検索

TSH産生下垂体腺腫と橋本病など原発性甲状腺機能低下症による下垂体過形成の鑑別診断[橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で得た知識・経験・行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

下垂体過形成 単純MRI画像

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  をクリックください

下垂体過形成 単純MRI画像[Medicine (Baltimore). 2018 Oct;97(42):e12703.]

TSH産生下垂体腺腫と、原発性甲状腺機能低下症による下垂体過形成の鑑別診断

Summary

橋本病など原発性甲状腺機能低下症(甲状腺自体の障害で甲状腺機能低下症)では、下垂体TSH産生細胞が過形成し、TSH産生下垂体腺腫の様に。鑑別点として下垂体過形成は①TSH高値だが甲状腺ホルモン(FT4,FT3)低値②甲状腺機能低下症症状(徐脈、低血圧、便秘、むくみ等)③超音波エコー検査で甲状腺の破壊・低形成・萎縮など甲状腺自体の異常④TSHのα-サブユニットが正常。治療的診断は甲状腺ホルモン剤(チラーヂン)服薬し甲状腺機能が正常に近づくと下垂体が縮小。不活性型TSH産生下垂体腺腫は、萎縮性甲状腺炎・TSH受容体不活性型変異による下垂体過形成と鑑別難。

Keywords

橋本病,原発性甲状腺機能低下症,甲状腺,下垂体,TSH産生下垂体腺腫,下垂体過形成,甲状腺ホルモン,不活性型TSH産生下垂体腺腫,萎縮性甲状腺炎,TSH受容体不活性型変異

下垂体過形成

下垂体過形成とは

ネガティブフィードバック機構

橋本病などの原発性甲状腺機能低下症(甲状腺自体に障害があり甲状腺機能低下症になる)では、ネガティブフィードバック機構により代償性に下垂体TSH産生細胞過形成がおこり、下垂体が肥大し、あたかもTSH産生下垂体腺腫のようになります (Acta Paediatr Oslo Norway 1992 2014;103:e43–48.)。

下垂体過形成甲状腺機能低下症の25~81%におこるとの報告があります。しかし、実際は甲状腺機能低下症の方が先に見つかり、甲状腺ホルモン補充に伴い、腫大した下垂体は知らぬ間に自然縮小します(Endocr Rev. 1996 Dec;17(6):610-38.)

下垂体過形成とTSH産生下垂体腺腫の違い

下垂体過形成では、

  1. TSH高値だが、甲状腺ホルモン(FT4,FT3)低値であり[TSH産生下垂体腺腫では甲状腺ホルモン(FT4,FT3)高値なので逆!]
     
  2. 甲状腺機能低下症の症状(徐脈、低血圧、便秘、むくみ等)がある(TSH産生下垂体腺腫では通常甲状腺機能亢進症の症状なので逆!)
     
  3. 甲状腺超音波(エコー)検査で甲状腺の破壊所見[橋本病(慢性甲状腺炎)]、甲状腺の低形成、甲状腺の萎縮(萎縮性甲状腺炎TSH受容体不活型変異)など甲状腺自体の異常を認める
  4. 下垂体造影MRI;下垂体全体が均一に造影され、TSH産生下垂体腺腫を疑わせる欠損像(造影されない箇所)は無い(下記)
  5. TSHのα-サブユニットが正常(異常なら、TSH産生下垂体腺腫、下記の不活性型TSH産生下垂体腺腫。ここまでしなくても、大抵は診断が付きますが・・)

などのため、TSH産生下垂体腺腫と間違える事は普通あり得ません。間違えてTRH負荷試験をやろうとした医者を見たことがありますが、もし止めなければ下垂体卒中を起こしてたやろな・・。

[Medicine (Baltimore). 2018 Oct;97(42):e12703.](Ann Palliat Med. 2020 Nov;9(6):4359-4370.)

下垂体過形成MRI画像

下垂体過形成 単純MRI画像

下垂体過形成 単純MRI(T1WI)画像[Medicine (Baltimore). 2018 Oct;97(42):e12703.];下垂体後葉は保たれているものの、TSH産生下垂体腺腫かどうか分からない。

下垂体過形成 造影MRI画像

下垂体過形成 造影MRI(造影T1WI)画像[Medicine (Baltimore). 2018 Oct;97(42):e12703.];全体が均一に造影され、TSH産生下垂体腺腫を疑わせる欠損は無い

萎縮性甲状腺炎に下垂体過形成を認めたケース

萎縮性甲状腺炎下垂体過形成を認めた症例報告では、

  1. 血液検査:TSH977.200μIU/ml、freeT3 0.45 pg/ml、freeT4 0.08 ng/dl、TPO-Ab 223.1 IU/ml、Tg-Ab 529.8 IU/ml、TSB-Ab(TSHレセプター抗体[阻害型]) 63.5 %
  2. 下垂体MRI 検査では著明な下垂体腫大、視神経交叉が下方より圧迫されていた

(第56回日本甲状腺学会 P2-047 学校検診で高度肥満・脂質異常症を指摘され発見し得た萎縮性甲状腺炎女児例)

原発性甲状腺機能低下症による下垂体過形成の治療的診断

原発性甲状腺機能低下症による下垂体過形成は、治療的に診断可能です。甲状腺ホルモン剤(チラーヂン)を服薬し、甲状腺機能が正常に近づくにつれ、下垂体が縮小していきます。早い場合、治療開始後約1週間、大体1カ月-18カ月で正常サイズに戻るとされます。(J Neurosurg 2005;102(4 suppl):413–6.)

下垂体過形成の症状

下垂体過形成の症状は、甲状腺機能低下症症状の他に

  1. 頭蓋内圧亢進による頭痛、視神経を圧迫し視覚障害
  2. 高プロラクチン血症(無月経、乳汁漏出);TRHがプロラクチン産生細胞を刺激、プロラクチンクリアランスの減少(Ital J Pediatr 2011;37:15.)
  3. 成長ホルモン分泌不全(45%)、続発性副腎(頻度不明)、高ゴナドトロピン血症(13%)、低ゴナドトロピン血症(27%)(Turk J Pediatr 2009;51:624-30.)

不活性型TSH産生下垂体腺腫

例外的に、生理作用を持たないTSH(不活性型TSH)を産生する不活性型TSH産生下垂体腺腫では、高TSH、甲状腺ホルモン(FT4,FT3)低値になり、血液検査だけでは原発性甲状腺機能低下症と区別できません。

鑑別のポイントは、

  1. 甲状腺の破壊の程度と甲状腺ホルモン(FT4,FT3)値が解離していないかどうか。
    原発性甲状腺機能低下症の最も多い原因の橋本病では、甲状腺超音波(エコー)検査で、甲状腺の破壊が確認できます。
    不活性型TSH産生下垂体腺腫なら、甲状腺ホルモン(FT4,FT3)値が低いのに、甲状腺の破壊の程度は軽微なので不自然。
    ただし、萎縮性甲状腺炎TSH受容体不活型変異でも、破壊性変化がほぼ無いので鑑別難です。しかし、萎縮性甲状腺炎TSH受容体不活型変異では、甲状腺ホルモン剤(チラーヂン)を処方すればTSHが低下しますが、不活性型TSH産生下垂体腺腫では変化が無いため鑑別可能です。
  2. 下垂体造影MRI;不活性型TSH産生下垂体腺腫を疑わせる欠損像(造影されない箇所)を認める
  3. TSHのα-サブユニットが異常なら、不活性型TSH産生下垂体腺腫です。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,浪速区,天王寺区,東大阪市,天王寺区,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら