検索

縦隔内甲状腺腫、上縦隔腫瘍  [甲状腺超音波(エコー)検査 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波エコー検査 甲状腺機能低下症 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌病態内科学教室で得た知識・経験・行った研究、日本甲状腺学会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)以外の写真・図表はPubMed等で学術目的にて使用可能なもの、public health目的で官公庁・非営利団体等が公表したものを一部改変しています。引用元に感謝いたします。

Summary

上縦隔に入り込んだ甲状腺腫瘍は気管・食道・大血管・心臓を圧迫し気道閉塞・嚥下困難(飲み込みにくい)・上大静脈症候群をおこすため良性でも手術適応。気道閉塞し緊急甲状腺亜全摘術になる症例も。超音波(エコー)・CT/MRIで鎖骨下動脈・腕頭動脈を越えているのを確認。80歳を超えた高齢者の縦隔内甲状腺腫は気管・食道を軽く圧排しても大血管・心臓を圧迫していなければCTで注意深く経過観察。縦隔内甲状腺腫が急激に大きくなったり気管・食道を高度に圧排、大血管・心臓も圧迫した場合、本人・家族が希望するなら手術適応。甲状腺腫以外の上縦隔拡大は胸部大動脈瘤など。

Keywords

上縦隔,甲状腺腫瘍,手術,気道閉塞,超音波,エコー,CT,縦隔内甲状腺腫,上縦隔拡大,甲状腺

縦隔内甲状腺腫

縦隔腫瘍

縦隔は左右の肺と胸骨・胸椎に囲まれた領域で、気管分岐部を境界として上縦隔前縦隔、中縦隔、後縦隔に分類されます。

(済生会HPより改変)

縦隔内甲状腺腫は、上縦隔の腫瘍です。

縦隔内甲状腺腫

縦隔は狭い場所なので、縦隔内に進展した甲状腺腫瘍は、気管・食道・大血管・心臓を圧迫します。よって、上縦隔に入り込んだ甲状腺腫瘍は、例え良性であっても手術適応になります。[Minerva Med. 1989 Jun;80(6):565-70.](甲状腺腫瘍診療ガイドラインより改変)

縦隔内甲状腺は、甲状腺手術症例の1-20%(施設により異なるのでしょう)と報告されます。

上縦隔(縦隔の上の部分)に入り込んだ甲状腺腫瘍赤↓)の最終確認は、肺(胸部)CTですが、甲状腺エコー(超音波)検査で、ほぼ判ってしまいます。

ただ、縦隔内にまで超音波は届かないため、入り込んでいる甲状腺腫瘍(縦隔成分)の質的診断(良悪性の鑑別、のう胞・腫瘍の鑑別)ができません(甲状腺の病気にCT、MRIは有用でない )。

[Tunis Med. 2011 Nov;89(11):860-5.]

縦隔内甲状腺腫の特徴

縦隔内甲状腺腫は、甲状腺手術症例の1-20%(施設により異なるのでしょう)と報告されます。

福島医大の報告では、

手術となった縦隔内甲状腺腫

  1. 濾胞性腫瘍(97.5%)
  2. 甲状腺乳頭癌(2.5%)

だそうです。筆者の経験では、濾胞性腫瘍が最も多いのは同じですが、腺腫様結節も甲状腺乳頭癌と同程度、内分泌外科へ手術紹介しています。

縦隔内甲状腺腫では

  1. 気管食道圧排(88%)
  2. 何らかの自覚症状(高度の呼吸不全も含む)(37%)

が起こります。(第53回日本甲状腺学会 P-215 当科における縦隔内甲状腺腫の診断・治療方針)

縦隔甲状腺腫瘍で気道閉塞

胸骨下まで進展し、気道閉塞したため、緊急甲状腺亜全摘術を施行した中毒性多発性腺腫様結節(腺腫様結節が遺伝子変異により甲状腺ホルモンを産生する場合)が報告されています。病理診断は、良性の腺腫様結節だったそうですが、縦隔内へ進展した甲状腺腫瘍は、いつ気道閉塞しても、おかしくありません。(第56回日本甲状腺学会 P1-098 気道閉塞を来たし緊急甲状腺亜全摘術を施行した中毒性多発性腺腫様結節の一例)

縦隔甲状腺腫瘍で食道圧排

縦隔甲状腺腫瘍で食道圧排すれば、食物の通過が悪く、嚥下困難(飲み込みにくい)をおこします。

縦隔甲状腺腫瘍で上大静脈症候群 

右の上縦隔甲状腺腫瘍は、上大静脈を圧排し、上大静脈症候群(SVC症候群)をおこします。 ただ、上大静脈症候群を呈するまで進展するのは10cmを越える甲状腺癌がほとんどですが (日臨外医会誌 52: 2881-2886, 1991)、10cmを越える良性濾胞腺腫の報告もあります。右上肢の腫脹感で発症、右腕頭静脈の圧排、狭窄を認めたそうです(日臨 外医会誌 55(7), 1723-1727,1994)。

上大静脈症候群(SVC症候群)では、他に

  1. 頸部の皮静脈の拡張
  2. 前胸部皮静脈の拡張
  3. 顔面・頸部の浮腫

も認めます。原疾患の治療が間に合わない時は、SVCステントが有用。

上大静脈症候群(SVC症候群)の46-81%は、肺癌とその縦隔リンパ節転移です()。

縦隔内甲状腺腫の超音波(エコー)/CT 画像

縦隔内甲状腺腫の超音波(エコー)画像は、鎖骨下動脈・腕頭動脈の高さでも甲状腺腫瘍が確認できます(要するに鎖骨下動脈・腕頭動脈を超えて甲状腺腫瘍が、縦隔へ伸展している)。

もちろん、CT/MRIでも容易に確認できます(高齢者の縦隔内甲状腺腫参照)。

縦隔内甲状腺腫の超音波(エコー)画像

縦隔伸展した甲状腺濾胞癌の超音波(エコー)画像。鎖骨下動脈を超えて甲状腺濾胞癌が、縦隔へ伸展。

甲状腺濾胞癌 縦隔伸展 超音波(エコー)画像

困る上縦隔甲状腺腫瘍

甲状腺超音波(エコー)検査で見える範囲内に、上縦隔甲状腺腫瘍の一部でもあれば診断可能です。しかし、甲状腺そのものが低い位置にあり、鎖骨を超えた甲状腺下極の下に甲状腺腫瘍が存在する場合[要するに超音波(エコー)が届かない上縦隔内に、甲状腺腫瘍が、すっぽり入っている]、細胞診は気管支鏡に頼るしかありません。どこの施設でも行える訳ではありませんが、超音波気管支鏡下穿刺吸引針生検(EBUS-TBNA)が有効です。ただし、リスクが大きく、患者の苦痛も大きいため、筆者はお勧めできません。どのみち手術になるので、摘出した腫瘍を術中迅速病理診断するのが良いでしょう。

高齢者の縦隔内甲状腺腫

80歳を超えた高齢者の縦隔内甲状腺腫は手術すべきか?非常に迷うところです。気管・食道を軽く圧排するも自覚症状なし、大血管・心臓は圧迫していない段階では、危険を冒して手術するよりも、慎重に経過を見る方が賢明でしょう。

CTで注意深く経過を観察し、縦隔内甲状腺腫が急激に大きくなったり、気管・食道を高度に圧排し、大血管・心臓も圧迫した場合、本人・家族が希望する限り、縦隔内甲状腺腫摘出術の適応となります。

(第55回 日本甲状腺学会 P1-07-05 気道狭窄症状を示した高齢者縦隔内甲状腺腫の1例)

縦隔進展(気管圧排)CT画像

高齢者の縦隔内甲状腺腫CT画像;気管圧排あるも、心臓・大動脈には届かず。

縦隔進展(食道圧排)CT画像

高齢者の縦隔内甲状腺腫CT画像;軽度の食道圧排あるも、心臓・大動脈には届かず。

縦隔内甲状腺腫の手術

縦隔内甲状腺腫と言えども腫瘍の大部分は甲状腺内にあるため、大抵の手術は頚部操作のみで可能です。大き過ぎる場合(巨大縦隔内甲状腺腫)、胸骨切除が必要になります(甲状腺手術で胸骨切開/胸骨切除 )。

巨大縦隔内甲状腺腫ほど、術後合併症(術後出血反回神経麻痺)をおこす確率が高くなります。

腫瘍以外の上縦隔拡大

腫瘍以外の上縦隔拡大は、

  1. 胸部大動脈瘤
  2. 胸部大動脈損傷;交通事故や墜落などの慣性力で生じる。外傷性胸部大動脈損傷は一刻を争います
  3. 腕頭動脈延長
上縦隔拡大 胸部大動脈瘤

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,浪速区,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら