検索

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)[日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺機能低下症 エコー 長崎甲状腺クリニック大阪]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で得た知識・経験・行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

橋本病型IgG4甲状腺炎 超音波(エコー)画像

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎) 超音波(エコー)画像

Summary

橋本病の4.3%でIgG4高値、特に高ガンマグロブリン血症の場合に。IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)橋本病の急速進行型で、甲状腺機能低下が速い、男性の比率が高い、自己抗体[抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)]価が高い、超音波エコー画像は巨大甲状腺腫、びまん性低エコー、肉芽腫性炎症による腫瘤形成、エラストグラフィーで硬い。IgG4関連疾患(IgG4-RD)の合併が少ない臓器特異的IgG4関連疾患通常の橋本病と穿刺細胞診で区別できず、組織診で著明な線維化とIgG4免疫染色でIgG4産生形質細胞を確認。

Keywords

橋本病,IgG4,高ガンマグロブリン血症,IgG4甲状腺炎,橋本病型IgG4甲状腺炎,甲状腺機能低下,エコー,エラストグラフィー,線維,形質細胞

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)とは?

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)[Endocr J. 2021 Jan 28;68(1):1-6.改変]

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎) 超音波(エコー)画像

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎) 超音波(エコー)画像

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)の位置(表;バーチャル臨床甲状腺カレッジより改変)[Endocr J. 2012;59(4):273-81.]

橋本病(慢性甲状腺炎)の25.5%に高ガンマグロブリン血症(血液中の免疫抗体量が多い)を認め、そのうちの20.1%[橋本病全体の4.3%]にIgG4値(135mg/dL以上)を認めるとされます[Endocrine. 2014 Mar;45(2):236-43.]。

橋本病(慢性甲状腺炎)で急速に甲状腺機能低下が進行する場合、IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)の可能性があります。IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)

  1. 橋本病(慢性甲状腺炎)の急速進行型と言われ、急速な破壊・線維化のため甲状腺機能低下が速い
  2. 通常の橋本病(慢性甲状腺炎)(女:男=74:3)より男性の比率が高く(女:男=21:7)
  3. 自己抗体の値[抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体) と抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)]が高い
  4. 超音波(エコー)画像は、巨大な甲状腺腫、内部はびまん性低エコー、肉芽腫性炎症による腫瘤形成を認めます。

とされます(Mod Pathol. 2012 Aug;25(8):1086-97.)。

血中IgG4を測定し診断します(確定診断には組織診が必要ですが)。

一方で、既報通り、高ガンマグロブリン血症を示す本病(慢性甲状腺炎)患者の30%にIgG4高値を認めるも、IgG4高値群と非高値群で甲状腺ホルモン剤(LT4)補充量(75μg/日 vs 75μg/日)は有意差なしとの事です。(第56回 日本甲状腺学会 O7-4 高γグロブリン血症の橋本病患者における、血清IgG4 と臨床病態の検討)

橋本病型IgG4甲状腺炎は全身他臓器に、IgG4関連疾患(IgG4-RD)の合併を認めず、臓器特異的IgG4関連疾患と呼ばれます。[IgG4関連疾患(IgG4-RD)に合併するIgG4関連甲状腺炎 と異なる病態ですが、現場では混同されており[同じと思っている人が大多数]、両者を区別する診断基準も存在しません][Mod Pathol. 2012 Aug;25(8):1086-97.]

IgG・血中蛋白分画測定にて高ガンマグロブリン血症を検査(あえて測らなくても、TPO抗体Tg抗体が強陽性なら高ガンマグロブリン血症)

IgG4を直接測定(保険適応にならない場合があります)

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)の中には、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の既往があり、抗甲状腺剤治療が行われたのち、急速に甲状腺機能低下と甲状腺腫大を来したバセドウ病型IgG4甲状腺炎が含まれます。

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)甲状腺乳頭癌発症の危険因子とされます[J Clin Endocrinol Metab. 2016 Apr;101(4):1516-24.]。さらに、甲状腺乳頭癌の多発性、浸潤度にも関与するとされます[APMIS. 2014 Dec;122(12):1259-65.]。

また、血清IgG4値が>135mg/dLは満たさないものの、甲状腺乳頭癌ワルチン腫瘍型(WLPTC)患者の94.1%が間質にIgG4陽性形質細胞を有し、その発症に関連している可能性が報告されています。[Endocr J. 2018 Feb 26;65(2):175-180.]

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)の症状

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)の症状は、急激な

  1. びまん性甲状腺腫大
  2. 甲状腺機能低下症
  3. 気道圧排(気管切開しなければならない時ある)

などです。リーデル(Riedel)甲状腺炎のような、発熱・頚部痛は起こらないようです。

[Mod Pathol. 2012 Aug;25(8):1086-97.)][Arq Bras Endocrinol Metabol. 2014 Nov;58(8):862-8.](第55回 日本甲状腺学会 P2-05-08 IgG4 甲状腺炎により、著明な甲状腺機能低下と急速な気道閉塞を来した一例)

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎) 超音波(エコー)画像

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎) 超音波(エコー)画像

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎) 超音波(エコー)画像;巨大な甲状腺腫、内部はびまん性低エコー、線維性肉芽腫性炎症による腫瘤形成を認めます。

橋本病型IgG4甲状腺炎 エラストグラフィー

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎) 超音波(エコー)画像 エラストグラフィー;線維化した部分はエラストグラフィー青く(硬く)見えます。

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)組織像

橋本病型IgG4甲状腺炎 組織像 弱拡大

橋本病型IgG4甲状腺炎の組織像(弱拡大)では、著明な線維化(線維性肉芽腫性炎症)とIgG4を産生する形質細胞の浸潤を認めます。

橋本病型IgG4甲状腺炎 組織像(強拡大)

橋本病型IgG4甲状腺炎の組織像(強拡大)では、リンパ球と形質細胞浸潤を認めます。(Arq Bras Endocrinol Metabol. 2014 Nov;58(8):862-8.)

橋本病型IgG4甲状腺炎 IgG4免疫染色

橋本病型IgG4甲状腺炎の組織像(強拡大) IgG4疫染色でIgG4産生形質細胞を多数認めます。(Arq Bras Endocrinol Metabol. 2014 Nov;58(8):862-8.)

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)組織像、橋本病との比較

IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)通常の橋本病と穿刺細胞診で比較した場合

  1. 好酸性細胞(核溝もあり)炎症による変性なので橋本病でも出る
  2. 形質細胞;橋本病でも認める
  3. リンパ球;橋本病でも認める

ため区別できません。

それ以前に、筆者の経験では線維化しているため硬くて針が通りません(ドライタップ)。結局、組織診でIgG4免疫染色するしかありません。

橋本病型IgG4甲状腺炎通常の橋本病の組織像と比較すると、著明な線維化(線維性肉芽腫性炎症)のため一目瞭然で鑑別できます。

橋本病型IgG4甲状腺炎と橋本病の組織像の比較
橋本病型IgG4甲状腺炎と橋本病の比較 IgG4免疫染色炎

橋本病型IgG4甲状腺炎通常の橋本病と比べてIgG4産生形質細胞が桁違いに多いため、IgG4免疫染色で茶褐色に染まるIgG4陽性細胞数を調べれば確定診断できます。

(Mod Pathol. 2012 Aug;25(8)1086-97.)

橋本病(慢性甲状腺炎)の破壊の程度の評価

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら