検索

甲状腺癌骨転移    [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  をクリックください

甲状腺乳頭癌 骨転移 PET-FDG

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ Jo

動脈硬化した血管に甲状腺が! バセドウ病甲状腺がモデル)

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺癌骨転移の治療は行っておりません。

Summary

甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)は骨転移。甲状腺濾胞癌は脊椎中心だが、甲状腺乳頭癌は脊椎以外に肋骨・大腿骨など長管骨にも転移。通常の骨シンチは取り込み悪く甲状腺全摘後ならヨードシンチグラフィーが有用(取り込み悪ければPET-FDG)。甲状腺濾胞癌は血行性転移なので骨転移し易く頚椎・胸椎・腰椎・仙骨・骨盤に。症状はブロック注射しても良くならない難治性腰背部痛。長管骨転移は骨痛→病的骨折。131-Iを取り込み易いが病勢コントロール困難多く10年生存率は40%。微少浸潤型甲状腺濾胞癌も骨転移。甲状腺全摘手術後10年後の骨転移も。甲状腺髄様癌も骨転移。

Keywords

甲状腺分化癌,乳頭癌,濾胞癌,骨転移,ヨードシンチグラフィー,診断,甲状腺,脊椎,肺転移,症状

甲状腺分化癌(乳頭癌・濾胞癌)は骨転移

甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)は骨転移します。

特に、甲状腺濾胞癌は骨転移しやすく、東北大学病院の報告では、初診時に遠隔転移を認めた甲状腺濾胞癌10例(濾胞癌型低分化癌3例含む)の内、肺のみ2例、骨のみ7例、肺+骨1例です。骨転移単独は、肺転移単独の3倍以上と言う事になります。甲状腺乳頭癌18 例(乳頭癌タイプ低分化癌3例含む)では、肺のみ13例、骨のみ3例、肺+骨2 例。)(第57回 日本甲状腺学会 P2-072 初診時に遠隔転移を認めた甲状腺分化癌症例の検討)

甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)の転移部位は脊椎が最も多く(34.6%)、骨盤(25.5%)、胸骨・肋骨(18.3%)、下肢骨(10.2%)、肩甲骨(5.4%)、頭蓋骨・顎骨・顔面骨(5.4%)。(Head Neck. 2017 Apr;39(4):812-818.)

甲状腺濾胞癌の転移は脊椎中心ですが、甲状腺乳頭癌は脊椎以外に、肋骨・大腿骨など長管骨にも転移します。

甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)の脊椎転移

甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)で、最初におこる骨関連事象(骨が問題でおこる障害)は、脊椎転移が最も高頻度で47% 、頭蓋骨は6% と報告されます。[J Clin Endocrinol Metab. 2012; 97(7):2433-9.]

脊椎(頚椎)転移症状は、頸椎浸潤と頚髄圧迫による

  1. 頸部痛、上下肢痛
  2. 上下肢麻痺
甲状腺濾胞癌腰椎転移 MRI画像

脊椎(胸椎・腰椎・仙骨)転移症状は、

  1. ブロック注射しても良くならない難治性腰背部痛
  2. 下肢痛(しびれ)、下肢麻痺(不完全麻痺→完全麻痺)
  3. 仙骨転移では馬尾症候群(膀胱直腸障害;排尿障害、排便障害)

になります。

(写真 JAFES 2017, 32(1) 57-59.)

甲状腺乳頭癌の長管骨転移

病的骨折 骨転移

長管骨への転移。写真は大腿骨への転移。最初は歩行時のみの痛み、やがて安静時にも痛み→病的骨折。

甲状腺濾胞癌骨転移

甲状腺濾胞癌骨転移は、乳頭癌骨転移に比べ、131-Iを取り込みやすいものの病勢コントロール困難が多く、肺転移合併も多く、甲状腺濾胞癌の10年生存率は80%以上ですが、骨転移すると40%で、かなり悪いです。

多発骨転移をおこす微少浸潤型甲状腺濾胞癌

甲状腺微小浸潤型濾胞癌 超音波(エコー)画像

微少浸潤型甲状腺濾胞癌ですら、多発骨転移をおこす症例が報告されています。しかも、超音波(エコー)写真の様に、被膜が石灰化して穿刺細胞診し難いタイプもあるようです。(前頭骨を含めた多発骨転移を認めた微少浸潤型甲状腺濾胞癌の1例 内分泌甲状腺外会誌 30(3):221-225,2013)

骨転移をおこす甲状腺微少濾胞癌

1cmに満たない甲状腺微少濾胞癌でも骨転移を起こす浸潤型甲状腺微少濾胞癌が存在します。すでに骨転移を起こしていれば、血清サイログロブリン高値から診断できる可能性ありますが、骨転移前では穿刺細胞診でも診断できないため、見つける事は不可能です。(第56回 日本甲状腺学会 P2-083 P2-090 右下腿の疼痛を契機に診断された甲状腺濾胞癌骨転移の一例)

微少浸潤型甲状腺濾胞癌=癌の周囲に少しだけ広がる甲状腺濾胞癌
浸潤型甲状腺微少濾胞癌=1cmに満たない大きさなのに、遠隔転移を起こす甲状腺濾胞癌

甲状腺濾胞癌は手術後10年してから骨転移もあり

甲状腺濾胞癌は甲状腺全摘手術後10年してから骨盤骨転移で見つかる症例もあります。(第54回 日本甲状腺学会 P171 甲状腺腫摘出10年後に骨盤転移にて診断された甲状腺濾胞癌の一例)

甲状腺濾胞癌の頭蓋骨転移

甲状腺濾胞癌の頭蓋骨転移 頭部MRI

甲状腺濾胞癌は頭蓋骨転移する事もあります。頭蓋骨転移巣が大きくなると、見た目にも、触れても、頭部の弾性軟の腫瘤が分かります。もちろん、頭部CT・MRIでも、癌腫瘤と骨融解像(癌が頭蓋骨を溶かしている)のが分かります。

(写真;Endocrinol Diabetes Metab Case Rep. 2017 16-0100.)

甲状腺分化癌(乳頭癌・濾胞癌)骨転移の早期発見

甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)の肺転移は、CT装置の普及により、かなり小さい段階で発見され、より早期に治療が行える様になりました。しかし、骨転移は依然として進行した状態で発見され、治療がされているのが現状です。野口病院の報告では、甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)手術後に発生した骨転移は、術後経過観察されていたにも関わらず、臨床症状が出現し診断に至ったものがほとんどだそうです。(第59回 日本甲状腺学会P3-2-3 分化型甲状腺甲状腺癌の術後経過観察に対する考察 - 骨転移の検索について転移治療を行う立場から-)

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、甲状腺癌(あるいは甲状腺癌疑い)の肺転移検索で、肺CTを提携病院(東住吉森本病院)に依頼する折、(全身の骨を調べる訳にはいかないので)肺の撮影範囲内に写る、胸骨、肋骨、頸椎、胸椎、上腕骨を骨モードで撮影していただいております。

また、甲状腺濾胞癌の骨転移は、血行性転移なので、甲状腺濾胞癌自体の大きさだけでは判断できません。

  1. 転移先の骨で甲状腺濾胞癌が増殖すれば、サイログロブリンを産生します。甲状腺内の腫瘍の大きさに比べ、明らかにサイログロブリンが高値なら遠隔転移(肺転移、骨転移)を疑わねばなりません。[ただし、抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)陽性の橋本病(慢性甲状腺炎)を合併していれば、血清サイログロブリン値は低く出てしまうので、信用できません。それでも高値なら、実際はもっと高値と言う事になりますが。])
     
  2. 濾胞性腫瘍で、かつ体のどこかに骨痛、関節痛あれば、甲状腺濾胞癌の骨転移を疑い、痛みのある周辺のCTを撮るべきです。

甲状腺分化癌(乳頭癌・濾胞癌)骨転移の診断

甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)骨転移は、通常の骨シンチでは取り込み悪く、診断の役に立ちません。甲状腺全摘していれば、ヨードシンチグラフィーは有用(取り込み悪ければPET-FDGが有用)。全身のMRI/CT行い転移巣を探し、最終的にはCTガイド下骨生検で確定診断されます。(J Nucl Med 2007 Jun 48(6) 889-95.)

甲状腺分化癌(乳頭癌・濾胞癌)骨転移 骨シンチ PET-FDG
甲状腺乳頭癌 骨転移 PET-FDG

甲状腺乳頭癌 骨転移 PET-FDG

甲状腺乳頭癌 骨転移 MRI star画像

甲状腺乳頭癌 骨転移 MRI star画像

甲状腺濾胞癌脊椎転移のMRI画像です。甲状腺濾胞癌脊椎転移は、他臓器の癌の脊椎転移と異なり、発育速度が遅く椎間板にも浸潤するため、脊椎カリエスとの鑑別が難しいです(甲状腺癌脊椎転移と鑑別を要する脊椎カリエス)。

(JAFES 2017, 32(1) 57-59.)

甲状腺濾胞癌 脊椎転移

甲状腺分化癌(乳頭癌・濾胞癌)骨転移の治療

甲状腺髄様癌も骨転移

甲状腺髄様癌も骨転移します。甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)と異なり、骨シンチグラフィーで取り込みよく、治療にはストロンチウム(89-Sr)内照射が有効。(第54回 日本甲状腺学会 P117 甲状腺髄様癌の骨転移の疼痛緩和にストロンチウム内照射療法が有効であった1例)

甲状腺髄様癌の骨転移は、脊椎と骨盤を中心として多発性に起こります。(J Clin Endocrinol Metab. 2016 Dec;101(12):4871-4877.)

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療     長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら