検索

妊娠・出産・分娩と内分泌障害(甲状腺以外)・妊娠高血圧         [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺エコーの長崎クリニック(大阪)]

内分泌代謝(下垂体・妊娠/不妊等):最新・専門の検査/治療/知見  長崎クリニック(大阪)

Genzyme社のタイロンちゃん

甲状腺内分泌代謝の、長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝(副甲状腺/副腎等)・糖尿病に御用の方は  甲状腺編   動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編   をクリックください

妊娠・出産・分娩と内分泌障害(甲状腺以外)、妊娠高血圧を解説。骨盤位分娩、胎児仮死は成長ホルモン分泌不全性低身長症の原因。妊娠時一過性尿崩症は妊娠後期に発症し、ほぼ全例に肝障害を認めます。急性妊娠脂肪肝、HELLP 症候群(ヘルプ症候群)は、抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)肝障害・バセドウ病再発と区別が必要。妊娠高血圧は160 mmHg/110 mmHg以上で降圧薬使用(降圧の目標は,収縮期血圧140~150mmHg,拡張期血圧90~100mmHg)、メチルド-パ(中枢性交感神経抑制薬)・ヒドララジン(血管拡張薬)・ラベタロール(α ,β遮断薬)・妊娠20週以降にニフェジピン使用。

妊娠・出産・分娩と内分泌障害

骨盤位分娩とか胎児仮死で成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長症では、90%以上が原因不明です。しかし中には骨盤位分娩とか胎児仮死などの分娩障害が含まれている可能性はあります。妊婦さんは御注意下さい。

妊娠時一過性尿崩症

妊娠時一過性尿崩症の多くは妊娠後期に発症し一過性。ほぼ全例に肝障害を認める報告ありますが,機序は不明。

抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)肝障害・バセドウ病再発と区別が必要、HELLP 症候群(ヘルプ症候群)

HELLP 症候群(ヘルプ症候群)は、溶血(hemolysis)、肝酵素の上昇(elevated liver enzyme)、血小板減少(low platelets)の頭文字を略したものです。 妊娠高血圧症候群(旧妊娠中毒症)に多く発生、出産後に発生することもあります。

HELLP 症候群(ヘルプ症候群)の原因は不明ですが、血管内皮障害、血管けいれんにより、赤血球の通過障害がおこり溶血します。続いて血小板が活性化、消費され、減少します。 肝臓内の細小血管でおこり、肝障害に至ります。

HELLP 症候群(ヘルプ症候群)の症状は、突然の上腹部痛や心窩部痛で、ほとんどの症例で認められます。

妊娠を終了しなければ死亡率は3割で、播種性血管内凝固症候群(DIC)、常位胎盤早期剥離、腎不全おこします。帝王切開になります。

急性妊娠脂肪肝との鑑別必要な他、甲状腺機能亢進症/バセドウ病で妊娠中の場合、

  1. 抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)肝障害
  2. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病の再発

との区別が必要です。

抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)肝障害・バセドウ病再発と区別が必要、急性妊娠脂肪肝

急性妊娠脂肪肝は、7000-16000分娩に1例のまれな病気です。
急性妊娠脂肪肝は、妊娠後期(35-37週ころ)に発生し、妊娠が終結しないと肝不全になる怖い病気です(母児の死亡率は約20%)。悪心嘔吐・血中肝酵素上昇・凝固系異常が生じます。一般的な脂肪肝は、超音波検査で簡単に診断できますが、急性妊娠脂肪肝の場合ほとんど診断できません(CTでも診断できません)。 肝臓の生検で、微小滴脂肪沈着を確認すれば診断確定されますが、妊娠中におこなうのは現実的でなく、全例で肝生検は不可能です。 

HELLP 症候群(ヘルプ症候群)との鑑別必要な他、妊娠後期での

  1. 抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)肝障害
  2. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病の再発

との区別が必要です。

妊娠高血圧

妊娠高血圧の治療基準

  1. 妊娠高血圧は140mmHg/90mmHg以上
  2. 安静と入院が中心で、食塩制限はおこないません。
  3. 160 mmHg/110 mmHg以上で降圧薬使用(降圧の目標は,収縮期血圧140~150mmHg,拡張期血圧90~100mmHg)
    メチルド-パ(中枢性交感神経抑制薬)・ヒドララジン(血管拡張薬)・ラベタロール(α ,β遮断薬)・妊娠20週以降にニフェジピン
  4. 利尿剤は循環血液量低下させ、ACEI/ARBは胎児死亡のため使用しない。

妊娠高血圧と胎児の発育

妊娠高血圧は周産期リスクが高く、悪化すると、胎盤の機能が悪くなります。臍帯(へそのお)からの酸素や栄養が胎児に届きにくくなり、胎児の発育が悪くなります(子宮内胎児発育遅延)。 また、早産率も高くなります(第113回日本内科学会 P66 高血圧合併妊娠に対する早期の内科的介入の有用性に関する検討)。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は、かつては『妊娠中毒症』と呼ばれていたもので、単なる妊娠高血圧とは意味が違います。妊娠末期(妊娠32~40週)に発症することが多く、子宮や胎盤の血流量が減少し、早産・子宮内胎児死亡・未熟児などがおこります。

また、子癇・肺水腫・常位胎盤早期剥離・脳出血など、母体も危険になります。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード