検索

動脈硬化を防ぐ油の選び方/動脈硬化の特殊血液検査(EPA/AA比)    [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎クリニック(大阪)]

動脈硬化:最新・専門の検査/治療/知見      [甲状腺 専門医 動脈硬化の長崎クリニック(大阪)]

甲状腺動脈硬化の長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしか行えない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報を満載しています。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究を元にしています。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編    内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編 をクリックください

Summary

単価不飽和脂肪酸のオレイン酸[オメガ(ω)9系]オリーブ油、なたね油(キャノラ油)に多く含まれ、悪玉コレステロール(LDL)を減らし動脈硬化・老化・発がんを予防。多価不飽和脂肪酸のα‐リノレン酸[オメガ(ω)3系]は、しそ油、えごま油、あまに油(亜麻仁油)、菜種油(キャノーラ油)で多く含まれ、体内でDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に変換されます。血栓・動脈硬化を予防、癌抑制、アレルギーを改善させます。多価不飽和脂肪酸のリノール酸[オメガ(ω)6系]は、紅花油・ひまわり油・大豆油・ごま油で多く含まれ、アラキドン酸に変換、血栓・動脈硬化発がん促進、アレルギーを悪化。エイコサペンタエン酸(EPA)/アラキドン酸(AA)共に人間の体内で合成できない必須脂肪酸で、血液中の脂肪酸分画 EPA/AA比(エイコサペンタエン/アラキドン酸)を測定し、食生活を評価。

甲状腺と動脈硬化

甲状腺疾患における動脈硬化は、長年にわたる私、長崎俊樹の研究テーマです。

甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病では動脈硬化が進行し、狭心症/心筋梗塞の発症率が上がります。甲状腺ホルモン剤[レボチロキシン(チラーヂンS)]で治療すれば、血管年齢など動脈硬化が改善することを、私、長崎俊樹が世界で初めて証明しました。

しかしながら、動脈硬化が改善する改善すると言っても、完全に正常化するとは限りません。特に、一度できてしまったプラークが消えることはありません。動脈硬化がこれ以上進行しないよう、食事に含まれる油に注意が必要です。

動脈硬化を防ぐ油の選び方

単価不飽和脂肪酸とは

オレイン酸[オメガ(ω)9系]が代表的で、悪玉コレステロール(LDL)を減らし動脈硬化・老化・発がんの予防になります。もっとも酸化しにくく、動脈硬化・老化・発がんの原因になる過酸化脂質が発生しにくいのです。オレイン酸は、免疫系に関係する物質を生成せず、アレルギー(アトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症)には中立です。

オレイン酸はオリーブ油、なたね油(キャノラ油)に多く含まれます。オリーブ油を多く摂る地中海沿岸に動脈硬化が少ないのも納得できます。

多価不飽和脂肪酸とは

  • リノール酸[オメガ(ω)6系]; 酸化されやすく、摂取しすぎると体内で有害な過酸化脂質となり、肺がん、乳がん、大腸がん、前立腺がんを促進します。 紅花油・ひまわり油・大豆油・ごま油は植物性なので体に良いと信じられていましたが、オメガ6系のリノール酸であるため現在では悪玉とされています。リノール酸から生じるはアラキドン酸は発がん・血栓・動脈硬化を促進、アレルギー(アトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症)を悪化させます。
  • α‐リノレン酸[オメガ(ω)3系]; しそ油、えごま油、あまに油(亜麻仁油)、菜種油(キャノーラ油)の順で多く含まれます。α-リノレン酸は体内で、 DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に変換されます。血栓・動脈硬化を予防、大腸がん・乳がん・前立腺がんの癌抑制、アレルギー(アトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症)を改善させます。

飽和脂肪酸とは

肉や乳製品などの動物性食品に多く含まれる脂肪酸で、摂取しすぎると悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪が増え、動脈硬化を促進します。

※マーガリンは、リノール酸を含み悪玉の要素があるものの、善玉のオレイン酸も多く、どちらとも言えないと思います。

動脈硬化の特殊血液検査

必須脂肪酸 EPA/AA比(エイコサペンタエン酸/アラキドン酸比)

エイコサペンタエン酸(EPA)/アラキドン酸(AA)共に人間の体内で合成できない必須脂肪酸で、食事から摂取しなければなりません。 
背の青い魚、背の青くない魚(鯛,ししゃもなど)イカ・うなぎにも多く含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)は、α‐リノレン酸より生成される[オメガ(ω)3系]で血栓・動脈硬化を予防。

アラキドン酸(AA)リノール酸[オメガ(ω)6系]で血栓・動脈硬化を促進。

  1. EPA/AA比(エイコサペンタエン酸/アラキドン酸比)が低いと、心筋梗塞・脳梗塞の危険が高くなるため、食生活を改善し、動脈硬化が進行していればEPA製剤(エパデール)の服用が必要です。
  2. さらに、アラキドン酸(AA)の発癌促進,エイコサペンタエン酸(EPA)の大腸がん・乳がん・前立腺がんの癌抑制が注目されています。
  3. アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎もエイコサペンタエン酸(EPA)不足で悪化します。

脂肪酸分画 EPA/AA比(エイコサペンタエン酸/アラキドン酸比)測定

エイコサペンタエン酸(EPA)製剤(エパデール)の効果

エイコサペンタエン酸(EPA)製剤はサプリとして販売されていますが、一日量100mg程度で、動脈硬化の改善、血栓予防、高脂血症改善が期待できる治療量600~1800mgに比べると微量です。治療効果がなければ無意味です。医療用エイコサペンタエン酸(EPA)製剤(エパデール)をどうぞ。

EPA/AA比以外

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード