2019 Sep 9;6:2333794X19875153.)

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群でおこる病態

カフェオレ斑

マッキューン・オルブライト(McCune-Albright)症候群でおこる病態は、

  1. 骨の線維性骨異形成(polyostotic fibrous dysplasia)(98%);低身長、脊椎側弯・後弯のため胸郭変形(肺胞低換気を合併)、骨折
  2. 甲状腺機能亢進症非自己免疫性家族性甲状腺機能亢進症機能性結節が混在、あるいはどちらか一方);約30%に認める
  3. FGF23仲介性リン酸喪失;低リン血症、若年時大腿骨・上腕骨・脛骨など骨折
     
  4. 原発性副甲状腺機能亢進症
  5. 高コルチゾール症(クッシング症候群
  6. 先端巨大症成長ホルモン過剰)
  7. 女児では、思春期早発が多い(小学生低学年で月経発来、膣出血、卵巣嚢胞、乳房発達)(52%)
  8. 皮膚カフェオレ斑(cafe-au-lait spots)(85%)
  9. 生下時より両側第4 趾の短縮
マッキューン・オルブライト症候群 皮膚カフェオレ斑
マッキューン・オルブライト症候群 線維性骨異形成症

皮膚カフェオレ斑(cafe-au-lait spots)(J Rare Dis. 2012 May 24;7 Suppl 1S4.)

線維性骨異形成症(polyostotic fibrous dysplasia)(Indian J Dermatol Venereol Leprol. 2010 Nov-Dec;76(6)723.)

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら