検索

粘液水腫性昏睡の治療   [日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で得た知識・経験・行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ 甲Joう君 粘液水腫性昏睡

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

一般の人、一般医は、「甲状腺の病気は、軽症が多く、死ぬ事は少ない」と考えている方が多いです。しかし、甲状腺の薬を長期間自己中断すれば、大変なことになる可能性があります。

甲状腺ホルモンが多くて生命に危険がおよぶ状態を、甲状腺クリーゼ(甲状腺緊急症)、足らなくて生命に危険がおよぶ状態を粘液水腫性昏睡と言います。いずれも発症すると死亡率は10%以上で、原因として甲状腺薬の自己中断が最も多いとされます。

既に粘液水腫性昏睡を起こした方は、すぐに救急外来と入院設備のある病院を受診ください。1日遅れると手遅れになります。

Summary

粘液水腫性昏睡の治療はICUで①保温②採血でACTH,コルチゾールを検査に出した後、副腎皮質ホルモン剤(ヒドロコルチゾン)先行投与+甲状腺ホルモン投与;LT4製剤[チラーヂンS錠(レボチロキシン)か静注液]大量投与(200-500μg)、またはLT4製剤中等量に実効(速効)ホルモンLT3(リオチロニン:チロナミン錠®)少量併用。③呼吸管理(最重要;死因1位はCO2ナルコーシス)、非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)④抗生剤(感染症合併時)⑤低血圧・心不全の対症療法:塩酸ドパミン⑥低ナトリウム(Na)血症の対症療法。急激な補正は浸透圧性脱髄症候群の危険。

Keywords

甲状腺機能低下症,粘液水腫性昏睡,リオチロニン,治療,チラーヂンS,甲状腺ホルモン剤,副腎皮質ホルモン,CO2ナルコーシス,浸透圧性脱髄症候群,橋本病

粘液水腫性昏睡の治療方法

命に係わるため、粘液水腫性昏睡の治療はICUでの管理・治療になります。

  1. 保温;室温を上げ27℃以上に(結構、暑い。ICUは個室でないため、他の患者は汗をかいて脱水、電解質異常を来すので無理)、毛布掛ける(ただし電気毛布は、末梢血管拡張し、感染症性ショック/低血圧ショックを増悪させるので禁 
     
  2. 副腎皮質ホルモン剤(水溶性ヒドロコルチゾン 300mg/日→意識レベルが改善すれば150mg/日に減量)+甲状腺ホルモンの投与(下記の方法):必ず同時か、副腎皮質ホルモン先行投与
    ※必ず副腎皮質ホルモン剤投与前に、ACTH,コルチゾール,DHEA-S(これが低ければ治療必要な副腎不全)測定を検査センターに出す。結果は、コルチゾール翌日、それ以外は4-5日掛かり、治療開始時は役に立ちませんが、
    ①副腎皮質ホルモン剤減量の目安になる
    ②甲状腺機能正常化後の副腎皮質ホルモン剤投与の目安になる。但し、甲状腺ホルモンは副腎皮質ホルモンを分解するので、治療前に副腎皮質機能正常でも、甲状腺ホルモン補充後は副腎皮質機能低下症になっている可能性あり。(第53回 日本甲状腺学会 P17 粘液水腫性昏睡の経過中に副腎皮質機能低下症が顕在化した一例)
     
  3. 呼吸管理(最重要;死因の1位はCO2ナルコーシスなので気道確保が第一)(※高濃度O2を投与するとCO2ナルコーシス誘発するので禁忌)
    非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)が有効
     
  4. 甲状腺ホルモン剤の投与(下記)
     
  5. 抗生剤;CRP陽性(感染症合併)時
     
  6. 元々使用していた麻酔薬、向精神薬など粘液水腫性昏睡の誘因となった薬剤は中止
     
  7. 低血圧・心不全の対症療法:塩酸ドパミンを3~5μg×体重(kg)/分点滴
     
  8. 低ナトリウム(Na)血症の対症療法:5%高張食塩水を100mLずつ点滴し、フロセミドを併用。急激な補正は、浸透圧性脱髄症候群起こすので禁。
浸透圧性脱髄症候群

急速な血清ナトリウム上昇で浸透圧性脱髄症候群起こします。橋を中心とする中枢神経の脱髄(橋中心髄鞘崩壊症)で、四肢麻痺・仮性球麻痺・けいれん・意識障害をきたし、重症例では死亡します。

橋中心髄鞘崩壊症は、48時間未満でおこる急速な低ナトリウム血症(脳外科手術後など)よりも、48時間以上経過しておこる慢性低ナトリウム血症で発症しやすいとされます。(日本内科学会雑誌 Vol105(4): 667-675, 2016)

甲状腺ホルモン剤の投与方法

粘液水腫性昏睡 経過

粘液水腫性昏睡 経過

LT3 とLT4の換算

LT3 とLT4の換算

LT4+T3の同時投与

LT4製剤[チラーヂンS錠(一般名:レボチロキシン ナトリウム)]の大量投与(200-500μg)が一般的ですが、LT4製剤中等量に実効(速効)ホルモンであるLT3(リオチロニン、チロナミン錠®)を少量から開始するという意見もあります。

LT3は2-4時間で血中濃度が上昇するため即効性があり、脳血液関門を通過するので中枢神経症状にも有効です(J Clin Endocrinol Metab. 2012 Jul;97(7):2256-71.)(Crit Care Med. 1983 Feb;11(2):99-104.)。ただし、LT3は直接心臓に作用するため、特に高齢者で心毒性(不整脈、狭心症・心筋梗塞)の危険があります(Rev Endocr Metab Disord. 2003 May;4(2):137-41.)。

LT4+少量LT3の同時投与の比率は施設の好みにより異なりますが、帝京大学ではL-T4 200μg +L-T3  15μg 分3 (5μg を1 日3 回)でうまくいったとの事です。(第57回 日本甲状腺学会 P1-048 中等量T4 に少量T3 を併用・経鼻胃管投与することで救命しえた粘液水腫性昏睡・高齢女性の2 症例)

LT4+少量LT3の同時投与では追い付かないなら、LT4+大量LT3の同時投与の1例として、LT4 200 μg/日、LT3 50μg/日を胃管にて投与(第60回 日本甲状腺学会 P1-6-8 集中治療にて救命しえた粘液水腫性昏睡の一例 )(Endocr J. 2019 May 28;66(5):469-474.)

大抵、腸管浮腫によりLT4の吸収悪く、胃でも吸収されるLT3投与は理にかなっていると思います。

しかし、LT3≧75 μg/dayでは死亡率が増加するためお勧めできません(Thyroid. 1999 Dec;9(12):1167-74.)。

チラーヂンS静注液200μg

胃管での経口投与できない場合、腸管浮腫強い場合、LT4坐剤・LT4注射薬(令和2年6月29日、「チラーヂンS静注液200μg」(一般名:レボチロキシンナトリウム水和物)が発売)と言う方法もあります。

チラーヂンS静注液200μg

令和2年6月29日、「チラーヂンS静注液200μg」(一般名:レボチロキシンナトリウム水和物)が発売されました。効能・効果は、「粘液水腫性昏睡甲状腺機能低下症(ただし、レボチロキシンナトリウム経口製剤による治療が適さない場合に限る)」。粘液水腫性昏睡の治療に使用できるのは朗報です。

ただし、静脈投与による急激な血中甲状腺ホルモン濃度の上昇は、心筋梗塞や不整脈を誘発する危険があり、注意を要します(Rev Endocr Metab Disord. 2003 May;4(2):137-41.)。

問題は、口から薬を飲めない、または飲めても吸収されない人に使用する場合。薬価は1管あたり 2万211円と異常な高額値段。チラーヂンS錠は1錠10円なのを考えれば、何考えとんねん!(筆者は憤りを覚えます)。こんなのを日常診療で使用したら、口から薬を飲めない、飲めても吸収されない甲状腺機能低下症/橋本病患者は、高額医療患者になってしまい、べらぼうな医療費を、3割負担で払わされます。病院側は保険診療を監督する行政機関(名前は伏せます)から目を付けられます(監査の対象)。「高額医療」を責められ、厳しい指導を受け、「過剰診療」のレッテルを張られ、使用した「チラーヂンS静注液200μg」を病院の自己負担(要するに赤字)に転嫁されます(減点、査定)。治療する側も、される側もひどい目に合います。とても当院では恐ろしくて使用できません。

最も粘液水腫性昏睡は、ICUのある総合病院でしか診れず、総合病院の医療費はDPCシステム(主病名によって保険点数が決っている)ため、「チラーヂンS静注液200μg」を使えば使うほど赤字になります。

さらに問題なのは、「チラーヂンS静注液200μg」の有効期間が非常に短い事です。製造年月日から2年間で、工場で出荷され、卸業者の元で保管されるので、正味期限は確実に2年未満になります。そして、購入後、その短期間に使い切らなければ、使用期限が切れて廃棄処分になり、赤字だけが残ります。

結局、「チラーヂンS静注液200μg」は病院が損をして、製薬会社のみが得をする日本の医療制度の闇そのものなのです。

甲状腺全摘出後に使用されるチラーヂンS静注液200μg

粘液水腫性昏睡の患者数は、さほど多くなく、実際の医療現場で「チラーヂンS静注液200μg」が最も多く使用されるのは、甲状腺全摘出後です。これも入院中に使用されるため(そりゃあ、口から飲めれば退院だわ)、DPCシステム(主病名によって保険点数が決っている)の病院は「チラーヂンS静注液200μg」を使えば使うほど赤字になります。

LT4注射薬の作製法

チラーヂンS静注液200μgが発売されたので、自前でLT4注射薬を作る必要性は無くなりましたが、報告されているLT4注射薬の作製方法は、L-Thyroxine sodium salt pentahydrate 5mg を0.1N NaOH 1mlに溶解後、生理食塩水50 mlに希釈し、0.2μのメンブレンフィルターで滅菌ろ過、滅菌バイアルに分注(100μg/mlになります)。
(第53回 日本甲状腺学会 P-145 L-thyroxine 注射薬の院内調剤経験)

但し、必ず院内の倫理委員会の承認を得なければなりません。医師・薬剤師以外の方が、勝手に作ってはなりません(薬事法違反になります)。

甲状腺ホルモン剤の効果判定

甲状腺機能の判定は血中TSHで行い、FT3,FT4では行いません。脳下垂体は、甲状腺機能低下自体や呼吸不全、低体温・低血圧・徐脈・低Na(ナトリウム)血症によりダメージを受けているため、TSH合成・分泌ができない。TSHの上昇は下垂体細胞の回復を意味します)

粘液水腫性昏睡糖尿病ケトアシドーシを合併

元々、コントロール不良の糖尿病を持っていて、感染を契機に粘液水腫性昏睡糖尿病ケトアシドーシス両方を起こした場合、甲状腺ホルモン剤、副腎皮質ホルモン剤投与せざる得ないためインスリン投与量は当然多くなるでしょう。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,天王寺区,生野区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら