検索

バセドウ病の突然死     [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

バセドウ病の突然死

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   をクリックください

バセドウ病の突然死

Summary

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の突然死は喫煙者/男性/治療を自己中止・服薬不規則に多い。剖検しなければ死因が解らないが急性心筋梗塞、致死性不整脈、脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血と考えられる。致死性不整脈の心室細動(Vf)で突然死(心肺停止)するのは中年男性、喫煙者、甲状腺ホルモン値は様々。ベータブロッカー多量投与、腎機能異常での腎排泄型のベータブロッカー投与、強力なベラパミル(ワソラン®)併用でも心停止の危険。メトプロロール(セロケン®)は肝排泄で腎不全でも可。甲状腺機能亢進症/バセドウ病に伴う拡張型心筋症は、代謝性2次性心筋症で突然死の危険。

Keywords

甲状腺機能亢進症,バセドウ病,突然死,喫煙,ベータブロッカー,拡張型心筋症,心停止,心室細動,甲状腺,不整脈

甲状腺機能亢進症/バセドウ病のどんな人が突然死するか?

バセドウ病の突然死は、数年に1回、日本甲状腺学会で報告されています。九州大学の報告では、

  1. 喫煙者
  2. 男性が多く
  3. 治療を自己中止した、あるいは服薬が不規則

な方に起こり易い様です。剖検(死因を究明するための解剖)が行われていないため、死因が解らないのが残念です(普通に考えれば、急性心筋梗塞か致死性不整脈、脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血でしょうね)。該当する甲状腺機能亢進症/バセドウ病患者さんは、くれぐれも御注意ください!(第56回日本甲状腺学会 P2-001 バセドウ病における突然死)

  1. 甲状腺から狭心症・心筋梗塞・急性大動脈解離
  2. 甲状腺と不整脈
  3. 甲状腺と心臓病(サイロイドハート)

原因不明の突然死、甲状腺機能亢進症/バセドウ病だった?

原因不明の突然死の中には、生前、発見されなかった甲状腺機能亢進症/バセドウ病が含まれている可能性があります。

例えば、生来健康で健診でも異常を指摘された事は無く、ジョギング中に心肺停止となった場合。そのまま死亡すれば、事件性が無い限り、突然死の原因が究明される事はありません。

東京女子医科大学八千代医療センターが、救命できた心室細動(Vf)による心肺停止から、甲状腺機能亢進症/バセドウ病が原因として特定された症例を報告しています。ジョギング中に心肺停止となり、バイスタンダー(周囲の人)による心肺蘇生、救急隊による自動体外式除細動器(AED)による除細動が行われた後、救急搬送。ここで、死亡していれば、原因となる甲状腺機能亢進症/バセドウ病が発見される事は無かったでしょう。(第60回日本甲状腺学会 P2-1-1 心室細動と冠攣縮性狭心症を合併したバセドウ病の一例)

致死性不整脈の心室細動(Vf)で突然死(心肺停止)

心室細動(Vf)

はっきりとした原因の一つに、甲状腺機能亢進症/バセドウ病に合併する最も危険な不整脈、心室細動(Vf)があります。心肺停止に移行し、突然死します。報告では、

  1. 40歳代の男性
  2. 喫煙者(20-40本/日)
  3. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病以外、心室細動(Vf)おこす器質的疾患(QT延長症候群、低カリウム血症、冠動脈疾患、心筋症、心サルコイドーシス、ブルガダ症候群など)ない
  4. 甲状腺ホルモン値は、FT3 3.09-12.73 pg/mlと様々
  5. 心室細動(Vf)による心肺停止後、甲状腺機能亢進症/バセドウ病が見つかる
  6. 報告された3例の内、一人死亡、一人低酸素脳症の後遺症(埋め込み型除細動器で再発防止)、一人無事救命(埋め込み型除細動器で再発防止)で、運が良ければ救命できる事もあります
    (第53回日本甲状腺学会 O-4-2 バセドウ病に特発性心室細動の合併を認めた3症例)

多量のベータブロッカー投与で心停止の危険

甲状腺機能亢進症/バセドウ病患者の動悸(ただし心拍数116 拍/分程度の大した事のない洞性頻脈)に、多量のベータブロッカー[プロプラノロール 300mg/日(最大使用量は120mg/日)]と強力なベラパミル(ワソラン®)160mg/日(最大使用量は240mg/日)を併用使用し、心停止した症例が報告されています。当然、心不全から呼吸困難になり、救急搬送され、診察中に洞停止(心停止)起こし、テンポラリーペースメーカーを挿入し一命は取り留めたそうです。(第5▲回日本甲状腺学会 P2-x▲〇 バセドウ病に洞停止を〇併しxxxxxxxxを挿▲した■例)

しかし、救急搬送が間に合わなければ救命困難で、誰にも発見されねば突然死と片付けられていたであろう症例です。ちなみに、洞性頻脈含め、頻脈性不整脈のプロプラノロール 最大使用量は90mg/日、本態性高血圧には最大使用量120mg/日です(そりゃ心停止起こすわな・・・)。

腎機能異常のある甲状腺機能亢進症/バセドウ病でのベータブロッカー使用

ベータブロッカーは腎排泄型が多いので、腎障害・腎不全のある甲状腺機能亢進症/バセドウ病に投与する時は要注意です。腎から排泄されず体内で過剰になったベータブロッカーは、心停止を起こす危険性があります。メトプロロール(セロケン®)は肝排泄型なので、腎障害・腎不全の方にも安全に使用できます。

拡張型心筋症

甲状腺機能亢進症/バセドウ病に伴う拡張型心筋症は、代謝性2次性心筋症です。原因不明の特発性拡張型心筋症と異なります。しかし、突然死がありうる点は共通です。(第56回 日本甲状腺学会P2-014 拡張型心筋症様の所見を呈し死亡した甲状腺クリーゼの一例)(代謝性心筋症

心臓震盪(しんぞうしんとう)

心臓震盪(しんぞうしんとう)

心臓震盪(しんぞうしんとう)は、サッカーボールがゴールキーパーの胸を直撃するなど、心臓に巨大な力が体外から加わると、心臓がケイレン(心室細動;Vf)おこし心肺停止(突然死)する病態です。スポーツ中の胸部打撲は、ラグビー・アメフト・相撲・野球など原因は様々です。心臓に持病が無い健康な若者ても心臓震盪(しんぞうしんとう)は起こります。まして、甲状腺機能亢進症/バセドウ病で甲状腺ホルモンが正常化していない状態なら、心臓震盪(しんぞうしんとう)が起きやすいのは当然でしょう。

心臓震盪(しんぞうしんとう)は心肺蘇生術と体外式自動除細動器(AED)使用による早期除細動により救命可能です。(画像 SalvaVidas Projectより)

甲状腺が悪い人はマラソンを避けた方が良い

トライアスロンの様な極限の運動でないまでも、マラソン等の強度の高い運動は心肺停止のリスクがあります。

マラソン王国、アメリカでのマラソン中の心肺停止は、ランナー10万人あたり0.54人で、特に男性、フルマラソン出場者で多い、71%は死亡するとされます。

毎年、4万人が参加する東京マラソンでも心肺停止おこす人が、何年に一度か出る様です。

当然、元々冠状動脈硬化による狭心症(狭心症予備軍)、不整脈(自分で気付かない場合も含め)、心筋症などを持っている人で起こります。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の、特に甲状腺ホルモンが正常化していない人は言うに及ばず、甲状腺機能低下症/橋本病動脈硬化が進んでいる人もマラソンは避けた方が良いと思います。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の運動制限

甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、上記の如く、心臓系の重篤な(致死的な)障害が起こる可能性があるため、心臓に過剰な負担が掛かるのを避けねばなりません。

心臓に負荷が掛かるのは、運動・ストレスです。ストレスは、仕事・学校がある以上、避けるのは非常に難しいです。しかし、運動制限は、医師の診断書と、会社・学校など周囲の協力があれば可能です。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の生活指導に明確な指標はありませんが、せめて、治療により甲状腺機能が正常化するまで、運動制限は必要です。

職場・学校まで(常識的な距離を)歩くのは仕方ないですが、ウォーキングなどの軽い運動も控えねばなりません。入浴も約90kcal燃焼する、ある意味、運動ですので、長時間の入浴は避けねばなりません。

治療で甲状腺機能が正常になれば、運動制限は解除されます。ただし、甲状腺機能亢進時に、心臓・血管に不可逆的な障害を受けた場合(狭心症・心筋梗塞・急性大動脈解離心房細動など不整脈心筋症など心臓病(サイロイドハート))は、その後も運動制限が必要です。

小児バセドウ病の運動制限

日本小児内分泌学会による「小児期発症バセドウ病診療のガイドライン 2016」 では、 体育の授業や運動部活動について、エビデンスは無いが、「甲状腺機能が正常化するまでは体育の授業や運動部の活動は控えるよう指導します。」 となっています。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら