検索

甲状腺と本当の認知症②(正常圧水頭症,慢性硬膜下血腫,大脳皮質基底核変性症)[橋本病 バセドウ病 甲状腺機能低下症 長崎甲状腺クリニック大阪]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外(Pub Med)・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会で入手した知見などです。

長崎甲状腺クリニック(大阪)以外の写真・図表はPubMed等で学術目的にて使用可能なもの、public health目的で官公庁・非営利団体等が公表したものを一部改変しています。引用元に感謝いたします。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  甲状腺以外のホルモンの病気(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊など)  糖尿病編 をクリックください。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門クリニックです。本当の認知症の治療を行っておりません。

慢性硬膜下血腫と甲状腺

日本の認知症患者数は2012年で約462万人、65歳以上の高齢者において約7人に1人です。

認知症の予備群「軽度認知障害(MCI)約400万人を合わせると、高齢者の約4人に1人となります。

厚生労働省の国民生活基礎調査(2022年度版)によると、介護が必要になる原因の第一位(16.6%)を占めます。[2位が脳血管疾患(脳卒中)、3位が転倒・骨折]

(本ページ)甲状腺と本当の認知症②(正常圧水頭症,慢性硬膜下血腫,大脳皮質基底核変性症)

甲状腺と本当の認知症との比較

Summary

正常圧水頭症(NPH)[パーキンソン病様の歩行障害,認知症,尿失禁。シャント手術]、慢性硬膜下血腫[90%が頭部打撲後。甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)全摘出後のI-131 シンチグラフィーでヨウ素-131が流れ込む]は甲状腺機能低下症と同じく「治る認知症」。大脳皮質基底核変性症、海馬梗塞(高度認知機能障害)、一過性全健忘、解離性健忘も認知症がおこり、甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症/橋本病の精神症状と鑑別。抗うつ薬、抗精神病薬、抗不安薬(睡眠薬)などで認知症に似た状態に。

Keywords

甲状腺機能亢進症,バセドウ病,甲状腺機能低下症,橋本病,認知症,正常圧水頭症,一過性全健忘,慢性硬膜下血腫,大脳皮質基底核変性症,甲状腺

正常圧水頭症(iNPH)

正常圧水頭症(iNPH)の原因は不明ですが、高血圧、糖尿病、脳卒中(脳出血、脳梗塞)の人に多く、脳動脈硬化による微小脳梗塞のため脳室周囲組織の弾力性が低下し、わずかな髄液循環障害により脳室拡大すると考えられています。

頭部外傷後、数週間かけて徐々に脳室へ出血すると、脳室圧の上昇がほとんどない正常圧水頭症になります[外傷性正常圧水頭症]。

正常圧水頭症(iNPH)

正常圧水頭症(iNPH)症状は

  1. 歩行障害;最初に起こる。パーキンソン病様の歩行・すくみ足だが、腕振りは良く、ハの字のような小股歩行、すり足、歩隔は広い(開脚歩行)。安静時振戦、姿勢時振戦、不随意運動はない。
  2. 認知症;その次に起こる。甲状腺機能低下症,パーキンソン病の仮性認知症様
  3. 尿失禁;進行すると起きる。パーキンソン病の自律神経障害の様で、過活動膀胱切迫性尿失禁
特発性正常圧水頭症 MRI画像

MRIでは脳室・シルビウス(Sylvius)裂が拡大、高位円蓋部、正中部皮質のくも膜下腔・脳溝は拡大しない。脳血流SPECTではシルビウス裂周囲での血流低下、高位円蓋部、正中部の相対的な血流増加(J Neurosurg. 2018 Mar 16;130(2):398-405.)。

正常圧水頭症(iNPH)SPECT

髄液を30ml抜いて歩行障害が改善するか確認するドレナージテスト(脳脊髄液排除試験)が有用。シャント手術(脳室腹腔短絡術)が唯一の治療。治療後、

  1. 早期に歩行障害が改
  2. 続いて排尿障害が改善
  3. 認知症は最も改善しにくい

しかし、症状が治るため、甲状腺機能低下症と同じく「治る認知症」と言われます。

シャント手術(脳室腹腔短絡術)後のフォローアップ検査で、頭頸部への外部放射線被ばくが長期間に及ぶと、甲状腺結節の発生率が高まるとされます(Pediatr Surg Int. 2016 Jun;32(6):565-9.)。

大脳皮質基底核変性症

大脳皮質基底核変性症(corticobasal degeneration、CBD)は、進行性核上性麻痺と同じく3 リピートタウが蓄積する疾患です。

大脳皮質基底核変性症は、多彩な病変で

  1. 左右差が強い錐体外路症状;パーキンソン症状(動作緩慢、筋肉強直、歩行障害など)、他人の手徴候(エイリアンハンド症候群)
  2. 大脳皮質症状;認知症、失行、失語

が同時にみられ甲状腺機能低下症/橋本病のようです。‎

下垂体機能低下症甲状腺機能低下症/橋本病を合併した大脳皮質基底核変性症の報告があります。ホルモン補充療法後も認知障害および錐体外路症状が残ったため、大脳皮質基底核変性症の診断に至ったそうです。‎[Brain Nerve. 2015 Jun;67(6):759-64.]

MRIで左右差のある大脳萎縮、脳室拡大を認めます。(MRI T1 強調画像)

大脳皮質基底核変性症 MRI T1 強調画像

海馬梗塞

海馬=hippocampus(馬と海獣) はタツノオトシゴを意味します。元々は海の神ポセイドンの馬車馬(海獣)のことでしたが、イメージがタツノオトシゴに似ていたためです。

海馬は記憶中枢とされ、海馬が必要と判断した情報のみ保存されます。

海馬

海馬梗塞により「突然、パソコン操作ができなくなった。」「突然、ビデオのリモコンの使い方がわからなくなった。」などの高度認知機能障害が起きます。

海馬を使えば使うほど新しい神経細胞が生まれる海馬神経新生が証明されており、頭を使えば使うほど、海馬の神経細胞数が増えて体積が大きくなります。

ロンドンのタクシー運転手の海馬神経新生に関する論文は多数あります。[Proc Natl Acad Sci U S A. 2000 Apr 11;97(8):4398-403.][Hippocampus. 2022 Jan;32(1):3-20.]

成人の海馬神経新生は甲状腺ホルモンの変動に敏感で、甲状腺ホルモンにより調節されます。[Vitam Horm. 2022;118:1-33.]

甲状腺機能低下症は海馬での神経新生に悪影響を及ぼす可能性があります。[Metab Brain Dis. 2010 Sep;25(3):339-54.]

海馬梗塞 MRI画像

一過性全健忘(1日だけ全て忘れてしまいます)

一過性全健忘は、口論など激しい興奮状態や痛み・過労などのストレスがきっかけになり、

  1. 感情中枢の扁桃体からグルタミン酸が大量に放出され、記憶中枢の海馬が一時的に抑制される
  2. 脳動脈硬化など海馬の虚血

などが原因とされます。

一過性全健忘の症状は、

  1. 新しい記憶ができない前向性健忘で、同じ質問を何度も繰り返します
  2. 逆向健忘

の両方です。

一過性全健忘は治療しなくても徐々に自然回復しますが、正常に戻っても発作中の出来事は全く覚えていません。発作直後の脳MRIで異常なく、6-72時間で海馬に異常信号を認めれば確定(10日以内に消失)。再発はほとんどありません。

一過性全健忘患者は甲状腺疾患の合併率が高く、ほとんどが朝に健忘症発作を起こすとされます。[Zhonghua Yi Xue Za Zhi (Taipei). 1999 Mar;62(3):140-5.]

一過性全健忘

睡眠薬による一過性の前向健忘

睡眠薬による一過性の前向健忘は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬による有害事象の1つです。具体的には、「夜中に食事をしたり、コンビニエンスストアに行ったりしたことを、翌朝全く覚えてない」など、夜間だけの部分健忘です。異常行動ではなく(まあ、睡眠薬飲んで寝た後にこんなことするのは異常と言えば異常かも)、意識障害もない(一見、まともに見えても、こんなことするのは軽い意識障害の可能性あるけど・・)のが、レム(REM)睡眠行動障害(壁を叩く、庭をうろつくなど異常行動)や夜間せん妄(意識障害)と異なる点です。(2017 Jan 24. LiverTox: Clinical and Research Information on Drug-Induced Liver Injury [Internet].)

睡眠薬以外でも前向健忘は起こります。

  1. 橋本病合併自己免疫性脳炎[Cogn Behav Neurol. 2022 Sep 1;35(3):212-220.][J Neuroimmunol. 2008 Aug 13;199(1-2):155-9.]
  2. 橋本脳症 [Rinsho Shinkeigaku. 2007 Oct;47(10):629-34.]

で前向健忘をおこした報告があります

解離性健忘(dissociative amnesia、選択的健忘)

解離性健忘(dissociative amnesia、選択的健忘)は、ストレスとなった出来事に対する選択的な記憶障害(と言うより心因性の追想障害、心因性健忘)です。解離性健忘の予後は良く、1 か月以内に記憶も回復する可能性が高いです。

漫画エリア88の最終回、医師「よほど辛い思いをしたのか、否定する意識が強かったのでしょう」。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病による精神障害が原因で、解離性健忘を発症した20歳の日本人女性の報告があります。(Gen Hosp Psychiatry. 2014 Jul-Aug;36(4):450.e1-2.)

漫画エリア88の最終回 解離性健忘

全生活史健忘は、解離性健忘が全般性健忘になったものです。ストレスにより、自分自身に関すること、自分の過去(生活史)に関すること全てについての記憶障害です。自分が誰か、何をして生きて来たのか思い出せなくなります。

慢性硬膜下血腫

慢性硬膜下血腫は、硬膜-くも膜の間隙に流動性血腫が貯留する病気です。90%が頭部打撲後(記憶にない軽度のことも多い)、少しずつ出血が増えて血腫が大きくなり、3週間から2カ月(6か月以内)掛け症状が出ます。

  1. 男性、高齢者;脳が萎縮し、頭蓋骨と脳との隙間が大きくなるので
  2. アルコール多飲者/肝障害
  3. 糖尿病
  4. 脳梗塞・心筋梗塞・狭心症など動脈硬化疾患・甲状腺機能亢進症/バセドウ病による心房細動などで血をサラサラにする薬を飲んでいる人
  5. 頭部外傷の既往がある人が、再び頭部外傷を受けた時(特に開頭手術の既往があると、ベッドの上で転倒する程度でも)

におこりやすい。

慢性硬膜下血腫 CT画像
慢性硬膜下血腫

打撲後しばらくは異常ないが、徐々に片側の手足のしびれ、片麻痺、手のふるえ、構音障害(ろれつが回らない)、意識障害が進行。認知症症状のことも多く、認知症と間違われて治療されていることがあります。

慢性硬膜下血腫治療の基本は穿頭血腫洗浄術(頭蓋骨に1cm位の穴を開け、血腫を洗い流します)。治療後は、症状が治るため、甲状腺機能低下症と同じく「治る認知症」と言われます。

甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)全摘出後のI-131 シンチグラフィーの際に、慢性硬膜下血腫にヨウ素-131が流れ込み、あたかも頭蓋骨転移、脳転移の様に見えます(偽陽性)(Clin Nucl Med. 2004 Mar;29(3):164-6.)。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら